工具/KEYWORD

ようこそ「草刈り」の沼へ。わさび農家が情熱を注ぐ、ガジェットを駆使した草刈りの醍醐味

ようこそ「草刈り」の沼へ。わさび農家が情熱を注ぐ、ガジェットを駆使した草刈りの醍醐味

YouTubeチャンネル「WASABI CHANNEL」を運営し、長野県の安曇野でわさびを栽培している黒岩潤一朗さん。動画の中で特に人気を集めているのが、なんと「草刈り動画」。そんな黒岩さんに、草刈りをするべき理由や草刈りのコツ、草刈りの道具やガジェットなどについて解説していただきました!

静かなのは当然! カインズの台車『サイレントカート』の新機能「ダブルハンドル」が従来品より絶対に押しやすいワケ

静かなのは当然! カインズの台車『サイレントカート』の新機能「ダブルハンドル」が従来品より絶対に押しやすいワケ

カインズのオリジナルの台車『スチールサイレントカート』。環境省が定めた騒音環境基準値のなかでも厳しい「40dB以下」をクリアした、その名のとおり静かさがウリの台車ですが、特筆すべき機能はそれだけではありません。カインズが独自で開発し、特許出願済みの「ダブルハンドル」の利便性など、その特徴を、開発担当者の小澤浩次に聞きました。

脚立の使い方、間違えると死ぬ。正しい使い方と選び方をトップメーカーが解説

脚立の使い方、間違えると死ぬ。正しい使い方と選び方をトップメーカーが解説

高所で作業をするときに便利な脚立。実は、知らず知らずのうちに誤った使い方をしている人が多くいます。そこで、事故を防ぐために知っておきたい、脚立の安全性や正しい使い方・危険な使い方について、脚立のトップメーカー・長谷川工業株式会社の杉原瞳さんにお伺いしました。

トリマーがあるとできる木材加工4選

トリマーがあるとできる木材加工4選

プロの職人が解説。DIYの上達に欠かせないトリマーの基本的な使い方からトリマーでできる木材加工まで、初心者にも分かりやすくお伝えします。ビットの種類など詳細情報も。DIYクオリティを上げたい方に必読です。

インパクトドライバーとドリルドライバーの違いとは? どちらを購入するべきか木工職人が解説

インパクトドライバーとドリルドライバーの違いとは? どちらを購入するべきか木工職人が解説

インパクトドライバーとドリルドライバー、どちらを選ぶべき? 違いを木工職人が解説。大型木材の作業に向き、打撃性能があるインパクトドライバー。繊細な作業に適し、クラッチ機能があるドリルドライバー。どちらを選ぶべきかお悩みの方のご参考にどうぞ。

【網戸張り替え】1人で簡単・キレイに張り替えるコツを解説!

網戸張り替え|自分で簡単・キレイに張り替えるコツを解説!

網戸の張り替えや交換は、実は自分でも簡単にできます。手頃な値段で購入できる道具をそろえれば大丈夫。ホームセンターのカインズが網戸を張り替える方法と必要な道具をご紹介します。換気が必要になり、虫も発生する夏場を迎える前に、網戸を張り替えるDIYにチャレンジしてみましょう。

剪定バサミがピカピカに!園芸用ハサミやノコギリの手入れ方法

剪定バサミがピカピカに! 園芸用ハサミやノコギリの手入れ方法

剪定バサミなどの園芸用ハサミやノコギリの手入れ方法をご紹介。園芸用の刃物は使っているうちに樹液などの汚れで切れにくくなりますが、そのために作業の効率が落ちたり体に負担にかかったり、時にはケガの原因にも。園芸作業を効率的におこなうためにも、園芸用具の手入れを心がけましょう。

多用途すぎる最強DIYテーブル! 寸法も高さも自由自在

多用途すぎる最強DIYテーブル! 寸法も高さも自由自在

一級建築士が、寸法・高さを自由に設定できる多用途テーブルをDIYします。資材の選び方、組み立て方、用意すべき工具の一覧とその使い方、さらにはプロならではの細かなコツまでご紹介。テーブルDIYにまつわる全工程を、わかりやすくプロが伝授! 記事のとおりに作業すれば、初心者でもミスなく仕上げられる、便利なテーブルをDIYしていきます。

失敗したらこれを読め!好事家達による、DIYがもっと好きになる座談会

【ユージ登場】 失敗したらこれを読め! 好事家達による、DIYがもっと好きになる座談会

あらゆる失敗に挫折して途中でやめてしまうことも多いDIY。ただ、それは本当に「失敗」と言えるのでしょうか。この企画では、失敗談を反面教師に「DIYをもっと楽しんでもらいたい!」というメッセージを伝えるべく、DIYの酸いも甘いもを知り尽くした3人の好事家に登場してもらいました。

かつて台車は「ダンディ」と呼ばれていた!? 日本最古の台車メーカー花岡車輪に学ぶ、台車今昔物語

かつて台車は「ダンディ」と呼ばれていた!? 日本最古の台車メーカー花岡車輌に学ぶ、台車今昔物語

日本初の台車製造販売を行った老舗「花岡車輌株式会社」の取締役・花岡雅さんに躍進の秘密をインタビュー。近年ではデザインを一新し、経営スタイルを大幅にアップデートさせ、大胆なチャレンジが続く花岡車輌の取り組みをご覧ください。

【DIYの必須道具】木工ドリルNo.1メーカー・スターエムの「竹用ドリル」の汎用性が話題

【DIYの必須道具】木工ドリルNo.1メーカー・スターエムの「竹用ドリル」の汎用性が話題

竹だけではなく、塩ビやアクリル板など多種材に精密な穴を開けられることから、SNSで話題を呼んだ製品「竹用ドリル」。製造した「スターエム」は1923年に創業し、木工ドリルの国内シェア7割を誇る老舗企業。その豊富でユニークなラインナップと顧客の信頼は、創業から99年もの間、守り続けてきたこだわりが生んだものだった。

カインズ会員のトホホ~なDIY失敗談をまとめてみました

カインズ会員のトホホ~なDIY失敗談をまとめてみました

DIYに失敗はつきもの! カインズ会員の方々から集めたDIYにまつわる失敗談は「イタい!」「こんなはずじゃ……」「びっくり!」なエピソードが満載です。その中から思わず同情してしまうトホホ~な失敗談を厳選してご紹介します。どんな失敗も教訓にしてDIYに取り組みましょう!

ネジの困りごとは「ANEX」が解決。兼古製作所が考える、プロから信頼を集める工具ブランドの作り方

ネジの困りごとは「ANEX」が解決。兼古製作所が考える、プロから信頼を集める工具ブランドの作り方

ユーザーから圧倒的な支持を受けている、兼古製作所のドライバーブランド「ANEX」。あらゆるニーズに応える1,400点以上の品ぞろえを誇り、ドライバーだけで年間約50アイテムもの新商品を世に送り出している。「多品種微量生産」こそ自社の使命と語る、兼古製作所のものづくりに迫る。

女子キャンパーにもおすすめ! 扱いやすくて高性能なナイフ・刃物の種類と使い方

女子キャンパーにもおすすめ! 扱いやすくて高性能なナイフ・刃物の種類と使い方

ナイフ・刃物があればキャンプをもっと楽しく便利に過ごすことができます。しかし、種類も多くどれを選んでいいか迷ってしまいます。そこで、女子でも扱いが簡単なナイフ・刃物の種類と使い方をご紹介します。正しく安全に使えば、薪割りや料理・焚き火などに大活躍すること間違いなしですよ。

電動工具は一切使わない。見習い大工の最初の試練「道具箱」をDIYしてみよう!

電動工具は一切使わない。見習い大工の最初の試練「道具箱」をDIYしてみよう!

昔、大工に弟子入りした見習い大工が最初に作るものは、自分用の「道具箱」でした。そんな大工の道具箱をDIYしてみましょう。材料はどこにでもある木材で大丈夫。電動工具を一切使わず、ノコギリなどの手道具だけで作れます。作り方と工程を実践解説するので、DIY初心者の方も挑戦してみてください!

中学生がM5Stack Core2+ペルチェ素子+ポンプ使って「自宅にドリンクバー」を設置! 当初はラズパイから制御!

中学生がM5Stack Core2+ペルチェ素子+ポンプ使って「自宅にドリンクバー」を設置! 当初はラズパイから制御!

こんにちは!中学生エンジニアのmemetanです。テクノロジーが大好きで、主にWinAPP/RasPi/Arduino/Roblox/3Dプリンタを使い「生活を便利にするマシン」を開発しています。今回は、M5Stack Core2+ペルチェ素子+ポンプを使って、自宅でドリンクバーを作りました。

意外と詳しいヨッピーが語る! DIY初心者のための電動工具入門

意外と詳しいヨッピーが語る! DIY初心者のための電動工具入門

「大金持ちの知り合いが、古民家付き、2,000坪の土地を買いましてね」そう語るライターのヨッピーさんが、キャンプ場DIYに使う電動工具をカインズで物色してくれました。電動工具について「意外と詳しい」だけあって人気メーカー各社の電動工具を徹底比較! 「別にDIYをやらない一般の人」「これからDIYやりたい初心者」「ゴリッゴリにDIYやりたい中級者~上級者」などに分類し、それぞれに合った電動工具を解説してくれました。

【夏休み自由研究】早い! 安い! 簡単! 5歳の息子と家庭ゴミで工作してみた

【夏休み自由研究】早い! 安い! 簡単! 5歳の息子と家庭ゴミで工作してみた

夏休みの自由研究にピッタリな「家庭ゴミを使った工作」をご紹介。近ごろ気になるSDGsの観点からも、減らせるものなら減らしたい家庭ゴミ。「早い! 安い! 簡単!」をコンセプトにした、おうちでできる「ペットボトルのパクパク人形」と「トイレットペーパーの芯を使ったロケット」作りに、ママと5歳の子どもがチャレンジしてくれました。

耕運機おすすめ6選!基本的な用途や選び方までしっかり解説!

耕運機おすすめ6選!基本的な用途や選び方までしっかり解説!

一昔前は畑を耕すだけの機械だと思われていた耕運機ですが、現代ではうね立てや除草、マルチ作業など幅広い用途に対応できるように進化しました。この記事では、おすすめの耕運機をご紹介する他、基本的な用途や選び方の基準、中古・レンタルなどについても解説しています。

現役の造園屋に聞いた「庭木剪定」の道具の選び方と剪定方法

現役の造園屋に聞いた「庭木剪定」の道具の選び方と剪定方法

この記事では、プロに習った「庭木剪定の方法」をお伝えします。気温が上がり、梅雨入りしたことで、我が家の庭もだいぶ森っぽくなってきました。自力で剪定してみようと思いましたが、庭にはいろいろな樹種の木が植わっており、ものによっては高さもあるため、自分で処理するのはかなり困難…。今回は思い切って造園会社に相談し、ホームセンターでの「道具のそろえ方」から「剪定方法」、剪定後の「掃除の仕方」を習うことにしました。

青春のエアギターをDIY再現! ほうきをギターに魔改造してみた

青春のエアギターをDIY再現! ほうきをギターに魔改造してみた

ほうきギターをDIYする方法を解説。誰もが学校の掃除時間にクラスメイトがほうきでエアギターをプレイする光景を見た記憶があるのでは?そんな「ほうきギター」をギター制作系YouTuber・あおきちラボさんが制作。実際に弾けるほうきギターをDIYする手順や必要な道具を紹介します。

おじいちゃんの趣味を息子がネットで紹介し大好評! 和紙工作家「メガネのおじいちゃん」

おじいちゃんの趣味を息子がネットで紹介し大好評! 和紙工作家「メガネのおじいちゃん」

和紙を使っていろいろな食べ物をそっくりに再現する、和紙工作家・メガネのおじいちゃん。SNSでも注目を集めている作品づくりについてお話をうかがってきました。そもそも趣味でしかなかったおじいちゃんの工作が話題となったのは、息子がネットを通じて紹介したことがきっかけ。色を塗らずに和紙の色や質感を活かした作品は、クオリティが高すぎると大反響をよびました。そんな、おじいちゃんのものづくりにはどんな想いがこめられているのでしょうか。

「偏愛力」がハンパない。とにかく「刈払機」を愛するバイヤーにプロ用品の魅力を聞いたら、ホムセンに行きたくなった

「偏愛力」がハンパない。とにかく「刈払機」を愛するバイヤーにプロ用品の魅力を聞いたら、ホムセンに行きたくなった

ホームセンターには、農家さんや大工さんの大切な仕事道具などを扱う「プロ向けのエリア」があることをご存知ですか? そこでは、草を刈るための刈払機(草刈り機)、野菜を入れるための袋やネット、米袋など、さまざまな「プロ用品」が並んでいます。実はこのプロ用品には、一般客にも役立つアイテムがたくさんあるのです! そんなプロ用品の魅力について、カインズで農業資材・機材のバイヤーを務める武川博文さんに語ってもらいました。

【世界初】ハイコーキが作った「カスタマイズ可能」なコードレスインパクトドライバの誕生秘話

【世界初】ハイコーキが作った「カスタマイズ可能」なコードレスインパクトドライバの誕生秘話

日本生まれの電動工具メーカー、HiKOKI(ハイコーキ)は、使いやすい電動工具を開発するにあたって、さまざまな調査を行なっている。最近の電動工具業界の動向、インパクトドライバに関する調査、そしてHiKOKI(ハイコーキ)が開発したばかりの世界初の新型コードレスインパクトドライバ「WH36DC」について紹介する。WH36DCは狙いを定めて打てる!業界屈指の締結スピード!作業効率を上げる!Bluetooth電池採用による、自分好みの性能カスタマイズ!自分好みに見た目をカスタマイズできる!など最先端技術を搭載したフラッグシップモデル。

カッターナイフを発明したのは日本の会社。"折る刃"のオルファ社が懸念する子どもの「カッター離れ」

カッターナイフを発明したのは日本の会社。"折る刃"のオルファ社が懸念する子どもの「カッター離れ」

刃先をポキっと折ることで最後まで切れ味を持続させるカッターナイフ。今では当たり前にある定番の文房具だが、その開発の裏側にはたくさんの苦労があったという。大阪で創業したオルファ株式会社は、創業から50年以上が経過した現在も新たな商品開発に取り組んでおり、子供向けのカッターナイフなど、200種を超える商品がラインナップしている。カッターナイフという絶対的なアイテムを軸に、未来を切り拓いてきたオルファ株式会社に開発当時のエピソードから将来のビジョンまで詳しくうかがった。

余った半端木材で作る、最強DIYスツール【一級建築士のDIY講座】

余った半端木材で作る、最強DIYスツール【一級建築士のDIY講座】

一級建築士の大工によるスツールDIY講座。今回は多用途テーブルのDIYで残った木材を再活用した、サイズ調整可能な椅子を作ります。テーブルと同じ素材で作るので、家具・空間に統一感も演出可能。捨てるのはもったいない木材や半端材料を再利用したスツールのDIYに、ぜひ挑戦してみてください。大工でもある著者が簡単なDIYの方法を教えます。

ノコギリ業界の大逆転劇。1億5千万枚売れた「替刃式ゼットソー」が大工に認められたワケ

ノコギリ業界の大逆転劇。1億5千万枚売れた「替刃式ゼットソー」が大工に認められたワケ

1970年代、大工たちにおもちゃと揶揄され認めてもらえなかった「替刃式のこぎり」。今では当たり前となった替刃式だが、かつてはすべてののこぎりが「目立て」という職人技で再生されていた時代。そんな苦難な時代に、替刃式のこぎりゼットソーを開発した岡田金属工業所はいかに普及させていったのか。そこには、「こののこぎりが売れなければ我が社は終わり…」と背水の陣で臨み、一心不乱に奮闘した男たちの物語があった。

失敗とプロセスが愛おしい。漫画家・コナリミサトがDIYにハマった理由

失敗とプロセスが愛おしい。漫画家・コナリミサトがDIYにハマった理由

DIYをテーマにした漫画『黄昏てマイルーム』を連載中の漫画家・コナリミサトさんにインタビュー! 自分の好きなものを自分で作り、お部屋をカスタマイズしているコナリさん。漫画で登場するDIYのアイデアはどのように生まれたのか、さらに、コナリさんがDIYに興味を持ったきっかけ、DIYでの失敗談、ホームセンターの使いこなし方などについて、語っていただきました。

「黒いカインズ」がある謎。ドリンク飲み放題で建築職人しか入れない「C’zPRO」とは?

「黒いカインズ」がある謎。ドリンク飲み放題で建築職人しか入れない「C’zPRO」とは?

「黒いカインズ」が1店舗だけ存在します。その名も「C’z PRO」(シーズプロ)。建築・設備の職人に特化した会員制店舗で2020年8月、神奈川県横浜市に1号店がオープンしました。「C’z PRO」は緑色のカインズと違って会員制の卸売店です。建築業関連の法人か個人事業主でないと会員になれません。取り扱っている商品も内装・電工・設備関連のアイテムなど専門性が高いく、HiKOKI、マキタ、京セラなどの電動工具はプロ向けのアイテムを豊富に揃えています。しかし、カインズの社内でも謎に包まれた存在として、奇妙な噂が出回っています。

ギタリストが妄想しがち? カインズの木材でギターを作ってみた

ギタリストが妄想しがち? カインズの木材でギターを作ってみた

ホームセンターのカインズで買った木材でギターを自作する記事です。「ホームセンターの木材でギターを作ったらどうなるのだろう……」。そんな妄想を抱いていた、ギター制作系YouTuberのあおきちラボさん。過去のDIYで余った2×4材を使って、木材ギター作りにチャレンジしてくれました。木材の選び方をはじめとした材料の準備、パソコンを使ったギターの型紙作り、電動工具を使った木材の成形方法、ガスバーナーを使ったアジのある着色方法から、実際にできあがったギターの演奏動画まで、ギターフリークもDIYerも必見です!

ゲーマーグラドル・倉持由香が「ゲーミングこたつ」をDIYしたら、理想のゲーム環境にたどり着いた話

ゲーマーグラドル・倉持由香が「ゲーミングこたつ」をDIYしたら、理想のゲーム環境にたどり着いた話

「おうち大好きグラドル」として活躍している倉持由香さんが、自宅のリビングに「ゲーミングこたつ」をDIYします。しかし倉持さんは、家具の組み立てくらいしかしたことのないDIY初心者。一枚の木からゼロイチで作るのはハードルが高すぎる。ということで、フリーランスエンジニアのNobuki Inoueさんの力を借りてDIYに挑戦。引きこもりの、引きこもりによる、引きこもりのための要塞を作ります。

『鬼滅の刃』日輪刀をダンボールで再現!? ダンボール工作家・つくるさん。

『鬼滅の刃』日輪刀をダンボールで再現。ダンボール工作家・つくるさん。

ものづくり生態図鑑vol.3でご紹介するクリエイターは、ダンボール工作家・つくるさん。です。ダンボールを使って、人気のアニメや漫画に登場する武器を驚くべき完成度で再現します。つくるさん。の手にかかれば、刀や銃から槍まで、どんな架空の武器も現実世界に(ダンボールで)創り出してしまいます! 分類は「ものづくり科 アート属 ダンボール種」。生そく地は「ホームセンター 資材館」。ダンボール工作へのこだわりとは? アイデアソースとは?? ダンボールを素材にものづくりするクリエイターの生態を紐解きます!

ギャルの電子工作は都市伝説?「ギャル電」がめざす“盛れる”ものづくり

【ギャル×電子工作】ギャル電がめざす“盛れる”ものづくり

ものづくり生態図鑑2でご紹介するクリエイターは、ギャルが電子工作するユニット、略してギャル電。ギャル電は「きょうこ」と「まお」の2人組。ピカピカ光るアゲアゲなものを作るのが得意でマイコンボードがないとおちつかないんだとか。分類は「ものづくり科 電子工作属 ギャル種」。生そく地は「ホームセンター 工具コーナー(まれに 自転車コーナーなどでも 見かけられる)」。ギャル的にアガるアクセサリーやファッションアイテムをDIYするギャル電の生態に迫ります。

板チョコを木で再現!? 木彫り作家・川崎誠二のものづくり

板チョコを木で再現!? 木彫り作家・川崎誠二のものづくり

「ものづくり生態図鑑」は、その名の通りさまざまな“ものづくり”をしている人たちを集めた生態図鑑です。ものづくりの楽しさや、そこに込められた思いを探ります。もしかしたら、あなたの身の周りにもいるかも? 今回ご紹介するのは、木を彫って、パンや野菜、魚、お菓子などいろんなものを本物そっくりにつくる、木彫り作家・川崎誠二(かわさき せいじ)さんです。

DIYはズボラを救う? 池澤あやかが「生活を頑張りたくない人」に捧げる、ものづくりアイデア

DIYはズボラを救う? 池澤あやかが「生活を頑張りたくない人」に捧げる、ものづくりアイデア

こんにちは! 池澤あやかです。私は普段、フリーランスのソフトウェアエンジニアとしてスタートアップ企業の開発チームで働いているほか、ときどきラジオ出演やコラム執筆といったタレント活動もしています。テクノロジーやガジェットなどの話題が大好きです。 DIYにも興味があり、Webメディアなどでたびたび作ったものを紹介していたところ、このたび「池澤さんが普段しているDIYについて、記事を書いてみませんか?」というありがたいお誘いをいただきました。

ドン底からV字回復! ネジザウルスGTから導き出したヒットの理論

ドン底からV字回復! ネジザウルスGTが導き出したヒットの理論

ネジザウルスという商品をご存知だろうか?一度付けたものの山が潰れてしまったネジを力強く取り除いてくれる、ペンチのような見た目の工具である。現在、総売り上げはシリーズ累計500万本にも及ぶメガヒット商品だ。特徴的なネーミングはネジをつかんで最後まで離さない様子が、恐竜が噛みつくイメージだったことから。商品自体の特徴として挙げられるのは、縦溝と摩擦力の大きく2点。従来のペンチは横溝しか付いていないので、せっかくネジを掴んでも滑ってしまって回すことができない。一方、ネジザウルスは先端の内側にあしらわれた縦溝により、しっかり回すことが可能なのだ。その縦溝の角度も最適化されていることで高い摩擦力を得ることに成功。頭を確実に掴むことができる。

カインズ工房で「世界に一つだけのアクセサリー」をつくってみた

カインズ工房で「世界に一つだけのアクセサリー」をつくってみた

「諭吉リノベーション」は、カインズの商品を1万円以内で組み合わせ、様々なおうちのお悩みを解決するシリーズです。今回は、アクセサリーづくりが得意なライター・いちじく舞さんが、カインズ工房のレーザー加工機でオリジナルのアクセサリーをつくってみました。

私の自撮り棒は「光と風とシャボン玉」を出す

私の自撮り棒は「光と風とシャボン玉」を出す

デイリーポータルZで活躍するライター・古賀及子が、ホームセンターのカインズを使って、自撮り棒を「バラエティ棒」にカスタマイズするDIYを実施。自撮り棒にシャボン玉、ライト、ハンディファンを取り付けた。映える映えないというよりも、3つの演出がバラエティ豊かに一気に責め立ててくる……。工作したバラエティ棒で撮れた自撮り写真の中身とは?

脱・作り顔。表情ゆたかな自撮りが絶対撮れるデバイス

脱・作り顔。表情ゆたかな自撮りが絶対撮れるデバイス

本当に生き生きした自撮りができる自撮り棒をDIY 自撮りの難しさとして、「どんな顔をしていいかわからない」という点があると思う。自撮りに慣れている人を見てすごいなと思うのは、その表情の作り方だ。僕も長いライター業が長いので、今お読みいただいているような記事に載せるための自撮りはたくさんしてきた。でもそれは、「工作がうまくいかなくて困っている顔」や、「意外な展開で驚いている顔」など、ストーリーの流れがある自撮りなのだ。なんかこう、人生の楽しい瞬間を切り取りました!みたいな、生き生きとした自撮りが撮りたい。撮れる工作を作ります。

ジャッキの使い方と種類。工事現場で大量のジャッキを使う曳家職人が解説

ジャッキの使い方と種類。工事現場で大量のジャッキを使う曳家職人が解説

ジャッキの取り扱いに詳しい曳家職人・岡本直也が、ジャッキの使い方や種類、選び方について紹介。オイルジャッキ、建築ジャッキ(通称きりん)、ジャーナルジャッキ、低床型のミニオイルジャッキ、中国製の安価なオイルジャッキ、それぞれについて利点と懸念点を説明します。曳家岡本は工事現場で大量のジャッキを使用し、例えば約40坪の古民家の工事では約300台のジャッキを用います。

「世界初の電動工具」を開発しすぎ! ボッシュが支えるクルマ、建設業、そしてDIY…

「世界初の電動工具」を開発しすぎ! ボッシュが支えるクルマ、建設業、そしてDIY…

ドイツが誇るテクノロジー・カンパニー「Bosch(ボッシュ)」。ボッシュと言えば、クルマいじりが大好きな方や、ホームセンターの電動工具コーナーを愛するDIY好きの方にはお馴染みだろう。もはやボッシュなしに自動車は走らない。その日本拠点が渋谷のカフェの上にある。今回は、世界初の電動工具を開発し続けてきたボッシュの歴史と、2019年に発売した電動ディスクグラインダー『X-LOCK(エックス・ロック)』について、ボッシュ株式会社 電動工具事業部 部長 高橋俊輔さんにインタビューした。知っている人はイヤになるほど知っている。知らない人はまったく知らない。そのギャップもまた、ボッシュの巨大さゆえだろう。

アクシデントが服着て歩いてるわたしが、DIYに教えてもらったこと

アクシデントが服着て歩いてるわたしが、DIYに教えてもらったこと

作家・岸田奈美さんのDIYコラム。「スズメバチをルンバに吸わせてしまう」「自由が丘で6人から連続して、ケーキ屋の場所を尋ねられる」「離陸直前に空港のトイレで、札束の入ったカバンを見つけてしまう」──そんなアクシデントばかり起きる理由を考えていたところ、ひとつの仮説にたどり着いた岸田奈美さん。「整理整頓が、できなさすぎるからではないか……」。自宅でよくメガネが行方不明になるとのお悩みを受けて、カインズが誇るDIYマスターの指導のもと、手作りのメガネ置き場をDIYしてもらいました。

首都高も作った建築士のDIYレシピ「廃材の出ない本格ベンチ」

首都高も作った建築士のDIYレシピ「廃材の出ない本格ベンチ」

木製ベンチのDIYをプロの建築士が実践解説。「2×4 6ft SPF」という手軽な木材で本格的なオリジナルベンチを製作します。木材の選び方から墨出し、ノコギリや丸鋸、毛引き、電動工具の使い方も詳しく解説。廃材が出ないように、DIY初心者でも建設関係者でも楽しめるDIY方法を写真満載でご紹介します。

Prev

  • 1
  • /