リンクをコピーしました

  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • もっと見る

女子キャンパーにもおすすめ! 扱いやすくて高性能なナイフ・刃物の種類と使い方

ユーザー

関 美奈子

関 美奈子

アウトドアライター/デザイナー。ホームセンター・100均DIY主婦キャンパー。自然や人に優しいキャンプのアイデアを発信しています。子育てを終え、夏は高原、冬は海辺へと夫婦でデュオキャンプ、最近はバックパック・ソロキャンプを満喫中。ガールスカウト世界連盟ジャンボリー日本代表(1982年)、ガールスカウト日本連盟・野外活動指導者資格取得。キャンプ歴は46年。

ナイフ・刃物があるとキャンプが楽しい

焚き火

キャンプにはさまざまな魅力があります。

工夫を凝らして好みのキャンプサイトを設営し、のんびり過ごすこと。自然の中で作って食べる豪快なキャンプ飯。自力で着火し火を育てる焚き火。

そこに一挺のナイフがあれば、薪を割ったり、料理を捌いたりと、さらに楽しく便利なキャンプライフが待っていますよ!

おすすめ刃物1_両刃の鉈

多喜火鉈

街の暮らしでは決してできない焚き火、目の前でぱちぱちと音を立てて燃えさかる炎を眺めているだけでも、不思議と心が落ち着きます。

しかし、安全かつ上手に焚き火をするためには、炎のコントロールが必須。ホームセンターやキャンプ場の売店で購入した薪の束は、そのまま火に投入する前に、ひと手間かける必要があります。より燃えやすく、長く安定した燃焼を楽しめるよう、薪の長さや太さを適切に整えてあげましょう。

太めの薪を割るのに使うのは、斧と鉈。頭上に振りかぶって打ち下ろす斧は、初心者女子には難易度が高め。でも、鉈ならさして筋力も要らず、コツをつかめばパカッと簡単に薪割りができるようになりますよ。

薪割りも簡単に

斧に比べ、鉈は小型軽量なので、女子の手にフィットします。取り回しもラク。

多喜火鉈の断面

初心者女子向けのオススメは、「両刃」の鉈。通常の鉈は片刃が多いのですが、最初に手にするなら両刃の鉈が扱いやすいでしょう。

その理由は…?

片刃と両刃を比較

一般的な片刃の鉈と、両刃の鉈を並べてみましょう。左の片刃の鉈は、鋭い切り口でスパッと切断できますが、慣れないと薪に打ち込んだときに斜めになってしまいがち。使用には、ある程度の熟練が必要です。

右の両刃の鉈は、左右均等に刃が付いているため、作業に慣れていなくても、薪を真っ直ぐに割りやすい設計なんです。

鉈でバトニング

刃を薪に当てがい、鉈の背を別の木材で叩いて太い薪を割る「バトニング」も可能。鉈の刃を木目の方向に合わせて当て、少しずつ叩きながら割っていきましょう。この方法だと木端の飛び散りも少なく、女子の力でも安全に薪を割ることができます。

コンパクトな鉈は、女子ソロキャンプの携行品としてオススメです。怪我予防のため、打ち下ろす薪を持つ方の手には、革のグローブか、厚手の軍手を装着するようにしてください。

鋼典 竹割鉈

カインズで手に入る両刃の鉈はこちらの「鋼典 竹割鉈」。長さ31.5cm、刃幅3.3cmとスリムで扱いやすく、もともと竹細工などの工芸用なので、細かい薪割り作業向きです。

loading

関連するキーワード

となりのカインズさんをフォローして最新情報をチェック!

  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Instagram
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

RELATED関連する記事

POPULAR人気の記事

  • Daily
  • Weekly

広告掲載について

NEWS LETTER ニュースレター

Webライター・イラストレーター募集

取材のご依頼や情報提供はこちらから