関 美奈子

関 美奈子

アウトドアライター/デザイナー。ホームセンター・100均DIY主婦キャンパー。自然や人に優しいキャンプのアイデアを発信しています。子育てを終え、夏は高原、冬は海辺へと夫婦でデュオキャンプ、最近はバックパック・ソロキャンプを満喫中。ガールスカウト世界連盟ジャンボリー日本代表(1982年)、ガールスカウト日本連盟・野外活動指導者資格取得。キャンプ歴は46年。

「小川張り」の張り方を徹底解説! テント前に広いリビングスペースを作ろう

「小川張り」とは、テントの後方から延長用のロープやベルトを延ばしてタープを張り、テント出入り口の上にリビングスペースを作る張り方のこと。雨露をしのぎ、強い陽光をさえぎれることがメリットの一つです。今回は、小川張りの貼り方や注意点について、詳しく解説していきます。

キャンプでサイト設営時間を短縮するコツとおすすめ配置例

キャンプ初日の「サイト設営の時短テクニック」を紹介します! 出発前の準備から、荷物の積み込み&荷下ろしやパッキングのコツ、レイアウトの決め方、サイト設営の手順とコツまで、キャンプの満足度を高める時短アイデアが満載。。雨天や強風時のサイト設営についても解説します。

「焚き逃げ」やめて!野営キャンプの正しい後片付け方法

「野営地」でキャンプをする際は、ゴミや灰は自身で処理するのがマナー。ゴミのポイ捨てや「焚き逃げ」をしてしまうと、美しい自然が台無しに……。そこで今回は、焚き火の後始末、ゴミを出さない工夫など、キャンプを愛する人たちなら知っておきたい「正しい後片付けの方法」を解説します。

【保存版】キャンプの荷物を軽くするコツとおすすめグッズ30選

キャンプの荷物を軽くコンパクトにするためのコツと、おすすめキャンプギアを紹介します。道具をスリム化できれば移動は楽チンになり、設営・撤収もスピーディーにできるようになります。キャンプでも重要となる、衣・食・住の3つの観点を考慮して、必要アイテムを小さく・軽くするヒントをお伝えします。

キャンプで役立つライト・ランタンおすすめ23選。LEDから燃料系まで網羅

キャンプにおすすめのライト・ランタンを、用途やタイプに分けて紹介します。キャンプサイト全体を照らすメインのライト、テント内照明から、作業や歩行中に便利なライト、身の安全を守る小型ライト、雰囲気を格上げする明かりなど、網羅して紹介します。適材適所の明かりを用意すれば、キャンプがより快適に楽しくなります!

女子キャンパーにもおすすめ! 扱いやすくて高性能なナイフ・刃物の種類と使い方

ナイフ・刃物があればキャンプをもっと楽しく便利に過ごすことができます。しかし、種類も多くどれを選んでいいか迷ってしまいます。そこで、女子でも扱いが簡単なナイフ・刃物の種類と使い方をご紹介します。正しく安全に使えば、薪割りや料理・焚き火などに大活躍すること間違いなしですよ。

【冷え対策】秋冬キャンプで重宝する「あったかグッズ」6選。寒がり女子におすすめ

秋冬キャンプを楽しむための「あったかグッズ」特集。秋冬は寒さ対策をしっかりしておけば、実はアウトドアを快適に楽しめるシーズンです。夏場に比べて紫外線が少なめで汗もかきづらく、虫に遭遇することも少ないことがメリット。そこで今回は、カインズで手に入るオシャレ度の高い「優秀防寒グッズ」を6種類ご紹介。万全の対策をして、秋冬ならではのキャンプを存分に味わいましょう!

【キャンプ必携】機能もコスパも見栄えも良し!便利な収納グッズをカインズで発見

キャンプギアのパッキングで重要なのが、「しっかりと保護したい」「埃から守りたい」「水濡れを避けたい」など、アイテムごとの特徴に合った収納グッズに入れること。その目的を叶える収納グッズをカインズで揃えることができます! 機能性に優れ、見映えもよく、コスパも高いというグッズの数々を紹介します。

徒歩ソロキャンプで自由を満喫。必需品からコツまでノウハウを徹底解説

車を使わず、荷物を担いで徒歩でキャンプ地に赴く「徒歩ソロキャンプ」は、大きな達成感や満足感を得られるキャンプ。体力にあまり自信がない女子が手軽に楽しむには、公共交通機関を使った徒歩ソロキャンプがおすすめです。今回は、移動ノウハウから、テントの設営方法、ひとりでタープを立てる方法、焚き火やBBQの楽しみ方、片付けに至るまで、女子の徒歩ソロキャンプの全貌を解説します。

最強キャンプ飯「ビア缶チキン」! 片付けが超絶ラクな調理器具で作ってみた

丸鶏にビールの缶を差し込んで、炭火で焼きあげる「ビア缶チキン」。その豪快さと美味しさから、最強キャンプ飯と称されることも。そんな「ビア缶チキン」を手軽に作れる方法を紹介します。持ち運びが簡単なコンパクトコンロと、使い捨てできるアルミ鍋を使って行う、片付けも超ラクな調理法とは!? 最後に番外編として肉まんも作ります!

「女子ソロキャンプ」デビューに役立つ。安全に過ごす「持ち物」や「場所選び」のコツ

ソロキャンプを始めたい女性のために、1泊2日のソロキャンプの全貌を解説します。キャンプ場の選び方、基本な持ち物、あると便利なキャンプギアから、食事やお風呂について、防犯対策のコツとアイデアまで、ソロキャンプの流れと重要ポイントを押さえておくと安心です!

女子ソロキャンプデビューにおすすめ。お庭や公園で気楽にデイキャンプ、予算は1万円でOK!

ひとりでキャンプに出かける「ソロキャンプ」が流行中。女性でも「ソロキャンプに挑戦したい!」という人が増えています。そこで、初めての女性でも気軽にトライできる「ソロ・デイキャンプ」プランをご紹介します。日帰りだからピクニック気分で楽しめ、宿泊ソロキャンプの前のお試しにもなります。お日さまの下で過ごす1日は格別です!

【焚き火のスゴ技】ライターもマッチも使わずナイフで火を起こせ!「バカ薪」を出すな!!

キャンプの楽しみは焚き火。その火の起こし方にキャンプの達人はこだわります。焚き火の着火方法にはライターやマッチが便利ですが、もっとワイルドに火を起こす方法があります。せっかくのキャンプならライターやマッチも使わずに、ナイフで焚き火の火を着けてみませんか?フェザースティックの作り方と併せてナイフとファイアースターターによる着火方法を紹介します。また、キャンプ場でバカ薪を出さないためのの焚き火の注意点や焚き火シートの使用方法などエチケットに関しても解説します。

Prev

  • 1
  • /