カインズ/KEYWORD

「洗える」「臭わない」「破れにくい」カインズのペット用品で極楽リビングに大改造。愛犬も白目で爆睡!

「洗える」「臭わない」「破れにくい」カインズのペット用品で極楽リビングに大改造。愛犬も白目で爆睡!

室内飼いのペットの「ニオイ」問題を解決すべく、消臭機能のあるカインズアイテムを大投入して、模様替えを決行。オシャレ、かつ、臭くないリビングで過ごすくつろぎの時間は手に入るのか? ついでに、微妙に丈が足りないカーテンのサイズ調整の裏技もご紹介。

「研ナオコ」はホームセンターでできている説。芸歴51年目の知られざるDIY的生活

「研ナオコ」はホームセンターでできている説。芸歴51年目の知られざるDIY的生活

歌手・タレントとして、長きにわたりお茶の間の人気の集めている研ナオコさん。実は、大のホームセンター好きであり、生活に関わる身のまわりのものはほとんどホームセンターで揃えているといいます。そんな研ナオコさんに、ホームセンターの魅力や、夫婦で屋上キャンプをした話、趣味のガーデニングやDIYなどについて語っていただきました。

【キャンプ必携】機能もコスパも見栄えも良し!便利な収納グッズをカインズで発見

【キャンプ必携】機能もコスパも見栄えも良し!便利な収納グッズをカインズで発見

キャンプギアのパッキングで重要なのが、「しっかりと保護したい」「埃から守りたい」「水濡れを避けたい」など、アイテムごとの特徴に合った収納グッズに入れること。その目的を叶える収納グッズをカインズで揃えることができます! 機能性に優れ、見映えもよく、コスパも高いというグッズの数々を紹介します。

謎のDIY好きYouTuber「カインズ大好きおじさん」に接触してみた

謎のDIY好きYouTuber「カインズ大好きおじさん」に接触してみた

カインズ愛にあふれたYouTubeチャンネルを運営するDIYヤー(DIYer)がいます。その名も「カインズ大好きおじさん」。会社員として働くかたわら、5年前からDIYにハマりチャンネルを開設。カインズ商品を使った初心者向けのDIYを紹介し、じわじわと人気を集めています。そんなカインズのヘビーユーザーでもある「カインズ大好きおじさん」に、カインズの好きなところやDIYへの思いなどを聞きました。

渋谷駅から30分のカインズ「Style Factoryみなとみらい」。店員がDIYマニアで相談大歓迎の謎!

渋谷駅から30分のカインズ「Style Factoryみなとみらい」。店員がDIYマニアで相談大歓迎の謎

カインズの新業態「Style Factory(スタイルファクトリー)」は、毎日の暮らしを自分らしく過ごすことを提案するショップ。店舗メンバーにはDIY上級者が揃い、内装デザインはメンバーがDIYで作り上げています。DIY好きをワクワクさせる「Style Factory」の実像に迫るべく、横浜にある「Style Factory みなとみらい店」でディスプレイや接客、ワークショップ講師を務める鈴木鈴さんにインタビューしました。

森泉のステキ生活研究所【♯13 リモートDIY教室を開催!】

森泉のステキ生活研究所【♯13 リモートDIY教室を開催!】

芸能界きってのDIYer・森泉さんが、ホームセンターのカインズと一緒に、くらしにまつわるDIYにチャレンジする『森泉のステキ生活研究所』。所長の森さんが、自宅やお店、ときにはDIYメーカーの工房で“モノづくり”を楽しみ、その模様を動画でお届けしていきます。#13のテーマは「リモートDIY教室」。幕張店の「Cainz DIY Square」と、日本各地の「カインズ工房」をオンラインでつなぎ、“森先生”によるDIY教室を開講しました!

ホームセンターをハロウィン使いしてみる

ホームセンターをハロウィン使いしてみる

2014年から開催されているイベント「地味ハロウィン」。魔女やゾンビではなく、「区役所の戸籍係」や「避難訓練の負傷者役」など、身近で地味な仮装を楽しむイベントです。今回は地味ハロウィンと相性抜群なホームセンターの商品を使って、6人の個性派ライター陣に、地味だけど「わかる!」と言いたくなる仮装を披露してもらいました!

カインズの「折り畳みバッグ」はキャンプにちょうどいい神ギアだった

カインズの「折り畳みバッグ」はキャンプにちょうどいい神ギアだった

キャンプを愛するアウトドアライター・デザイナーの野沢ともみさんが絶賛するキャンプギア「折り畳みバッグ」。単に荷物を運ぶ道具として使うだけでなく、テント内では収納用のアイテムとして、テント外では調理道具をまとめるアイテムとして、そして時にはサイドテーブルとして活用しているそうです。そんな野沢さんに折り畳みバッグの活用術や普段楽しんでいるキャンプスタイルについて、語っていただきました。

30年間で集めた富士山グッズ総数3万点! 究極のコレクターが語る富士山の魅力

30年間で集めた富士山グッズ総数3万点! 究極のコレクターが語る富士山の魅力

30年間で総数3万点もの富士山グッズを収集した、富士山コレクターの大宮仁さんにインタビューを行いました。長年に亘り大宮さんの心と掴んで離さない「富士山の魅力」とはいったい何なのか? 膨大なコレクションの紹介とともに、富士山の魅力に迫りました。また、最近取り組んでいる富士山の「雪形」についても語ってもらいました。

ザスパの久藤新監督に「J2の見どころ」や「ライバル」についてぶっちゃけで聞いてみた

ザスパの久藤新監督に「J2の見どころ」や「ライバル」についてぶっちゃけで聞いてみた

小学生のときからザスパクサツ群馬を応援し続けてきた真正のザスパサポ、カインズ広報部の田部井快が、2021年7月に就任した久藤清一新監督を直撃インタビュー! 現役の監督には聞きづらい「ライバルチームの話」や「他チームの注目選手」など、ぶっちゃけでいろいろ聞いてみました。

森泉のステキ生活研究所【♯12 農業体験&プランター菜園に挑戦!】

森泉のステキ生活研究所【♯12 農業体験&プランター菜園に挑戦!】

芸能界きってのDIYer・森泉さんが、ホームセンターのカインズと一緒に、くらしにまつわるDIYにチャレンジする『森泉のステキ生活研究所』。所長の森さんが、自宅やお店、ときにはDIYメーカーの工房で“モノづくり”を楽しみ、その模様を動画でお届けしていきます。#12のテーマは「農業体験&プランター菜園」。農園で農業体験に勤しんだあとは、自宅でできるプランター菜園のDIYに挑戦しました!

【2021カインズデザイン展Vol.8】おしゃれな限定コラボ商品おすすめ11選

【2021カインズデザイン展Vol.8】おしゃれな限定コラボ商品おすすめ11選

毎回好評のカインズデザイン展は、「毎日のシーンをたのしく。」をテーマに、幅広い分野のオリジナルアイテムを取りそろえています。日用品やインテリア、ペット用品など、くらしをつくる様々な分野のメーカーとデザインコラボレーションに注目! この記事では2021年秋に開催されるカインズデザイン展Vol.8のおすすめ商品についてご紹介します。

カインズの「コンロ用ケース」で災害対策を万全に!

カインズの「コンロ用ケース」で災害対策を万全に!

鍋料理やキャンプなどのアウトドアシーンで大活躍するのはもちろんのこと、いまや「卓上コンロ」は一家に一台、非常時や防災用に備えておきたいものの一つ。カインズの「コンロ用ケース」は、卓上コンロ本体に加え、ガスボンベも格納できる便利な収納ケースです。取っ手付きなので、サッと持ち運びできるのがありがたい! 今回は、こちらの「コンロ用ケース」を防災の観点でご紹介します。

森泉のステキ生活研究所【♯11 第1回「泉フェス」開催!】

森泉のステキ生活研究所【♯11 第1回「泉フェス」開催!】

芸能界きってのDIYer・森泉さんが、ホームセンターのカインズと一緒に、くらしにまつわるDIYにチャレンジする『森泉のステキ生活研究所』。所長の森さんが、自宅やお店、ときにはDIYメーカーの工房で“モノづくり”を楽しみ、その模様を動画でお届けしていきます。#11では特別編として「第1回 泉フェス」を開催! M-1ファイナリストの東京ホテイソンをMCに招き、「DIYに使う道具&工具の魅力」をお伝えします。

森泉のステキ生活研究所【♯10 カインズ工房でお手軽DIY!】

森泉のステキ生活研究所【♯10 カインズ工房でお手軽DIY!】

芸能界きってのDIYer・森泉さんが、ホームセンターのカインズと一緒に、くらしにまつわるDIYにチャレンジする『森泉のステキ生活研究所』。所長の森さんが、自宅やお店、ときにはDIYメーカーの工房で“モノづくり”を楽しみ、その模様を動画でお届けしていきます。#10のテーマは「お手軽DIY」。カインズ工房の工具やサービスを使って、ビギナーでも作れるラック作りに挑戦します。

森泉のステキ生活研究所【♯09 イレクターパイプでペットグッズをDIY!】

森泉のステキ生活研究所【♯09 イレクターパイプでペットグッズをDIY!】

芸能界きってのDIYer・森泉さんが、ホームセンターのカインズと一緒に、くらしにまつわるDIYにチャレンジする『森泉のステキ生活研究所』。やって楽しい、使って便利な、さまざまなグッズのDIYの模様を動画でお届けしていきます。#09のテーマは「イレクターパイプ」を使ったペットグッズのDIY。所長が「手抜きに見えないか」を心配するほど簡単なので、ぜひお試しください。

森泉のステキ生活研究所【♯08 チャンキーブランケット作りに挑戦!】

森泉のステキ生活研究所【♯08 チャンキーブランケット作りに挑戦!】

芸能界きってのDIYer・森泉さんが、ホームセンターのカインズと一緒に、くらしにまつわるDIYにチャレンジする『森泉のステキ生活研究所』。所長の森さんが、気分や季節にマッチしたさまざまなDIYに我流で挑み、その模様を動画でお届けしていきます。#08のテーマは「チャンキーニット作り」。「道具は一切不要で、手で簡単に編めちゃう」とのことですが、その仕上がりやいかに?

なぜ「ミニ卒塔婆」をカインズで売ってるの? 宗派と売れ筋は?

なぜ「ミニ卒塔婆」をホームセンターで売ってるの? 宗派と売れ筋は?

なぜ、卒塔婆をホームセンターで売っているのか? 「卒塔婆(塔婆)」とは、お墓の後ろに立てる長さ1~2mの木の板。読み方は「そとうば、そとば(とうば、とば)」で、サンスクリット語の「ストゥーバ(仏舎利塔)」を語源とする。また、卒塔婆は五輪塔が簡略化されたモノといわれ、卒塔婆をお墓に供えることは故人への追善供養になると考えられている。卒塔婆をよく見ると、五輪塔に似せて側面に切り込みがあるのがわかる。カインズでは、卒塔婆も売っている。ただし、全国の店舗で販売しているわけではない。静岡県の富士、沼津地域に限られた商材である。

思い出の香りで故人を偲ぶ。「珈琲の香りの線香」開発の背景

思い出の香りで故人を偲ぶ。「珈琲の香りの線香」開発の背景

明治の発売以来、100年を超えるロングセラーのお線香「仙年香」を販売する大阪の孔官堂。思い出の香りで個人を偲ぶ「香りの記憶 珈琲」というユニークな商品をリリースしている。背景にあったのが、拝む対象が仏様やご先祖様から身内に変わったこと。亡くなった大切な人のことを香りで思い出す「香りの記憶」は、発売からラインナップを増やしながら着実にリピータを増やしている。

「首掛け扇風機」を木材で自作して、猛暑に勝つ

「首掛け扇風機」を木材で自作して、猛暑に勝つ

数年ほど前からよく見かけるようになった、暑い夏を乗り切るアイテム「首掛け扇風機(ネックファン)」。これをDIYして、自らの手で涼しさを手に入れることに挑戦! カインズで材料を買い、「手動首かけ扇風機」「フーフー首掛け扇風機」「鳥よけ棒首掛け扇風機」「モーター首掛け扇風機」と、さまざまなアイデアを形にしていきます。果たして、己の力で涼しさにたどり着けるか!?

カインズでせんべろ。夫婦で酔いどれ、週末おうち時間のススメ

カインズでせんべろ。夫婦で酔いどれ、週末おうち時間のススメ

リーズナブルに酔える「せんべろ」をおうちで実行します。1,000円で楽しく酔えるセットをカインズでチョイスし、お酒とおつまみを楽しむ「週末おうち時間」を過ごしました。バル飲み気分に浸れるセット、居酒屋気分が味わえるセット、お酒に弱くてもOKなカクテルを楽しむセット、仕事の疲れを癒やす屋台風セットなどを満喫。1,000円で、おうち時間がもっと楽しくなります!

森泉のステキ生活研究所【♯07 おしゃれキャンプ場でお手軽キャンプ!】

森泉のステキ生活研究所【♯07 おしゃれキャンプ場でお手軽キャンプ!】

芸能界きってのDIYer・森泉さんが、ホームセンターのカインズと一緒に、くらしにまつわるDIYにチャレンジする『森泉のステキ生活研究所』。所長の森さんが、いま興味のあるさまざまなDIYに体を張ってトライし、その模様を動画でお届けしていきます。#07のテーマは「キャンプ」。おいしい「キャンプ飯」作りと、ハマる人が続出中の「焚き火」にチャレンジしてきました。

軽トラを「家」に改造した青年。DIY歴わずか1年、製作費15万円、材料はほぼカインズで調達

軽トラを「家」に改造した青年。DIY歴わずか1年、製作費15万円、材料はほぼカインズで調達

DIY歴わずか1年というスキルで、軽トラをキャンピングカーにカスタムした川瀬悠大さん。モバイルハウスとも呼ばれる「動く家」を、軽トラの荷台に小屋を乗せる形で製作した。カインズで購入した材料・資材を使い、製作費15万円という低予算でモバイルハウスDIYを実現した動機とは? DIYer川瀬さんにモバイルハウス製作時の話や、初めて作ったDIY作品、今後作りたいもの、DIYの醍醐味などを聞いた。

【動画】カインズにはいろんなう◯こが売っている謎

【動画】カインズにはいろんなう◯こが売っている謎

【SNSで話題になったコンテンツ『カインズ研究所』をアニメ化しました!】ここはカインズ本社の地下深くに幽閉された謎の施設『カインズ研究所』。日夜、カインズにまつわるナゾやウワサの真相を3人の研究員が調査している。今日もまた、カインズのナゾがひとつ解明されようとしていた……。

家庭内食いしん坊撃退! 盗み食い防止ケーキトッパーを作ろう

家庭内食いしん坊撃退! 盗み食い防止ケーキトッパーを作ろう

冷蔵庫にしまっておいたケーキが、いつの間にか家族の誰かに食べられている……。そんな悲しい経験をしたことがある人は多いはず。そんな盗み食いを防ぐべく、ケーキに手をつけたくなくなるようなデザインの「ケーキトッパー」(ケーキの上にのせる飾り)を作ります。材料を用意し、デザインを決めたら、カインズのDIYスペース「カインズ工房」のレーザー加工機でカットして完成! さて、どんなケーキトッパーが出来あがったのでしょうか?

森泉のステキ生活研究所【♯06 苦手な料理に挑戦!】

森泉のステキ生活研究所【♯06 苦手な料理に挑戦!】

芸能界きってのDIYer・森泉さんが、ホームセンターのカインズと一緒に、くらしにまつわるDIYにチャレンジする『森泉のステキ生活研究所』。所長の森さんがさまざまなDIYにチャレンジし、その模様を動画でお届けしていきます。#06の今回は、苦手としている「料理」にあえて挑戦! 「XO醤」と「青じそオイル」を手作りしてみました。

「見た目よりも中身が大事」ギャルとカインズに行ってみたら新たな視点を発見した

「見た目よりも中身が大事」ギャルとカインズに行ってみたら新たな視点を発見した

ギャルって普段どんな生活をしてるんだろう? 強めギャル集団Black Diamondのリーダーを務める「あおちゃんぺ」と一緒に、ホームセンターのカインズでいろいろお買い物。あおちゃんぺの家族や友人との暮らしぶり、愛猫との楽しいペットライフなど、傍目からではわからないギャルの生態が見えてきました! 予想の斜め上から商品をジャッジする、あおちゃんぺ独自の視点にも注目です!

群馬県人が地元の「小さなカインズホーム」を探したら、自分の記憶力に感動してしまった話

群馬県人が地元の「小さなカインズホーム」を探したら、自分の記憶力に感動してしまった話

今では全国的な知名度を誇るカインズですが、そのルーツは北関東にあります。発祥は群馬県の伊勢崎で創業した「いせや」(現・ベイシア)で、そこから「いせやホームセンター」という業態に分岐。その後「カインズホーム」に発展し分社化、名称も「カインズ」に変更しました。今回は、群馬県出身のライター赤祖父さんが子供の頃よく行った「カインズホーム」の記憶を辿って現地に向かいます。昔の「カインズホーム」と現在の「カインズ」の店舗を巡る旅でどんなことを思うのでしょうか。

森泉のステキ生活研究所【♯05 森泉流、ホームセンターを10倍楽しむ方法!】

森泉のステキ生活研究所【♯05 森泉流、ホームセンターを10倍楽しむ方法!】

芸能界きってのDIYer・森泉さんが、ホームセンターのカインズと一緒に、くらしにまつわるDIYにチャレンジする『森泉のステキ生活研究所』。所長の森さんが、自宅やお店、ときにはDIYメーカーの工房で“モノづくり”を楽しみ、その模様を動画でお届けしていきます! #05の今回は、「ホームセンターに週5で行く」という森さんが、自己流の「ホームセンターを10倍楽しむ方法」を伝授してくれました。

【話題】ネコの世界を妄想した「ニャンズカード」って何?

【話題】ネコの世界を妄想した「ニャンズカード」って何?

一部の猫好きの間で話題になっている「ニャンズカード」。人間たちの知らないところで、もしも猫の世界があったら……という妄想を具現化した、遊び心満点のカードです。カードを制作しているのは、株式会社nyans。今回は、ニャンズカードキャンペーン in カインズで入手できる全カードを公開し、カードのコンセプト、入手方法、このようなカードを作っているワケなどのお話を伺いました。

森泉のステキ生活研究所【♯04 ハンモックスタンドをDIY!】

森泉のステキ生活研究所【♯04 ハンモックスタンドをDIY!】

芸能界きってのDIYer・森泉さんが、ホームセンターのカインズと一緒に、くらしにまつわるDIYにチャレンジする『森泉のステキ生活研究所』。所長の森さんが、持ち前のDIYスキルを発揮して“いま欲しいモノ”を作り、その模様を動画でお届けしていきます! #04の今回は、いま売れに売れている「ハンモックスタンド」を見様見真似で(!)作っちゃいました。

日本人にとって「究極のフライパン」とは? カインズ大ヒット商品の開発秘話

日本人にとって「究極のフライパン」とは? カインズ大ヒット商品の開発秘話

カインズのヒット商品のひとつ「フライパン」の開発ストーリー。「フライパンには、まだまだ改善の余地がある。日本人にとっての“究極のフライパン”を作りたい」──そう語るのは、開発者の姫井健児だ。姫井が考える、日本人にとっての「究極のフライパン」とは何か? ホームセンターならではのフライパンは、ほかと何が違うのか? カインズ史上でも記録的なヒット商品と言える、プライベートブランドの『ストーンマーブルフライパン』。その改良プロジェクトについて、舞台裏も含めて語ってもらった。

リフォーム業界をデジタルで変える! カインズの中でも伸び盛りの独立部隊

リフォーム業界をデジタルで変える! カインズの中でも伸び盛りの独立部隊

ホームセンター業界で売上1位を誇るカインズでは、中途人材の採用を強化中。この記事では、リフォーム事業でホームセンター業界No.1、エクステリア事業で国内No.1の実績を誇る「リフォーム・エクステリアカンパニー部」のトップが、リフォーム事業の裏事情や、アナログなリフォーム事業にデジタルを導入した狙いなどを語っています。

原稿料全部つぎ込んでカインズの商品を試す【リモートワーク編】

原稿料全部つぎ込んでカインズの商品を試す【リモートワーク編】

リモートワークが定着し、自宅の作業環境をより快適にしたいと思う人は多いはず。ウェブメディアで編集長を務める川崎さんが、原稿料を全部つぎ込んでガチでカインズのほしい物だけを購入しレビューします。対象はデスク周りをスッキリさせる「USBポート」や「電源タップ」、環境を維持するための「温湿度計」、仕事の能率を高めるための「睡眠な改善グッズ」など。テレワーク生活に役立つアイテムを厳選し、使ってみた感想をまとめます。

衣替えしやすい収納グッズをカインズで探してみた

衣替えしやすい収納グッズをカインズで探してみた

「衣替えしやすい収納グッズ」をご紹介します。カインズのオリジナル商品を駆使して、衣替えと引っ越しに同時にチャレンジ! 人気の「インテリアキャリコ」、クローゼット内の収納に最適な「クローゼットチェスト」、半透明だから下着類も安心な「引き出し衣装ケース」など、かゆいところに手が届く商品が目白押しです。

森泉のステキ生活研究所【♯03 絵や写真を上手に飾ろう!】

森泉のステキ生活研究所【♯03 絵や写真を上手に飾ろう!】

芸能界きってのDIYer・森泉さんが、ホームセンターのカインズと一緒に、くらしにまつわるDIYにチャレンジする『森泉のステキ生活研究所』。森さんの感性の赴くままに“くらしのすべて”をDIYし、その模様を動画でお届けしていきます! #03の今回は、森さんのリアルお兄さん、画家の森勉さんのご自宅に潜入して「絵の飾り方」を学んできました。

フワフワで長持ちするタオルが欲しい! 用途に合わせて選ぶ、ていねいなタオル生活

フワフワで長持ちするタオルが欲しい! 用途に合わせて選ぶ、ていねいなタオル生活

カインズのタオル開発担当者が「正しいタオルの選び方」を解説。タオルの種類は豊富です。糸のグレード、目付(生地の重さ)、織り方などで質も機能も変わってくるので、こだわれるポイントはたくさん。「フワフワやわらか」のような肌ざわり? 乾きやすい機能性タオル? 室内干ししても臭くならないもの? 毛羽落ちの少なさが重要? 自分にあったタオルに囲まれ、お風呂あがりにフワフワなタオルで癒やされる──そんな”快適タオル生活”を送ってみては?

【カインズ × SmartNews】幅が変えられる「洗濯ハンガー」をプレゼント!!

【カインズ × SmartNews】幅が変えられる「洗濯ハンガー」をプレゼント!!

人気アプリ「スマートニュース」とホームセンター「カインズ」がコラボしたプレゼントキャンペーンを実施。ハンガーを自社開発しているカインズの人気商品「幅が変えられるインテリア洗濯ハンガー28P」を抽選で20個プレゼント!キャンペーン期間中は毎日1回、抽選に挑戦できます。キャンペーンへの参加条件は、スマートニュースのアプリをダウンロードして、リビングチャンネルを追加するだけ。カインズの人気ハンガー「幅が変えられるインテリア洗濯ハンガー28P」をGETしよう!

料理写真を映えさせる撮影方法を知りたい。カメラマンと食器を探しにカインズへ

料理写真を映えさせる撮影方法を知りたい。カメラマンと食器を探しにカインズへ

料理写真を上手に撮影したいが、いつも短調で味気ない写真になってしまう。そこで、初心者でも映える写真を撮影できるよう、食器の選び方から撮り方をプロのカメラマンさんとに指南してもらいました。訪れたのは、豊富な食器と小道具がそろうカインズです。実際に料理写真を撮ってみて、映える写真になったか検証してみます。

カインズだからできる「データの即戦力化」 プライベートブランドが“くらしの隙間”を埋める

カインズだからできる「データの即戦力化」 プライベートブランドが“くらしの隙間”を埋める

ホームセンター業界で売上1位を誇るカインズ。右肩上がりの成長を続ける背景には、各事業部が独自の施策を実行するためのSBU(ストラテジック・ビジネス・ユニット)と呼ばれる事業戦略があった。その中で、日用消耗品類の開発・仕入・営業企画などを担う「日用雑貨SBU」について、部長の石橋雅史から話を聞いた。

店舗取り置きサービスCAINZ PickUpってなあに? 使い方と開発秘話を開発担当社員がやさしく解説!

店舗取り置きサービスCAINZ PickUpってなあに? 使い方と開発秘話を開発担当社員がやさしく解説!

競争の激しいホームセンター業界で、「IT大工」と呼ばれるほどデジタルシフトするカインズ。なかでも「CAINZ PickUp(カインズピックアップ)」はデジタルとリアル店舗を融合させた商品取り置きサービスです。カインズのお買い物がもっとラクになるこのサービスについて開発担当者に開発秘話や使い方について聞きました。

森泉のステキ生活研究所【♯02 キャンピングテーブルをDIY!】

森泉のステキ生活研究所【♯02 キャンピングテーブルをDIY!】

芸能界きってのDIYer・森泉さんが、ホームセンターのカインズと一緒に、くらしにまつわるDIYにチャレンジする『森泉のステキ生活研究所』。森さんが実際に使いたいアイテムを気の向くままにDIYし、その模様を動画でお届けしていきます! #02の今回は、塗料メーカー・ニッペホームプロダクツのアトリエにお邪魔して、キャンピングテーブルの塗装に挑戦してくれました。

“プロのためのプロ”がカインズの未来を切り拓く

“プロのためのプロ”がカインズの未来を切り拓く

ホームセンター業界で売上1位を誇るカインズ。右肩上がりの成長を続ける背景には、各事業部が独自の施策を実行するためのSBU(ストラテジック・ビジネス・ユニット)と呼ばれる事業戦略があった。その中で、農業や建築業などに従事するプロをターゲットにした「プロSBU」について、部長の深井彰から話を聞いた。

一つ三役! カインズ「レンジ汚れ防止マット」が優秀すぎる

一つ三役! カインズ「レンジ汚れ防止マット」が優秀すぎる

一度汚れがついてしまうとなかなかとれなくて大変な電子レンジ。キッチンは調理器具など、他の掃除もあって大変だから、少しでも楽したいですよね。そんな問題をあらかじめ防止できるカインズの「レンジ汚れ防止マット」はなんと一つ三役使える超便利グッズ。一家にひとつストックがおすすめです。

まくらの種類と選び方のコツをカインズ社員にきいてみた

まくらの種類と選び方のコツをカインズ社員にきいてみた

近年のストレス社会の中で『睡眠』はとっても大切。健康的な生活のために自分に合ったまくらを選んで、質の高い睡眠を確保したいものです。今回は万年肩こりに悩んでいるライターのはるまきもえさんが、カインズの寝具担当社員にまくらの大切さから選び方のコツまで詳しく教えてもらいます。安いまくらと高いまくらの違いは?おすすめのカバーは?など、まくらの疑問がスッキリ解決しますよ。

【カインズアプリ開発の裏側】導入までわずか4カ月!カインズ店員が使う〝あの端末″のヒミツ

【カインズアプリ開発の裏側】導入までわずか4カ月!カインズ店員が使う〝あの端末″のヒミツ

競争の激しいホームセンター業界で、「IT×小売り」の実現を進め、近年ではIT大工とも呼ばれるほどデジタルシフトが目覚ましいカインズ。そんなカインズのデジタル戦略のプロジェクトの一つが「各種アプリの開発」です。わずか4か月で導入できた店員向けアプリとは?カインズアプリ開発の裏側について聞いてみました。

「鯉のぼり」は本当にコイでいいのか!? さかな芸人ハットリが考える縁起のいい「〇〇のぼり」

「鯉のぼり」は本当にコイでいいのか!? さかな芸人ハットリが考える縁起のいい「〇〇のぼり」

5月5日の端午の節句に飾る「こいのぼり」。魚を愛する水産系ピン芸人の「さかな芸人ハットリ」さんが、「こいのぼり」に代わる「○○のぼり」を提案します。こいのぼりの由来なども辿りながら、「他にもこんな魚をのぼらせてもいいのでは?」というアイデアをイラストを交えて解説! 果たして、どんな魚が登場するのでしょうか?

森泉のステキ生活研究所【♯00 ステキちゃん爆誕!】

森泉のステキ生活研究所【♯00 ステキちゃん爆誕!】

芸能界きってのDIYerとして知られ、プロ並みの腕前をお持ちの森泉さんが、くらしにまつわるさまざまなDIYに挑戦する『森泉のステキ生活研究所』。ホームセンターのカインズと一緒に、毎日の生活を楽しく、便利にしてくれるDIYを披露していきます! #00の今回は、森さんとカインズの社長・高家正行が、それぞれが考える「DIYの魅力」について熱く語り合いました。

森泉のステキ生活研究所【♯01 ペットグッズをDIY!】

森泉のステキ生活研究所【♯01 ペットグッズをDIY!】

芸能界きってのDIYer・森泉さんが、ホームセンターのカインズと一緒に、くらしにまつわるDIYにチャレンジする『森泉のステキ生活研究所』。やって楽しい、使って便利な、さまざまなDIYの模様を動画でお届けしていきます! #01の今回は、森さんの自宅のDIYルームで、鳥用のオモチャとドッグフードBOX作りに挑戦してくれました。

「偏愛力」がハンパない。とにかく「刈払機」を愛するバイヤーにプロ用品の魅力を聞いたら、ホムセンに行きたくなった

「偏愛力」がハンパない。とにかく「刈払機」を愛するバイヤーにプロ用品の魅力を聞いたら、ホムセンに行きたくなった

ホームセンターには、農家さんや大工さんの大切な仕事道具などを扱う「プロ向けのエリア」があることをご存知ですか? そこでは、草を刈るための刈払機(草刈り機)、野菜を入れるための袋やネット、米袋など、さまざまな「プロ用品」が並んでいます。実はこのプロ用品には、一般客にも役立つアイテムがたくさんあるのです! そんなプロ用品の魅力について、カインズで農業資材・機材のバイヤーを務める武川博文さんに語ってもらいました。

整理収納のプロが「収納用品選び」のコツ教えます。整理収納アドバイザーによる「整理収納基本講座」

整理収納のプロが「収納用品選び」のコツ教えます。整理収納アドバイザーによる「整理収納基本講座」

整理収納アドバイザー・青山順子さんが整理収納術をご紹介。青山さんが講師を務めるカインズのワークショップ「整理収納アドバイザーによる整理収納基本講座」の内容と一緒に、イチ押しの収納グッズも紹介します。自宅で片づける時は何から手をつけたらよいのか、どんな収納用品がおすすめなのか、といった“片づけの基本”を伝授します。今後カインズで開催予定の整理収納に関するワークショップは専用サイトで予約可能です。

鉛筆彫刻人・シロイが生み出す繊細すぎる鉛筆の芯アート

鉛筆彫刻人・シロイが生み出す繊細すぎる鉛筆の芯アート

太さわずか数ミリの鉛筆の芯に文字や造形物を彫刻する、鉛筆彫刻家・シロイさん。繊細な作業を積み重ね、「カトラリー」「日本刀」「鎖」などのユニークな作品を生み出してきました。そんなシロイさんのものづくりの源泉を知るべく、鉛筆彫刻を始めるきっかけ、作品が完成するまでの工程、創作への思いなどを聞いてきました!

夢のアイシングクッキー屋さんを作ろう! チームめろりDIY大作戦!【資材購入編】

夢のアイシングクッキー屋さんを作ろう! チームめろりDIY大作戦!【資材購入編】

ツイッターフォロワー23万人以上、 『彼氏のことが好きすぎる』と、のろけたツイートでも人気の「めろり」さんが、アイシングクッキーの実店舗をオープンすることに。素敵なデザインが人気のめろりさんのアイシングクッキーが並ぶことになる実店舗。なんと、その内装DIYをカインズがサポートしました! その名も「チームめろり大作戦」。今回は、お店の内装プランをもとに資材を購入し、クッキーを並べる商品棚をDIYするところまでをレポートします。果たして、無事にアイシングクッキー屋さんは完成するのか!?

ポールを使うウォーキングで運動不足を解消!散歩感覚でメタボ撃退してみた

ポールを使うウォーキングで運動不足を解消!散歩感覚でメタボ撃退してみた

リモートワークでおうち時間が長くなって、運動不足だと身体の変化を感じてきていませんか。座りっぱなしで、好きな時に食事やおやつに手が伸びてしまって、お腹が気になっているなんてことも。そこで今回は、スポーツが苦手というライターの吉村さんがポールを使うウォーキングに挑戦!楽して運動不足を解消するべくカインズのウォーキングアイテムを集めて比叡山に挑みます。

カインズは3回生まれ変わった!? 大規模なデジタル戦略で「IT大工」と呼ばれるまで

カインズは3回生まれ変わった!? 大規模なデジタル戦略で「IT大工」と呼ばれるまで

競争の激しいホームセンター業界の中でカインズは「IT×小売業」の実現をトップスピードで進めてきました。自宅からアプリで商品在庫を確認できたり、ロボットがお出迎えする店舗も登場。「IT大工」と呼ばれるほどにデジタルシフトしています。カインズの創業から現在までにあった3回の転機についてや、デジタルを取り入れたことでできた改善点、またこれからのビジョンかなど、カインズのデジタル戦略本部に聞いてみました。

木材選びで未来が変わる! DIYerに「FSC®認証材」を使ってほしいワケ

木材選びで未来が変わる! DIYerに「FSC®認証材」を使ってほしいワケ

カインズ朝霞店では、日本のホームセンターで初めてFSC®認証マークのついた国産木材の取り扱いを開始しました。FSC®とは国際的な森林認証制度を運営する非営利団体。森を守りながら森林資源を使うために厳格なルールを示しています。FSC®がどのような背景で設立され、どのような機能を果たしているのか、詳しく解説します。

4月1日、カインズがロゴマークを一新。デザインは田中かえ氏

4月1日、カインズがロゴマークを一新。デザインは田中かえ氏

カインズがロゴマークを一新しました。作者は新進気鋭のイラストレーター・田中かえ氏。近年では、乃木坂46や、モモコグミカンパニー(BiSH)、「オニツカタイガー」「ビームス」「TOWER RECORD」など、さまざまなジャンルとのコラボレーションをしています。カインズの企業ロゴはカインズホームとカインズのそれぞれ一種類しかありませんでした。2021年4月1日のエイプリルフールを迎えるにあたって、カインズにな初のロゴ変更を発表します。

ネオ無職女子「酒村ゆっけ、」の、酒スラム部屋を大掃除してみた

ネオ無職女子「酒村ゆっけ、」の、酒スラム部屋を大掃除してみた

文章家・YouTuberの酒村ゆっけ、さんがお部屋を大掃除! 充電器や配線が絡まる床、山積みの本やゲームソフトやCD、舞い散る猫の毛……。そして特筆すべきは、あらゆるジャンルが揃った酒の瓶や缶の山。通称「酒スラム」。とんでもなく散らかったお部屋をカインズのお掃除グッズで、すっきりきれいにしていきます!

駆け抜けて軽トラ・餅田コシヒカリの汚部屋を大掃除してみた

駆け抜けて軽トラ・餅田コシヒカリの汚部屋を大掃除してみた

お笑いコンビ『駆け抜けて軽トラ』の餅田コシヒカリさんのお部屋の大掃除を、相方である小野島徹(おのじまとおる)さんがお手伝いしに行きました。いわゆる「汚部屋」の餅田さんの部屋を、カインズのお掃除グッズできれいにしていきます。布団周り、机周りからクローゼットの中まで、家中がピカピカになるまでをご覧ください!

第十三話「奥深きハンドドリップコーヒー。お湯はヤカンで入れちゃダメ!? のナゾ」

第十三話「奥深きハンドドリップコーヒー。お湯はヤカンで入れちゃダメ!? のナゾ」

朝から自分で作ったコーヒーを飲むのは格別だ。そんな優雅な朝に憧れて、ハンドドリップコーヒーを淹れたいと思うも、使う道具・豆の種類・温度・時間など、こだわりポイントが多すぎて混乱してしまいがち。そこで、カインズに揃っているコーヒーグッズを紹介して、初心者でもハンドドリップコーヒーを楽しめるように教えます。

テレビで話題になったカインズのオリジナル人気商品10選

テレビで話題になったカインズのオリジナル人気商品10選

カインズのオリジナル商品(プライベートブランド)のうち、お客様や社員たちから愛され、テレビでも紹介されて話題となった商品を10品ご紹介します。数多くの商品のなかでも便利で使い勝手の良い、優秀なアイテムです。ECサイトでは売り切れになってしまうほど人気商品ですので、在庫があるうちに購入してください。

アイドル・白幡いちほの汚部屋を大掃除してみた

アイドル・白幡いちほの汚部屋を大掃除してみた

アイドルグループ『劇場版ゴキゲン帝国Ω』のリーダー・白幡いちほさんがお部屋を大掃除! ほうきやちりとり、フローリングワイパー、ペットの毛がごっそり取れるブラシなど、カインズの便利なお掃除グッズを使って、散らかった机の上、大量の服の山、ベットの毛が絡まったカーペットなどを次々と片づけていきます。お部屋がきれいになる一部始終をご覧ください!

「ホームセンターではなく、カインズになります!」 商品開発で、世界を“日常から”変える

「ホームセンターではなく、カインズになります!」 商品開発で、世界を“日常から”変える

10年以上、横ばい状態が続くホームセンター業界で右肩上がりの成長を続け、総売上1兆円超のベイシアグループの中核を担うカインズ。その成長の背景には、SBU(ストラテジック・ビジネス・ユニット)と呼ばれる独自の事業戦略がある。社内をSBUという事業部ごとに分社化し、各SBUが独自の施策を実行していくという戦略だ。そんなSBUで最大規模の組織、ライフスタイルSBUの部長・吉井純人が、そのビジョンを自身の言葉で語る。

大震災とホームセンターの関係、「地域インフラ」としての役割

大震災とホームセンターの関係、「地域インフラ」としての役割

災害時のホームセンターは「地域のライフライン」である。カインズは「大災害」といかに向き合ってきたのか?東日本大震災から10年を迎えるにあたり、カインズの社内に残る膨大な資料とメンバーたちの証言を集め、ここに初めてその記録を公開したい。2011年3月11日の東日本大震災を経験し、カインズで働くメンバーは、このとき改めてホームセンターの社会的な意義を改めて体感することとなった。2018年6月18日の大阪北部地震、さらに2019年10月12日の令和元年東日本台風19号など、度重なる自然災害に見舞われ、そのたびに災害対策の強化に取り組んできた。また、新型コロナウィルスに伴う緊急事態宣言下においても、ホームセンターの役割は再び注目を浴びている。カインズは一企業であると同時に「災害時のライフライン」であり「地域のインフラ」でもある。店舗を通じて地域の安全と安心を守り続ける。それが災害大国におけるカインズの「地域インフラ」としての矜持であり、お客様に対する緊急時の責務である。10年前の東日本大震災の記録と、カインズにおける災害対策の現状について少しでも知っていただければ幸いです。

布マスクと不織布マスク、どう使い分ける? “マスクのプロ”が教える利用法&おすすめ布マスク

布マスクと不織布マスク、どう使い分ける? “マスクのプロ”が教える利用法&おすすめ布マスク

毎日使うマスクはどう選べは良いでしょうか? 布マスクと不織布マスク、それぞれの性能を比較し、目的に合わせたマスクの使い分け方法を、カインズの“マスクのプロ”に聞きました。カインズオリジナル布マスクの新たなヒット商品「縫製職人の手作りマスク」の開発秘話もご紹介します!

「黒いカインズ」がある謎。ドリンク飲み放題で建築職人しか入れない「C’zPRO」とは?

「黒いカインズ」がある謎。ドリンク飲み放題で建築職人しか入れない「C’zPRO」とは?

「黒いカインズ」が1店舗だけ存在します。その名も「C’z PRO」(シーズプロ)。建築・設備の職人に特化した会員制店舗で2020年8月、神奈川県横浜市に1号店がオープンしました。「C’z PRO」は緑色のカインズと違って会員制の卸売店です。建築業関連の法人か個人事業主でないと会員になれません。取り扱っている商品も内装・電工・設備関連のアイテムなど専門性が高いく、HiKOKI、マキタ、京セラなどの電動工具はプロ向けのアイテムを豊富に揃えています。しかし、カインズの社内でも謎に包まれた存在として、奇妙な噂が出回っています。

ザスパクサツ群馬のサポーター監修「Jリーグ観戦ガイド」

ザスパクサツ群馬のサポーター監修「Jリーグ観戦ガイド」

サッカー「Jリーグ」の試合を観戦したことはありますか? まだ観戦したことがないという方に向けて、「初めてのJリーグ観戦を楽しむ方法」をご紹介します。Jリーグ観戦の魅力と楽しみ方を語ってくれるのは、小学生の頃にザスパクサツ群馬のサポーターになり、ザスパ愛が高じてカインズに入社したという水戸店の田部井マネージャー。豪華なプレゼントもあるので、最後までチェックしてみてください。

カインズのAR機能で自宅に商品を試し置きしてみた

カインズのAR機能で自宅に商品を試し置きしてみた

スマホがあれば、自宅に商品を“試し置き”できるカインズのARサービス。来店せずとも、商品の購入を検討できます。そこで、イラストレーターの百瀬ガンジィさんがARサービスを体験レポート。煩雑としたキッチン周りの整理に、インテリアキャリコが実際に置けるのか、ARを駆使して試してみます!

カインズ社員が自腹で買った名作10選「バレンタイングッズ」

カインズ社員が自腹で買った名作10選「バレンタイングッズ」

2月の一大イベントといえば、やっぱりバレンタイン。今年は外食やデートを控え、おうちで過ごすバレンタインデーを選ぶ人も多いはず。本当に喜ばれるギフトを贈るべく、カインズ商品に詳しいベテラン主婦社員たちを集め、彼女たちが自腹を切って買ったカインズ商品を調査! 今までに贈って喜ばれたバレンタインギフトや、レシピやDIYアイデアに役立つ、おすすめの「バレンタイングッズ」をご紹介します。

2月2日の節分は124年ぶり! カインズのバイト面接に落ちたライターが「節分コスプレ」に挑戦

2月2日の節分は124年ぶり! カインズのバイト面接に落ちたライターが「節分コスプレ」に挑戦

身の回りにあるものを使ったコスプレが得意なライター・たかやさんが、カインズの商品を使って節分にちなんだコスプレに挑戦しました。材料調達場所に選んだのは、ホームセンターのカインズ。工具からインテリアまで、DIYに役立つ道具が幅広く手に入ります。果たして、どんな材料でどんなコスプレを披露するのか。そのクオリティは!? 

カインズ社員が自腹で買った名作10選「おうち時間充実グッズ」

カインズ社員が自腹で買った名作10選「おうち時間充実グッズ」

コロナウイルスの感染拡大がますます広がり、おうちで過ごすことを余儀なくされる2021年の冬。家で時間を潰すなんてつまらない!と思っている方も多いはず。そんな方たちのため、少しでもこのコロナ禍で過ごすおうち時間を向上させてもらうべく、カインズで働くベテラン主婦たちを集め、自腹を切ってカインズで買った「この冬使えるおうち時間充実グッズ」を聞き込み調査してきました。

カインズ“デジタル化”の仕掛人・池照直樹が語る「ホームセンターの未来像」

カインズ“デジタル化”の仕掛人・池照直樹が語る「ホームセンターの未来像」

ホームセンター「カインズ」のデジタル化の歩みをまとめました。2020年以降、「売場案内ロボットの導入」「従業員向けの売場・在庫検索アプリの導入」「ユーザー向けアプリの機能追加(店舗受取サービス、マイストアでの在庫確認と売場MAP表示など)」「非接触ロッカーの設置」「店舗に併設されたドッグランのネット予約サービス」「ECサイトでの抽選機能の導入」など、さまざまなデジタル施策の導入を矢継ぎ早に行っているカインズ。現在、デジタル戦略本部の本部長を務める池照直樹が、2013年11月にカインズの社員と出会ってから、2020年1月にデジタルに特化した新組織「CAINZ INNOVATION HUB TOKYO」を立ち上げるまでの歴史を、池照本人の言葉とともに振り返ります。

【口コミは?】カインズの高保湿ボディミルクを使ってみた

プチプラ&口コミ良し! カインズの高保湿ボディミルクを使ってみた

感想する季節の冬をうまく乗り切るためには、保湿が何よりも大切。カインズってホームセンターなのに、プライベートブランドのコスメが売っているって知っていましたか?本日紹介するのは、500円でお釣りがくるプチプラの高保湿ボディミルク。サラサラした感触が使いやすく、子供にも使える優れもの。安い上に、口コミまで良いんだとか。コスメインスタグラマーのRomiが、早速使い心地をレポートします。

2021年は丑年! 牛グッズで丑年をモ〜っと楽しもう

2021年は丑年! 牛グッズで丑年をモ〜っと楽しもう

2021年は丑年。干支の丑にあやかって、素敵な1年の幕開けにしたい! そんな思いつきから、とにかく牛にまつわるグッズを集めてみました。全面に牛がプリントされたトイレットペーパーから、おうちのワンコをかわいい牛に変身させてしまうペットウェアなどなど、縁起も良くて実用的(?)な牛アイテムが大集合。食べて美味しいだけじゃない! 丑年のはじめに、牛の魅力を再発見できました。

【2020年】よく読まれた人気記事TOP10「となりのカインズさん」

【2020年】よく読まれた人気記事TOP10「となりのカインズさん」

カインズ初となるWebメディア「となりのカインズさん」は、2020年6月11日にオープンしました。コンセプトは「ホームセンターを遊び倒す」。まだ立ち上げから半年ちょっとの新しいメディアですが、読者が急増しております。これもひとえに、ご寄稿いただいたカインズのお客様、さまざまなジャンルのライター様、メーカー様、そしてホームセンターファンのみなさまのおかげです。引き続き、お客様やクリエイターの皆様、そしてメーカー各社様からの、思いおもいの“ホームセンターを遊び倒す方法”をご寄稿いただければ幸いです。

カインズ社員が自腹で買った名作10選「おすすめ掃除道具」

カインズ社員が自腹で買った名作10選「おすすめ掃除道具」

主婦にとって欠かせないのが毎日の掃除。いかに簡単に効率よくキレイにできるか、その重要な役割を果たすのがお掃除グッズです。そこで今回はカインズで働くベテラン主婦たちを集め、自腹を切ってカインズで買っている「本気でおすすめする商品」を、お掃除編にテーマを設定して調査してみました。ズボラ主婦にぴったりのアイテムや、画期的な汚れ落としなど、今すぐ欲しくなる万能アイテムがずらり!

ザスパクサツ群馬・舩津徹也が振り返る2020年シーズン

ザスパクサツ群馬・舩津徹也が振り返る2020年シーズン

小学生のときからザスパクサツ群馬を応援し続けてきた真正のザスパサポ、カインズ水戸店のマネージャー・田部井快が、所属選手を直撃インタビュー! 選手の特長やプライベート、印象的なプレーのウラ話など、ほかでは聞けないレアなエピソードを、ガチサポ目線でガンガン聞き出していきます。第5回のゲストは、現チームの最古参で、ザスパの“酸いも甘いも知る男”、舩津徹也選手です!

ザスパクサツ群馬・飯野七聖の「野望」と「美肌」の不思議な関係

ザスパクサツ群馬・飯野七聖の「野望」と「美肌」の不思議な関係

小学生のときからザスパクサツ群馬を応援し続けてきた真正のザスパサポ、カインズ水戸店のマネージャー・田部井快が、所属選手を直撃インタビュー! 選手の特長やプライベート、印象的なプレーのウラ話など、ほかでは聞けないレアなエピソードを、ガチサポ目線でガンガン聞き出していきます。第4回のゲストは、左右両方のサイドバック・ウイングバックをこなす、田部井マネージャーもイチ押しのイケメン、飯野七聖選手です!

ザスパクサツ群馬・大前元紀が考える「いまのザスパに必要なもの」

ザスパクサツ群馬・大前元紀が考える「いまのザスパに必要なもの」

小学生のときからザスパクサツ群馬を応援し続けてきた真正のザスパサポ、カインズ水戸店のマネージャー・田部井快が、所属選手を直撃インタビュー! 選手の特長やプライベート、印象的なプレーのウラ話など、ほかでは聞けないレアなエピソードを、ガチサポ目線でガンガン聞き出していきます。第3回のゲストは、ブンデスリーガでの経験とJ2得点王という輝かしい実績を引っさげ、今シーズンの開幕前に大宮アルディージャからザスパに移籍した大前元紀選手です!

第十一話「自宅のイルミネーションが映えすぎる!? のナゾ」

第十一話「自宅のイルミネーションが映えすぎる!? のナゾ」

ここはカインズ本社の地下深くに幽閉された謎の施設『カインズ研究所』。日夜、カインズにまつわるナゾやウワサの真相を3人の研究員が調査している。今回のテーマは、クリスマスシーズンに欠かせない「イルミネーション」。オシャレに飾れるかどうかが大きなポイントだが、“映える”イルミネーションはカインズに売っているのだろうか? 今日もまた、カインズのナゾがひとつ解決されようとしていた……。

【革命】カインズ朝霞店が待望のオープン! 最新システムのドッグランやペット売り場がすごい

カインズ朝霞店が待望のオープン! 最新システムのドッグランやペット売り場がすごい

11月2日にオープンし、スマホアプリで予約できるドッグランや売り場案内ロボットなど、初のデジタルテクノロジーを取り入れていることで話題となっているカインズ朝霞店。さらには、地域とお客様をつなぐというコンセプトのもと作られた『くみまちモールあさか』に入っている約30ものテナントのマネジメントも手掛けるという、初の試みにも挑戦。朝霞市役所の協力のもと、地元農家の方が作る野菜を用いた料理イベントが開催されるというタイミングに合わせ、期待が集まる新店を編集部が密着取材!

大掃除のコツを場所別に伝授。便利な掃除グッズも紹介

大掃除のコツを「場所別」に伝授。便利な掃除グッズも紹介

最近は年末に向けて「場所別」に「段階的」に大掃除する人が多くなりました。忙しい師走でも、大掃除がはかどるコツと便利グッズを紹介します。楽しくラクに家事ができるカインズの「楽カジ」シリーズなら効率的に確実に汚れを落とせるのでオススメですよ。今年の汚れは今年のうちに徹底清掃!スッキリした気持ちで新年を迎えましょう!

ザスパクサツ群馬・青木翔大が、三浦知良と中山雅史から学んだこと

ザスパクサツ群馬・青木翔大が、三浦知良と中山雅史から学んだこと

小学生のときからザスパクサツ群馬を応援し続けてきた真正のザスパサポ、カインズ水戸店のマネージャー・田部井快が、所属選手を直撃インタビュー! 選手の特長やプライベート、印象的なプレーのウラ話など、ほかでは聞けないレアなエピソードを、ガチサポ目線でガンガン聞き出していきます。第2回のゲストは、サポーターからの“愛され度”ナンバーワン、みなぎる闘志と献身性あふれるプレーが魅力の青木翔大選手です!

面倒くさい洗濯はもうやめよう。カインズ社員に洗濯がラクになるコツを聞いてみた

面倒くさい洗濯はもうやめよう。カインズ社員に洗濯がラクになるコツを聞いてみた

洗濯がラクになるコツを、「面倒くさい」の撲滅を使命とするカインズ社員の升谷が教えます。掃除や料理と並んで、面倒くさい家事のひとつである洗濯。頻繁にしなければならないうえに、洗って干して畳んで収納する、と工程が多くてさらに面倒くさいですよね。今回は、干し方のコツや便利アイテムを紹介してお悩みを解決! 洗濯の「面倒くさい」を撲滅します!

ザスパクサツ群馬・田中稔也が語る「J2」「チームメイト」そして「群馬県」

ザスパクサツ群馬・田中稔也が語る「J2」「チームメイト」そして「群馬県」

小学生のときからザスパクサツ群馬を応援し続けてきた真正のザスパサポ、カインズ水戸店のマネージャー・田部井快が、所属選手を直撃インタビュー! 選手の特長やプライベート、選手ならではの「観戦ポイント」など、ほかでは聞けないレアなエピソードを、ガチサポ目線でガンガン聞き出していきます。第1回のゲストは、今シーズン、チーム最多の7得点をあげている期待の技巧派フォワード・田中稔也選手です!

第十話「カインズ広すぎ!商品を探さなくてもいいアプリのナゾ」

第十話「カインズ広すぎ!商品を探さなくてもいいアプリのナゾ」

カインズの店舗は広い。それだけ取り扱い商品が多いわけだが、逆にお客様がお探しの商品を探しにくいという側面もある。商品の陳列場所を聞くために店員を探してもすぐに見つかるとは限らない。そこでカインズは自分で商品を探せるアプリ機能を開発。カインズアプリを使えば、その他にも、お買い得情報のチラシ、店舗在庫を取り置いて専用ロッカーで受け取るなど、各種サービスが可能になる。

ザスパ愛が強すぎてカインズに入社。Jリーグに魅了されたガチサポ店員の話

ザスパ愛が強すぎてカインズに入社。Jリーグに魅了されたガチサポ店員の話

Jリーグ所属のサッカーチーム・ザスパクサツ群馬。昨シーズン、ドラマティックな展開でJ3からJ2への昇格を果たし、今シーズンは1ランク上のレベルで熱戦を繰り広げています。カインズは、そんなザスパを2006年からスポンサード。なんと社内には、ザスパ愛が高じてカインズに入社してしまったという熱すぎる社員までいるんです! 2020年2月にオープンしたカインズ水戸店のマネージャー・田部井快は、小学生のときからザスパを応援し続けてきた真正のザスパサポ。店舗業務に勤しみながら、内に秘めるザスパ愛を開放する機会を虎視眈々と狙っていました──。ガチサポ店員が、大好きなザスパとJリーグ観戦の魅力について熱く語るインタビュー記事です。

コロナ前から「マスク」に注力。カインズが開発したマスクいろいろ

コロナ前から「マスク」に注力。カインズが開発したマスクいろいろ

新型コロナウイルスの大流行により、一時は市中から消えた「マスク」。一時期のパニック状態も少し落ち着きを見せ、ようやくマスクの「機能」にも目を向けてもらえる状況になってきました。コロナ禍以前から長年、マスクの開発・改良に向き合ってきた私としては、こんな状況だからこそ、できるだけご自身のライフスタイルに合ったマスクを選んでもらいたい、少しでも快適にマスクを使っていただきたいと考えています。カインズは10年以上の歳月を費やしてオリジナルのマスク開発に注力してきたので、「ひとたび手にとれば、その違いをわかっていただける!」と自負しています。マスクの専門家として、カインズが自社で開発しているマスクの豊富なラインナップと、意外と知られていないマスクの機能・効果についてお伝えしていきたいと思います。

信長もビックリ! ホームセンターの野望2020

信長もビックリ! ホームセンターの野望2020

全国18億6,000万人のホームセンター愛好家の皆さんこんにちは。ホームセンター神(ホームセンターしん)のヨッピーです。急におっさん出てきても「えっ、ホームセンター神って、なに!?」ってビックリするかと思いますので、説明しますね。ホームセンターの、神です。すいません流石にそれは言い過ぎました。実際はせいぜい「ホームセンターが異常に好きなおじさん」くらいのポジションです。そしてそういう人は周囲にだいたい1人か2人くらい居ます。実は最近、ホームセンター業界がめちゃめちゃ面白い感じになってきていることをご存知でしょうか。

暑い夜もぐっすり! カインズのひんやり寝具6選

皆さんはいま、良好な睡眠生活を送れていますか? まだまだ寝苦しい日が続いていて、私は睡眠時間が減ってしまいました。また、日中は外に出ず、引きこもりに拍車がかかりはじめ、気が付けばネットショップでプロジェクターを購入していました。今回は、そんな僕が熱帯夜でも快適に眠れる、カインズのひんやり寝具をご紹介していきます。

Prev

  • 1
  • /