クリエイター/CREATOR

ハリウッドザコシショウさんの「誇張しすぎた」小道具DIY論。僕は完璧主義、だから作るしかない。

ハリウッドザコシショウさんの「誇張しすぎた」小道具DIY論。僕は完璧主義、だから作るしかない。

「誇張モノマネ」シリーズなどで人気のお笑い芸人・ハリウッドザコシショウさん。デビュー前後から現在まで、ダンボールやガムテープ、布といった、身近なものを使って小道具を作り続けているDIY芸人です。今回は、ご本人に小道具の製作へのこだわりや楽しみ方をインタビューしました。ハリウッドザコシショウさんのクリエイター魂に迫ります。

森泉のステキ生活研究所【♯15 ステンシルDIYに挑戦!】

森泉のステキ生活研究所【♯15 ステンシルDIYに挑戦!】

芸能界きってのDIYer・森泉さんが、ホームセンターのカインズと一緒に、くらしにまつわるDIYにチャレンジする『森泉のステキ生活研究所』。所長の森さんが、自宅やお店、ときにはDIYメーカーの工房で“モノづくり”を楽しみ、その模様を動画でお届けしていきます。#15のテーマは「ステンシルを使ったDIY」。ステンシルシートを用いて、世界にひとつだけのエプロンとトートバッグを作ります!

「研ナオコ」はホームセンターでできている説。芸歴51年目の知られざるDIY的生活

「研ナオコ」はホームセンターでできている説。芸歴51年目の知られざるDIY的生活

歌手・タレントとして、長きにわたりお茶の間の人気の集めている研ナオコさん。実は、大のホームセンター好きであり、生活に関わる身のまわりのものはほとんどホームセンターで揃えているといいます。そんな研ナオコさんに、ホームセンターの魅力や、夫婦で屋上キャンプをした話、趣味のガーデニングやDIYなどについて語っていただきました。

森泉のステキ生活研究所【♯14 未来のDIYerとコラボ!】

森泉のステキ生活研究所【♯14 未来のDIYerとコラボ!】

芸能界きってのDIYer・森泉さんが、ホームセンターのカインズと一緒に、くらしにまつわるDIYにチャレンジする『森泉のステキ生活研究所』。所長の森さんが、自宅やお店、ときにはDIYメーカーの工房で“モノづくり”を楽しみ、その模様を動画でお届けしていきます。#14のテーマは「未来のDIYerとのコラボ」。3人のかわいいゲストたちに、所長がDIYの英才教育を施していきます!

「スパイスカレー沼」へようこそ。南インド料理ブームの立役者が歴史と基本知識を解説

「スパイスカレー沼」へようこそ。南インド料理ブームの立役者が歴史と基本知識を解説

スパイスカレーの専門店が人気を集めるなか、自宅でオリジナルのスパイスカレー作りに挑戦する人も増えています。では、スパイスカレーはどこの国から伝来したのでしょうか? 南インド料理店「エリックサウス」の総料理長・イナダシュンスケさんに、スパイスカレーの歴史や日本で流行するまでの話、そしてスパイスカレーの魅力などをうかがいました。

インド料理店の総料理長が教えるスパイスカレー入門レシピ。「基本のチキンカレー」と「レンジで作るケララカレー」

インド料理店の総料理長が教えるスパイスカレー入門レシピ。「基本のチキンカレー」と「レンジで作るケララカレー」

南インド料理エリックサウスで総料理長を務めるイナダシュンスケさんに「スパイスカレー」を自宅で簡単に作る方法を聞きました。チキンカレーのレシピから辛さを調整したい人向けのアレンジやスパイス、上級者向けの料理方法をご紹介。さらに、電子レンジで本格的な「ケララチキンカレー」を作るという超お手軽レシピも伝授します。カレー好きは必読です!

「軟式globe」パークマンサーがキムタクに憧れ、農家に転身したアホ哲学

「軟式globe」パークマンサーがキムタクに憧れ、農家に転身したアホ哲学

TV番組「学校へ行こう!」に出演し一世を風靡した「軟式globe」のパークマンサーさんは今、地元の富山県で農業を営んでいます。お茶の間の人気者になるまで、不遇の時代から農業を始めた経緯、そして農家としての現在など、波瀾万丈な生き様を本人に語っていただきました。

クソキッチンを退治せよ! おっさん3人で頑張って改造してみた

クソキッチンを退治せよ! おっさん3人で頑張って改造してみた

都心のワンルームマンションなどに多い「クソキッチン」をご存じですか? 「激せま・コンロが1口・調理スペースゼロ」という、死ぬほど使いづらいキッチンの総称です。「クソキッチンを撲滅する会」初代会長のヨッピーさんが、収納王子コジマジックさんの力を借りつつ、後輩ライター宅のクソキッチンと壮絶なバトルを繰り広げました!

料理研究家・リュウジの簡単やばうまレシピ「ねぎま焼きうどん」

料理研究家・リュウジの簡単やばうまレシピ「ねぎま焼きうどん」

料理研究家リュウジの連載「簡単やばうまレシピ」。焼き鳥を焼きうどんに昇華させた「すする焼き鳥」を紹介します。甘辛くて香ばしいタレをまとった具材が麺に絡み、うどんが一瞬で消え失せる美味しさです。最初にフライパンで具材を焼けば、あとは調味料を入れるだけなので料理も超簡単!

藤あや子がスクープ連発! 愛猫マルとオレオのかわいい瞬間

藤あや子がスクープ連発! 愛猫マルとオレオのかわいい瞬間

歌手・藤あや子さんのTwitterやInstagramで人気沸騰中の猫、マルくんとオレオちゃん。通称「マルオレ」。豊かな表情とコミカルな行動が愛らしく、投稿写真に添えられる藤さんのユーモラスなコメントも相まって、ファンが増え続けています。今回は、藤さんが厳選した写真をエピソードとともご紹介。今後の野望についても語っていただきました。

森泉のステキ生活研究所【♯13 リモートDIY教室を開催!】

森泉のステキ生活研究所【♯13 リモートDIY教室を開催!】

芸能界きってのDIYer・森泉さんが、ホームセンターのカインズと一緒に、くらしにまつわるDIYにチャレンジする『森泉のステキ生活研究所』。所長の森さんが、自宅やお店、ときにはDIYメーカーの工房で“モノづくり”を楽しみ、その模様を動画でお届けしていきます。#13のテーマは「リモートDIY教室」。幕張店の「Cainz DIY Square」と、日本各地の「カインズ工房」をオンラインでつなぎ、“森先生”によるDIY教室を開講しました!

【冬支度】蚕を育ててポカポカの真綿を作る

【冬支度】蚕を育ててポカポカの真綿を作る

かつての日本では「蚕(かいこ)」を飼育し、蚕の繭(まゆ)から絹糸を作る「養蚕(ようさん)」が盛んに行われていました。今回は、その昔ながらの方法で蚕を飼育してみます。桑の葉を食べさせ、蚕が糸を吐いて繭を作ったら、茹でて角真綿にします。虫が苦手な人でも、不思議と見ているとだんだんと可愛くなるかもしれませんよ!

森泉のステキ生活研究所【♯12 農業体験&プランター菜園に挑戦!】

森泉のステキ生活研究所【♯12 農業体験&プランター菜園に挑戦!】

芸能界きってのDIYer・森泉さんが、ホームセンターのカインズと一緒に、くらしにまつわるDIYにチャレンジする『森泉のステキ生活研究所』。所長の森さんが、自宅やお店、ときにはDIYメーカーの工房で“モノづくり”を楽しみ、その模様を動画でお届けしていきます。#12のテーマは「農業体験&プランター菜園」。農園で農業体験に勤しんだあとは、自宅でできるプランター菜園のDIYに挑戦しました!

1万6千坪の藪の丘を自力で開拓。「絶景の人気ピザ屋」苦難続きのDIY開店ストーリー

1万6千坪の藪の丘を自力で開拓。「絶景の人気ピザ屋」苦難続きのDIY開店ストーリー

大分県にある「Pizzeria櫟の丘」は、由布院盆地を一望する丘の上に位置し、美しい眺望を楽しみながら石窯で焼いた本格ピザが食べられる場所。プロにも施工を任せながら、DIYも駆使して作り上げたこのお店は、今では人気店として賑わっています。しかし、それまでの道のりは決して順風満帆ではなかったそう。オーナーの山﨑康成さんに、オープンまでの紆余曲折をうかがいました。

エリザベス女王が称える庭園デザイナー・石原和幸。家庭菜園をやらなきゃもったいない!

エリザベス女王が称える庭園デザイナー・石原和幸。家庭菜園をやらなきゃもったいない!

庭園デザイナーの石原和幸さんは、国際ガーデニングショーの最高峰「英国チェルシーフラワーショー」で11回の金メダルを受賞をしています。エリザベス女王からは「緑の魔術師」と称えられ、イギリスでは高い知名度を誇る人物です。国内外の庭園やランドスケープのデザインを手がける石原さんに、庭造りにかける情熱と、これから園芸を始めたい人に向けたアイデアをお聞きしました。

世界で一番大きな鳥「ダチョウ」の卵を食べてランプを作る

世界で一番大きな鳥「ダチョウ」の卵を食べてランプを作る

現存する鳥類の中で一番大きいといわれる「ダチョウ」。その巨大サイズの卵で、「目玉焼き」「ゆで卵」「パンケーキ」を作って食べてみます。果たしてそのお味はどうなのでしょうか……!? さらに、残った殻を有効活用してランプシェードを製作。ダチョウを研究している東京農業大学の黒澤亮先生に、ダチョウについてのお話もいろいろとうかがいました。

どんな形でもあっという間に解体。藤田朋子さんの「ゴミを小さくするための技術」がスゴい

どんな形でもあっという間に解体。藤田朋子さんの「ゴミを小さくするための技術」がスゴい

女優の藤田朋子さんは「ゴミを解体してコンパクトにする」というユニークな趣味を持っています。なぜ、藤田さんはゴミの解体にハマったのでしょうか。実際に、プラスチックトレーや卵パック、ペットボトル、カップラーメンの容器、お弁当の容器などを解体してもらいながら、「ゴミ解体」の楽しみやこだわりについて語っていただきました。

Prev

  • 1
  • /