アウトドア/KEYWORD

キャンプでも使える「ロケットストーブ」の作り方

キャンプでも使える「ロケットストーブ」の作り方

「ロケットストーブ」は、ドラム缶やペール缶などを使う、誰にでも自作できるストーブです。暖房器具としてだけでなく、五徳を付ければキャンプ中の調理でも活躍してくれますよ。今回は、そんなロケットストーブを一斗缶でDIY! ロケットストーブってどんなものなのか、開発された経緯や仕組みもご紹介します。

バーベキューは「炭」が決め手! 炭の種類と使い方を徹底解説

バーベキューは「炭」が決め手! 炭の種類と使い方を徹底解説

キャンプ飯やバーベキューで大活躍するのが「炭」。炭火で焼いて食べるお肉や野菜は絶品です。炭にはいろいろな種類があるため、選び方や使い方に迷うことがあるかもしれません。そこで今回は、主な炭の種類とその特徴、そして着火剤を使って火起こしをする手順を紹介します。

キャンプ初心者必見!アウトドアチェアの選び方と組み立て方

キャンプ初心者必見!アウトドアチェアの選び方と組み立て方

キャンプやBBQなどアウトドアシーンで大活躍するのが、アウトドアチェア。アウトドアチェアにはさまざまなタイプがあるため、どれを選べばいいのか迷う方もいるかもしれません。そんな方は、まず、おおまかな種類を知っておくと、選ぶのがラクになります。今回は、アウトドアチェアの主な種類と選び方のコツを紹介します。

ソロキャンプに必須の基本14アイテム

ソロキャンプに必須の基本14アイテム

最近は1人で楽しむ「ソロキャンプ」の人気が高まっています。家族や友だちとのキャンプとは違い、自然の中で自由気ままなひとり時間を過ごせることが、その魅力。「チャレンジしてみたいけれど、何を用意すればいいの?」という方もいるのではないでしょうか。そこで、最低限用意しておくべきソロキャンプの基本アイテムを紹介します。

これだけは揃えたい! ファミリーキャンプに必須の基本15アイテム

これだけは揃えたい! ファミリーキャンプに必須の基本15アイテム

家族でのキャンプは特別な思い出として残るもの。キャンプを快適に楽しく過ごし、素敵な思い出を残すには、まずは必要なものを忘れずに用意しておくことが大切です。そこで、1泊2日のファミリーキャンプを想定して、最低限揃えておきたい基本の持ち物を15個厳選して紹介します。

バーベキューコンロの使い方。準備から片付けまでわかりやすく解説!

バーベキューコンロの使い方。準備から片付けまでわかりやすく解説!

キャンプ場や野外でバーベキューをするときに欠かせないのが「バーベキューコンロ」。その使い方を知っていますか? 使い方のポイントを押さえておくと、初心者でも失敗なしで楽しむことができます。そこで、バーベキューコンロを使ったバーベキューのやり方について、必要な道具、後片付けのコツとともに解説します。

キャンプで焚き火を楽しむ。簡単に火起こしする基本のやり方

キャンプで焚き火を楽しむ。簡単に火起こしする基本のやり方

焚き火はキャンプの醍醐味の一つ。しかし、火起こしに苦戦する人も少なくありません。慣れていないと、なかなか火がつかなかったり、すぐに火が消えてしまったりすることがよくあるものです。火起こしは、コツをつかめば誰でも簡単にできるようになります。ここでは火起こしに必要なアイテムと、火起こしの手順を解説します。

キャンプでのコーヒーの楽しみ方

キャンプで本格コーヒー!ドリップコーヒーとエスプレッソの淹れ方解説

キャンプで淹れ立てのコーヒーを飲むのは至福のひととき。特に、自分で豆をミルで挽いてドリップする本格コーヒーは、手間はかけただけ美味しさも格別です。今回は、ドリップコーヒーの淹れ方、マキネッタ(エスプレッソメーカー)を使ったアイスエスプレッソの淹れ方を、それぞれ必要な道具とともに解説します。

焚き火やBBQで役立つ「薪割り」方法

焚き火やBBQで役立つ「薪割り」方法

焚き火をするなら、ぜひチャレンジしてほしいのが「薪割り」。 自分で薪を割るというひと手間を加えれば、焚き火タイムがより豊かに、楽しくなること間違いなし! 安全に薪割りを楽しむために、 薪の種類、薪割りに必要な道具、道具ごとの具体的な薪割りの方法をレクチャーします。

女子ソロキャンプは究極のおままごと。ド初心者がキャンプ歴25年のキャンパーと挑戦

女子ソロキャンプは究極のおままごと。ド初心者がキャンプ歴25年のキャンパーと挑戦

老若男女ただいまキャンプブーム到来中。そんな流行に乗るべく、アウトドア初心者のライターもキャンプ熱が急上昇。しかし、「何から揃えていいか分からない」「そもそもキャンプって何をしたらいいの?」など疑問がわくばかり…。そこで、キャンプ歴25年を誇るキャンパー森 風美さんに初心者でもわかりやすく「ソロキャンプ」をするコツを手ほどきしてもらいました。

【焚き火のスゴ技】ライターもマッチも使わずナイフで火を起こせ!「バカ薪」を出すな!!

【焚き火のスゴ技】ライターもマッチも使わずナイフで火を起こせ!「バカ薪」を出すな!!

キャンプの楽しみは焚き火。その火の起こし方にキャンプの達人はこだわります。焚き火の着火方法にはライターやマッチが便利ですが、もっとワイルドに火を起こす方法があります。せっかくのキャンプならライターやマッチも使わずに、ナイフで焚き火の火を着けてみませんか?フェザースティックの作り方と併せてナイフとファイアースターターによる着火方法を紹介します。また、キャンプ場でバカ薪を出さないためのの焚き火の注意点や焚き火シートの使用方法などエチケットに関しても解説します。

カインズのキャンプ用品ってどうなの? キャンパーたちが実際に使ってみた【リラックス編】

カインズのキャンプ用品ってどうなの? キャンパーたちが実際に使ってみた【リラックス編】

まったく空気を読まないクセの強いキャンパーが、カインズのオリジナル商品をレビューします。今回検証する商品は「キャンプチェア」と「寝袋」のリラックスギアです。リラックスできるか否かは、キャンプにおいてとても重要。果たして、クセの強い3人はどんな評価を下すのか!?

【簡単キャンプ飯】「メスティン」で上手にご飯を炊くコツ

【キャンプ飯】「メスティン」で上手にご飯を炊くコツ

キャンプ調理の強い味方が「メスティン」。煮る、焼く、蒸すが簡単にできる万能アルミクッカーで、キャンパーたちの多くが愛用しています。今回は初心者でもすぐできる、固形燃料を使ったメスティンでの炊飯方法をお教えします。炊飯に失敗したときの対処法も紹介してますよ。

【保存版】ひとりで簡単にタープを張る方法

【保存版】ひとりで簡単にタープを張る方法

キャンプのときに持っておきたいグッズが「タープ」です。雨や日差しなど天候から守ってくれることで、快適なキャンプを楽しむことができます。しかし、初心者がタープを張るのは、少し難しく感じます。そこで、初心者でも簡単にタープを張る方法を教えます。使用するタープは通称「ヘキサタープ」と呼ばれる、六角形のタープです。

キャンプ初心者におすすめの「LEDランタン」選び方ガイド

キャンプ初心者におすすめの「LEDランタン」選び方ガイド

キャングッズの中でも必須と言われるのが「ランタン」。なかでもLEDを使ったランタンは、持ち運びと安全性に優れており、近年は人気が高まっています。そんなLEDランタンをファミリーキャンプとソロキャンプ、それぞれのスタイルに対応する種類を詳しくご紹介。初心者が選ぶときの参考になる情報を掲載しています。

キャンプ用テーブルの選び方。種類や組み立て方も詳しく解説!

キャンプ用テーブルの選び方。種類や組み立て方も詳しく解説!

食事や荷物置きなど色んなシーンで重宝するテーブル。そんなテーブルの種類を紹介しつつ、選ぶときの参考になる特徴を解説します。それぞれのキャンプスタイルに合わせてテーブルを選びましょう。さらに、代表的なキャンプ用テーブルの組み立て方も画像つきで紹介します。

最強キャンプギア「メスティン」のシーズニング方法

最強キャンプギア「メスティン」のシーズニング方法

煮る・焼く・蒸すなど、キャンプ調理で大活躍する調理器具がメスティン。アルミ製で軽量であることなど、多くのキャンパーたちが愛用しています。買ってすぐに使うのもいいけど、「シーズニング」と呼ばれるお手入れをするだけで長持ちさせることができます。その方法をわかりやすく解説します。

キャンプ料理に大活躍! スキレットのシーズニング方法

キャンプ料理に大活躍! スキレットのシーズニング方法

キャンプで調理するときに用意したいのがスキレット。鉄を型に流し込んで作る鋳物(いもの)のフライパンのことで、温に強く、熱を長時間保持するという特性があります。しかし鉄製だけに「サビやすい」短所があります。そんなサビやすさ対策で行いたいのが「シーズニング」と呼ばれるお手入れ方法。今回はシーズニングの方法をわかりやすく紹介します。

自転車置き場って自分で作れるの? サイクルポートをわが家に設置してみた

自転車置き場って自分で作れるの? サイクルポートをわが家に設置してみた

自転車を風雨から守るために自宅に「自転車置き場」を設置したいけど、「自分で自転車置き場を手軽に設置できない?」「業者にお願いしないとダメ?」そんな疑問を解決するのに最適なグッズがカインズの「サイクルポート」。ワンタッチで屋根を収納できて、自転車も出し入れしやすく、子どもでも使いやすい。簡単に組み立てられるサイクルポートには「自転車置き場」としての用途のほかに、キャンプやBBQの「タープ」としての使い方もあります。

キャンプ必携のガスバーナー。種類と使い方を紹介!

キャンプ必携のガスバーナー。種類と使い方を紹介!

キャンプで料理や湯沸かしをするときの必携アイテムがガスバーナーだ。すぐに火が付くガスバーナーは燃料を簡単に持ち運べて、初心者でも使いやすく便利な熱源です。初心者でもわかりやすくガスバーナーの特徴と使い方をご紹介しますので、これからのキャンプ、アウトドアライフに役立ててください。

キャンプは天気に注意! 雨、高温、雪の対策はどうする?

キャンプは天気に注意! 雨、高温、雪の対策はどうする?

キャンプをするときに忘れずに確認しなければならないのが天気です。悪天候ならば、その準備と対策が必要ですし、時にはキャンプ自体をキャンセルする判断も下さねばなりません。雨や風など様々な天気別に、準備と対策や注意点をわかりやすくまとめました。天気と上手に付き合って、キャンプライフを楽しんでください。

【初心者必見!】キャンプ場の種類と選ぶときの注意点!

【初心者必見!】キャンプ場の種類と選ぶときの注意点!

ひとえにキャンプ場と言っても、場所や立地の環境など千差万別。どこを選べばいいのかわからないといった疑問を解消すべく、キャンプ場の種類とそれぞれの注意点をまとめました。さらにキャンプを張る場所「サイト」の種類も掲載しています。自分が行いたいキャンプスタイルを見つけるためにも、キャンプ場の種類は知っておくべき。これからのキャンプデビューに役立ててください。

中国産業の普通じゃないヒーターベストが人気のワケ。戦時中から続く作業服メーカーの底力

中国産業の普通じゃないヒーターベストが人気のワケ。戦時中から続く作業服メーカーの底力

近年、ヒーターベストが冬場の防寒アイテムの選択肢として人気を集めている。ヒーターベストとは、電気の力で発熱し体を温めてくれるアイテム。バイクや釣りなど屋外で楽しむ趣味の愛好家や建設現場や交通整理などの仕事の従事者には、厳寒期の助っ人として重宝されてきた。技術の進化でバッテリーが小型化され、発熱量も調節できるようになるなど使いやすさが年々向上。女性向けアイテムも、ひと昔前と比べて増加傾向にある。そんな中、洗濯できてオシャレなヒーターベストを開発した中国産業に開発秘話についてインタビューしてみた。

【おしえて!ホームセンター先輩】初心者でも本格キャンプができるの?

【おしえて!ホームセンター先輩】初心者でも本格キャンプができるアイテムは?

「おしえて!ホームセンター先輩」は、くらしの知識がなさすぎる株式会社おくりバント社長・高山洋平が、さまざまなくらしの”先輩”たちと一緒にカインズを遊び倒しながら、くらしのスキルを上げていくシリーズです。今回は、キャンプマニアの5歳先輩と一緒に、初心者でも本格キャンプができるアイテムを揃えてみました。

まさかBBQでナスを切ってない? 野菜は丸焼きが一番おいしい!

まさかBBQでナスを切ってない? 野菜は丸焼きが一番おいしい!

BBQは旬の野菜を焼くのも醍醐味。ナスをおいしく焼く方法についてちょっとした知識を持っているだけで、バーベキューの醍醐味はもっと深みを増します。ナスやピーマン、焼く前に切っていませんか?「焦がしてる」「パサパサになって、おいしく食べた印象がない」なんて人が多いのでは?実はナスは切らずに丸焼きすると煮浸しみたいで美味しくなります。ナスを実際に一本焼きしてみたので、ご覧ください。

「DIYもダンスも一緒」山下健二郎が語る、仕事と趣味と10年後の自分

「DIYもダンスも一緒」山下健二郎が語る、仕事と趣味と10年後の自分

三代目 J SOUL BROTHERS from EXILE TRIBEのパフォーマーとして活躍する山下健二郎さんのインタビュー記事。数あるライフワークの中からDIYをクローズアップして、山下健二郎さんの過去・現在・未来を紐解いていきます。「ダンスもDIYも釣りも、すべての“好きなこと”でホンモノになりたい」──そう語る山下健二郎さんは、自身の5年後・10年後、そしてセカンドライフについてどんな思いをもっているのでしょうか? ここでしか聞けない貴重なお話が満載です。

自分をぬいぐるみにして「セルフぬい撮り」やってみた

自分をぬいぐるみにして「セルフぬい撮り」やってみた

ライター乙幡啓子が自分のぬいぐるみを布プリで制作するDIYにチャレンジ。SNSでぬいぐるみとともに日々の活動記録を撮影して投稿する「ぬい撮り」。旅先や日常のひとコマを、なんとも和やかに彩ってくれます。ですがお気に入りのぬいぐるみをなかなか決めかねるし、初心者にはちょっとだけ気恥ずかしさもあります。ましてや今は旅などしにくい状況。ぬいぐるみと、というよりそもそも自分がお出かけしたい!というわけで、「自分をぬいぐるみにしてぬい撮りしたらどうか」と思い、実行に移すことにしました。

キャンプ歴46年のベテランが教える、カインズのおすすめ「お庭キャンプ」グッズ

キャンプ歴46年のベテランが教える、カインズのおすすめ「お庭キャンプ」グッズ

キャンプ歴46年にして、お庭キャンプに興ずるアウトドア・マニアの私ですが、最近はキャンプをしたいと思っていても、なかなかアウトドアに出て行けない日々が続いています。私と同様に、もんもんとしているキャンパーは多いと思います。しかし、そんなときは天気のいい日に「お庭キャンプ」を楽しんでみてはどうでしょうか? お庭でのキャンプは、キャンプの玄人にもおすすめです。また、最近のキャンプブームに乗って、これからキャンプを始めたいというビギナーにとっても、山や海へ行く前に自宅でアウトドアグッズを試しておけるので安心です。私は、カインズで扱っているアウトドアグッズが大のお気に入り。おすすめのあれこれを、ベテラン視点でご紹介しながら、お庭キャンプを実践していきます。カインズのキャンプ用品は、オシャレで使い方も簡単。価格帯もリーズナブルなのに、その性能はかなり優秀なものばかりです。

「塩」で熱中症予防! 食の専門家に聞いた“効果的な”塩のとり方

「塩」で熱中症予防! 食の専門家に聞いた“効果的な”塩のとり方

梅雨が明け、夏本番になると気を付けたいのが熱中症。人によって症状はさまざまですが、体のだるさ、吐き気、めまい、立ちくらみなどが熱中症の主な症状です。「予防には水分と塩をとるとよい」とよく聞きますが、どのようにとったらよいのでしょうか? 熱中症の基礎知識、効果的な塩のとり方、手軽にできる熱中症対策をフードコーディネーターがお伝えします。

自作ピザ窯の作り方。レンガを使って簡単DIY!

自作ピザ窯の作り方。レンガを使って簡単DIY!

自宅の庭にピザ窯を作りたい! そう思っているバーベキュー好きやキャンプ好き、料理好きの方は多いと思います。自分でピザ窯をDIYすれば、安く、しかもDIYそのものも楽しめて、ピザの美味しさも格別なものになります。本格的なピザを味わえて、DIY初心者でもできる「耐火レンガ」を使った、簡単なピザ窯の作り方をご紹介します。

【スズメバチ対策】季節に合った駆除方法と刺されないための予防策

【スズメバチ対策】季節に合った駆除方法と刺されないための予防策

毎年、秋になると世間をざわつかせるスズメバチ。巨大なスズメバチの巣を悪戦苦闘しながら駆除するTV番組の影響か、スズメバチの活動時期が秋だと思っている人も多いようですが、それは大きな間違い。越冬期間を除いた4月から11月まで、春・夏・秋はずっとスズメバチの活動期間です。合わせて覚えておいてほしいのは、スズメバチは春から秋までずっと同じ行動パターンなわけではなく、時期によって活動内容や対処方法が変わるということ。今回は、4月の活動開始から越冬に入る11月までの、季節に合った「スズメバチへの対処方法」をお伝えします。

デビューの前に! ダッチオーブンのシーズニング方法

ダッチオーブンのシーズニング方法

ダッチオーブンのシーズニング方法を紹介しています。アウトドアで「焼く、煮る、蒸す」など様々なバリエーションを期待できるダッチオーブンですが、ダッチオーブンを使うためには、シーズニングという最初の手入れがハードルを高くしています。シーズニングの目的は、大きくは2つ。1つ目は「出荷前に塗られたワックスを落とす」、2つ目は「油膜を作ってコーティングする」。今回は、ダッチオーブンデビューの前に必要なシーズニングに挑戦してみます。シーズニングに必要な道具は食器用洗剤、スポンジ(金タワシはNG)、キッチンペーパー、オリーブオイル(サラダ油でもOK)、耐熱性のミトンやリフター、クズ野菜(玉ねぎやショウガの皮、にんにくのへたなど)です。

カインズで揃う「ベランピング」のススメ!ベランダでお手軽キャンプ!

カインズで揃う「ベランピング」のススメ!ベランダでお手軽キャンプ!

ステイホームでも「ベランピング」でキャンプ気分を楽しみませんか? 最近、おうちのバルコニーやベランダでアウトドア気分を味わうベランピングが密かなブームです。べランピング(Veramping)とは「ベランダ(veranda)」+「グランピング(gramping)」の造語で、「グランピング」は「グラマラス(glamorous)」+「キャンプ(camp)」の造語。つまり、べランピングとは「豪華でオシャレなベランダキャンプ」のこと。一年を通して家族や一人でキャンプを楽しんでいるアウトドア好きライター・みーこパパさんが、お得な価格で揃えられるカインズのアウトドアグッズを使ったベランピングの楽しみ方をご紹介します!おうちで手軽にキャンプ気分を味わってみてください。

自転車のパンク防止のメンテナンス方法とは? 必要な理由と手順、チェックすべきポイントについて解説【カインズHOWTO】

自転車のパンク防止のメンテナンス方法とは? 必要な理由と手順、チェックすべきポイントについて解説【カインズHOWTO】

1台あると何かと便利な自転車ですが、パンクなどの不調を見逃すと重大な事故を引き起こす可能性もあります。そのためにメンテナンスは欠かせません。この記事では、パンク防止の方法や手順、チェックすべきポイントなどについてご紹介します。

ふた結び【紐・ロープの結び方】

ふた結び【紐・ロープの結び方】

初心者にもわかりやすい「ふた結び」の結び方をご紹介します。ふた結びは、釣り針を結ぶときや、テントの張り縄を固定するときなど、他の物体にロープを縛り付ける結び方のひとつ。ひと結び(芯に縛り付ける結び方)を2回繰り返しただけですが、強度は大きく高まります。柱などに仮止めする場合に用いられます。

二重テグス結び【紐・ロープの結び方】

二重テグス結び【紐・ロープの結び方】

初心者にもわかりやすい「二重テグス結び」の結び方をご紹介します。二重テグス結び(ダブル・フィッシャーマンズ・ノット)は、2本のロープを繋ぎ合わせる結び方。「テグス結び」の強度を上げた結びで、ほどきにくいですが、しっかり結べて頼りになる結びです。ただし、結び方を間違えると結び目が揃わず強度を保てないため、この機会にしっかりマスターしましょう。

ロープにコブを作る、引き解け結び【紐・ロープの結び方】

ロープにコブを作る、引き解け結び【紐・ロープの結び方】

初心者にもわかりやすい「引き解け結び」の結び方をご紹介します。引き解け結びは、ロープにコブを作る結びの1つ。ロープの先端を引っ張ると簡単に解け、簡易的に固定したい時などに使用します。昔から鳥や小動物を罠で捕えるのに使われてきた結び方で、キャンプではタープポールの設置や、物干しバサミの代用などにも活躍。強い力で締めるとほどけるという欠点はありますが、解きやすいため様々なシーンで使える結び方です。

止め結び【紐・ロープの結び方】

止め結び【紐・ロープの結び方】

初心者にもわかりやすい「止め結び」の結び方をご紹介します。止め結び(オーバーハンド・ノット)はロープにコブを作る結び方のひとつ。一重(ひとえ)結びとも呼ばれ、もっとも簡単な結び方です。一時的なほつれ止めとしても使用されます。2つ折りにしたロープに対して止め結びを施す「二重止め結び」や止め結びを使って2本の紐を結ぶ「止め継ぎ結び」など、応用した結び方も多数存在します。

二重8字結び【紐・ロープの結び方】

二重8字結び【紐・ロープの結び方】

初心者にもわかりやすい「二重8字結び」の結び方をご紹介します。二重8字(はちのじ)結びは、ほかの物体にロープをつなぐ結び方です。信頼性も高く、登山でも頻繁に利用される二重8字結び。キャンプでは、テントやタープの張り網をかける際にも大活躍してくれます。

二重巻き結び【紐・ロープの結び方】

二重巻き結び【紐・ロープの結び方】

初心者にもわかりやすい「二重巻き結び」の結び方をご紹介します。二重巻き結びは、立ち木などのものにロープを繋ぐ結び方。「巻き結び」よりも摩擦力が大きいので、強固な結びです。また、二重以上に巻きを増やすこともでき、その場合は「多重巻き結び」と呼ばれています。箱状のものを紐で縛る際や、テントの支柱を縛るときなど、いろいろな場面で活躍する結び方です。

よろい結び【紐・ロープの結び方】

よろい結び【紐・ロープの結び方】

初心者でもわかりやすい【ロープの結び方】。今回のテーマは「よろい結び」です。よろい結びは、ロープの途中に輪を作るための結び方。S字フックなどを使って物を提げることができるので、アウトドアでは懐中電灯などの小物をぶら下げるなどの用途があります。よろい結びは、剣道の胴を付けるときの結び方のひとつとして使われていて、鎧に関する結び方であることが名前の由来(諸説あり)。もともとは大砲を固定するのに使われていた結び方で、砲兵結びという別名もあります。

プルージック【紐・ロープの結び方】

プルージック【紐・ロープの結び方】

初心者にもわかりやすい「プルージック」の結び方をご紹介します。プルージックは輪にしたロープとモノを繋ぐ結び方。もともとは登山の時に使うロープワークですが、キャンプでは木と木を繋いだロープを張った上で、タープやテントを建てたり、木やポールに小物を吊るすときなどに便利です。結びの名前は、登山家のプルージックが考案したことが由来とされています。

ハンモックにも使う、あやつなぎ【紐・ロープの結び方】

ハンモックにも使う、あやつなぎ【紐・ロープの結び方】

初心者にもわかりやすい「あやつなぎ」の結び方をご紹介します。あやつなぎは、ロープ同士を繋ぐ結び方です。結び目が非常に固く、緩みにくいのが特徴。もともとは漁師が網を作るときに使っていた結び方で、この結びを連続してハンモックなども作れます。しっかりとした強度がありながら、見た目もきれいな結び方です。

2本のヒモを繋ぐテグス結び【紐・ロープの結び方】

2本のヒモを繋ぐテグス結び【紐・ロープの結び方】

初心者にもわかりやすい「テグス結び」の結び方をご紹介します。テグス結びは、2本のロープを繋ぎ合わせる結び方。ロープの端どうしを、それぞれ反対向きの「止め結び」で結び合わせたものです。シンプルな構造ですが、意外にほどけにくいのが特徴。1本の両端を結んで、輪を作ることもできます。

ねじ結び【紐・ロープの結び方】

ねじ結び【紐・ロープの結び方】

初心者にもわかりやすい「ねじ結び」の結び方をご紹介します。ねじ結びは、ロープを立ち木などのモノに繋ぐ結び方です。簡単で結びやすく、解きやすいのが特徴で、小さな船を係留するときにも使われる強度があります。キャンプでは、張り綱を立ち木に縛る時などに利用されることもあります。

さつま編み(アイスプライス加工)【紐・ロープの結び方】

さつま編み(アイスプライス加工)【紐・ロープの結び方】

初心者でもわかりやすい【ロープの結び方】。今回のテーマは「さつま編み加工(アイスプライス/さつま結び)」です。さつま編み加工とは、ロープを一度ほどいて、輪を作ってから再びロープに編み込んでいく方法です。荷造りやアウトドアなどで使われる機会が多く、「さつま結び」や「アイスプライス」とも呼ばれ、ロープ結びの中でも屈強な結び方のひとつです。さつま編み加工の種類には、差し込みながら巻いていく「巻き差し」と、かごを編むように巻いていく「かご差し」の2種類があります。

ひばり結び【紐・ロープの結び方】

ひばり結び【紐・ロープの結び方】

初心者にもわかりやすい「ひばり結び」の結び方をご紹介します。ひばり結びは、輪にしたロープでモノを固定する結び方。木の枝などに、モノを吊るしたい時などに利用できます。薪などを束ねて、一度に運ぶときにも便利です。別名を「Cow hitch」とも呼ぶように、牛の鼻輪に使われていた結び方でもあります。携帯電話(ガラケー)のストラップをつけるときの結び方としても知られています。

炭の起こし方 初心者でも簡単に着火できるコツ

炭の起こし方 初心者でも簡単に着火できるコツ

バーベキューやキャンプに欠かせない「炭」ですが、初心者が甘く見ているとうまく着火させられず、なかなか食べ物にありつけないという悲しい事態もしばしば。炭の特性を理解し、必要な&便利な道具をそろえて、炭おこしマスターを目指しましょう。炭おこしに必要な道具、簡単な炭おこしのコツを紹介します。着火剤やインスタントコンロの使い方もわかります。

Prev

  • 1
  • /