自転車/KEYWORD

6台目にして、はじめてお店で自転車を買ったら新発見した

6台目にして、はじめてお店で自転車を買ったら新発見した

作家・岸田奈美さんの自転車コラム。「これまで乗っていた電動自転車のバッテリーが劣化して、1回の充電で1kmしか走れなくなってしまった……」。そんなお悩みを聞きつけた『となりのカインズさん』の編集部員が、カインズの自転車コーナーでの新しい自転車探しをご提案。自転車の販売だけでなく、商品開発も行う自転車マスターのスタッフとともに、岸田さんにピッタリの自転車選びのお手伝いをさせてもらいました。

通勤自転車の選び方とは? 自転車メディア編集者がカインズNo.1の自転車売り場でおすすめを厳選

通勤自転車の選び方とは? 自転車メディア編集者がカインズNo.1の自転車売り場でおすすめを厳選

自分に合った通勤自転車の選び方をまとめました。生活スタイルに合わせた「スタンド」「泥除け」「キャリア」「フレーム形状」「ギヤ(段数)」「タイヤサイズ」などのパーツの選び方、デザインの考え方、シーン別のおすすめ通勤自転車4選、通勤を快適にする基本テクニックを紹介しています。健康志向の高まりに加え、コロナ禍の影響もあって「通勤方法を電車から自転車に変えた」という人が増えています。ですが、ママチャリやクロスバイク、折り畳み式に電動自転車など、その選択肢はさまざまで「自転車通勤にしたいけど、どんな自転車を買えばいいの?」と悩んでいる人も多いはず。今回は、自転車メディア編集者で“日本屈指の自転車ヲタク”を自負するトモヒロさんに、自分に合った通勤自転車の選び方を教えてもらいました。

自転車置き場って自分で作れるの? サイクルポートをわが家に設置してみた

自転車置き場って自分で作れるの? サイクルポートをわが家に設置してみた

自転車を風雨から守るために自宅に「自転車置き場」を設置したいけど、「自分で自転車置き場を手軽に設置できない?」「業者にお願いしないとダメ?」そんな疑問を解決するのに最適なグッズがカインズの「サイクルポート」。ワンタッチで屋根を収納できて、自転車も出し入れしやすく、子どもでも使いやすい。簡単に組み立てられるサイクルポートには「自転車置き場」としての用途のほかに、キャンプやBBQの「タープ」としての使い方もあります。

自転車のパンク修理方法と材料

自転車のパンク修理方法と材料!タイヤのパンクは自分で修理可能

自転車がパンクした場合、自分で修理すべきか、自転車専門店の整備士に依頼すべきか。この2つの選択肢に悩む人は案外多いと思います。「数年に一度しかパンクしないのに、修理道具を買い揃えるのはもったいない」「自転車の専門家にお願いしたほうが手も汚れない」などの理由から、最近では自転車専門店にパンク修理をお願いする方のほうが多いかもしれません。しかし、せっかくなら自分でパンク修理してみるのも、DIYやキャンプのように楽しめるのでオススメです。たとえば、子どもと一緒に修理すれば親子のきずなが深まったり、自転車を修理できた達成感を得られたり、自分で修理した自転車に愛着が湧いたりします。

Prev

  • 1
  • /