リンクをコピーしました

  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • もっと見る

日本唯一の「きのこライター」が語る、果てしないきのこへの愛。毒きのこの見分け方と注意すべきポイント

ユーザー

堀 博美

堀 博美

神戸市生まれで京都市在住。専門はきのこ。きのこライターとしての活動歴は約12年。「ときめくきのこ図鑑」(山と渓谷社)をはじめとする書籍の執筆や、WEBや電子書籍、雑誌、新聞などにも執筆経験あり。野生のきのこに出会いに山へ行く傍ら、栽培やグッズ作り、本やきのこ服、グッズ収集などにも手を出している。

日本唯一の「きのこライター」との出会い

日本で唯一、「きのこ」に関する執筆を生業としている女性がいます。

めだか潮干狩りマイマイカブリスリランカ……。となりのカインズさんでは、あらゆるマニアの方の情熱を追うべく、もはやカインズに全く関係のないトピックですら積極的に取り上げています。

そんなとなりのカインズさん編集部に、とある女性から連絡が届きました。

堀さん

堀さん

はじめまして。日本唯一のきのこライター、堀博美です。私に記事を書かせてください!

丸山さん アイコン

丸山

堀さん、初めまして! その肩書き、いきなり強烈すぎません?(笑)

堀さん

堀さん

大学時代にきのこの魅力にどハマりして以来、そこから約30年間ずっと、毎日きのこについて調べ、きのこのことばっかりを考えています。

丸山さん アイコン

丸山

(生粋のマニアきたー!)

堀さん

堀さん

今までに6冊、きのこのことだけを綴った本も出版していますよ。特に毒きのこについては話し出すと止まりません。

丸山さん アイコン

丸山

パッションが尋常じゃないですね……! ぜひぜひ、お話を聞かせてください!

図鑑で見た「とある毒きのこ」との出会いから、全ては始まった

丸山さん アイコン

丸山

そもそも、堀さんがきのこに興味を持ったきっかけはなんだったのでしょうか?

堀さん

堀さん

大学在学中、たまたま大学図書室のきのこ図鑑でベニテングタケという毒キノコを見かけたことがきっかけです。

ベニテングタケ

ベニテングタケ

丸山さん アイコン

丸山

うわ、白雪姫とかに出てきそうなやつだ!

堀さん

堀さん

写真を見ただけで強烈な衝撃を受け、それからベニテングダケのことが頭から離れなくなってしまったんです。

丸山さん アイコン

丸山

すごい。そこから全てが始まったのですね。

堀さん

堀さん

実物を自分の目で見たいと、いてもたってもいられなくなり、生息地として知られる長野まで行くことを決めました。ベニテングタケは岐阜より東にしか生えず、私がいる京都ではお目にかかれなかったのです。

丸山さん アイコン

丸山

きのこのために京都から長野まで!! 凄まじい行動力ですね。

堀さん

堀さん

そうして生のベニテングダケをやっと自分の目で見たことで、私はすっかりときのこの魅力にハマってしまいました。

SOMA TIMES

SOMA TIMES

堀さん

堀さん

「きのこの素晴らしさを、もっと世の中に広めなければ!」となり、1993年には友人と『SOMA TIMES』というきのこミニコミ誌を創刊するまでに至ったのです。

ネット黎明期の真っ只中。図書館、新聞、英語のサイト……とにかくきのこについて調べる毎日

丸山さん アイコン

丸山

その当時から、きのこに携わる仕事がしたいと考えていたのでしょうか?

堀さん

堀さん

この頃は、あくまで趣味の一つとして続けていくのだろうな、と考えていただけです。

 

そもそも、「きのこライター」なんて職業の方はいませんでしたから(笑)。

丸山さん アイコン

丸山

趣味の範囲としては、どんな活動を?

堀さん

堀さん

きのこについてもっともっと知りたいと思い、図鑑を買い集めたり、本やインターネットで毎日調べ続けていたりしていたのですが、なかなか調査が進みませんでした。

丸山さん アイコン

丸山

それはなぜでしょうか?

堀さん

堀さん

時はネット黎明期で、一般向けのきのこの資料は非常に少なかったんです。

 

専門家向けの論文は、どうアクセスすればいいのかわかりませんでした。とにかく何か情報を得たいと、英語のサイトを頑張って読んだりもしていましたね。

丸山さん アイコン

丸山

今は検索すればどんな情報でも手に入りますが、そうではない時代に情報を日々探し続けるのは、相当な熱量ですね。

堀さん

堀さん

そうですね。何よりも「きのこについて知りたい!」という気持ちが強かったですから。

丸山さん アイコン

丸山

そんなリサーチ状況の中で、特に印象に残っているエピソードはありますか?

堀さん

堀さん

新聞で数行紹介されていた、「きのこ石」という本を入手したく、直接版元の「たばこと塩の博物館」に大学の公衆電話から連絡をしたことです。

丸山さん アイコン

丸山

こっ、公衆電話ですか!?

堀さん

堀さん

当時携帯電話は一般的ではなく、帰宅後に家の固定電話から連絡すると博物館が閉館しているかもしれないと思い、大学から連絡したんです。

 

職員の方に申し込み方を聞き、現金書留に代金を入れ、郵便局から送金しました。

丸山さん アイコン

丸山

わあ、すごい時代だ。今では考えられません。

毒きのこの見分け方に法則はない。ただ一つ一つ覚えていくのみ

丸山さん アイコン

丸山

「特に毒きのこに魅了されている」という話がありましたが、一般人からすると、まずは毒きのこを見分ける方法について知りたいです。

堀さん

堀さん

実は、毒きのこの見分け方というのには一定の法則があるわけではありません。そっくりな食用きのこと毒きのこもありますし、よく似た形で派手な方が食用、地味な方が毒というケースもあります。

丸山さん アイコン

丸山

ええ!! 派手なきのこは基本全部毒きのこだと思っていました。

「死の天使」ドクツルタケ

「死の天使」ドクツルタケ( 撮影・まねき屋大野)

堀さん

堀さん

よく、縦に裂けるきのこは食べられる、と言われますが、純白の猛毒きのこ、ドクツルタケやシロタマゴテングタケは縦に裂けます。しかし、死に至る危険な猛毒を持っているのです。

堀さん

堀さん

一般に言われている毒きのこを見分ける方法は、だいたい迷信です。見分ける法則的なものもありません。ひとつひとつ丁寧に覚えていくしかないのです。

丸山さん アイコン

丸山

ひえー。大変だ。

ベニテングタケ

ベニテングタケ

堀さん

堀さん

ちなみに、最初に紹介したベニテングタケは、毒きのこの代表のように思われがちですが、命を落とすほどではありません。でも、食べるのは決しておすすめしませんよ。

タマゴタケ

タマゴタケ

堀さん

堀さん

食べられるタマゴタケとちょっと似ていますが、見分けるのは難しくありません。柄の色、根元のつぼの形、傘のいぼの有無などで区別できます。

丸山さん アイコン

丸山

全然違うけど、どっちも毒きのこっぽい!

カエンタケ さまざまな形になる

カエンタケ さまざまな形になる

堀さん

堀さん

最近目撃情報が相次いでいることで注目されている、危険な猛毒きのこ・カエンタケなんて、なぜ食べようと思ったか謎ですが、実際に食べて亡くなってしまった人がいます。

堀さん

堀さん

状況から、最初に誤食した人は酒に酔っていたようです。また、食用のベニナギナタタケと間違えた人もいますが、きのこについて知識があれば、区別できます。

ベニナギナタタケ

ベニナギナタタケ

堀さん

堀さん

見分け方は、ベニナギナタタケの方が比較的小型で柔らかくて細く、カエンタケのように枝分かれしないことです。と言いますか、ベニナギナタタケは無毒ですが、そんなに美味しそうには見えません。

丸山さん アイコン

丸山

知ってたら見分けられそうですが、それにしても食べようとは思わないなあ。

ツキヨタケ

ツキヨタケ

堀さん

堀さん

地味な毒きのこは、一見食べられそうに思うので危険です。例えば、このツキヨタケはシイタケやムキタケに似ていて、いかにも食べられそうですよね。

丸山さん アイコン

丸山

わ! おいしそう! 鍋に入れて食べたいです。

堀さん

堀さん

食用きのことの見分け方は、割くと根元に黒いしみができることです。しかし、場合によってはしみが薄かったり、無色だったりします。また、暗いところで光りますが、これも古くなったりして光らないことがあります。

丸山さん アイコン

丸山

む、難しい……。

堀さん

堀さん

あと、よく知らないなら「白いきのこには絶対に手を出すな」とは申し上げておきたいです。

丸山さん アイコン

丸山

わ、わかりました。

堀さん

堀さん

白いきのこは、死ぬ猛毒を含んでいることが多いのです。安全な美味しいきのこもありますが、法則的に言うならハイリスクです。

「毒きのこ撲滅」ではなく、「毒きのこ中毒事件撲滅」を願って

丸山さん アイコン

丸山

今まで様々なきのこと出会い、きのこライターとして活動してきた堀さんですが、今後目指していることはなんでしょうか?

堀さん

堀さん

ライターとしての活動では、新しい観点から見たきのこの本を出していきたいですね。

 

そのためにもさらに“菌力”をつけていって、身近なきのこたちをもっとよく知りたいと思っています。

堀さん

堀さん

その一方で、いろいろな場所で、まだ見ぬさまざまなきのこに出会いたい気持ちもあります。将来的には、海外のきのこにも会いにいきたいです。

丸山さん アイコン

丸山

海外のきのこなんて、すっごい見た目してそうだなあ。

堀さん

堀さん

国内だと、北は北海道、南は沖縄まで、きのこのために旅をしてきましたが、四国のきのこは未チェックなので、ぜひ埋めていきたいですね。

 

あとは、危険な毒きのこ中毒事件撲滅も願っています。

丸山さん アイコン

丸山

「毒きのこ撲滅」ではなく?

堀さん

堀さん

はい、毒きのこを撲滅するのではありませんよ。

 

「毒」なのは毒きのこのせいではありません。毒きのこの方から口に飛び込んでくるわけではないのですから。食べる人間の責任です。

丸山さん アイコン

丸山

た、確かに……。毒きのこは悪くない。

堀さん

堀さん

ですから、食べたいなら十分にきのこの知識をつけるべきです。毒きのこで命を落としたり、苦しんだりする人がこの世から無くなるように、常々訴え、情報発信を続けていきます。

拙著「毒きのこに生まれてきたあたしのこと。」(発行=天夢人)

拙著『毒きのこに生まれてきたあたしのこと。』(発行=天夢人)

堀さん

堀さん

初めて出会ってから今までの間、きのこの魅力は尽きることがありません。きのこの存在そのものが可愛く、愛おしく、時に毒があってミステリアスです。

堀さん

堀さん

これからもきのこたちと楽しく仲良く付き合って、きのこと人間との共存共栄の道を探っていきたいです。

きのこを追い続けて29年以上。探究心はまだまだ尽きることを知らない……

丸山さん アイコン

丸山

最後に、堀さんが好きなきのこについて教えていただきたいです。

堀さん

堀さん

その質問、よく聞かれるのですが、答えが難しいんですよね……。

 

一番をしいて決めるなら、やはり自分がきのこに魅せられるきっかけとなったベニテングタケです。

拙著『ヤマケイ新書 ベニテングタケの話』(発刊=山と溪谷社)

拙著『ヤマケイ新書 ベニテングタケの話』(発刊=山と溪谷社)

堀さん

堀さん

魅了されるあまり、遂には『ベニテングタケの話』という、まるまるベニテングタケのことについてお話した本まで出版してしまいましたから。

堀さん

堀さん

ただ、ベニテングタケを挙げるとごく一部からは、「きのこライターにしては平凡すぎる」「きのこミーハー」などのツッコミが入るので、他のきのこについてもお話させてください。

丸山さん アイコン

丸山

き、厳しい……。もちろんです、語っちゃってください!

ミカワクロアミアシイグチ

ミカワクロアミアシイグチ(撮影・まねき屋大野)

堀さん

堀さん

今の憧れのきのこは、ミカワクロアミアシイグチ。危険な超猛毒きのこですが、これはぜひ生えているところを見てみたいです。

丸山さん アイコン

丸山

迫力がすごい! これで超猛毒があるなんて、ゲームのボスキャラか何か?

堀さん

堀さん

あ、そうそう。イカタケも憧れのきのこの一つでした。何せイカそっくりのきのこだというので、ぜひ見てみたいと。だいぶ探したのですが、手がかりがなく、思いあまってTV『探偵ナイトスクープ』に依頼しました。

丸山さん アイコン

丸山

おお! 助けを求める先が『探偵ナイトスクープ』って、さすが関西人!

イカタケ

イカタケ

堀さん

堀さん

実際に見た時は、もう感動の一言でした。卵みたいなものから脚を伸ばし、数時間かけて踊り上がる貴重な場面にも立ち会えました。

宮崎のキリノミタケ

宮崎のキリノミタケ

堀さん

堀さん

憧れのキリノミタケも去年初めて見ることができました。超レアで形が素敵なので、見つけても決して取って食べないでください。

丸山さん アイコン

丸山

これも猛毒があるとか?

堀さん

堀さん

食毒は不明ですが、世界で安定した発生をするのは今のところ宮崎県とアメリカのテキサス州だけ。それだけレアなきのこ、大事にしたいのです。

丸山さん アイコン

丸山

ヒトデみたいな形ですごい! 世界を探しても珍しいきのこなんて、ワクワクが止まりません!

石垣の隙間から生えるホソネヒトヨタケ

石垣の隙間から生えるホソネヒトヨタケ

堀さん

堀さん

身近でこっそり注目しているきのことしては、ホソネヒトヨタケがあります。私の近所では、なぜか石垣の隙間から生えてきて、きのこの根性を見せてくれます。あ、必ずしも石垣に生えるわけではありませんよ。

丸山さん アイコン

丸山

その辺に生えてるきのこ、今まで注目したこともなかったけど、がぜん興味が湧いてきました。

キヌガサタケ

キヌガサタケ

堀さん

堀さん

キヌガサタケもいいですね。美しいレースのシルエット……。いくらミーハーと呼ばれてもこれは外せません。

丸山さん アイコン

丸山

これはすごい形だ! 自然にこれが生えるなんて、きのこ、奥が深すぎる。

堀さん

堀さん

そのほかでは……いやいや、これではキリがありません。やはりきのこは、皆、それぞれに魅力的なのでしょう……。

丸山さん アイコン

丸山

きのこへの愛、とくに毒きのこへの強い思いが伝わってきました! 堀さん、これからどうぞよろしくお願いします!

loading

関連するキーワード

となりのカインズさんをフォローして最新情報をチェック!

  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Instagram
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

RELATED関連する記事

POPULAR人気の記事

  • Daily
  • Weekly

広告掲載について

NEWS LETTER ニュースレター

Webライター・イラストレーター募集

取材のご依頼や情報提供はこちらから