防災/KEYWORD

【マンション暮らしの防災】災害の現実と必要なグッズについて真剣に考えてみた

【マンション暮らしの防災】災害の現実と必要なグッズについて真剣に考えてみた

マンションに3人家族・猫2匹で暮らしているイラストレーターのオキエイコさん。「被災時に家族全員の命を維持するために必要なものは何なのか?」を考え、防災グッズの見直しをします。Twitterで実際に被災された方々にアドバイスをもらい、食品や電力関係のストック、インフラグッズ、衛生用品などを揃えました。そのラインナップを一挙公開します。

カインズの「コンロ用ケース」で災害対策を万全に!

カインズの「コンロ用ケース」で災害対策を万全に!

鍋料理やキャンプなどのアウトドアシーンで大活躍するのはもちろんのこと、いまや「卓上コンロ」は一家に一台、非常時や防災用に備えておきたいものの一つ。カインズの「コンロ用ケース」は、卓上コンロ本体に加え、ガスボンベも格納できる便利な収納ケースです。取っ手付きなので、サッと持ち運びできるのがありがたい! 今回は、こちらの「コンロ用ケース」を防災の観点でご紹介します。

子供の防犯ブザーおすすめ8選|ランドセルに付けて防犯対策!

子供の防犯ブザーおすすめ8選|ランドセルに付けて防犯対策!

小学生のランドセルに防犯ブザーが付いている光景も定着しました。防犯ブザーはSOSを伝えたり、不審者を寄せ付けない抑止効果も期待できます。万が一のために使いやすい防犯ブザーを選んで携帯しましょう。この記事では防犯ブザーの選び方やカインズおすすめの商品をご紹介します。

実家が全焼したサノ×放火されたトイアンナ 実家を燃やされた2人で防火グッズを買いに行く

実家が全焼したサノ×放火されたトイアンナ 実家を燃やされた2人で防火グッズを買いに行く

実家が放火されたトイアンナさんが、実家が全焼したサノさんとともにカインズに防火グッズを買いに行きます! 2人の火災エピソードを語り合いながら、消火器や金庫など、自宅に常備しておくと安心の防火グッズを見て回ります。もしもの時に被害を最小限に食い止めるには、日頃の備えが肝心。果たして、2人が選んだ防火グッズとは……?

整理収納アドバイザーが家庭で実践。災害時に役立つ食料備蓄収納術「ローリングストック」とは?

整理収納アドバイザーが家庭で実践。災害時に役立つ食料備蓄収納術「ローリングストック」とは?

片づけは「モノを減らす」だけでなく、災害時に備えて食料などをしっかり収納しておくことも大切です。そこで役立つのが「ローリングストック」という食料備蓄収納術。備蓄のためのスペースがない、何を備蓄したら良いかわからない、賞味期限が切れる、どんな方法で収納するのが良いかわからない──そんなお悩みに整理収納アドバイザーの青山順子さんがお答えしながら、ご自身も家庭で実践している災害時に役立つ食料備蓄収納術を紹介します。

防災グッズおすすめ20選|緊急時用に非常食・備蓄はしっかりと

防災グッズおすすめ20選|緊急時用に非常食・備蓄はしっかりと

毎年9月1日は防災の日です。これまでの災害を教訓として、いつ起こるか分からない災害に向けて今一度防災意識を持つ契機にしましょう。ホームセンターのカインズでは多数の防災グッズを取り揃えていますが、この記事ではおすすめの防災グッズをピックアップしてご紹介します。

火を使わずに湯を得る。サバイバル力を確実に上げる「湯作り」の技術

火を使わずに湯を得る。サバイバル力を確実に上げる「湯作り」の技術

火を使わずにお湯を作る方法をご紹介します。災害時など、電気やガスが止まってしまい火が使えない場面でお湯が必要になったとき。そんな「もしも」の事態に備えて、火を使わずにお湯を作る方法をいくつか知っておくと安心です。今回は、「太陽光」「摩擦熱」「モバイルバッテリー」「化学反応」を使ったお湯の作り方を紹介します。

防災グッズのおすすめ20選!必要なものの選び方と便利なセットを合わせて紹介

防災グッズのおすすめ20選! 必要なものの選び方と便利なセットを合わせて紹介

この記事では、防災グッズの選び方や考慮すべきポイント、そして女性や小さな子どもがいる家族の方にもおすすめしたい、持ち運びしやすい防災グッズを中心にご紹介します。災害時において、最低限の準備物を知りたい方や、予め用意しておきたい方のご参考にどうぞ。

贈りたくなる保存食。おいしさと安心が詰まった「IZAMESHI(イザメシ)」開発ストーリー

贈りたくなる保存食。おいしさと安心が詰まった「IZAMESHI(イザメシ)」開発ストーリー

“食べない備蓄食から、おいしく食べる長期保存食へ”。おいしさ&安心が詰まった「IZAMESHI(イザメシ)」の秘密やシチュエーション別イチオシ商品について、開発・販売元の杉田エース株式会社に取材しました。防災対策として、贈り物として、「いざ」というときに利用してみては?

【2021年最新版】本当に美味しい"非常食"ベスト10

【2021年最新版】本当に美味しい“非常食”ベスト10

災害時や被災時の備えとしてストックしておきたい非常食。非常食といえば、かつては「美味しくないもの」というイメージを持たれがちでしたが、今は違います! 普段でも美味しく食べれられる商品へと進化しています。そこでカインズで販売されているさまざまな非常食を試食し、ランキング形式で美味しい非常食BEST10をご紹介します。

大震災とホームセンターの関係、「地域インフラ」としての役割

大震災とホームセンターの関係、「地域インフラ」としての役割

災害時のホームセンターは「地域のライフライン」である。カインズは「大災害」といかに向き合ってきたのか?東日本大震災から10年を迎えるにあたり、カインズの社内に残る膨大な資料とメンバーたちの証言を集め、ここに初めてその記録を公開したい。2011年3月11日の東日本大震災を経験し、カインズで働くメンバーは、このとき改めてホームセンターの社会的な意義を改めて体感することとなった。2018年6月18日の大阪北部地震、さらに2019年10月12日の令和元年東日本台風19号など、度重なる自然災害に見舞われ、そのたびに災害対策の強化に取り組んできた。また、新型コロナウィルスに伴う緊急事態宣言下においても、ホームセンターの役割は再び注目を浴びている。カインズは一企業であると同時に「災害時のライフライン」であり「地域のインフラ」でもある。店舗を通じて地域の安全と安心を守り続ける。それが災害大国におけるカインズの「地域インフラ」としての矜持であり、お客様に対する緊急時の責務である。10年前の東日本大震災の記録と、カインズにおける災害対策の現状について少しでも知っていただければ幸いです。

アルファ化米で災害に立ち向かう「アルファー食品」の“愛情ごはん”。赤飯を愛しすぎて記念日も制定!

アルファ化米で災害に立ち向かう「アルファー食品」の“愛情ごはん”。赤飯を愛しすぎて記念日も制定!

「アルファ化米」とは、炊いた米を熱で急速乾燥させることで、美味しさをギュッと閉じ込めた米のこと。アルファというのはエネルギー源であるデンプンの状態で、米にはアルファデンプンとベータデンプンが存在する。官民を問わず災害用の備蓄食料・非常食への関心が高まるなか、主食である米、特にアルファ化米に対するニーズや期待も高まる一方だ。そんなアルファ化米を製造しているアルファー食品株式会社の矢冨伸治代表取締役専務に、アルファ化米について聞いた。

一人暮らしの人が持つべき「防災意識」と「グッズ」について専門家に聞いてみた

一人暮らしの人が持つべき「防災意識」と「グッズ」について専門家に聞いてみた

地震や水害が頻繁に起こる「災害大国」日本。とっさに誰かに頼ることができない一人暮らしでは、いざというときのために日頃から身を守る備えをしておくことが大切です。特に一人暮らしの若い女性は、いざというときに味方になってくれる様々な防災グッズを活用するのが効果的!そこで今回は、一人暮らしの人、そして特に女性が持っておくべき「防災意識」や「防災グッズ」について、防災アドバイザーの高荷智也先生に伺いました。とにかく、死なない環境作りをすること。防災グッズを使えるのは当然ながら災害直後に生きている方、避難所に無事たどり着けた方に限られます。防災対策を始めるときは、まずは家の中で自分の命に関わることは何かを考えて、その対策を練ることから始めましょう。そうして安全が確保できる環境を整えてから、備蓄品を準備するということを忘れないでください!

【スズメバチ対策】季節に合った駆除方法と刺されないための予防策

【スズメバチ対策】季節に合った駆除方法と刺されないための予防策

毎年、秋になると世間をざわつかせるスズメバチ。巨大なスズメバチの巣を悪戦苦闘しながら駆除するTV番組の影響か、スズメバチの活動時期が秋だと思っている人も多いようですが、それは大きな間違い。越冬期間を除いた4月から11月まで、春・夏・秋はずっとスズメバチの活動期間です。合わせて覚えておいてほしいのは、スズメバチは春から秋までずっと同じ行動パターンなわけではなく、時期によって活動内容や対処方法が変わるということ。今回は、4月の活動開始から越冬に入る11月までの、季節に合った「スズメバチへの対処方法」をお伝えします。

【地震対策】ガラス飛散防止フィルムの貼り方とは?必要な理由と正しい手順について解説

【地震対策】ガラス飛散防止フィルムの貼り方とは?必要な理由と正しい手順について解説

大きな地震が起こった場合、ガラスが割れて破片で怪我をしてしまうことが想定されます。しかし、ガラス飛散防止フィルムを貼っておけば、割れても破片が飛び散らず二次災害を防ぐことができます。この記事では、ガラス飛散防止フィルムの正しい貼り方について紹介します。

玄関から室内へ! 時代とともに変化する「チャイム」の活用方法

玄関から室内へ!時代とともに変化する「チャイム」の活用方法

古くは“呼び鈴”の時代から、玄関の設備として欠かせない存在だった「チャイム」。来客を知らせてくれるという役割を終えつつある現代では、防犯や、緊急時のアラート発信のために一役買ってくれます。「技術の進歩」と「チャイムの機能の違い」によって変わってくる呼び方や、便利な使い方について解説します。

Prev

  • 1
  • /