リンクをコピーしました

  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • もっと見る

大震災とホームセンターの関係、「地域インフラ」としての役割

ユーザー

となりのカインズさん編集長 シミズトシタカ

となりのカインズさん編集長 シミズトシタカ

株式会社カインズ マーケティング本部メディア統括部部長 兼 ホームセンターをDXするオウンドメディア「となりのカインズさん」創刊編集長。出身高校は本社の隣(早稲田大学本庄高等学院)。2020年より現職。美術・建設・DIY・キャンプ・リフォーム・植物・施工管理求人・猫・BtoB・SaaSなどのマーケター | コンテンツディレクター | オウンドメディア関連の相談大歓迎! ※募集中→SNS運用プロ/動画クリエイター/ライター/編集者

災害時のホームセンターは「地域のライフライン」

カインズは「大災害」といかに向き合ってきたのか?

東日本大震災から10年を迎えるにあたり、カインズの社内に残る膨大な資料とメンバーたちの証言を集め、ここに初めてその記録を公開したい。

カインズは一企業であると同時に、災害時のライフラインであり、地域のインフラでもある。

いかにデジタル化が進もうと、カインズはリアルの店舗を通じて、その地域の安全と安心を守り続ける。——それが災害大国におけるカインズの「地域インフラ」としての矜持であり、お客様に対する緊急時の責務である。

カインズ仙台港店の被害状況

カインズ仙台港店の被害状況

カインズには「有事の際はメンバー個々の判断で行動してよい」という共通認識がある。その判断基準は「カインドネス」であるということ。それはカインズの社名の由来でもある。

2011年3月11日の東日本大震災を経験し、カインズで働くメンバーは、このときホームセンターの社会的な意義を改めて体感することとなった。そして、2018年6月18日の大阪北部地震、2019年10月の令和元年東日本台風19号など、度重なる自然災害に見舞われ、そのたびに災害対策の強化に取り組んできた。また、新型コロナウイルスに伴う緊急事態宣言下においても、ホームセンターの役割は再び注目を浴びている。

ここでは10年前の東日本大震災の記録と、カインズにおける災害対策の現状について紹介し、災害について一人ひとりができることについて、改めて一緒に考えていきたい。

※編集部注:当記事は、震災時における生々しい証言を含んでいるため、人によっては激しいストレスを感じるおそれがございます。

loading

関連するキーワード

となりのカインズさんをフォローして最新情報をチェック!

  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Instagram
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

RELATED関連する記事

POPULAR人気の記事

  • Daily
  • Weekly

広告掲載について

NEWS LETTER ニュースレター

Webライター・イラストレーター募集

取材のご依頼や情報提供はこちらから