リンクをコピーしました

  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • もっと見る

台風・豪雨のおすすめ防災グッズ!家でできる対策まとめ

スタッフ

となりのカインズさん 編集部

となりのカインズさん 編集部

カインズにまつわる情報を本社に怒られない範囲でおもしろおかしく発信します。ライター、DIYクリエイター、イラストレーターなどご協力いただける仲間を募集中だよ!

台風・豪雨シーズンに向けて、事前の備えは済んでいますか? 台風・豪雨のような自然災害は事前の備えが大切です。いざ接近してからでは間に合わない対策も。今からできる準備はしっかりと整えて、台風・豪雨の危険からご自身や家族の身を守りましょう。

台風・豪雨対策のポイントを押さえよう

台風・豪雨対策のポイントを押さえよう

台風・豪雨は毎年大きな災害をもたらしますが、警報などの防災気象情報を利用すれば被害を未然に防いだり、軽減することが可能です。台風・豪雨の危険が近づいているというニュースや気象情報を見聞きしたら、万が一の災害に備えましょう。

近年、特に意識しておきたいのは、突然の豪雨への対策です。台風の接近や梅雨前線の停滞を原因とする集中豪雨は、河川の氾濫や土砂災害を引き起こす原因に。建物の浸水や道路の冠水といった水害に遭いやすく、いざというときには周囲の人にも声をかけて躊躇せず避難しましょう。

備えあれば憂いなし! 日常的な台風・豪雨対策

備えあれば憂いなし! 日常的な台風・豪雨対策

台風・豪雨の到来に向けた対策には大きく2通り。日頃から備えておくべき日常的な対策と、台風・豪雨が接近してきてから備える直前の対策を紹介します。

日頃から備えておくべき台風・豪雨対策には、家の周囲の側溝や排水溝の掃除、ハザードマップの確認、食料や水の備蓄、非常用持ち出しバッグの用意などが挙げられます。それぞれの台風・豪雨対策のポイントを解説します。

側溝や排水溝の掃除

台風・豪雨による水害に備えて、側溝や排水溝の掃除が必要です。側溝や排水溝に落ち葉やごみが溜まっていないか確認し、掃除をして水はけをよくしておきましょう。掃除を怠ると、水が溢れて浸水する可能性があります。また、屋根、塀、壁などの点検や補強も台風・豪雨が来る前に普段から行っておきましょう。

避難場所までの道順を確認して、家族とも情報共有を

日頃からハザードマップで危険箇所や避難場所をチェックして、家族と情報共有しておきましょう。雨が降り出したら土砂災害警戒情報にも注意が必要です。

食料や水の備蓄

電気やガス、水道などのライフラインが止まった場合に備えて、普段から飲料水や保存の効く食料などを備蓄しておきましょう。

食料は、防災のために特別なものを用意するのではなく、できるだけ普段の生活の中で利用している食品を用意します。例えば、ご飯(アルファ米など)、ビスケット、板チョコ、乾パンなどが挙げられます。

飲料水は、1人1日3リットルを目安に用意します。

非常用持ち出しバッグの定期的な補充

避難時に持ち出せる、非常用持ち出しバッグの中身の定期的な補充・確認も大切です。自宅が被災したときは、安全な場所に避難し避難生活を送ることになるので、いつでもすぐに持ち出せるようにしておきましょう。非常用持ち出しバッグに必要とされる台風・豪雨対策グッズは種類が多いので、一式がまとまったセット商品が大変便利です。

非常用持ち出しバッグの中身の例は、以下のとおりです(気象庁「大雨や台風に備えて」より)。

非常用持ち出しバッグの中身の例

食料品など

  • 飲料水
  • 乾パンやクラッカーなど
  • レトルト食品、缶詰
  • 粉ミルク、哺乳ビンなど

日用品

  • ナイフ、缶切り
  • 鍋や水筒
  • 懐中電灯
  • ラジオ
  • 電池
  • ロープ
  • マッチやライター
  • 使い捨てのカイロ
  • ティッシュなど
  • 筆記用具
  • ごみ袋

医薬品など

  • 救急医薬品
  • 常備薬
  • マスク
  • 紙おむつ
  • 生理用品

貴重品、お金

  • 現金(小銭も)
  • 預金通帳など
  • 印鑑
  • 健康保険証など
  • 身分証明書

衣類

  • 下着
  • タオル
  • 寝袋
  • 雨具
  • 軍手

その他

  • 防災頭巾やヘルメット
  • 予備の眼鏡など
  • 地図

まもなく接近! 直前の台風・豪雨対策

まもなく接近! 直前の台風・豪雨対策

お住まいのエリアに台風・豪雨情報が出た場合、自宅への接近に備えた直前の台風・豪雨対策も必要です。雨風が強くなる前に家屋の補強をしたり、スマートフォンの充電、生活用水への備えなど最低限の対策を行いましょう。

物干し竿や植木鉢を家の中へ

ベランダにある物干し竿や家の外にある植木鉢は、強風で飛ばされる恐れも。雨風が強くなる前に、家の中に入れておきましょう。

雨戸やシャッターを下ろす

物が飛んできて窓ガラスが割れることを防ぐため、窓に雨戸やシャッターがあれば下ろしましょう。窓の鍵を閉め、カーテンも閉めます。

窓ガラスには養生テープや飛散防止フィルムを貼ることで、家屋の補強につながります。 飛来物でガラスが割れることは防げませんが、もし割れた場合は室内に破片が飛び散るリスクを抑えられます。

「水のう」を作って浸水を防ぐ

水害が発生すると、トイレや風呂場、洗濯機の排水口などから水が噴き出る場合があります。この対策として、土のうの代わりに手作りの「水のう」を置いて逆流を防ぎましょう。水のうはゴミ袋に半分程度の水を入れたら完成です。

スマホやモバイルバッテリーの充電

台風・豪雨で停電や断水が発生する可能性があります。台風・豪雨が来る前に、スマートフォンやモバイルバッテリーは充電しておきましょう。

湯船に満タンの水を貯める

断水に備えて、生活用水のために湯船に満タンの水を貯めておきます。

また、停電に備えて、冷凍庫で保冷剤を凍らせておくと便利です。 冷蔵庫の中の食料を冷やしたり、熱中症対策としても使えます。

台風・豪雨対策グッズを揃えて、身も家も守ろう

台風・豪雨対策グッズを揃えて、身も家も守ろう

台風・豪雨対策グッズは、台風・豪雨情報が出てから準備するよりも、時間に余裕を持って揃えておくことで焦る必要がなく安心です。台風・豪雨対策グッズをしっかりと揃えて、年々大型化する自然災害から身も家も守りましょう。

loading

関連するキーワード

となりのカインズさんをフォローして最新情報をチェック!

  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Instagram
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

RELATED関連する記事

POPULAR人気の記事

  • Daily
  • Weekly

広告掲載について

NEWS LETTER ニュースレター

Webライター・イラストレーター募集

取材のご依頼や情報提供はこちらから