リンクをコピーしました

  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • もっと見る

2020.07.06

作ってみた

カインズで揃う「ベランピング」のススメ!ベランダでお手軽キャンプ!

みーこパパ

みーこパパ

キャンプ好きのアウトドアライター、2児とネコの父。ブログ「ファミリーキャンピング」(https://mii-camp.site/)を運営。

「諭吉リノベーション」は、カインズの商品を1万円以内で組み合わせ、様々なおうちのお悩みを解決するシリーズです。今回は、アウトドア好きライター・みーこパパさんが、おうちで手軽にキャンプ気分を味わう方法をご紹介します。

ベランピングでおうちキャンプを楽しもう!

こんにちは、アウトドアライターのみーこパパと申します。

最近、おうちのバルコニーやベランダでアウトドア気分を味わう「ベランピング」が密かなブームです。

べランピング(Veramping)とは「ベランダ(veranda)」+「グランピング(gramping)」の造語で、「グランピング」は「グラマラス(glamorous)」+「キャンプ(camp)」の造語。

つまり、べランピングとは「豪華でオシャレなベランダキャンプ」のこと。

筆者も一年を通して家族や一人でキャンプを楽しんでおり、最近では自宅でくつろいでいるときでもついついキャンプが恋しくなってしまいます。

ということで、おうちにいながらアウトドア気分を味わうため、お得な価格で揃えられるカインズのアウトドアグッズを使ったベランピングをご紹介します!

ベランダをベランピング空間へ改造!

おうちのベランダをアウトドア空間へ改造!

まずこちらが、ベランダのBefore状態。床は防水シートで、無味乾燥としています。隣家からも丸見えなので、今のままではリラックスするには少々無理があります……。

洗濯物を干すぐらいにしか使っていなかったこの場所を、心身までリラックスしてベランピングできるアウトドア空間へとグレードアップしていきます!

タープで視線と日差しを遮る

タープで視線と日差しを遮る

まずは周りの視線と日差しを遮る布、タープを取り付けました。これだけでも印象が大きく変わります!

今回使ったタープは汚れに強く柔らかい手触りで、たとえ曇り空でも爽やかな水色で映えます。このほか、カインズにはベランピングに適した様々なサイズと色、模様のタープが揃っているのでお好みで選んでください。機能も防虫、防水、遮光など様々あるのできっと気に入る商品が見つかるはず。

タープは窓のサッシに挟んで取り付けるタイプのフック金具を使い、吊り下げています。穴あけや接着が不要なので、賃貸住宅の方も安心です。

この商品は耐荷重値が2kgですが、タープを常に張っておきたい場合は、より強力な耐荷重5kgの接着タイプフックがおすすめです。

金具の反対側はベランダの柵の上部に、タープに付属しているロープで縛り付けました。柵の下に縛るとタープが日差しや視線に対してより直角に近くなり、遮る効果が増しますよ。

タープはあまりパツパツに張ってしまうと、風を受けた時に力を逃せず外れやすくなってしまいます。少し”たわみ”があるぐらいに張って、風が強い時には収納しましょう。

人工芝でフレッシュな気持ちの良い床に

人工芝でフレッシュな気持ちの良い床に

続いてロールタイプの人工芝を床に敷きました。柱の形に合わせて、ハサミで角をカットしています。なお、レジャーシートのように敷きっぱなしにせず毎回収納する場合は、切らなくとも良いですね。今回は1帖用の人工芝を2枚使用して、約2帖の芝生スペースを作りました。

見た目が大きく変わるだけでなく、裸足で歩くと足の裏に適度な刺激があって気持ち良いです。これだけでもリラックス効果を得られて、ベランピング空間が快適になります。

人工芝を踏むと足跡が付きますが、毛を起こしてあげるように撫でると回復します。あまり強く撫でると毛が抜けてしまうので、加減してくださいね。

【特集】諭吉リノベーション

となりのカインズさんをフォローして最新情報をチェック!

  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

RELATED関連する記事

POPULAR人気の記事

  • Daily
  • Weekly

Webライター・イラストレーター募集

取材のご依頼や情報提供はこちらから