#紐の結び方/KEYWORD

トラックに結ぶ、南京結び【紐・ロープの結び方】

初心者でもわかりやすい【ロープの結び方】。今回のテーマは「南京結び」。重い荷物をトラックに積む場合は、ロープを引き締めながらしっかり固定することが大切です。トラックの積荷などに有効な結び方は、複数の荷物をまとめて固定できる輸送結び、増し締めができるので長時間の運搬も可能なもやい結び、そして力を使わず女性でも頑丈に結べる南京結びの、主に3種類あります。その中でも南京結びは、トラックドライバーの間では知っていて当たり前といわれるほど基本的な結び方のひとつです。

二重8字結び【紐・ロープの結び方】

初心者にもわかりやすい「二重8字結び」の結び方をご紹介します。二重8字(はちのじ)結びは、ほかの物体にロープをつなぐ結び方です。信頼性も高く、登山でも頻繁に利用される二重8字結び。キャンプでは、テントやタープの張り網をかける際にも大活躍してくれます。

男結び【紐・ロープの結び方】

初心者にもわかりやすい「男結び」の結び方をご紹介します。男結びは、造園では雪囲いや竹垣を結束するときによく使われます。男結びの別名は「いぼ結び」。名前の由来は、着物の帯の結び方にあるといわれています。結び上がりが貝の口のように見えることから、通称「貝の口」とも呼ばれ、男性の角帯結びでもっとも一般的な結び方です。コツさえ掴めば、男結びは簡単に結べます。

プルージック【紐・ロープの結び方】

初心者にもわかりやすい「プルージック」の結び方をご紹介します。プルージックは輪にしたロープとモノを繋ぐ結び方。もともとは登山の時に使うロープワークですが、キャンプでは木と木を繋いだロープを張った上で、タープやテントを建てたり、木やポールに小物を吊るすときなどに便利です。結びの名前は、登山家のプルージックが考案したことが由来とされています。

よろい結び【紐・ロープの結び方】

初心者でもわかりやすい【ロープの結び方】。今回のテーマは「よろい結び」です。よろい結びは、ロープの途中に輪を作るための結び方。S字フックなどを使って物を提げることができるので、アウトドアでは懐中電灯などの小物をぶら下げるなどの用途があります。よろい結びは、剣道の胴を付けるときの結び方のひとつとして使われていて、鎧に関する結び方であることが名前の由来(諸説あり)。もともとは大砲を固定するのに使われていた結び方で、砲兵結びという別名もあります。

二重巻き結び【紐・ロープの結び方】

初心者にもわかりやすい「二重巻き結び」の結び方をご紹介します。二重巻き結びは、立ち木などのものにロープを繋ぐ結び方。「巻き結び」よりも摩擦力が大きいので、強固な結びです。また、二重以上に巻きを増やすこともでき、その場合は「多重巻き結び」と呼ばれています。箱状のものを紐で縛る際や、テントの支柱を縛るときなど、いろいろな場面で活躍する結び方です。

ハンモックにも使う、あやつなぎ【紐・ロープの結び方】

初心者にもわかりやすい「あやつなぎ」の結び方をご紹介します。あやつなぎは、ロープ同士を繋ぐ結び方です。結び目が非常に固く、緩みにくいのが特徴。もともとは漁師が網を作るときに使っていた結び方で、この結びを連続してハンモックなども作れます。しっかりとした強度がありながら、見た目もきれいな結び方です。

2本のヒモを繋ぐテグス結び【紐・ロープの結び方】

初心者にもわかりやすい「テグス結び」の結び方をご紹介します。テグス結びは、2本のロープを繋ぎ合わせる結び方。ロープの端どうしを、それぞれ反対向きの「止め結び」で結び合わせたものです。シンプルな構造ですが、意外にほどけにくいのが特徴。1本の両端を結んで、輪を作ることもできます。

新聞紙を束ねる【紐・ロープの結び方】

初めてでもわかりやすい、新聞紙を束ねる結び方をご紹介します。不要になった新聞紙を束ねる結び方は、自己流で縛ったつもりでも、持ち上げてみるとロープがゆるみ、新聞紙が脇からはみ出てしまうことも。ただ四方を囲い込むだけでなく、適切な結び方を覚えてしっかり結ぶことが大切です。

ひばり結び【紐・ロープの結び方】

初心者にもわかりやすい「ひばり結び」の結び方をご紹介します。ひばり結びは、輪にしたロープでモノを固定する結び方。木の枝などに、モノを吊るしたい時などに利用できます。薪などを束ねて、一度に運ぶときにも便利です。別名を「Cow hitch」とも呼ぶように、牛の鼻輪に使われていた結び方でもあります。携帯電話(ガラケー)のストラップをつけるときの結び方としても知られています。

新聞紙をまとめる、かます結び【紐・ロープの結び方】

初心者でもわかりやすい【ロープの結び方】。今回のテーマは「かます結び」。かます結びは、新聞紙をまとめる時や、荷物を縛る際に便利な結び方のひとつ。藁蓆(わらむしろ)を二つ折りにして袋状にした「かます」を縛るのに使われたことが名前の由来とされています。結び目は強固ですが、ほどくのは簡単。一度覚えてしまえばささっと結ぶことができるので、かます結びをマスターして荷造りなどに役立てましょう。

ねじ結び【紐・ロープの結び方】

初心者にもわかりやすい「ねじ結び」の結び方をご紹介します。ねじ結びは、ロープを立ち木などのモノに繋ぐ結び方です。簡単で結びやすく、解きやすいのが特徴で、小さな船を係留するときにも使われる強度があります。キャンプでは、張り綱を立ち木に縛る時などに利用されることもあります。

さつま編み(アイスプライス加工)【紐・ロープの結び方】

初心者でもわかりやすい【ロープの結び方】。今回のテーマは「さつま編み加工(アイスプライス/さつま結び)」です。さつま編み加工とは、ロープを一度ほどいて、輪を作ってから再びロープに編み込んでいく方法です。荷造りやアウトドアなどで使われる機会が多く、「さつま結び」や「アイスプライス」とも呼ばれ、ロープ結びの中でも屈強な結び方のひとつです。さつま編み加工の種類には、差し込みながら巻いていく「巻き差し」と、かごを編むように巻いていく「かご差し」の2種類があります。

止め結び【紐・ロープの結び方】

初心者にもわかりやすい「止め結び」の結び方をご紹介します。止め結び(オーバーハンド・ノット)はロープにコブを作る結び方のひとつ。一重(ひとえ)結びとも呼ばれ、もっとも簡単な結び方です。一時的なほつれ止めとしても使用されます。2つ折りにしたロープに対して止め結びを施す「二重止め結び」や止め結びを使って2本の紐を結ぶ「止め継ぎ結び」など、応用した結び方も多数存在します。

Prev

  • 1
  • /