リンクをコピーしました

  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • もっと見る

新聞紙をまとめる、かます結び【紐・ロープの結び方】

調べてみた

カインズ How to DIY編

カインズ How to DIY編

カインズ・スタッフ自らが実践した情報満載。動画で見る「カインズ How to」のDIY関連のコンテンツを文字起こししています。

かます結びとは

かます結びは、新聞紙をまとめる時や、荷物を縛る際に便利な結び方のひとつ。

藁蓆(わらむしろ)を二つ折りにして袋状にした「かます」を縛るのに使われたことが名前の由来とされています。

結び目は強固ですが、ほどくのは簡単。一度覚えてしまえばささっと結ぶことができるので、かます結びをマスターして荷造りなどに役立てましょう。

ロープの選び方

ロープには、素材や形状が異なる様々な種類があり、目的や用途によっては相性の悪いものもあるので注意が必要です。

かます結びのように、新聞紙や段ボールなどの荷造りに使う場合、素材は滑りにくく抜けにくいポリプロピレン(PP)製のものを使うのがおすすめ。

また、形状はフィルム状のものよりも2〜3本のロープをより合わせたものが丈夫ですが、価格も変わってくるため、束ねる対象の重さや運ぶ距離によって選ぶとよいでしょう。

かます結びの結び方

かます結び 荷物をロープで巻く

荷物をロープで何回か巻き、片方の先端でループを作ります。このとき、ロープと荷物の間にたるみがでないよう、ロープをしっかり引き締めてから作業しましょう。

かます結び ロープの下にくぐらせる

もう一方の先端をループの上から、ロープ全体の下へくぐらせます。

かます結び ループの下から通す

くぐらせたロープの先端を、ループの下から通します。

かます結び 角で結び目を作って完成

両端を引っ張って、結び目を締めれば完成です! 結び目の強度を高くするために、必ず荷物の角の部分で結びましょう。

まとめ

強度があり、荷物を縛るときに便利なかます結び。ほどくのは簡単なので、束ねる荷物が増えたときもロープを切らずに結び直せます。新聞紙や段ボールをまとめる際にぜひ活用してくださいね。

かます結びの結び方を動画で見る

loading

となりのカインズさんをフォローして最新情報をチェック!

  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

RELATED関連する記事

POPULAR人気の記事

  • Daily
  • Weekly

NEWS LETTER ニュースレター

Webライター・イラストレーター募集

取材のご依頼や情報提供はこちらから