リンクをコピーしました

  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • もっと見る

ゴーヤの育て方 | 栽培のコツを丁寧にわかりやすく解説!

ユーザー

株式会社カインズ グリーン・ガーデン部【公式】

株式会社カインズ グリーン・ガーデン部【公式】

ホームセンター・カインズのグリーン・ガーデン部が、お花・野菜・観葉植物・多肉植物・家庭菜園・庭造り・畑作りなどに関する専門知識や栽培方法、ノウハウなどを解説します。

ゴーヤとは独特の苦みのある野菜です。他の野菜と比べても栄養価が高く、ゴーヤチャンプルーとしてよく食べられます。この記事ではゴーヤの特徴や育て方を解説します。読んでいただくことでゴーヤの特徴や栽培時期、育て方の知識を網羅的に理解できるでしょう。ゴーヤを栽培する際に、ぜひお役立てください。

ゴーヤとは?

収穫したゴーヤの実

ゴーヤはツルレイシという和名のイボがあるウリのことです。非常に栄養価が高いため、豚肉や野菜と炒めて食べると、夏バテの防止によいといわれています。ゴーヤチャンプルーとしてだけでなく、サラダや揚げ物、天ぷらにしても美味しく食べられます。独特の苦みが特徴で、苦手な人もいるかもしれませんが、慣れるとクセになる味です。

またゴーヤの苦みは品種により強弱があります。苦いのが得意でない方は、苦みの弱いゴーヤを選ぶと美味しく食べられて、栄養もしっかりととれるでしょう。

ゴーヤ栽培の特徴

ゴーヤの栽培

ゴーヤは耐暑性があり、高音と多日照で肥大がよくなる野菜です。高温下で着花し、雄花が多くなります。家庭菜園にも適している野菜で、その理由は比較的病害虫に強いからです。土壌の好適pHは6.0~7.5で、中性~弱アルカリ性になります。

土壌をあまり選ばないという特徴もあるので、比較的育てやすい野菜といえるでしょう。また湿度を嫌うわりに土壌水分を多く必要としますので、水はけに気を遣う必要があります。

ゴーヤの栽培時期

ゴーヤの栽培時期はおおよそ4~9月の間です。具体的には4月ごろに種まきをして育苗を開始し、5月中旬ごろに畑に定植、夏~9月いっぱいで収穫をします。土づくりから準備する場合は3月ごろから取り掛かりが必要になります。これらの時期については地域や品種によるため、あくまで参考程度の目安としてください。

ゴーヤの育て方とコツ

ここからはゴーヤの育て方とコツについて詳しく解説します。

種まき・育苗管理

ゴーヤの種まき

種まきに最適な季節は4月~5月の間です。まずは9~12cm程度のポロポットに直径4~5cm、深さ1cmくらいの穴を作ります。つぎに種を2,3粒まいて1cm程度土をかぶせて、軽く手で押さえながら水をやります。発芽率をあげるために25~30℃で保温することがポイントです。本葉が1~2枚になったら定期的に間引きし、定植適期苗になるまで育苗しましょう。

植え付け

ゴーヤの苗

芽が出てくると5月中に植え付けを行います。気温が充分に高くなってから行うことがポイントです。本葉が5~6枚出たら畑に定植してください。プランター栽培の場合は30cmほど、地植の場合は40cmほど間隔を開けながら植え付けていきます。

定植後はたっぷりと水を与えるようにしましょう。活着をよくするためにはよく晴れた日の午前中に植え付けると効果的です。

支柱立て

支柱とネット

定植から2週間くらいのタイミングで支柱立てを行います。具体的には支柱を立ててネットを張ります。はじめのうちはヒモで誘引しましょう。理由はツルが細く株元に絡んでしまうからです。定植後はどんどん成長していくため、ネットから飛び出したツルの先端は摘心してください。ゴーヤはとても元気がよいので、気温が高くなるにつれて3m以上の高さまで成長することもあります。

摘心

摘心時の苗

ゴーヤの実を大きくするために、摘心を行います。ゴーヤは小づると比べて親づるに実がつきにくい傾向があるため、本葉が6~7枚になった時点で親づるを摘心してください。これは実のつきやすい小づるを伸ばしていくためです。もしも、ゴーヤを育てる目的がグリーンカーテンを作ることであれば、摘心の必要はありません。

追肥

並んだ苗

植え付けが終わり、適宜に摘心を行って20日ほどしたら、1回目の追肥を行いましょう。追肥は根の成長にあわせて追肥の場所を変えることがポイントです。たとえば1回目は株元、2回目は畝の肩といったように、根の成長にあわせて追肥する場所も変えていきます。追肥は生育状況を見ながら、だいたい3週間に1度くらい行います。

受粉

ゴーヤの人工授粉

ゴーヤは同じ株に雄花と雌花がつくことで、自然に受粉して結実します。逆に言うと雄花と雌花が受粉しないと、実が付かないということです。そのため実付きが悪い場合は、朝のうちに雄しべの花粉を雌しべにこすりつけて人工授粉してください。

人工授粉は確実に受粉して収穫量を上げたかったり、閉鎖的な空間で育てたりする場合に最適です。

収穫

ゴーヤの収穫

開花してから15~20日くらい経過したら、イボイボが盛り上がってツヤのあるものを収穫します。ちょうど成熟直前のものが収穫に最適なタイミングです。収穫の際はハサミで切り取り、ツルを傷つけないように気をつけてください。また、種とりで残す以外は若採りを心がけてください。これは、株が疲れる原因を防止することが理由です。

種とり

完熟したゴーヤ

実を株につけたままにしておくと、完熟して黄色くなり種がとれます。実を剥がして果肉を水洗いし、干して乾燥させて保存させることで、つぎの種まきにも使えます。また、ゴーヤは完熟すると苦みが消えます。ウリ科のメロンのように甘い味を楽しめるため、特に種のまわりにある赤いゼリーは1度食べてみるのもよいでしょう。

ゴーヤを育てる際によくあるトラブル

ここからはゴーヤを育てる際によくあるトラブルを紹介します。健康的なゴーヤを育てるための参考にしてください。

実がつかない

実が無いゴーヤのつる

ゴーヤでは実がつかないということがあります。これは雄花と雌花が受粉していないことが原因と考えられます。先にも紹介したように、受粉していない場合は人工授粉を行いましょう。また、肥料の与えすぎや、花が隠れているなどの原因も考えられます。肥料を与えすぎるとツルボケになり、つるや葉ばかりが育ってしまうので、適量を心がけてください。

葉が育ちすぎて重なってしまうと花が隠れてしまい、昆虫が花を見つけられずに授粉のチャンスを逃している可能性もあります。そのため肥料の与えすぎにはくれぐれも注意しましょう。

雌花がつかない

雄花がつかないゴーヤのつる

雌花がつかない原因は時期的な要因があげられます。その理由は生育初期は雄花が多く、8月ごろから雌花は盛んにつくようになります。ですので、仮に雌花が少なくて悩んでいてもそのうち多くなってくるので安心してください。また、雌花を多く収穫するには親づるを本葉6~7枚で摘心して、子づるを伸ばすとより多く収穫できます。

その他、水分量が足りなかったり、肥料が不足していたり、日当たりが悪かったりする場合も雌花がつかない原因です。プランター容量が足りない場合も原因として考えられます。

病気になる

黄色くなった葉

ここでは、ゴーヤが主にかかる病気について紹介します。

うどんこ病

うどんこ病とは、白い粉のようなカビが葉に生える病気です。うどんの粉を振りかけたような見た目からうどんこ病と呼ばれています。カビによる伝染が原因です。

炭疽病

炭疽病とは葉が灰色になり、同心輪紋状になる病気です。放置しておくと葉が枯れたり、穴があいたりします。カビの一種で風や雨と一緒に運ばれて感染することが原因です。

つる割病

つる割病とは葉がしおれて黄色くなる病気です。そのうち茎が割れてカビが発生していきます。病原菌はカビの一種で、土壌から伝染して根っこに侵入します。

害虫が発生する

アブラムシがついた茎

ここでは、ゴーヤに主に発生する害虫を紹介します。

アブラムシ

アブラムシは体長2~4mmくらいの害虫で、小さく黒っぽく群がることが特徴です。発生してすぐにゴーヤに被害があるわけではありませんが、ウィルスによるカビが発生する原因を作ります。

オオタバコガ

オオタバコガはタバコガ類の幼虫です。果実や茎に潜り込んで食害を起こします。幼虫のうちは柔らかい葉や新芽を食べますが、大きくなると実や茎に穴を開けて侵入します。

ヨトウムシ

ヨトウムシは蛾の幼虫です。他の植物や野菜から成虫が飛んでくることが発生する原因になり得ます。種類が多く、ゴーヤに限らずいろんな野菜を食害する害虫です。

まとめ

独特の苦みのあるゴーヤは、栄養価も高く、ゴーヤチャンプルーとして食べられることが多い野菜です。耐暑性があり、高音と多日照で肥大がよくなるため、4月〜9月が最適な栽培時期です。栽培方法に気をつけながら、健康なゴーヤを育ててください。

ゴーヤを育てるならカインズのオンラインショップがおすすめです。オリジナル商品の取扱いや園芸用品・土・肥料・ホースなどが豊富に取りそろえられています。ガーデニング・園芸作業に必要なアイテムが、ボタンひとつで揃います。ゴーヤの栽培にぜひご活用ください。

ゴーヤの取り扱いも豊富!ホームセンター通販のカインズの公式通販・オンラインショップはこちら

loading

関連するキーワード

となりのカインズさんをフォローして最新情報をチェック!

  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Instagram
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

RELATED関連する記事

POPULAR人気の記事

  • Daily
  • Weekly

広告掲載について

NEWS LETTER ニュースレター

Webライター・イラストレーター募集

取材のご依頼や情報提供はこちらから