リンクをコピーしました

  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • もっと見る

テントの支柱を縛る巻き結び【紐・ロープの結び方】

調べてみた

カインズ How to DIY編

カインズ How to DIY編

カインズ・スタッフ自らが実践した情報満載。動画で見る「カインズ How to」のDIY関連のコンテンツを文字起こししています。

巻き結びとは

巻き結びは、ものにロープをつなぐ結び方です。

手早く簡単に結びたいときに活躍します。2本のロープが互いに押さえあっているので、強固なうえに解きやすい結び方です。ただし、ロープが濡れたり、きつく縛りすぎたりすると、解きにくくなることも。

箱状のものを紐で十字に縛るときに、交差部を巻き結びにすることで補強するという活用方法もあります。そのほかにも、テントの支柱を縛ったり丸太を巻き結びでつなげて柵を作ったりと、アウトドアやキャンプでも活躍する結び方です。

ロープ結びの種類

ロープの結び方は数多くあり、新聞紙を束ねる「外科結び」や、垣根を作るときに使う「いぼ結び」、ロープの一部をほどいて輪を作ってから結び直す「さつま編み加工」など、用途や強度などで使い分けています。

巻き結びの結び方

巻き結び ステップ1

ロープの先端を、対象物に、上から下に巻きましょう。

巻き結び ステップ2

このとき、巻きつけた先端が上になるように交差させます。

巻き結び ステップ3

交差した所を押さえながら、もう一度、対象物に巻き付けて……

巻き結び ステップ4

ロープの先端を、下から隙間に通しましょう。

巻き結び ステップ5

最後にロープの両端を引っ張ると、完成です!

まとめ

ロープを立ち木などに結ぶときに便利な巻き結び。手軽なわりに結び目は強固で、解くのも簡単ですので、応用範囲が広そうですね。様々な場面で活用してください。

巻き結びの結び方を動画で見る

loading

関連するキーワード

となりのカインズさんをフォローして最新情報をチェック!

  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Instagram
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

RELATED関連する記事

POPULAR人気の記事

  • Daily
  • Weekly

広告掲載について

NEWS LETTER ニュースレター

Webライター・イラストレーター募集

取材のご依頼や情報提供はこちらから