リンクをコピーしました

  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • もっと見る

「焚き逃げ」やめて!野営キャンプの正しい後片付け方法

ユーザー

関 美奈子

関 美奈子

アウトドアライター/デザイナー。ホームセンター・100均DIY主婦キャンパー。自然や人に優しいキャンプのアイデアを発信しています。子育てを終え、夏は高原、冬は海辺へと夫婦でデュオキャンプ、最近はバックパック・ソロキャンプを満喫中。ガールスカウト世界連盟ジャンボリー日本代表(1982年)、ガールスカウト日本連盟・野外活動指導者資格取得。キャンプ歴は46年。

「来たときよりも美しく」キャンプ地に残すのは思い出だけ!

野営ソロキャンプ

野営キャンプは、美しい自然の風物に囲まれ、静かに心を解放できるのがいちばんの魅力です。

そこに、前の人の残したゴミや、放置された焚き火跡が点々とあったら…?

こんなにがっかりすることはありません。

炭を捨てる人

管理されたキャンプ場では、ゴミ処理を引き受けていただけたり、炭・灰を捨てられたりするところも多いです。でも、宿泊を許可された「野営地」でのキャンプは、その自由な過ごし方と引き換えに、全てのゴミや灰を自力で処理する責任が付いてきます。

ソロキャンプ

野営地でキャンプするにあたり、なるべく自然にダメージを与えず、後から来る人にも気持ちよく過ごしてもらうためにはどうしたらいいかを考えていきましょう。

今回、ソロキャンプの健全な普及、野営地の清掃・保全活動などを行なっている「日本単独野営協会」に、主にソロキャンプの後の火の始末や、片付けについて具体的な方法を教えていただきました。

「バカ薪を出さない!」クレバーな焚き火の方法とは

巨大な「バカ薪」

こりゃ燃えない! 巨大な「バカ薪」

太い木に直接火を近づけてもなかなか燃えてくれません。「バカ薪」とは「馬鹿デカい薪」から由来しており、文字通り燃えるはずもない馬鹿デカい、太い薪を無理に燃やそうとして燃え残り、焦げたものが放置されている状態をいいます。

焚き火台

バカ薪を出さないために覚えておかなければならないのは、「焚き火は火を育てていくもの」だということです。

最初は杉の葉や白樺などの木の皮、麻ひも、フェザースティックなどに着火して、すぐに小枝や小割に火を移し、火の大きさとともに、徐々に薪を太いものに育てていきます。決していきなり太い薪に火を付けるものではないのです。

火消し壺で消火し、消し炭を再利用する

火消し壺

火消し壺に入れ、冷めたら持って帰る

焚き火を片付ける際は焚き火台+火消し壺が便利です。焚き火台で燃え残った炭や灰を火消し壺にガサッと入れて蓋をして、冷めたら持って帰るだけです。

消し炭

家では普通にゴミに出せますし、残った炭は着火しやすいため、次のキャンプで再利用することもできます。

火消し袋

最近では徒歩、自転車、バイクのキャンパーにも便利なグラスファイバー製の袋状の火消し壺も販売されています。

ビニール袋に入れて持ち帰る方法も

火消し壺がない人は一旦アルミホイルに燃えカスをあけて、水をかけて消火し、冷めたら包んでビニール袋に入れて持って帰る方法もあります。

loading

関連するキーワード

となりのカインズさんをフォローして最新情報をチェック!

  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Instagram
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

RELATED関連する記事

POPULAR人気の記事

  • Daily
  • Weekly

広告掲載について

NEWS LETTER ニュースレター

Webライター・イラストレーター募集

取材のご依頼や情報提供はこちらから