リンクをコピーしました

  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • もっと見る

【初心者】初めてのロードバイクの選び方を解説

スタッフ

CAINZ ライフハック

CAINZ ライフハック

CAINZ ライフハックは、ホームセンターのカインズ (カインズホーム) が提案する日常で使える便利な知恵をお届けします。すぐに実践できる便利なTIPSや情報が盛りだくさん。

自転車の中で、もっとも特別な存在といえるのが「ロードバイク」です。舗装路での競技用として作られた自転車で、高いものでは200万円にもなる高額な自転車です。

ロードバイクの魅力は、圧倒的な軽さによる軽快な乗り味と、どこまでも走って行けそうな快適性です。趣味で長距離を走りたい人はもちろん、通勤の手段としてロードバイクを選ぶ人もいます。

でも、いざロードバイクを買おうとすると、どの自転車を買っていいのかわからないかもしれません。そこで、ここではロードバイクを初めて購入する初心者のために、ロードバイクの選び方を徹底解説します。ぜひ、参考にしてみてください。

ロードバイクとは?

ロードバイクとは、舗装路をスピードを出して、長い距離走るために設計された自転車です。まずは、ロードバイクの特徴から見ていきましょう。

一般的な自転車より「圧倒的に軽い」

ロードバイクを持ち上げる男性

ロードバイクは、とても軽く作られています。これは、タイムを競う競技や、長距離を走る競技に使われるためで、軽いものだと6kg台という軽さです。

軽くするため、競技用のロードバイクのフレーム(骨格)には、軽くて強度が高いカーボン素材が使われます。カーボンはF1マシンの車体などにも使われる非常に高価な素材のため、カーボンフレームのロードバイクは、安くても20万円、競技用となれば100万円を大きく超えます。

そのため、競技用でないロードバイクのフレームには、重くなる代わりに低コストな、アルミニウムやクロムモリブデン鋼が使われます。それでも、重さは10kg程度に収まりますから、20kg前後のことが多い一般的な自転車(軽快車)に比べて、かなり軽量です。

タイヤが細いから「走りが軽快」

ロードバイクは、一般的な自転車と比べて、かなり細いタイヤを履いています。最近は、ロードバイクのタイヤの幅が太くなってきているのですが、それでも23~25mm程度。35mm程度のことが多い一般的な自転車(軽快車)よりも、グッと細くなっています。

細いタイヤから得られるものは、抵抗の少ない軽やかな走りです。電動アシストがなくても踏み出しから軽く、スピードを出したときも速度を維持しやすくなっています。どんどんスピードに乗っていく感覚は、初めてロードバイクに乗る方にとって特別なもののはずです。

ドロップハンドルだから長時間走っても「疲れづらい」

ドロップハンドル

ロードバイクに乗っている姿を見ると、前傾姿勢で、スピードも出ているので、疲れそうに思えるかもしれません。ところが、実際に乗ってみると、疲れが少ない自転車なのです。

疲れづらさを助けるもののひとつが、独特なハンドルのカタチ。握るところがくるんと丸まっている、ロードバイク特有のハンドルで「ドロップハンドル」といいます。

ドロップハンドルのメリットは、握る場所によって乗車姿勢が変えられることにあります。路面の状況や、風の強さに合わせて姿勢を変えられるので、長い時間、長い距離を走っても、疲れが最小限に抑えられるのです。

フレームサイズが豊富だから「自分に体に合わせて買える」

競技用として使われるロードバイクは、乗る人の体型にぴったり合っていることが大変重要です。コンマ数秒を競ったり、長い距離を走ったりするような競技に使われるため、自転車が体に合っていなければ、勝利を収めることは難しくなります。そのため、同じ製品でも、何種類もの大きさのフレームが用意されています。

この特徴は、一般向けに作られたロードバイクでも同じで、少ないものでも、3~4サイズ用意されていることが多くなっています。タイムを競うことはなくても、自分の体にあったサイズのフレームを選ぶことで、気持ちよく走ることができますよ。

ロードバイクの選び方

自分の体に合ったフレームサイズを選ぼう

黒いロードバイク

ロードバイクは、同じ製品でも複数のサイズが用意されていることが一般的です。そのため、まず自分の身長に合ったフレームサイズを確認しましょう。

フレームサイズを選ぶときは、「適応身長」が頼りになります。例えば、人気の自転車メーカー「GIANT」の「DEFY ADVANCED 2」という製品は、以下のようなラインナップになっています。

【フレームサイズの例】

  • 410(XS) 155〜170cm
  • 445(S) 165〜175cm
  • 480(M) 170〜185cm
  • 515(ML) 180〜190cm

参考:GIANT DEFY ADVANCED 2

例えば、身長172cmの方なら、「445(S)」を選ぶことになり、比較的簡単にサイズが選べます。ところが、170cmの方の場合、3つのサイズから選べることになります。

こうした場合は、小さめのフレーム選ぶとよい…とも考えられていますが、人によって手足の長さや胴の長さなどが違うため、どのフレームサイズが合うかは実際に試してみないとわかりません。

可能であればお店に行って実際に試し、またがってみて違和感がないか確認しましょう。

初心者は「5~10万円」の価格帯を目安に検討しよう

ロードバイク選びは、上を見るとキリがなくなります。数十万円の製品が中心で、100万円を超える製品も少なくありませんから、自分にとって無理のない予算を決めて検討することは大切です。

初心者におすすめなのは、予算5~10万円の製品です。ロードバイクとしては廉価な価格帯ですが、有名メーカーのエントリーモデルに手が届くようになり、5万円以下の製品と比べて品質もグッと高くなります。ロードバイクに興味があって購入する方や、自転車で長距離を走ってみたい方におすすめです。

10万円を超える価格帯のロードバイクは、レースに出場できるような高性能な製品も選べるようになります。もし、競技へ参加するためにロードバイクを購入するのであれば、10万円以上の製品から検討するとよいでしょう。

フレームの素材をチェック

黒い背景にロードバイクのハンドル部分アップ

自転車の骨格であるフレームは、ロードバイクにとって非常に重要なパーツです。フレームの素材によって、重さだけでなく、乗り心地や耐久性も変わってきます。

主なフレームの素材は、アルミとクロモリ(クロムモリブデン鋼)、そしてカーボンです。カーボンは超軽量ですが、最低でも価格が20万円以上する上、倒しただけで割れることもあるなど、初心者には向きません。おすすめは、「アルミ」か「クロモリ」です。

【フレームの素材と特徴】

  • アルミ :クロモリより軽く、錆に強い
  • クロモリ:アルミより乗り心地が快適

軽さと、メンテナンスのしやすさを取るならアルミ、衝撃吸収性による快適な乗り心地を取るならクロモリを選びましょう。

コンポーネントをチェック

コンポーネントのアップ

コンポーネントとは、自転車が走り、止めるために必要なパーツの総称です。

【コンポーネントとは?】

  • 変速機
  • ブレーキ
  • シフター
  • クランク など

コンポーネントのメーカーで、もっとも有名でプロ選手も愛用するのが、日本の「SHIMANO(シマノ)」の製品です。他に、イタリアの「CAMPAGNOLO(カンパニョーロ)」も有名です。

極端に低価格な製品の場合、無名メーカーのコンポーネントが使われていることがあります。ですが、安全に走って止まるための重要なパーツなので、「SHIMANO(シマノ)」や「CAMPAGNOLO(カンパニョーロ)」など、大手メーカーのコンポーネントが使われているものを選ぶことをおすすめします。

ロードバイク本体以外に必要なアイテム

山林に置かれたロードバイク

初めてロードバイクを購入する場合、ロードバイク本体以外にも必要になるものがいくつかあります。代表的なものを見ていきましょう。

ライト

夜間に市街地を自転車で走行する場合、道路交通法により前照灯(ライト)の使用が義務づけられています。ライトの色は、白色か淡黄色で、夜間に前方10メートルにある障害物を確認できる明るさが必要です。

この基準を満たすライトは、だいたい300ルーメン程度となります。そのため、購入時は300ルーメンを目安に選びましょう。

ベル

自転車は、法律上では軽車両として扱われます。そのため、「警笛鳴らせ」の道路標識に従って、警音器を鳴らす義務があります。この警音器が、自転車ではベルに当たります。

地域によっては、ベルがついていない自転車が整備不良として罰則対象になっているケースがあります。そのため、ロードバイクを購入したら、基本的にベルの装着は必須と考えましょう。

ロードバイクにおすすめのベル

盗難防止のために、鍵も必要です。ロードバイクは高価なため、盗難に遭う可能性が比較的高いので、しっかりした鍵を用意しましょう。

▼U字ロック

U字ロックは、重い代わりに頑丈です。夜間に駐輪しておくときなどは、U字ロックをおすすめします。家の中で保管できない場合は、U字ロックがあると安心です。

▼ワイヤーロック

一方で、出先でちょっとだけ駐輪する際に使うなら、安価で軽量な「ワイヤーロック」でもよいでしょう。カットされる可能性があるので、長時間の駐輪にはおすすめしません。

▼チェーンロック

U字ロックとワイヤーロックの中間的な性能なのが「チェーンロック」です。ある程度頑丈で、U字ロックよりは軽量です。どれにするか迷ったら、最初はチェーンロックを買うとよいかもしれません。

ロードバイク初心者におすすめの鍵

空気入れ

空気入れ部分アップ

自転車で快適な走行を楽しむためには、タイヤの空気圧を適切に保つことが大切です。特に、ロードバイクは指定されている空気圧が高く、こまめに空気を入れることが必要になります。

多くの自転車に使われているバルブ(空気を入れる部分)が、「英式バルブ」と呼ばれるバルブなのに対し、ロードバイクは「仏式バルブ」を使っていることがほとんどです。そのため、仏式バルブ対応の空気入れを購入するか、英式バルブからの変換アダプターが必要になります。

すでに空気入れを持っている方も、そのままでは使えないことがほとんどなので、注意しましょう。

loading

関連するキーワード

となりのカインズさんをフォローして最新情報をチェック!

  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Instagram
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

RELATED関連する記事

POPULAR人気の記事

  • Daily
  • Weekly

広告掲載について

NEWS LETTER ニュースレター

Webライター・イラストレーター募集

取材のご依頼や情報提供はこちらから