リンクをコピーしました

  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • もっと見る

自転車のサドル交換の方法【工具があれば自分でも交換できます】

スタッフ

CAINZ ライフハック

CAINZ ライフハック

CAINZ ライフハックは、ホームセンターのカインズ (カインズホーム) が提案する日常で使える便利な知恵をお届けします。すぐに実践できる便利なTIPSや情報が盛りだくさん。

自転車に乗るとき、直接体に触れる部分は、ハンドルとブレーキ、ペダル、そしてサドルの4箇所です。中でもサドルは、体重の大部分を乗せる部分のため、サドルを交換することで快適性が大きく変わります。

そしてサドルは、工具があれば自分で交換できることをご存じですか? しかも、必要な工具はひとつだけで、手順も簡単です。今回は、自転車のサドル交換の具体的な手順を中心に、サドル交換について詳しく説明していきます。

サドルを交換する理由とは?

自転車を持っている方でも、サドルを交換する人は少数派です。では、サドルを交換する必要があるのはどんなときなのでしょうか?

サドルが破れてしまった

サドルが破れてしまった自転車

長い間使っていると、サドルの表面の生地が紫外線で劣化して、破れたり、裂けたりして、中身のスポンジが出てきてしまうことがあります。

そうすると、座り心地が悪くなりますし、サドルの中に雨が染み込んでしまって、座ったらお尻が濡れてしまった…ということにもなり兼ねません。

サドルの表面の生地が破けてしまったら、サドルを早めに交換しましょう。

座り心地の良いサドルに交換したい

雨に濡れた茶色のサドル

自転車のサドルは、自転車のタイプによって構造が異なります。

いわゆるママチャリなどの一般的な自転車は、座面の幅が広く、クッションが分厚く、さらにスプリングがついた、座り心地の柔らかいサドルがついています。

反対に、クロスバイクなどのスポーティな自転車には、脚の動きを邪魔しないよう幅が狭く、軽量化のためにスプリングがついていない、クッションの薄いサドルがついています。

見た目を気に入ってスポーティな自転車を購入したけれど、お尻が痛くて乗るのがつらい…という方もいるでしょう。そんなときは、乗り心地の柔らかいサドルに交換すると、乗りやすくなるでしょう。

軽いサドルに取り替えたい

軽量なサドル

軽さを追求するために、軽量なサドルに交換することがあります。最も多いケースは、タイムを競うロードバイクです。

また、電車などの公共交通機関を使い、自転車を旅先まで持参する「輪行」を行っている人も、軽く運びやすくするために、軽量なサドルを購入することがあります。

サドルの交換に必要な工具は?

サドルの交換に必要な道具は、六角レンチもしくは、通常のレンチです。どちらが必要かは、自転車の種類によって異なります。

六角レンチが必要なのは、スポーツバイクと呼ばれるタイプの自転車です。クロスバイクや、ロードバイクなどは基本的にこちらです。サイズは6mmが一般的です。

スポーツバイクのサドル交換におすすめの六角レンチ

一方、いわゆるママチャリなどの一般的なシティサイクルは、六角ナットで固定されています。そのため、レンチが必要です。大きさの調整ができる、モンキーレンチがあると良いでしょう。

シティサイクルのサドル交換におすすめのモンキーレンチ

サドルを交換する方法・手順

サドルの交換を自転車店でお願いする方も多いことでしょう。しかし、道具があれば自分でも交換でき、その作業も難しいものではありません。

1.ボルトを緩めてサドルを外す

サドルは、シートポスト(サドルの高さ調整をする際に上下させている支柱の部分)の上に取り付けられた、サドルクランプ(やぐら)というパーツに締め付けて固定されています。

▼シティサイクルの場合:六角ナット

いわゆるママチャリなど軽快車と呼ばれる自転車は、六角ナットで固定されているので、レンチで緩めていきます。

六角ナットのアップ

▼スポーツサイクルの場合:六角穴付ボルト

スポーツタイプの自転車の場合は、六角穴付ボルトで固定されているので、六角レンチで緩めていきます。

六角穴付ボルトのアップ

まずは、サドルクランプとサドルを固定しているボルトを6角レンチで緩めて、完全にサドルを外しましょう。

2.サドルクランプに新しいサドルを乗せて仮止めする

次に、新しいサドルをサドルクランプに乗せて、ボルトを締めます。外したときの逆の作業です。

このとき、完全にボルトを締めてしまわないように気をつけましょう。なぜなら、サドルの角度や位置の微調整が必要だから。軽めにボルトを締めて「仮止め」しましょう。

3.サドルの位置を調整する

サドル前後位置を調整する箇所

サドルの前後の前後位置を調整します。一般的には、サドルの中央にシートポストが来るように位置合わせをしますが、人によって最適なポジションが異なるので、自分が納得の行くポジションにしましょう。

サドルの角度調整

前後位置を合わせたら、角度を調整しましょう。こちらも、基本的に水平にしますが、やはり座り心地の好みには個人差があります。例えば、サドルで尿道が圧迫されやすい方は、少し前下がりにすることで、乗りやすくなります。

4.ボルトを締めてサドル交換完了

仮止めしていたボルトを、6角レンチでしっかり締めれば、サドル交換の完了です。

サドルを取り付けたら、実際に乗ってみて、問題ないことを確認します。しっくり来ないようであれば、ボルトを少し緩めて微調整しましょう。

おすすめの交換用サドル

交換用のサドルとして、おすすめのものをいくつか紹介します。定番のものやおしゃれなもの、さらに、ゲル入りで座り心地を改善してくれるサドルもありますよ。

シティサイクルにおすすめの定番サドル

カインズオリジナルの、ベーシックなシティサイクル用のサドルです。幅広の座面なので、男性に比べ骨盤の広い女性でも、安定して座れます。

丸みを帯びた形状と、しっかりしたスプリングで、お尻を優しく支えてくれるので、今のサドルが硬くて悩んでいる方におすすめです。

こちらも同じシリーズですが、ブラウンのレザー風カバーでおしゃれに仕上げています。今乗っている自転車の雰囲気を、少し変えたいときにもおすすめです。

乗り心地を重視した「ゲル入り」サドル

とにかく乗り心地を重視したい方には、こちらの「ゲル入り」のサドルがおすすめです。中に入っているゲルが、路面からの衝撃を吸収してくれるので、長時間乗ってもお尻が痛くなりにくくなっています。

少々価格が高くなりますが、毎日乗る方にとっては十分価値のある買い物になるはずですよ。

ゲル入りサドルのスポーツタイプ

ゲル入りサドルのスポーツタイプ。シティサイクル用は柔らかいサドルが多く販売されていますが、スポーツサイクル用では少なく貴重です。

スプリングはついていませんが、押すと指が沈み込むほどクッションがあって柔らかく、一般的なスポーツサイクル用の硬いサドルに比べると、かなりラクになります。クロスバイクなどで長距離を走りたい方にもおすすめです。

loading

関連するキーワード

となりのカインズさんをフォローして最新情報をチェック!

  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Instagram
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

RELATED関連する記事

POPULAR人気の記事

  • Daily
  • Weekly

広告掲載について

NEWS LETTER ニュースレター

Webライター・イラストレーター募集

取材のご依頼や情報提供はこちらから