リンクをコピーしました

  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • もっと見る

ぼかし肥料とは? 使い方や作り方、おすすめの材料を紹介します

スタッフ

PR

株式会社カインズ グリーン・ガーデン部【公式】

株式会社カインズ グリーン・ガーデン部【公式】

ホームセンター・カインズのグリーン・ガーデン部が、お花・野菜・観葉植物・多肉植物・家庭菜園・庭造り・畑作りなどに関する専門知識や栽培方法、ノウハウなどを解説します。

作物を栽培するには肥料が欠かせません。とはいえ、化成肥料は安全面でちょっと心配……という方も多いのではないでしょうか。

そんな方におすすめしたいのが、有機肥料をベースに手作りした安全な肥料「ぼかし肥料」です。このページでは、ぼかし肥料のメリットや作り方を詳しく解説していきますので、この記事を参考に自作肥料にチャレンジしてみませんか。

ぼかし肥料とは?

ぼかし肥料の特徴・効果

米ぬかや油かす、魚かすなどの有機肥料と土を混ぜ合わせて発酵させたものを「ぼかし肥料」といいます。決まった作り方はなく、有機肥料であればどんなものでもぼかし肥料として使うことができます。

ぼかし肥料の大きな特徴は「発酵済み」ということです。そのため、作物の根を傷めるアンモニアガスや発酵熱の心配が少なく、使い過ぎに注意すれば初心者でも扱いやすい肥料といえます。

また、通常の有機肥料よりも効き目が早く、効果が長持ちするという特徴から、家庭菜園からプロの農家まで幅広く使われています。

「化成肥料は使いたくない」「有機肥料は効果が出るまで時間がかかりすぎる」という方におすすめの肥料です。

ぼかし肥料の成分

一般的なぼかし肥料の成分は、窒素3%・リン酸5%・カリ1%ほどといわれています。

しかし、ぼかし肥料は原料に何をどのくらい配合するかによって成分が変わってくるため、作り手によって成分はまちまちです。

例えば、窒素の含有量が少ない「米ぬか」をベースに使えば、できあがるぼかし肥料も窒素の含有率が低くなります。

ぼかし肥料を作るときは、作物が必要とする栄養をバランスよく配合するよう心がけましょう。

ぼかし肥料を使うメリット

ぼかし肥料のメリットは、自分で肥料を作るため、成分調整が自由に行えることです。

例えば、窒素を多く必要とするキャベツなどの葉菜類には、窒素分を多く含む油かすをベースにぼかし肥料を作ります。また、リン酸を多く必要とするトマトやナスなどの根菜類には、リン酸が豊富な骨粉をベースにぼかし肥料を作ります。

また、ぼかし肥料は肥料の効果が長く続くというメリットがあります。肥料効果が長い有機肥料をベースに作るので、ぼかし肥料の肥料効果は必然的に長くなります。

ぼかし肥料の使い方

ぼかし肥料の使い方

元肥として

ぼかし肥料は元肥として使うことができます。特に、完熟のぼかし肥料は散布後すぐに植え付けができ、急いで植え付けをしたい場合には最適な肥料といえます。

ただ、窒素を多く含んでいるため撒き過ぎには注意が必要です。作物は窒素過剰になると、葉っぱばかりがたくさん茂り、実付きが悪くなります。また病害虫が発生しやすくなり、結果的に収穫量の減少につながります。

元肥として使う場合は、化成肥料の規定量の半分程度を目安に散布しましょう。また、散布後は土に軽くすき込む程度で大丈夫です。あまり深くまで混ぜ込む必要はありません。

追肥として

ぼかし肥料に最も適しているのは、追肥として使う方法です。その理由は、即効性があり窒素が豊富に含まれているためです。

ぼかし肥料は散布後、数日中に肥料効果が現れはじめ、約2週間で6割の窒素を土の中に放出します。放出された窒素は作物がすぐに吸収できる状態のため、効率よく栄養として蓄えられるのです。

ただ、あまりにも即効性があるので、元肥と同じように肥料過剰になりやすいという欠点もあります。追肥として使う場合は、作物に触れないように土の表面に軽く撒くだけで十分な効果が期待できます。

短期間で作れる「好気性発酵」のぼかし肥料の作り方

「好気性発酵」のぼかし肥料の作り方

ぼかし肥料には、空気に触れさせて発酵を促す「好気性発酵」と、空気には触れさせずに発酵を行う「嫌気性発酵」の2種類があります。

好気性発酵は、少し手間はかかりますが短期間で完成するのが特徴で、嫌気性発酵は完成までに数ヶ月の時間がかかります。

ここでは、短期間で完成する「好気性発酵」でのぼかし肥料の作り方をご紹介します。

ポリバケツで作る方法

【用意するもの】

  • フタ付きのポリバケツ
  • 米ぬか
  • 菜種油かす
  • 乾燥鶏ふん
  • もみ殻くん炭
  • 畑の土

【手順】

  1. ポリバケツにすべての材料を入れ、よく混ぜ合わせる。
    (米ぬか10・油かす5・鶏ふん1・もみ殻くん炭1・畑の土1の割合で入れる)
  2. 水を入れていく。
    (手で握ると軽く固まるが簡単に崩れるくらいの固さになるように、少しずつ水を加える)
  3. フタをして、毎日1回よくかき混ぜる。
  4. 水分が少なくなってきたら水を足し固さを保つ。
  5. 発酵熱の温度が40℃くらいを保つようにする。
    (40℃を超える場合はよくかき混ぜると温度が下がります)
  6. 1ヶ月ほどで発酵熱と水分がなくなったら、よく乾燥させて完成。

ペットボトルで作る方法

【用意するもの】

  • 2Lのペットボトル(すぼまっている部分はカットする)
  • 米ぬか
  • 納豆
  • ガーゼ

【手順】

  1. ペットボトルに少量の水を入れ、納豆を混ぜ合わせる。
  2. 1に米ぬかを入れ、手で握ると軽く固まるくらいまで水を足していく。
  3. ペットボトルの上部をガーゼで覆い輪ゴムで止める。
  4. 1日に1回かき混ぜ、3〜4週間で完成。

ビニール袋で作る方法

【用意するもの】

  • 厚手のビニール袋
  • 米ぬか
  • 納豆
  • ヨーグルト
  • もみ殻
  • ドライイースト

【手順】

  1. すべての材料を容器に入れ混ぜ合わせる。
    (納豆1パック・ヨーグルト大さじ3・ドライイースト小さじ2・米ぬかともみ殻は作りたい分だけ使ってください)
  2. 水を入れていく。
    (手で握ると軽く固まるが簡単に崩れるくらいの固さになるように、少しずつ水を加える)
  3. ビニール袋に移し口をしばり、毎日1回よくかき混ぜる。
  4. 水分が少なくなってきたら水を足し固さを保つ。
  5. 1ヶ月ほどで発酵熱と水分がなくなったら、よく乾燥させて完成。

※発酵中は50℃〜60℃ほどになります。ヤケドに注意してください。
※発酵が進むと白カビが発生しますが、よい菌ですのでそのまま続けてください。

ぼかし肥料作りにおすすめの材料

ぼかし肥料作りにおすすめの材料

米ぬか

玄米の表面を削ったときにでる粉や胚芽のことを米ぬかといいます。入手が簡単で栄養も豊富に含まれている資材です。ぼかし肥料の発酵剤として多く使われます。

オカラ

大豆から豆腐を作る際、豆乳を絞ったあとにでるカスがオカラです。窒素が多くリン酸は少ないのが特徴で、微生物に分解されやすい性質を持っています。米ぬかと同じく発酵剤として使われます。

コーヒーの出がらし

コーヒーを淹れたあとに残るカスです。香りが良く脱臭効果があります。コーヒーの出がらしは、米ぬかやオカラとよく混ぜて発酵させてから使うのがポイントです。

油かす

種や大豆の油を絞ったあとに残るカスです。窒素分が多く効き目がゆっくりなので、さまざまな作物に使用できます。発酵前は強い匂いがしますが、ぼかし肥料にすると匂いはほとんどしません。

骨粉

動物の骨を砕いて加熱処理した有機肥料です。リン酸を豊富に含むため、リン酸を多く必要とする根菜類のぼかし肥料のベースとして使われます。

鶏ふん

鶏のフンから作り出された有機肥料です。化成肥料と同じくらいの肥料効果と即効性があり、元肥でも追肥でも使用できます。ぼかし肥料として使う際は乾燥鶏ふんを使うのが一般的です。

魚かす

魚を乾燥させて粉末状に砕いた有機肥料です。窒素とリン酸を多く含んでいるため、実を収穫する作物に多く使われます。カリはほとんど含まれていないので、ぼかし肥料を作るときは草木灰などと一緒に使います。

【注意】油や貝類は入れると失敗しやすくなる

ぼかし肥料は生ゴミを使って作ることがありますが、そのときに油物を入れすぎてしまうと悪臭が発生し失敗の原因となります。

また、貝類は入れても大丈夫ですが、大きいままだと分解に時間がかかり、発酵の妨げになってしまいます。

油物の入れ過ぎに注意し、貝類は細かく砕いてから使用しましょう。

まとめ

ぼかし肥料の使い方や作り方、おすすめの材料についてご紹介しました。

ぼかし肥料は、即効性と肥料効果をあわせ持った優秀な肥料です。作物に合わせて成分を調整するのは難しく感じるかもしれませんが、より安全に美味しい野菜を作りたい方はぜひ取り入れてみてくださいね。

loading

関連するキーワード

となりのカインズさんをフォローして最新情報をチェック!

  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Instagram
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

RELATED関連する記事

POPULAR人気の記事

  • Daily
  • Weekly

広告掲載について

NEWS LETTER ニュースレター

Webライター・イラストレーター募集

取材のご依頼や情報提供はこちらから