リンクをコピーしました

  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • もっと見る

ハダニの駆除方法は? 予防と対策も紹介します

スタッフ

株式会社カインズ グリーン・ガーデン部【公式】

株式会社カインズ グリーン・ガーデン部【公式】

ホームセンター・カインズのグリーン・ガーデン部が、お花・野菜・観葉植物・多肉植物・家庭菜園・庭造り・畑作りなどに関する専門知識や栽培方法、ノウハウなどを解説します。

植物の葉裏に群生するハダニ。とても小さい害虫で、注意して見ないとなかなか見つけられません。繁殖力も高いため、放っておくと株全体に広がり、近くの植物にも寄生してしまいます。植物を守るためには、ハダニの徹底的な駆除が欠かせません。

この記事では、ハダニの駆除方法について紹介します。ハダニがつきやすい植物や、発生させないための予防と対策についても触れていきますので、ぜひ参考にしてください。

ハダニはどんな害虫?

ハダニの特徴と発生原因

ハダニはクモの仲間です。大きさは0.3〜0.5mmほどと小さく、肉眼では発見しにくい害虫です。あたたかく乾燥した環境を好み、3~10月頃に数を増やします。水が苦手なので、雨が降ると少なくなりますが、梅雨明けから夏にかけて大量発生します。

日本には約70種ほど存在していると言われています。代表的なのは、ナミハダニやカンザワハダニ、ミカンハダニなどです。赤色のハダニをまとめて「赤ダニ」と呼ぶこともあります。

ハダニは繁殖力が高く、短期間で爆発的に増えます。さらに糸を出して風に乗って移動するため、対策してもどこかから飛んできてしまいます。完全に駆除するのは困難ですが、放っておくと大きな被害を受ける厄介な害虫です。根気よく駆除し続けましょう。

ハダニが及ぼす被害

ハダニは葉裏について植物の液を吸います。被害にあった葉は葉緑素が抜けて光合成ができなくなり、うまく育ちません。そのまま放っておくと株全体に広がり、枯死してしまうおそれも。花を吸汁するハダニもいて、見た目や開花期間に悪影響を及ぼします。

ハダニが発生しやすい植物

野菜や花に限らず、樹木や花木、果樹など数多くの植物に発生します。植物に合わせて適切な対策をとりましょう。

リンゴ、ナシ、柑橘類の果樹や、きゅうり、ナス、ピーマンなどの野菜に発生しやすいです。他にも、イチゴやバラ、キンモクセイなども被害にあいます。日ごろから植物をよく観察して、ハダニの発生を見逃さないようにしましょう。

ハダニの駆除方法

ハダニの駆除方法

葉水する

ハダニは葉水で撃退できます。霧吹きなどを使い、植物全体に水をかけましょう。特に葉裏には念入りに吹きかけてください。頻度は1日に1回で十分ですが、乾燥する時期は1日に2回行ってもよいです。

梅雨明けの雨が少なくなる時期や、室内で栽培している植物は被害が進行しやすいため注意が必要です。よく植物を観察し、ハダニを見つけたら数が増える前に駆除しましょう。

なかには葉水が向かない植物もあります。例えばセントポーリアがそうです。葉の産毛に水滴が乗ったまま日光に当てると、葉焼けしてしまいます。他にも、湿気や蒸れに弱い植物もあるので、葉水する前によく確認しましょう。

水+α(牛乳・コーヒー・木酢液)をスプレーする

牛乳、コーヒー、木酢液を水で薄めたものを吹きかけると、ハダニを駆除できます。

牛乳と水を1:1の比率で薄め、霧吹きなどで吹きかけるとハダニは窒息します。特に葉裏には念入りに吹きかけましょう。かけた牛乳をそのままにしておくと悪臭が発生するため、後日水で洗い流してください。

コーヒーに含まれるカフェインが、ハダニに効果があると言われています。コーヒーを使うときのポイントは、飲用よりも濃い濃度であること。濃度が薄いと効果も低くなります。牛乳の方がよく効きますが、牛乳と違って悪臭を発さないのが利点です。

木酢液も有効です。木酢液とは、木炭を作るときに出た煙を液体にしたものです。濃すぎると植物への影響が懸念されるため、100倍以上に薄めて使います。防虫効果の他にも、土壌の微生物を活性化させる効果もありますよ。ホームセンターや園芸店、通販などで手に入ります。

少数ならテープで取り除いてもOK

まだ少ないうちは、テープで取り除いてもいいです。ガムテープやセロハンテープなど、粘着性のあるテープで葉から剥がします。ただ、葉の柔らかい植物に粘着力の強いテープを使うと、葉を傷つけてしまうので注意が必要です。

大量発生したら駆除剤を使う

ハダニが大量発生してしまったときは、駆除剤を使いましょう。ハダニに効く薬剤を、葉裏を中心にしっかりスプレーします。

ハダニは薬剤に対する抵抗を持ちやすく、同じ駆除剤を使い続けると効果が薄れてしまいます。連用は避け、複数の駆除剤を使うとよいでしょう。

ハダニの駆除におすすめの薬剤

ハダニの予防と対策

ハダニの予防と対策

予防にも葉水が効果的

葉水は駆除にも有効な方法ですが、ハダニの発生も防いでくれます。ハダニは水を嫌うため、普段から水を吹きかけると寄り付かなくなります。植物の様子を見ながら、1日に1〜2回ほどの頻度で葉水を行いましょう。

定期的に薬剤を散布

定期的な散布も予防に効果的です。ただ1種類の薬剤のみを使い続けると、その薬剤に耐性がついて効果が薄れてしまいます。薬剤は複数用意し、ローテーションして使うとよいでしょう。

ハダニの天敵を利用する

ハダニの天敵を利用するのもよい手です。カブリダニやケシハネカクシ、テントウムシなどが植物についたときは、駆除せず放飼しましょう。天敵がいる植物にハダニは寄り付きませんし、もし寄生しても食べてくれるので安心です。

酢や重曹による駆除の効果は…?

インターネットでは、ハダニの駆除方法として酢や重曹を使用した方法が紹介されていることがあります。

しかし、酢や重曹によるハダニの駆除効果は、現状、化学的には効果が解明されていないようです。ただ、他の病害虫への対策としてよく使用されており、ハダニにも試してみる価値はありそうです。

まとめ

ハダニは爆発的に増える害虫です。見つけ次第駆除しましょう。水に弱いので、葉水の効果は高いです。牛乳やコーヒー、木酢液を水に混ぜて吹きかけるのもよい方法です。少数のうちはテープで取り除けますが、大量発生したら素直に駆除剤を使いましょう。

ハダニを発生させないために、予防と対策も行いましょう。毎日1〜2回ほど葉水をしたり、定期的に薬剤を散布します。ハダニの天敵を利用するのもひとつの手です。

ハダニはとても厄介な害虫ですが、根気よく対策すれば駆除できます。早期発見するほど被害が少なくなりますので、見つけたらすぐ駆除しましょう。

loading

関連するキーワード

となりのカインズさんをフォローして最新情報をチェック!

  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Instagram
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

RELATED関連する記事

POPULAR人気の記事

  • Daily
  • Weekly

広告掲載について

NEWS LETTER ニュースレター

Webライター・イラストレーター募集

取材のご依頼や情報提供はこちらから