リンクをコピーしました

  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • もっと見る

初心者にもできるモロヘイヤの育て方・栽培方法【解説動画付き】

調べてみた

カインズ How to 園芸編

カインズ How to 園芸編

カインズ・スタッフ自らが実践した情報満載。動画で見る「カインズ How to」の園芸関連のコンテンツを文字起こししています。

モロヘイヤについて

モロヘイヤ 詳細

モロヘイヤはアラビア語で「王家のもの」という意味があり、エジプトなどで古くから食べられている野菜です。葉物野菜の作りづらい夏期に栽培でき、葉の部分を食用としたビタミン・ミネラル類が豊富に含まれている代表的な緑黄色野菜で、味噌汁の具やおひたしなど様々な食べ方が楽しめます。

モロヘイヤの栄養素

モロヘイヤの葉とお浸し

モロヘイヤには高抗酸化ビタミンの代表といえるビタミンA、ビタミンC、ビタミンEが多く含まれていて、野菜の中でもトップクラスの含有量を誇ります。紫外線からお肌を守ったり、シミ・シワ・乾燥なども予防する、美肌作りに欠かせない野菜です。血管の老化を防ぎ、風邪予防にも効果が期待できます。

また、日本人に不足しがちなカルシウムも多く含んでおり、ストレスを軽減させる効果があるとされています。他にも代謝をサポートするビタミンB1・B2、女性に嬉しい鉄分や食物繊維も豊富。葉を刻むと出てくるねばり成分にはコレステロールの吸収を抑える作用もあり、「緑黄色の王様」「奇跡の野菜」などと呼ばれるほど栄養価が高い野菜として知られています。

モロヘイヤの栽培に必要なもの

ポットに入った新芽

  • モロヘイヤの種…1つのポットに5〜6粒
  • ポット…育てたい量と同数を用意
  • ポットを入れるケース…ポットの数に合わせたもの
  • 新聞紙…ケースの大きさに合わせて数枚
  • 苦土石灰…1㎡あたり100g(コップ1杯くらい)
  • たい肥…1㎡あたり2kg(バケツ2杯くらい)
  • 化成肥料…1㎡あたり70g(コップ1杯くらい)
  • 支柱…育てたい量に合わせて用意

 

モロヘイヤの栽培時期について

モロヘイヤ 収穫期

例年5〜6月に種を蒔き、6〜10月までに収穫します。発芽温度は25℃位、寒さには強くない野菜なので、夏場に育てて収穫してしまいましょう。

モロヘイヤの栽培方法・育て方

モロヘイヤの育て方 気温25℃位で種を蒔く

気温が25℃くらいになったら、ポットに種を5~6粒ほど蒔き、その上から土を2~3ミリほど薄くかぶせます。

モロヘイヤの育て方 乾燥させないようにする

モロヘイヤは、気温が低いとなかなか発芽してくれません。芽が出るまでは、新聞紙をかぶせて乾燥しないように水を与え、暖かく管理しましょう。

モロヘイヤの育て方 間引く

ポット内で本葉(ふた葉の後に生える葉のこと)が出てきたら、苗を3本に間引きします。

モロヘイヤの育て方 さらに間引く

さらに本葉が3~4枚の頃に間引きを行い、苗を1本にします。

モロヘイヤの育て方 肥料

畑の肥料は1平方メートル当たり最初に、苦土石灰100g(コップ1杯くらい)、たい肥2キログラム(バケツ2杯くらい)、化成肥料70g (コップ1杯くらい)を土に入れ、よく耕しておきましょう。

モロヘイヤの育て方 畑に移す

苗の高さが15cmくらいになったら、30~40cmくらいの間隔で畑に移して植えていきます。

モロヘイヤの育て方 支柱をたてる

風が強いところでは支柱を立てて、倒されないように固定しましょう。

モロヘイヤの育て方 茎の先を摘む

株の高さが40~50cmくらいになったら、中心の茎の先っぽを摘み取りましょう。

モロヘイヤの育て方 わきの枝に栄養が行く

高さが伸びなくなる分、わきの枝に栄養が行くので、収穫の量が多くなります。

モロヘイヤの育て方 葉を収穫

その後は枝先を手で摘み取って、葉を収穫していきましょう。ぐんぐん生長し続けるので、こまめに収穫することをおすすめします。

モロヘイヤの育て方 花が咲くまで収穫可能

花が咲く時期までは収穫し続けることができます。また、夏が過ぎると葉も固くなり始めてしまうので、注意が必要です。

モロヘイヤの栽培方法・育て方のポイント

収穫したモロヘイヤ

日当たりがよく風通しのよい場所に置いて育てましょう。発芽には温度管理が大切になるため、種蒔きの時期を逃さないようにするのもポイント。気温がなかなか上がらない場合は、苗から育てるのもおすすめです。

また、モロヘイヤの種には「ストロファンチジン」という毒が含まれています。収穫の際に食べてしまわないように気をつけましょう。

モロヘイヤの栽培方法・育て方の注意点Q&A

畑のモロヘイヤ

Q. 気をつけるべき病気や害虫はいますか?

A. モロヘイヤは丈夫で作りやすい野菜のため、病気はかかりにくいとされています。しかしハダニとコガネムシなどの害虫が葉を食べてしまうため、日頃から風通しをよくし、茎葉を減らすことで害虫の温床になるのを防ぎます。収穫期はどんどん収穫していきましょう。

Q. 茎も食べられますか?

A. 家庭菜園で育てたモロヘイヤの茎は、毒性が含まれているかどうかの判断が難しいので、食べるのはやめましょう。スーパーなどで野菜として売られている茎は、安心して食べることができます。

Q. 水やりはどれくらいの頻度であげればいいですか?

A. モロヘイヤは乾燥に強い野菜ですが、乾燥状態が長く続くと茎葉が固くなります。夏場は土がよく乾燥するので、たっぷりと水をあげてください。

モロヘイヤの栽培方法・育て方の解説動画

「奇跡の野菜」と呼ばれるほど栄養価が高いモロヘイヤを、ぜひご家庭で栽培し、摘みたてをいただきましょう。

loading

関連するキーワード

となりのカインズさんをフォローして最新情報をチェック!

  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Instagram
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

RELATED関連する記事

POPULAR人気の記事

  • Daily
  • Weekly

広告掲載について

NEWS LETTER ニュースレター

Webライター・イラストレーター募集

取材のご依頼や情報提供はこちらから