リンクをコピーしました

  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • もっと見る

初心者にもできるカボチャの育て方・栽培方法【解説動画付き】

調べてみた

カインズ How to 園芸編

カインズ How to 園芸編

カインズ・スタッフ自らが実践した情報満載。動画で見る「カインズ How to」の園芸関連のコンテンツを文字起こししています。

カボチャについて

カボチャの育て方 カボチャとは

カボチャは昔から主食的な食品として重宝されてきました。そして最近は煮物に限らず、様々な調理法が工夫されています。栗のように甘い味が特徴。

カボチャの栄養素

カボチャの栄養素

カボチャは、ベータカロテンがたくさん含まれている栄養満点の緑黄色野菜です。ビタミンA、ビタミンC、ビタミンEなども多く含まれていて、免疫力向上や抗酸化作用が期待できます。カリウムも含まれており、むくみ改善効果もあり。また、食物繊維も豊富なので、便秘解消にもぴったりの野菜です。

カボチャの栽培に必要なもの

カボチャの栽培に必要なもの

  • カボチャの種…間引きを行うため、育てたい量より多めに用意
  • ビニールポット…育てたい量と同数を用意
  • ホットキャップ…苗を保温したい場合に用意
  • 苦土石灰…1㎡あたり100g(コップ1杯くらい)
  • たい肥…1㎡あたり2kg(バケツ2杯くらい)
  • 化成肥料…1㎡あたり50g(コップ半分くらい)
  • ハサミ

カボチャの栽培時期について

カボチャの育て方 栽培時期

種は3〜6月中旬頃にまき、6〜10月下旬頃に収穫します。家庭菜園にもおすすめですが、ツルが広がって場所をとるため、育てるときは畑の面積を十分に確保しておきましょう。

事前準備のポイント

カボチャは日当たりをよくしておけばどんどん成長し、初めての栽培でも作りやすい野菜です。土質も選びませんが、水はけが悪いと病気になりやすいため、水はけの良い環境で育てるようにしましょう。

カボチャの栽培方法・育て方

カボチャの育て方 ビニールポットに種をまく

気温が25℃くらいになったら種をまきます。目安としては、直径15cmくらいの大きさのビニールポットに種を2粒ほどまいて、その上から土を5mm~1cmほどかぶせます。

カボチャの育て方 乾燥に気を付ける

芽が出るまで、土を乾燥させないように気をつけましょう。ただし夜に水分が多いと徒長(茎が伸び過ぎてしまうこと)の原因になるため、水やりは朝に行いましょう。

カボチャの育て方 4月は畑に種まき

4月頃になったら種を畑に直接まくこともできます。その場合はホットキャップをかぶせれば、苗を温かく管理できます。

カボチャの育て方 キャップを外す

3週間ほどたったら、元気の良い苗を1本残してキャップをはずしましょう。

カボチャの育て方 肥料を入れ耕す

肥料は、あらかじめ1㎡あたり、苦土石灰100g(コップ1杯くらい)、たい肥2kg(バケツ2杯くらい)、化成肥料50g(コップ半分くらい)を土に入れ、よく耕しておきます。

カボチャの育て方 周りの土を高くする

植えたときに、周りの土がやや高くなるようにし、苗がぐらつかないように固めておきましょう。

カボチャの育て方 受粉

カボチャは受粉しないと果実が肥大しないため、確実に着果させるためには人工的に受粉させてあげる必要があります。受粉作業は、雄花の花粉を雌花に直接こすりつけます。

カボチャの育て方 早朝に行う

時間がたつと花粉の出が悪くなるので、朝早くから行いましょう。

カボチャの育て方 雌花

花の下に丸い実がある方が雌花です。

カボチャの育て方 収穫

受粉作業をしてから、45~50日頃が収穫の目安です。爪が食い込まないくらいの実の固さであることと、果梗(首の部分)が茶色くコルク状態になっていることを確認し、ハサミで切って収穫しましょう。

カボチャの育て方 収穫したら乾かす

収穫したら1週間ほど日に当てて、乾かしておきましょう。収穫からしばらく時間を置くと、追熟して糖度が高くなりますよ。

カボチャの栽培方法・育て方のポイント

カボチャ栽培のポイント

カボチャの花が咲く時期は虫も少なく、自然受粉する可能性が低いです。確実に実をつけるために、受粉作業を行いましょう。

カボチャの栽培方法・育て方の注意点Q&A

カボチャの育て方について知っておきたいQ&A

Q. 病害虫対策はどうしたらいいですか?

A. カボチャは病害虫が少なく、大変つくりやすい作物ですが、葉っぱの表面に白いカビが生える「うどんこ病」には注意が必要です。乾燥が続く日は水やりをこまめに行い、日当たりを良くして予防しましょう。

Q. 向きが横になっているカボチャはそのままでいいのでしょうか?

A. カボチャは日に当たらないと色がつきにくいため、そのままでは色むらがでる可能性があります。収穫10日前くらいに横になっている玉を上にして、まんべんなく日光を浴びさせましょう。

Q. 畑が大きくないとカボチャ栽培は無理でしょうか?

A. 畑のスペースを確保できない場合はミニカボチャを選び、支柱などに誘引する立体栽培で育てるといいでしょう。地這いで育てるよりも風通しと日当たりがよいため、病気にかかりにくいというメリットもあります。

関連商品をカインズオンラインショップで探す

住友化学園芸 パンチョTF顆粒水和剤 0.5gx10

朝日 堆肥入り化成肥料 500g

苗キャップ

カボチャの栽培手順を動画で見る

実は育てるのが簡単で初心者向きのカボチャ。甘くておいしいカボチャをぜひおうちで育ててみましょう。

loading

関連するキーワード

となりのカインズさんをフォローして最新情報をチェック!

  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Instagram
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

RELATED関連する記事

POPULAR人気の記事

  • Daily
  • Weekly

広告掲載について

NEWS LETTER ニュースレター

Webライター・イラストレーター募集

取材のご依頼や情報提供はこちらから