リンクをコピーしました

  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • もっと見る

初心者にもできるホウレンソウの育て方・栽培方法【解説動画付き】

ユーザー

カインズ How to 園芸編

カインズ How to 園芸編

カインズ・スタッフ自らが実践した情報満載。動画で見る「カインズ How to」の園芸関連のコンテンツを文字起こししています。

ホウレンソウについて

ホウレンソウの育て方 ホウレンソウ

ホウレンソウは、300年前に中国から入ってきた東洋の品種と、明治になって欧米から入ってきた西洋の品種に分かれます。東洋の品種は葉先がとがって切れ込みがあり、西洋の品種は葉先が丸くなっているのが特徴です。

葉が柔らかくてきれいな色味のホウレンソウは、お浸しやスープ、炒め物などいろいろな調理方法が楽しめます。特に旬を迎える冬のホウレンソウは色が濃くなり、甘みも増しておいしくなります。

ホウレンソウの栄養素

ボールに入ったホウレンソウ

ホウレンソウは特に栄養が豊富な緑黄色野菜です。ビタミンやミネラルなどをバランスよく含んでいるため、健康的な食事に是非取り入れたい食材ですね。

特に注目したいのは鉄分で、牛レバーと同じくらい含まれています。貧血予防や疲れ、イキイキとしたお肌作りには欠かせない栄養素です。そのままでは吸収されにくいため、ビタミンCやタンパク質を含む食品と一緒に食べるのがおすすめ。

他にも抗酸化作用の高いβカロテンが豊富で、免疫力の向上やお肌の乾燥を防ぐ働きも期待できます。特に冬のホウレンソウに多く含まれているので、旬の時期においしくいただくのもおすすめですよ。

ホウレンソウの栽培に必要なもの

ホウレンソウの新芽

  • ホウレンソウの種…育てたい量と同数を用意
  • プランター(直径50cm、深さ25cm前後のもの)…畑で栽培しない場合のみ用意
  • 鉢植え(10号以上のもの)…畑で栽培しない場合のみ用意
  • 苦土石灰…1㎡あたり150g(コップ1杯半くらい)
  • たい肥…1㎡あたり2.5kg(バケツ2杯半くらい)
  • 化成肥料…1㎡あたり100g(コップ1杯くらい)
  • ガーゼ
  • ハサミ

事前準備のポイント

ホウレンソウの新芽2

ホウレンソウは畑だけでなく、鉢植えやプランターでも栽培可能です。鉢植えは10号以上のもの、プランターは直径50cm前後のものを選び、深さは25cm程度あるものを用意するといいでしょう。

ホウレンソウの栽培時期について

ホウレンソウの育て方 栽培時期

涼しい気候を好み、23~25℃以上になると生育が鈍ります。寒さによって甘みが増すこともあるので、初めての栽培には秋まきがおすすめです。

ホウレンソウの栽培方法・育て方

ホウレンソウの育て方 芽が出る温度低い

ホウレンソウの芽が出る温度は15~20℃くらいと低いので、暑い時は芽を出すための手助けをしてから種をまくと良いでしょう。

ホウレンソウの育て方 ガーゼに包み水につける

ガーゼで種を包んだら、ひと晩水につけて、水を捨てて2~3日冷蔵庫に置きます。

ホウレンソウの育て方 芽が出てくる

すると、種から芽が出てくるので、それを畑にまきましょう。表皮を取り除いた種子や、特殊処理された「プライマックス種子」などの場合は、この処理は不要です。

ホウレンソウの育て方 種をまく

気温が20℃くらいになったら、畑に直接種をまきます。

ホウレンソウの育て方 肥料

肥料はあらかじめ1㎡あたり、苦土石灰150g(コップ1杯半くらい)、たい肥2.5kg(バケツ2杯半くらい)、化成肥料100g(コップ1杯くらい)を土に入れ、よく耕しておきます。

ホウレンソウの育て方 土をかぶせる

種をまいたら、その上から土を1cmほどかぶせます。ホウレンソウは乾燥が苦手なので、水はしっかりあげましょう。

ホウレンソウの育て方 間引く

芽が出たら、本葉が1枚の頃に3~4cm間隔に間引きし、最終的には株と株の間を5~6cmにします。間引きは一度にやろうとせずに、生育に応じて、混んでいるところを中心に少しずつ行います。

ホウレンソウの育て方 大きく育てて収穫

株の高さが25cmくらいになったら収穫のタイミング。残った株を傷めないためにも、抜き取らずにハサミなどで根元を切って収穫しましょう。ホウレンソウは早めに収穫するよりも、ある程度大きく育てたほうがおいしくなり、栄養も増えます。

ホウレンソウの育て方 寒さに強い

寒さに強いので、北風を避けるなどして管理してやれば、真冬でも柔らかでおいしいホウレンソウを作ることができます。

ホウレンソウの栽培方法・育て方のポイント

新鮮なホウレンソウ

ホウレンソウは植え替えを嫌うので、種を直接、畑やプランターにまきましょう。栄養満点で、和食にも洋食にも使える便利なホウレンソウを、家庭菜園で楽しみながら育ててくださいね。

ホウレンソウの栽培方法・育て方の注意点Q&A

ホウレンソウの苗

Q. 気をつけておくべき病害虫はありますか?

A. アブラムシネキリムシヨウトウムシなどが発生しやすい野菜です。葉に虫食い穴や斑点を見つけた場合は取り除き、殺虫剤などで駆除しましょう。病気は炭疽病うどんこ病にかかりやすいため、間引きなどをして、普段から風通しをよく保つことが大切です。

Q. 間引きのポイントを教えてください。

A. 間引きで取り除くのは、主に生育の遅いものや葉形の悪いもの。葉と葉が重なり合わないようにしながら、思い切って間引くといいでしょう。

Q. 春まきの場合、何か気をつけることはありますか?

A. 梅雨などに雨にあたる日が続くと、根腐れや病気の原因になります。トンネル支柱にビニールを覆うなど、畑の雨よけをして対策しましょう。

関連商品をカインズオンラインショップで探す

サカタのタネ おてがるほうれん草ソロモン

タネのタキイ ぐんぐん育つ!極早生ほうれん草 トライ

サカタのタネ まき時期なが~いほうれん草ジャスティス

ホウレンソウの栽培方法・育て方の解説動画

栄養満点でおいしいホウレンソウを新鮮なうちに自宅で食べられるよう、是非ホウレンソウの栽培に挑戦してみてくださいね!

loading

関連するキーワード

となりのカインズさんをフォローして最新情報をチェック!

  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Instagram
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

RELATED関連する記事

POPULAR人気の記事

  • Daily
  • Weekly

広告掲載について

NEWS LETTER ニュースレター

Webライター・イラストレーター募集

取材のご依頼や情報提供はこちらから