リンクをコピーしました

  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • もっと見る

圧倒的女性人気! メダカワールドに聞くダルマメダカの人気の種類!!

ユーザー

メダカワールド

メダカワールド

埼玉県飯能市で品種改良メダカの繁殖・販売をしているメダカワールド。 紅灯(べにあかり)や愛染(あいぜん)といったオリジナル品種を作出したことでも有名です。オリジナルの餌や網をはじめ、ミジンコやゾウリムシなども販売しています。

女性から圧倒的な人気を集めるダルマ。チヂミメダカとも呼ばれ、その名の通り体が短く、ヒレを懸命に動かしながらゆらゆら泳ぐ姿が愛らしいメダカです。

普通体型とダルマの中間に、半ダルマやショートと呼ばれる個体も存在。とても奥の深いメダカです。

ダルマは、どの品種からでも突然変異によって生まれてくるため、さまざまな種類があり、そのバリエーションの多さからダルマだけを飼育する愛好家も少なくありません。

さて、そんなダルマメダカと聞いて、多くのメダカ愛好家たちが思い浮かべるメダカ専門店があります。
メダカワールド

 

埼玉県飯能市にあるメダカワールドです。

メダカワールドのダルマは、数々の雑誌にも取り上げられるほどの人気ぶり。一般的なメダカ屋は、偶然生まれたメダカを販売しているのに対し、メダカワールドは、ダルマ同士を掛け合わせて累代。そのため常時、何十種類にも及ぶダルマを取り扱っています。

メダカワールド

ダルマの専用ハウスまである、まさにダルマ専門店といっても過言ではない力の入れよう!!

というわけで今回は、メダカワールドの代表、小熊孝則さんにダルマメダカの人気の種類をご紹介いただきました。

メダカワールド

ちなみに小熊さんは、平日は会社員、土日はメダカのお世話という生活を20年以上も続けているハードワーカーです。

小熊さんが命を削りながら育てているメダカは、健康的で美しい個体ばかりです。 小熊さんの健康と引き換えに元気に育ったダルマをぜひお楽しみください。

1.「ブラックダイヤ ダルマ」

ブラックダイヤ ダルマ

小熊さん

まず最初にご紹介するのは、ブラックダイヤのダルマです。写真の個体は、半ダルマに近いですが、横見も美しいメダカです。ブラックダイヤは、保護色機能を持たない全身が黒い「オロチ」と青ラメ幹之(星河)をかけて生まれた品種なので、白い容器で飼育しても体色が淡くならず、横からみたときの青ラメが目を惹きます。

ブラックダイヤ ダルマ

菊地

普通体型のオロチやブラックダイヤはかっこいいイメージでしたが、ダルマになると途端に可愛らしい印象になりますね。

2.「朱天皇(しゅてんのう)ダルマ」

朱天皇(しゅてんのう)ダルマ

小熊さん

朱天皇は、朱赤の体色をしたメダカ「楊貴妃」のヒカリ体型のダルマのことで、10年以上前から存在する歴史の長い品種。ヒカリ体型は、尾ビレがひし形になっていて、背ビレと尻ビレが同じカタチをしている体型のことです。

菊地

上下対称のヒレがキレイですね。

朱天皇(しゅてんのう)ダルマ

小熊さん

ダルマ体型なので少しわかりづらいですが、上から見たときに背中が光るのでヒカリ体型と呼ばれています。

朱天皇(しゅてんのう)ダルマ

菊地

ヒカリ体型のメダカは、やっぱり横見がかっこいいなぁ。

小熊さん

そうですね。朱天皇は、鮮やかな赤い体色とヒレがキレイに開いている個体が良いとされています。個体選びのときはぜひ参考にしてみてください。

3.「幹之(みゆき)リアルロングフィン ダルマ」

幹之(みゆき)リアルロングフィン ダルマ

小熊さん

こちらは、幹之リアルロングフィンのダルマです。体外光が頭までしっかり伸びていて、ヒレにグアニン(色素)がのることで青く光るヒレが美しいメダカです。

菊地

たしかにヒレが目を惹きますね。ダルマって言ったら体型がまるまるしていてかわいらしいイメージですが、この品種は煌びやかで上品な印象です。

幹之(みゆき)リアルロングフィン ダルマ

小熊さん

リアルロングフィンなので、全てのヒレが伸長しているのも上品に見える理由のひとつだと思います。リアルロングフィンは優性遺伝なので、子どもにも高確率で遺伝します。この品種と別の品種を掛け合わせて、品種改良に挑戦するのも面白いと思いますよ。

菊地

メダカってロングフィンとリアルロングフィンがややこしいですよね。

小熊さん

ロングフィンは背ビレと尻ビレが伸びるタイプで、リアルロングフィンは全てのヒレが伸長するタイプを指しますね。

4.「松井ヒレ長紅帝 ダルマ」

松井ヒレ長紅帝 ダルマ

小熊さん

リアルロングフィンといえば、松井ヒレ長紅帝 ダルマも人気があります。紅帝は体色がとにかく赤い品種で、世代性別問わず根強い人気のある品種ですね。

菊地

ダルマ体型のリアルロングフィンは、可愛らしさと優雅さを兼ね備えた独特の雰囲気がありますね。

小熊さん

体色を今よりもっと赤くしたいなら、天然アスタキサンチンを配合した色揚げ用の餌がおすすめです。天然アスタキサンチンは、メダカが体内で作ることのできない赤い色素を補ってくれます。体色が徐々に鮮やかな赤色に変化していく過程も楽しめると思いますよ。

5.「紅薊(べにあざみ)ダルマ」

紅薊(べにあざみ)ダルマ

小熊さん

「紅薊(べにあざみ)ダルマ」は、濃い黒体色と柿色のコントラストが目を惹く覆鱗が美しい品種です。黒容器で飼育すると柿色がさらに際立ちます。

菊地

頭にのっている柿色がめちゃくちゃかっこいいですね。

小熊さん

そうですね。頭に柿色がのっている個体は特に人気があります。

紅薊(べにあざみ)ダルマ

小熊さん

頭だけでなく、背ビレや尻ビレ、尾ビレにも柿色が入るのが「紅薊(べにあざみ)ダルマ」の特徴で横見での観賞も楽しめます。

6.「白斑青ラメダルマ(三色青ラメ系統)」

白斑青ラメダルマ(三色青ラメ系統)

小熊さん

まだ改良を進めている段階ですが、三色青ラメから出た白斑青ラメダルマも人気です。白と黒の体色にキラキラの青ラメがのっているのが特徴です。

白斑青ラメダルマ(三色青ラメ系統)

菊地

これまた美しい・・・。

小熊さん

三色系のメダカは、キレイな個体をとるために数を取らなきゃいけないので、どうしても値が張ってしまうんですよね。できることなら、いっぱい生ませて価格も安く提供したいのですが、平日の仕事も忙しくて手が回らないんです。

白斑青ラメダルマ(三色青ラメ系統)

菊地

それにしてもキレイですね。墨(黒)がしっかりのっていて、それでいてラメも輝いているという・・・同じ水槽で何匹も一緒に泳がせてみたいなぁ。

白斑青ラメダルマ(三色青ラメ系統)

菊地

今までダルマに興味なかったのですが、こうして説明を聞きながら見ていたら、飼ってみたい気持ちが強くなってきました。

ダルマメダカを飼育するなら温度には注意!

小熊さん

小熊さん

ダルマを飼育する際は、水温に注意してください。普通のメダカに比べて体長が短いため、水温が低いと転覆病になりやすいんです。転覆病とはメダカがお腹を上に向けて泳ぐ病気で、かかると最悪の場合、泳げなくなって死んでしまうことも。

菊地

普通のメダカよりも少し飼育難易度が高いんですね。

小熊さん

小熊さん

そうですね。ダルマを飼育するときは、ただ飼育を楽しむなら常温でも良いですが、繁殖させたいのであれば28度前後で飼育すると良いですね。水温を調整する方法としては、エアコンで室内ごと温める方法と水槽にヒーターを入れる方法が一般的ですね。

そして、もし可能なら昼と夜で温度差を作ってあげてください。そうすることによってヒーターを外した時にメダカが常温に慣れやすくなるんです。

菊地

自然の環境に近い状態で飼育するわけですね。

小熊さん

はい。昼と夜でエアコンの設定温度を変えて、ゆるやかな温度差(5度前後)をつけてあげましょう。

菊地

なるほど。勉強になります。

小熊さん

小熊さん

ぜひ試してみてください。急激な温度変化はダメですよ。大切なのは「ゆるやかに」です。

あと、ダルマは泳ぐのが下手なので、普通体型のメダカと混浴させるとイジメられたり、エサが食べられなかったりします。だから別容器で飼育してあげる方が良いですね。

普通体型のメダカとダルマを掛け合わせるのであれば、また話は別です。ダルマを作りたい場合は、普通体型のオスとダルマ体型のメスを同じ水槽で飼育して交配させてください。

メダカワールド

 

菊地

ダルマの繁殖は難しいと聞いたことがあるのですが、何かコツなどはありますか。

小熊さん

繰り返しになりますが、コツは28度前後の高水温で採卵することですね。その方がダルマや半ダルマといった個体が生まれやすくなります。

小熊さん

菊地

わかりました!  本日はありがとうございました。

小熊さん

今回はご紹介できませんでしたが、体が白くて目が真っ黒の「白パンダ」や朱色の褪色が美しい「初恋」など、さまざまな品種のダルマがいます。メダカはエアーレーションもいらないし、小さなスペースで飼育できるので金魚より手軽ですから。一人暮らしでも気軽に楽しめます。ぜひ、これを機にダルマの飼育に挑戦してみてほしいですね。

メダカワールド

loading

関連するキーワード

となりのカインズさんをフォローして最新情報をチェック!

  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Instagram
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

RELATED関連する記事

POPULAR人気の記事

  • Daily
  • Weekly

広告掲載について

NEWS LETTER ニュースレター

Webライター・イラストレーター募集

取材のご依頼や情報提供はこちらから