リンクをコピーしました

  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • もっと見る

【極上キャンプ飯】炭火でステーキ肉をおいしく焼くコツ

調べてみた

みーこパパ

みーこパパ

キャンプ好きのアウトドアライター、2児とネコの父。ブログ「ファミリーキャンピング」(https://mii-camp.site/)を運営。

ステーキ肉の基本的な焼き方とは?

厚みがあって食べごたえのあるステーキ肉。キャンプで焼いて食べるステーキ肉は、自然の中というスパイスもきいて絶品です。今回はステーキ肉の基本的な焼き方をご紹介します。

焼き始める前にステーキ肉を常温に戻す

焼き始める少し前にクーラーボックスから出しておく
ステーキ肉を持参する場合、クーラーボックスに入れてキャンプ場に持って行きます。焼き始める20~30分ぐらい前にクーラーボックスから出して、常温に近い温度に慣らしておきましょう。

塩こしょうで下味を付ける

塩こしょうで下味を付ける
常温に戻している間に塩こしょうを軽くふって、下味を付けておきます。

両面に軽く振りかける程度で十分
下味なので、両面に軽く振りかける程度で十分です。すり込む必要もありません。特にこしょうは焼くと焦げますので、焼き上がり後にお好みで追加してください。

ステーキ肉を炭火コンロで焼く

炭火コンロで網を使って焼きます
今回は炭火コンロで網を使って焼きます。網を使うと余分な脂が落ちやすいのと、炭や薪の香りが少し付いて香ばしくなるという良さがあります。

網ではなく鉄板で焼く場合は、熱源は炭でもガスでも変わりません。焼き方も基本的にはほぼ同じです。よく熱した鉄板は遠赤外線の放射も大きく、肉も美味しく焼けます。

常温に戻した肉を、網に載せて焼いていきます
常温に戻した肉を、網に載せて焼いていきます。火は中火~強火。トングを使わないと、箸では手が熱くて耐え難いぐらいの火加減が目安です。

ひっくり返してもう片面も焼きます
軽く焦げ目が付いたら、ひっくり返してもう片面も焼きます。

アルミホイルで芯まで火を通す

アルミホイルで肉を包みます
両面に軽く焦げ目が付いたら、アルミホイルで肉を包みます。この工程を行うことで、予熱で肉の芯までゆっくり火を通すことができます。これは網以外でステーキを焼く場合にも使えます。

炭火コンロに炭を全く入れない「保温ゾーン」を作っていれば、そこに移動するだけでも大丈夫です。火力調整が難しく焼きすぎになってしまうことが多いので、アルミホイルを使う方が失敗が少なく簡単です。

袋を作るようにしっかり包みましょう
肉からしみ出る肉汁が漏れないよう、袋を作るようにしっかり包みましょう。このまましばらく置いておきます。

3分ぐらい待って、できあがりです!
3分ぐらい待って、出来上がりです!

あまり時間を置くと冷たくなってしまいます。特に冬は、火から下ろすと冷たくなるのも早いです。その時は網で温めなおしても構いません。火力の高い場所に置くと火が通り過ぎて肉が硬くなるので、アルミホイルごと弱火でじんわり温めてください。

極上のステーキが完成!

お好みのソースでいただきましょう
外側は香ばしく、中心は半生のミディアムレア。あとはお好みのソースでいただきましょう。市販のステーキソースでも良いですし、塩こしょう、わさび、にんにく醤油なども合います。

【裏ワザ】燻製のような香りを付ける

最後に炭火コンロと網で焼く時の裏ワザを一つご紹介。

片面を焼いた後ぐらいに、燻製用のチップを炭火部分にふりかけて煙を出して、燻製のような香りを付けることができます。

軽く香る程度ですが、上からアルミ皿をかぶせて煙が逃げにくくすると、さらにくっきり濃く燻製の風味を付けられます。これはガス火や鉄板ではできない、網ならではの裏技です。

塩こしょうに飽きたら、ぜひ一度試してみてください。

loading

関連するキーワード

となりのカインズさんをフォローして最新情報をチェック!

  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

RELATED関連する記事

POPULAR人気の記事

  • Daily
  • Weekly

NEWS LETTER ニュースレター

Webライター・イラストレーター募集

取材のご依頼や情報提供はこちらから