リンクをコピーしました

  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • もっと見る

テント・タープの設営&撤収も捗る! キャンプで知っておくと便利な「カラビナ」の使い方

ユーザー

ししゃも

ししゃも

ファミキャン歴はそろそろ10年、「キツくない」「面倒じゃない」キャンプが好きなライター。これまで、おいしいお酒を飲むことが至上の目的だったが、コロナ禍で突如バードウォッチングにハマり、今後はキャンプと探鳥を組み合わせようと目論んでいる。

カラビナが一番活躍するのは間違いなく「キャンプ」

「カラビナ」、みなさんはどんな用途に使っていますか?

以前は、ザイルを使って岩場を登るときに使う登山道具として見かけるアイテムでしたが、最近はそんな“ガチ仕様”ではなく、キーホルダー的に使ったり、Bluetoothスピーカーをぶら下げるために付けていたり、バッグなどにファッション的に付けていたりと、カジュアルなシーンで見かけることが多くなってきました。

…しかし! カラビナが一番活躍するのは、絶対にキャンプ! だと、僕は思っています。しかも、安価で小さなカラビナのほうが、実は使い勝手が良かったりして。

富士の麓

そんな「便利なカラビナの使い方」をご紹介しようと、富士の麓にやってきました!

タープ、テントの張り綱が超カンタンに!

まず、とにかくキャンパーのみなさん全員にやっていただきたいほどオススメなのが、テントやタープの「張り綱(ガイライン)」にカラビナを付けておくこと。

カラビナを付けた網

こんな感じで、環にした張り綱の先端にカラビナを付けておきます。基本的には付けっぱなしにしておいていいと思います。

タープの角にあるペグ用の環

例えば、タープの角にあるペグ用の環にも…

簡単に張り綱を取り付けられる

ロープワークいらずで簡単に張り綱を取り付けられます。

張ったタープ

タープの場合は、風向きや風の強さによって頻繁に張り方を変えることも多いので、張り綱を付けたり外したりしやすいカラビナは本当に便利なんです。

タープの途中のグロメット

タープの途中にグロメット(穴)がある場合も、この通り。安価で径の細いカラビナじゃないと、グロメットに通せないことも。

オススメはこちらの商品。1つ98円(税込)と、とってもリーズナブルです。

タープ下の「便利ロープ」もカラビナでカンタン設置

キャンプで重要なリビングスペースになる「タープの下」。メインポールの間にロープや張り綱を渡して、いろんなものを引っかけられるようにしておくと便利です。

いろいろなものを引っ掛けられるロープ

こんな感じで、食器類はもちろんのこと、濡れたタオルなどを干すようなシーンも多いですよね。

この「便利ロープ」も、カラビナがあれば、難しいロープワークをしなくてもお手軽にできちゃいます。

カラビナで繋げた大きな環

ロープの途中に環を2つ作り、カラビナで繋げば、大きな環になりますね。

カラビナで連結

適宜、環の位置を調整し、メインポールに張り綱を引っかけてから、環と環をカラビナで連結すれば…

タープ下の「便利ロープ」

このように、タープ下の「便利ロープ」が完成します。

もちろんカラビナがなくてもできますが、カラビナを使うことで、メインポールの頂点付近で作業しなくても良くなる、というメリットがあります。

loading

関連するキーワード

となりのカインズさんをフォローして最新情報をチェック!

  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Instagram
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

RELATED関連する記事

POPULAR人気の記事

  • Daily
  • Weekly

広告掲載について

NEWS LETTER ニュースレター

Webライター・イラストレーター募集

取材のご依頼や情報提供はこちらから