リンクをコピーしました

  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • もっと見る

グリーンカーテンの作り方【動画アリ】

ユーザー

カインズ How to 園芸編

カインズ How to 園芸編

カインズ・スタッフ自らが実践した情報満載。動画で見る「カインズ How to」の園芸関連のコンテンツを文字起こししています。

収穫もできるゴーヤのグリーンカーテン

真夏の強い日差しをさえぎり、葉から蒸発する水分が周囲の温度を下げてくれる「グリーンカーテン」。暑さ対策だけでなく、植物を育てる楽しみを味わえるし、収穫した実は食材として使えるし、まさに一石三鳥の省エネ対策なんです。

アサガオやキュウリなど、ツル性の植物ならどれでも作れますが、今回は手軽に始められて実も収穫できるゴーヤを使ってグリーンカーテンの作り方をご紹介します。

グリーンカーテン作りに必要な道具

グリーンカーテン作りに必要な道具

プランターはプラスチック製が手頃ですが、素焼きや木製のプランターもあるので、自分好みのものを選んでください。プランターのサイズは、たっぷり土が入る大きめのものがオススメ。プランターを置く場所が狭い場合は、深さがあるものを選ぶとよいでしょう。

プランターに取り付けるネットは、支柱とセットになっているほうが便利です。ベランダの天井から吊り下げるタイプ、支柱を立てるタイプなど、設置する場所に応じて最適なものを選びましょう。

《STEP.1》プランターを準備する

約2cmの厚さで軽石を敷き詰める

プランターに軽石を敷き詰めます。厚さは2cmくらいが目安。全体的に均等な厚さになるよう、手でならします。軽石は排水性を高め、根腐れを防いでくれます。容量が小さなプランターを使う場合は省くこともありますが、ゴーヤなどの実がなる植物を育てる場合は必須です。

約2cmの厚さで軽石を敷き詰める

土を入れて肥料を混ぜる

野菜用の培養土をプランターに入れます。プランターがイッパイになるまで入れたら、手で強く押さえるか、プランターを揺すって土を締めます。このときに、肥料も一緒に混ぜておきましょう。

土を入れて肥料を混ぜる

《STEP.2》苗を植え付ける

苗の根をほぐす

苗を容器から出したら、固まった土をほぐします。容器から出したばかりの苗は、土が固く締まっています。そのまま植えてしまうと、植え付けたあとの生育が遅れてしまう可能性があるので、土に馴染むように根を崩しておくことが重要です。

苗の根をほぐす

苗を植え付ける

プランターの土に穴を掘り、苗を植え付けます。植え付けたら、苗の土とプランターの土が同じ高さになるよう調整します。土をかぶせたら、乾燥しないように水をかけてあげましょう。

《STEP.3》ネットを張る

プランターにネットを固定する

今回は、天井から吊り下げるタイプのネットを使用します。まずは、固定器具でプランターにネットを固定します。

プランターにネットを固定する

天井にネットを固定する

天井からネットを吊り下げます。天井側の支柱が落ちないよう、しっかり固定しましょう。

天井にネットを固定する

グリーンカーテンの完成

余ったネットは天井側に残しておきます。ゴーヤが生育したら、ネットをさらに広げてあげましょう。長く育てたい場合は、あらかじめ大きめのネットを選んでおくことをオススメします。

グリーンカーテンの完成

グリーンカーテンの作り方を動画で見る

loading

関連するキーワード

となりのカインズさんをフォローして最新情報をチェック!

  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Instagram
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

RELATED関連する記事

POPULAR人気の記事

  • Daily
  • Weekly

広告掲載について

NEWS LETTER ニュースレター

Webライター・イラストレーター募集

取材のご依頼や情報提供はこちらから