リンクをコピーしました

  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • もっと見る

ムルチコーレの育て方とは?育てる場所や水やりのコツ、種まきの方法などについて解説【カインズ花図鑑】

ユーザー

カインズ How to 園芸編

カインズ How to 園芸編

カインズ・スタッフ自らが実践した情報満載。動画で見る「カインズ How to」の園芸関連のコンテンツを文字起こししています。

ムルチコーレについて

ムルチコーレの育て方とは? ムルチコーレについて

ムルチコーレは、まぶしく輝く金貨の花のような特徴のある鮮やかな黄色のかわいらしい花をたくさん咲かせます。「誠実なあなたでいて」という花言葉は、春らしく明るく陽気な雰囲気を振りまく花の印象からつけられました。ノースポールとよく似ていますが、現在では別名の「クリサンセマム」同様、コレオステフス属に分類されています。

ムルチコーレを育てる際に必要な物

  • ムルチコーレの種…育てたい分よりも多めに用意
  • 鉢(鉢植えの場合)…育てたいボリュームのものを用意
  • 用土…育てたい分だけ適量
  • 肥料(液体肥料か粒状肥料)…育てたい分だけ適量
  • ハサミ
  • 軍手
  • じょうろ
  • スコップ(庭植えにする場合)

ムルチコーレの育て方

では、実際にムルチコーレの育て方を解説していきます。

ムルチコーレのフラワーカレンダー

ムルチコーレの育て方とは? ムルチコーレのフラワーカレンダー

花壇に植え付ける場合は、春になり暖かくなってからの方が、霜や寒風の被害を受けずにすみます。肥料は開花時期の2月5月頃、液体肥料を10日に1回程度与えましょう。

ムルチコーレを育てる場所の選び方

ムルチコーレの育て方とは? ムルチコーレを育てる場所の選び方

日当たりと風通しの良い場所で育てましょう。湿度の高い環境を苦手とするので、風通しを良くすることが大切です。花付きや成長に影響を与えるので、日にしっかりと当てるようにしてください。寒さには弱いので、寒い地域では冬は室内で管理するようにしましょう。

ムルチコーレの水やりのコツ

ムルチコーレの育て方とは? ムルチコーレの水やりのコツ

高い湿度に弱く、水を与えすぎると根や株がいたんでしまいます。ある程度の乾燥には耐えるので、水のやり過ぎには注意してください。

ムルチコーレの種まきの方法

ムルチコーレの育て方とは? ムルチコーレの種まきの方法

種をまくときには、発芽率があまり良くなく芽が出ない種もあるので、多めにまくのがおすすめです。9月下旬から10月頃、15℃〜20℃くらいの気温の時期が種まきに適しています。これ以上、気温が高すぎると発芽も悪くなるので、あまり早くまきすぎないようにしましょう。

ムルチコーレの育て方について知っておきたいQ&A

Q.ムルチコーレを育てる際に気をつけるべき病気や害虫は?

A.病気は灰色かび病やうどんこ病に、害虫はアザミウマやアブラムシに注意してください。風通しの良い場所で管理することが大切です。

Q.ムルチコーレへの肥料の与え方を教えてください。

A.植え付けの際、窒素やリン酸の入った粒状肥料を土に均等に混ぜ込んでください。開花の時期には肥料切れを起こさないように注意してください。

Q.ムルチコーレはどんな土を好みますか?

A.水はけと保水力のバランスの良い土を好みます。赤玉土中粒や腐葉土、酸度調整済みピートモスなどの配合土を使いましょう。

まとめ

ムルチコーレは、輝くような黄金色の花を咲かせ、最盛期には小さなかわいらしい花がこぼれんばかりに咲き続けます。明るく春らしい雰囲気を持つので、春花壇や鉢、プランター、バスケットなど使い方も広がります。さまざまな方法で、ぜひムルチコーレの栽培を楽しんでください。

ムルチコーレの育て方を動画で見る

loading

関連するキーワード

となりのカインズさんをフォローして最新情報をチェック!

  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Instagram
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

RELATED関連する記事

POPULAR人気の記事

  • Daily
  • Weekly

広告掲載について

NEWS LETTER ニュースレター

Webライター・イラストレーター募集

取材のご依頼や情報提供はこちらから