リンクをコピーしました

  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • もっと見る

デイジー(デージー)の花の特徴は?育て方や寄せ植えのコツを解説

ユーザー

株式会社カインズ グリーン・ガーデン部【公式】

株式会社カインズ グリーン・ガーデン部【公式】

ホームセンター・カインズのグリーン・ガーデン部が、お花・野菜・観葉植物・多肉植物・家庭菜園・庭造り・畑作りなどに関する専門知識や栽培方法、ノウハウなどを解説します。

デイジーはさまざまな色の花を咲かせます。かわいらしい印象があるため、花のなかでも特に人気です。

この記事では、デイジーの花を育てたいと考えている人に向けて、デイジーの特徴や育て方などをくわしく解説します。

デイジーの花を増やす方法についてもわかりやすく解説するため、ぜひ参考にしてください。

デイジーはどんな花?

デイジーはどんな花?

学名 Bellis perennis
和名 雛菊(ヒナギク)
英名 Daisy
原産地 ヨーロッパ
分類 キク科ヒナギク属
開花時期 12月~5月

デイジーという名前は、英語で「太陽の目」を意味する「Day‘s eye」に由来してつけられました。デイジーは、日本語ではヒナギクとも呼ばれています。

さまざまな色の花を咲かせ、華やかでかわいらしい印象があります。デイジーは寄せ植えにもおすすめです。さまざまな種類があり、種類によって咲き方が異なります。中心が黄色い白い一重の花が咲くイングリッシュデイジー、花弁のボリュームがあるチロリアンデージー、赤い花弁のポンポネットなどがポピュラーな品種です。

デイジーの花言葉

デイジーの花言葉

デイジーには、「希望」「平和」「純潔」「美人」などたくさんの花言葉があります。

花の色によっても異なる花言葉があります。たとえば、白のデイジーの花言葉は「無邪気」、赤のデイジーの花言葉は「無意識」です。

デイジーの花の種類

デイジーの花の種類

単に「デイジー(デージー)」と言う場合は、ヒナギク(Bellis perennis)を指しますが、そのほかにもデイジーの名前がつく花がいろいろとあります。いずれもデイジーと同じキク科の花で、デイジー同様に中心に目があり、放射状に花弁が広がるキク科らしい花を咲かせます。デイジーとは開花期が違うものや、多年性のものもあり、組み合わせて育てると一年を通じてデイジーのような花を楽しむこともできます。ここでは、デイジーと名前がつくデイジー(ヒナギク)以外の花をご紹介します。

シャスターデイジー

シャスターデイジー

日本原産のハマギクとレウカンセマム(フランスギク)を交配して作られた花です。デイジーとは別の属に分類されていて、分類上は冬の花壇を彩る'ノースポール'(クリサンセマム・パルドーサム)に近い仲間です。花の直径は5~10cm程度、株は高さ30cm幅30cmほどにこんもりと茂ります。中心が黄色い白い花びらの花で、マーガレットに似ていますが、マーガレットよりも後に咲き始めます。多年草なので、一度植えつけると長く楽しめます。

ブルーデイジー

ブルーデイジー

デイジーと同じ時期に青い花を咲かせます。デイジーよりも花首が長く、スッと立つ株姿をしています。ルリヒナギク属(フェリシア属 Felicia)の花同士を掛け合わせた品種などが流通していて、日本ではデイジーと同様一年草として扱われることが多い花です。

ユリオプスデイジー

ユリオプスデイジー

黄色い花を咲かせます。茎が木質化して、高さは50〜70cmほどになる花です。丈夫で育てやすく、冬に花を咲かせてくれる嬉しい花といえます。マーガレットコスモスも、似たような株姿になる花です。いずれもデイジーとは異なる属に分類されています。

デイジーの花の栽培時期

デイジーの花の栽培時期

ここでは、デイジーの花を育てる際に押さえておくべき種まきの時期と、開花時期の目安について解説します。

  • タネまき:8月下旬~9月
  • 植え付け:9月下旬〜11月上旬
  • 肥料:2月下旬〜5月上旬
  • 開花期:3月~5月(開花株は12月頃から出回る)

タネまき

デイジーはタネから育てることができます。タネまきに適した時期は8月下旬~9月です。夏の終わりにタネをまいて苗を作り、寒くなる前に植えつけます。

直径9cm程度のポリポットに市販のタネまき用土などの清潔な土を入れ、3〜4粒のタネをまき、土はかぶせません。発芽までは土が乾ききらないように管理しますが、タネが流れないようにハス口をつけたじょうろや、霧吹きなどで静かに水を与えるようにしましょう。発芽したら間延びした苗にならないように、出来るだけ日によく当てます。

ポットの底から根が見えるようになってきたら、植えつけます。

土の温度が下がり始める頃に種をまく必要があるため、暖かい地域であれば10月頃に種まきをするケースもあります。土の温度を考慮して種まきをしましょう。

タネをまく時期が遅くなると、苗を植えつけても寒くなるまでに根が張れなくなってしまうので、あまり遅くならないよう気をつけましょう。

苗の植え付け:初めての方は苗から育てるのがおすすめ

デイジーのタネはとても細かく、タネまきの際は風で飛ばされないようにコツが必要になります。そのため初めてデイジーを育てる方は、タネではなく苗から育てたほうが管理しやすくおすすめです。デイジーの苗は、植え付け時期の9月下旬〜11月上旬にホームセンターや園芸店などで出回るので、あらかじめ購入しておきましょう。

苗選びのポイントは、苗を上から見たときポットの土が見えないくらい葉が茂っているものを選ぶこと。合わせて葉が変色していないか、カビが生えていないか、虫食いがないかなどもチェックし、葉や茎がしっかりしていて、緑が鮮やかなものを選びましょう。

開花

開花株は12月ごろから出回りますが、タネまきから育てると3月ごろから咲き始め、梅雨入りの前ごろまで咲き続けます。

デイジーの花の育て方

デイジーの花の育て方

ここでは、基本的なデイジーの花の育て方について、項目ごとにそれぞれ解説します。

置き場所、植え場所

終日よく日が当たる場所で育てます。少なくとも5時間程度は直射日光が当たる場所がよいでしょう。あまり日が当たらない場所だと株が軟弱に育ち、病気にかかりやすくなってしまいます。霜が降りる予報が出た時は、鉢植えは軒下などの霜がよけられる場所に移動させましょう。

鉢植えの場合は市販の草花用培養土か赤玉土6:腐葉土4などの配合の用土で植えつけます。自分で用土を配合する場合は、ひとつまみ程度の緩効性化成肥料(ゆっくり効く粒状肥料)を混ぜ込んでおきましょう。庭植えの場合は、あらかじめ植え場所に腐葉土や牛ふん堆肥などの有機質と、ひとつまみ程度の緩効性化成肥料(ゆっくり効く粒状肥料)、ひとつかみ程度の苦土石灰を混ぜ込んでおきます。

植え付け

タネをまいて苗を作った場合は、底穴から根が見えてきたら早めに植えつけます。秋に苗を買って植えつける場合も、寒くなる前に根が張れるように、早めに植えつけましょう。

鉢植えは5〜7号(直径15〜21cm程度)の鉢に一株が適当です。60cmプランターであれば、3〜4株程度を植えるのがよいでしょう。鉢は底に、鉢底網と鉢底石を入れておき、鉢底石が見えなくなる程度用土を入れます。苗のポットを丁寧に外したら、根鉢を軽く揉んで鉢に入れ、用土を足して苗の土の上の面が、鉢の縁から3cmほど低くなるように高さを調節します。高さが決まったら、残りの用土を入れますが、たくさん土を入れて斑か植えにならないように気をつけましょう。

庭植えはあらかじめ土作りをしておき、苗を植えていきます。複数の株を植える時は、株間が30cmほどになるように植えましょう。

水やり

鉢植えは鉢土の表面が乾いたら、鉢底から流れ出るまでたっぷりと水を与えます。庭植えは根が張っていれば基本的に水やりは必要ありません。

肥料

植え付けの際に土に緩効性化成肥料(ゆっくり効く粒状肥料)を混ぜ込んでおきます。以降は、月に1回緩効性肥料を株元にばらまいて与えましょう。鉢植えであれば、液体肥料を2000倍程度に薄めて月に2回ほど与えるのも効果的です。

植え替え

デイジーは元々は多年草ですが、日本では一年草扱いになるため、基本的に植え替えの必要はありません。ただ、より日の当たる場所に栽培場所を変えたいときや、大きいプランターや鉢に植え替えたいときなどに行うことができます。

デイジーは根をよく伸ばすため、プランターが小さいと根詰まりを起こし、花が咲かなかったり、生育が遅れてしまうことも。根詰まりを起こしてしまう前に、成長に合わせて大きいプランターに植え替えるようにしましょう。

デイジーの花を育てる際のポイント

デイジーの花を育てる際のポイント

ここでは、デイジーの花を育てる際に押さえておきたいポイントについて解説します。

花がら摘み

花がら摘みとは、咲き終わった花を取り除くことです。最初に咲いた花が傷んでいるのを確認したら、なるべく早めに花茎の根元からカットしてください。咲き終わった花は花首のつけ根から切りましょう。そのままにしておくと、枯れた花びらが早く来にくっつき、そこからカビが発生したり、病気が広がることがあります。

花が終わったあとは:種の採取

デイジーの種は花が終わった後に作られるため、花がら摘みをストップして種ができるのを待ちます。花が枯れてきたら花茎から摘み取り、小さいタネを取り出しましょう。取り出したあとはよく乾燥させて、タネまき時期である8月下旬〜9月まで風通しのよい暗所で保管します。

冬越し

デイジーは耐寒性はありますが、霜が降りるほどの強い寒さでは株が傷んでしまいます。霜が何度も降りるような地方では、庭植えは3月ごろになってから植えましょう。鉢植えは、霜が予想される時は軒下に取り込んでおきましょう。

デイジーは一年草で、真夏の前に葉枯れてしまうので、夏越しの心配はありません。

デイジーの花を寄せ植えする際のコツ

デイジーの花を寄せ植えする際のコツ

デイジーは寄せ植えにしても楽しむことができます。背が高くなるカレックスや、匍匐して鉢から垂れるように育つディコンドラなど、株姿が異なるものとくみあわせると、変化のある寄せ植えになります。背が高い植物は草花だけでなく、コニファー'ゴールドクレスト'などを使ってもよいでしょう。

他にも、パンジー・ビオラ、チューリップ、アネモネ、キンセンカなど、デイジーと同じ時期に咲く花を使うのもおすすめです。どの花も育てやすく、色もカラフルで素敵に仕上がります。ガーデニングに慣れてきたら挑戦してみるのもおすすめです。

デイジーの病害虫

デイジーの花を栽培するときに気を付けたい病害虫

デイジーの花を栽培する場合、病害虫に気を付ける必要があります。ここでは、デイジーにつきやすい病害虫について解説します。

アブラムシ

秋から冬の間はそれほど被害がありませんが、春先から増えるアブラムシがつくことがあります。新芽や茎にとりついて汁を吸われると株が弱ってしまうので、捕殺したり、水やりの際にホースの水流で洗い流すなどの対処をしましょう。適用のある薬剤を散布したり、最高気温が18℃を超えるようになったら株元に「オルトラン」をまいておくのも効果的です。

カビ類

土中のカビ類から病気が広がることがあります。花がら摘みをこまめに行うなど、カビの発生源を取り除いて予防しましょう。また、雨や水やりの水が跳ねて泥が株につくことで病気が発生することがあるので、株元をマルチングしておくのも効果的です。

まとめ

デイジーの花はかわいらしい見た目から人気があります。どのような土でも育ちやすいため、初心者でもスムーズに育てられます。

今回紹介した育て方のポイントを押さえ、好みにあう種類のデイジーを育ててみましょう。

株式会社カインズの公式通販・オンラインショップは、オリジナル商品もたくさん扱っています。

ガーデニングや園芸のためのアイテムも豊富です。デイジーの花を育てるためのアイテムもそろっているため、ぜひ活用してください。

デイジーの栽培に使えるアイテムの取り扱いも豊富! ホームセンター通販のカインズの公式通販・オンラインショップはこちら

loading

関連するキーワード

となりのカインズさんをフォローして最新情報をチェック!

  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Instagram
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

RELATED関連する記事

POPULAR人気の記事

  • Daily
  • Weekly

広告掲載について

NEWS LETTER ニュースレター

Webライター・イラストレーター募集

取材のご依頼や情報提供はこちらから