リンクをコピーしました

  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • もっと見る

カラス対策はこれを選べば間違いなし!鉄板商品を徹底紹介!

ユーザー

となりのカインズさん 編集部

となりのカインズさん 編集部

カインズにまつわる情報を本社に怒られない範囲でおもしろおかしく発信します。ライター、DIYクリエイター、イラストレーターなどご協力いただける仲間を募集中だよ!

日本に生息するカラスは主に二種類

ハシブトガラス

ハシブトガラス

日本でよくみられるカラスにはハシブトガラスとハシボソガラスの二種類がいます。

都会で見られるカラスの多くはハシブトガラスです。

ハシブトガラスはくちばしが太く、人間を恐れずに人間の残した食べ物を漁って餌を探します。

肉類や油っぽいものを好み、時には石鹸やろうそくを食べることもあります。

見つけたエサは雨どいなどに隠すようです。

ハシボソガラス

ハシボソガラス

対して、ハシボソガラスは農耕地や河川敷などに生息しているカラスです。

くちばしが細いのが特徴で警戒心が強く、地上を歩きながら餌を探します。

ハシブトガラスと比べると、植物質の餌を好むといわれており、果実や稲などの農作物を荒らしまわります。

見つけたエサは岩下や草むらなどに隠すことが多いようです。

カラスを撃退するために知っておきたい生態

撃退グッズの多くはカラスの生態に基づいて設計されています。

そこでカラスの生態について押さえておき、確実に効果のあるグッズの選び方を押さえておきましょう。

色彩能力が高い

カラスはとても視力のよい動物です。

視力が人間の五倍程度あることに加えて優れた色彩能力を有していることから人間では見ることのできない紫外線を見ることができます。

カラスが食べ物の入ったゴミ袋だけを正確に見分けられるのはこの色彩能力に由来しているといわれており、わずかな色の違いからでも食べ物を探し当てることができます。

その分、強い光にはとても弱く、乱光線を放つものを恐れて近づかない習性があります。

警戒心が強い

カラスはとても警戒心の強い動物です。

そのため、天敵となるフクロウやタカなどの声を恐れ、声のする場所には近づかない習性があります。

優れた頭脳を持つ

カラスは動物の中でも特に優れた頭脳を持つ種の一つです。

体重に対する脳の重さの割合は犬や猫をもしのぎ、人間の子どもくらいの知能があるともいわれています。

過去の研究では道具を使って餌をとる能力があることも判明しており、ハト向けなどとして作られた鳥よけグッズでは対応するのが難しいといわれています。

羽に何かが触れるのを嫌がる

カラスは自分の羽をとても大切にしています。

傷がつくのを避けるのはもちろん、何かが羽に触れることも嫌がります。

そのため、カラスの止まりそうな位置にテグスなどを設置することで撃退することができます。

被害は春から夏ごろにかけて増える

基本的にカラスは警戒心が強く、臆病な性格も相まって集団で人を襲うことはありません。
ただし、3月から7月の繁殖期にかけてはヒナを守るために攻撃的になり、巣に近づいた人間を無差別に攻撃します。

ヒナの巣立ちの季節は特に狂暴になり、激しい攻撃を受ける場合もあります。

ゴミだけではないカラス被害

ゴミの深刻な被害を出すカラスカラスによる被害はゴミ場を荒らされるなどの被害にとどまりません。

例えば、都会ではベランダに排泄されることで壁に消えないシミができてしまったり、排水溝をふさがれてしまったりといった被害が発生しています。

なかにはカラスの鳴き声で不眠症になってしまう人もおり、カラスによる被害は決して軽視できない事態となっています。

ただのフンや鳴き声と放置せず、早めに対処するようにしましょう。

カラスを撃退する5つの方法

カラス撃退グッズをゲットしようカラスをむやみに傷つけたり、捕獲することは「鳥獣の保護及び管理並びに狩猟の適正化に関する法律」で規制されています。

また、カラスは学習能力が高く、自作できるグッズだけで撃退するのは困難なため、対策には専用のグッズを活用するのがおすすめです。

ここではカラスを撃退する方法とおすすめのグッズを5つにわけてご紹介します。

カラスの撃退方法をご紹介

気になるカラスの撃退法は?

1.止まりにくい状態を作る

ベランダや田畑などに集まるカラスを撃退する場合はカラスが止まりにくい状態を作るのがおすすめです。

ここでは仲間の死骸をぶら下げたり、案山子を活用する方法をご紹介します。

カラスのカー子

古来より農作物を荒らしたカラスは棒に括り付け、見せしめとして吊るす対策がとられてきました。

仲間の死骸を見つけたカラスはその地域を警戒し、近づかなくなるといわれています。

カラスのカー子はそんな死骸をまねて作られた商品でベランダや木の上などから吊るすことで効果を発揮します。

首ふりふくろう

首振りふくろうはカラスの天敵であるフクロウをまねて作られたグッズです。

風で首が左右に揺れる仕組みと本物そっくりな見た目で生きているように見せかけます。

むく鳥やスズメなどにも効果があるので、総合的な鳥類対策として効果を発揮します。

設置方法は吊るしひもでぶら下げたり、本体底部のふたを開けて砂を入れれば、地面に設置することもできます。

カカシBOY K-001

カカシBOYは風船で膨らませて使用するタイプの案山子です。

風船なのでどこにでも設置できるのはもちろん、帽子や作業服を着せてあげれば、実際に人間が立っているように見せられます。

内部には磁気マグネットが入っており、視覚と磁気のダブルの効果でカラスを追い払います。

2.光や音で追い払う

カラスの苦手とする乱光線や音で追い払う方法です。

カラスは警戒心が強い生き物なので、天敵となるフクロウなどの声がすると、自然と近寄らなくなります。

カラスなぜ逃げる Y型 KBI-Y45

カラスなぜ逃げるは光の力でカラスを撃退するグッズです。

帯状の紐をひねると、らせん状の輪っかができ、それに日の光が当たることでカラスを撃退します。

ゴミ捨て場などの近くに立てておけば、カラスが自然と近づいてこなくなるので、マンションなどにお住いの方にもおすすめです。

愛農 鳥獣スナイパー

モーションセンサーでカラスを感知すると、光・音・超音波の三つを駆使して撃退します。

本体はソーラー充電式でどこにでも設置でき、カラス以外にも猿、イノシシ、犬、猫などの糞尿被害を軽減できます。

本格的な対策方法をお探しの方におすすめです。

3.ネットで守る

ネットで守る方法はカラスを撃退する最も確実な方法の一つです。

編み目の細かなものを使えば、カラスのくちばしを物理的に入れなくすることができるので、高い撃退効果が期待できます。

4ミリの細かな目合でカラスのくちばしが入らないようにしっかりとガードしてくれます。

ロープ部分には重りが入っており、風でめくれる心配もありません。

こちら一つで45リットルのごみ袋を約4個収集できます。

噂のカラスよけ 2m×3m オリーブグリーン

45リットルのごみ袋が10個入る大きめのサイズに加えてオリーブグリーン色の落ち着いた色味がどんな景観にも違和感なく溶け込みます。

ネットの周囲には重りが入っているので、風に飛ばされる心配もありません。

マンションなどにお住いの方におすすめです。

カラスよけガードネット 1.5m×1.5m

平型タイプのカラスよけガードネットは道路のフェンスなどに引っ掛けて使用するタイプのネットです。

サイズは小さめなので、事務所や倉庫前のゴミ捨て場におすすめ。

4.テグスやワイヤーで追い払う

鳥類は自分の羽にものが触れるのをとても嫌がります。

ベランダなどにワイヤーなどのひも状のものを設置しておけば、カラスを傷つけずに撃退することができます。

防鳥糸ミヤライン 2000m 透明

防鳥糸ミヤラインは光を反射する光沢つきの糸を気づかれにくい細めの糸軽で仕上げたグッズです。

田畑に20センチ間隔で張れば、光と糸のダブルの力で大切な農作物をしっかり守ります。

雨風にも強く、水分を吸わないので、簡単に扱えます。

5.エアガンや空砲で追い払う

エアガンや空砲はカラスに攻撃されていると思い込ませることで追い払う方法です。

エアガンの場合はカラスに弾が当たらないように注意しましょう。

おどしてっぽうはカラスの逃げる方向に向けて威嚇するように撃って使用します。

カラスは威嚇されることに恐怖を覚え、田畑に近づかないようになります。

引き金を引けば、射程距離30メートルのBB弾が飛び出し、猿やタヌキなどにも効果を発揮。

被害は春から夏にかけて増える!早めの対策を!

カラスの対策は早めに!

カラスによる被害は春から夏ごろにかけて増加します。

凶暴になったカラスは人を直接襲うこともあるため、自宅近くに巣ができてしまった場合は早めに対処するようにしましょう。

カラス撃退グッズは場所に応じて適切なものを選ぶのが大切です。

周辺の環境も考慮し、最適なものを選びましょう。

loading

関連するキーワード

となりのカインズさんをフォローして最新情報をチェック!

  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Instagram
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

RELATED関連する記事

POPULAR人気の記事

  • Daily
  • Weekly

広告掲載について

NEWS LETTER ニュースレター

Webライター・イラストレーター募集

取材のご依頼や情報提供はこちらから