リンクをコピーしました

  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • もっと見る

火祭の育て方とは?育てる場所や水やりのコツ、肥料の与え方などについて解説【カインズ花図鑑】

ユーザー

カインズ How to 園芸編

カインズ How to 園芸編

カインズ・スタッフ自らが実践した情報満載。動画で見る「カインズ How to」の園芸関連のコンテンツを文字起こししています。

火祭について

火祭の育て方とは? 火祭について

火祭は、秋から冬にかけて寒さにあたると、肉厚の葉っぱが真っ赤に紅葉する姿が美しい、多肉植物のクラッスラの仲間です。暑さにも寒さにも強い多肉植物として人気を集めています。原産地は南アフリカ、花言葉は「温厚」です。

火祭を育てる際に必要な物

販売されているときに使われている鉢のままでも育ちますが、気に入った鉢があれば植え替えてもよいでしょう。株の直径と同じくらいの大きさのものが適当です。素材はプラスチックでも陶器でも構いませんし、かわいい缶などがあれば鉢の代わりに使うことができます。鉢ではないものに植えつけるときは、そこに水抜きの穴をあけておくとよいでしょう。

  • 用土

市販のサボテン・多肉植物用の培養土を使うとよいでしょう。自分で配合する場合は赤玉土6、軽石3、腐葉土1などの配合がよいでしょう。

  • 肥料

緩効性化成肥料か液体肥料を使います。緩効性化成肥料は4月に1回、9月に1回与えます。液体肥料は2週間に1回ほど2000倍に薄めたものを与えます。30℃を超える真夏と、11〜2月は肥料を与えません。

  • ハサミ

株が大きくなりすぎたときは茎を切って株をコンパクトに整えるとよいでしょう。切った部分は、切り口を用土に挿しておくと根が出てきて、株を殖やすことができます。

そのほか、園芸用の手袋や土入れ、じょうろなどもあるとよいでしょう。

火祭の育て方

では、実際に火祭の育て方を詳しく見ていきましょう。

火祭の栽培カレンダー

火祭の育て方とは? 火祭の栽培カレンダー

植え付け・植え替えは4月〜5月ごろ、または9月〜10月ごろに行います。育つのが早いので、1〜2年に1回は植え替えをしましょう。挿し木も4〜6月、9〜11月ごろに行います。

火祭の水やりのコツ

火祭の育て方とは? 火祭の水やりのコツ1

水は鉢の土の表面がしっかり乾いてから与えます。株が大きくなってきて鉢土の表面が確認しにくいようであれば、水をたっぷり与えたときの重さを覚えておいて、持ち上げてみて軽くなっているようであれば水を与えます11月から2月までは生育が停滞するので、水は与えません。

火祭の育て方とは? 火祭の水やりのコツ2

水を与えるときは少量をこまめに与えるのではなく、土がしっかり乾いたのを確認してから、鉢底から流れ出すまでたっぷり与えます。株が大きくなってきて鉢土に水を注ぎにくくなってきたら、バケツに水をため、鉢を水に浸けてもよいでしょう。

火祭への肥料の与え方

火祭の育て方とは? 火祭への肥料の与え方

4月と9月に1回ずつ緩効性化成肥料を少量与えます。液体肥料であれば2000倍に薄めて2週間に1回ほど与えます。30℃を超える真夏や寒い時期に肥料を与えると根が傷む原因となるので、注意しましょう。秋に肥料を与えすぎると紅葉しにくくなるので、控えめに与えるようにしましょう。

火祭を育てる場所の選び方

火祭の育て方とは? 火祭を育てる場所の選び方1

日当たりの良い場所を好み、真夏の強い直射日光にも負けません。30℃を超える真夏や寒い時期に土が湿っていると根が傷む原因となるので、雨がよけられる場所がよいでしょう。

火祭の育て方とは? 火祭を育てる場所の選び方2

逆に、あまり日に当てないようにすると紅葉しなくなってしまうので、気をつけましょう。また、日光が足りないと間延びしてしまう「徒長(とちょう)」の原因となります。基本的に戸外で育てましょう。

火祭の育て方とは? 火祭を育てる場所の選び方3

関東地方以西の平野部であれば戸外で冬越しできます。冬の寒さにも基本的には強いのですが、-5℃を下回ると枯れてしまいます。冬に外気温が頻繁に氷点下になるような地域の場合、冬は室内に取り込んだり、簡易温室などを利用しましょう。

火祭を育てる際に知っておきたいポイント

火祭の育て方とは? 火祭を育てる際に知っておきたいポイント

火祭を育てるときのポイントは水を与えすぎないこととです。また、姿が乱れてきたら適宜茎を切ってボリュームをコントロールしましょう。切った茎は別の鉢に用土を入れて切り口を指しておくと根が生えてきて、株を殖やすことができます。咲き終わった花や枯れた葉は、すぐに取り除くように心がけましょう。

火祭の育て方について知っておきたいQ&A

Q.火祭を育てる際に、気を付けるべき病気や害虫などはありますか?

A.火祭でよく知られている病気としては、うどんこ病があります。湿気が多過ぎたり、風通しが悪かったりすると他にもさまざまなカビが発生しやすくなりますので、注意しましょう。

また、ワタムシやコナカイガラムシなどの害虫がついてしまうこともあります。白い塊のように見えるものを発見したら、ピンセットで駆除したり歯ブラシを使ってこすり落としたりしましょう。

Q.火祭の葉を美しく紅葉させる方法は?

A.火祭の葉の部分を赤くきれいに紅葉させるには、日光浴を十分にさせることです。基本的には室内ではなく戸外で育てて管理しましょう。屋外の冷えた気候で過ごさせることも、葉を赤く美しく紅葉させるための重要なポイントになります。また、9月以降に肥料を与えすぎてしまうと紅葉しにくくなるので、秋には肥料は控えめに与えるようにしましょう。

まとめ

鮮やかな赤い色が美しい火祭は、存在感が抜群で見応えがあります。暑さにも寒さにも強く育てやすいので、ぜひポイントをおさえて元気な花や葉を育てましょう。

火祭の育て方を動画で見る

loading

関連するキーワード

となりのカインズさんをフォローして最新情報をチェック!

  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Instagram
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

RELATED関連する記事

POPULAR人気の記事

  • Daily
  • Weekly

広告掲載について

NEWS LETTER ニュースレター

Webライター・イラストレーター募集

取材のご依頼や情報提供はこちらから