リンクをコピーしました

  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • もっと見る

カラーボックス用敷きレールの取り付け方を紹介! カラボに引き出し収納をプラスできる簡単DIY

調べてみた

カインズ How to DIY編

カインズ How to DIY編

カインズ・スタッフ自らが実践した情報満載。動画で見る「カインズ How to」のDIY関連のコンテンツを文字起こししています。

カラーボックス用敷きレールとは?

敷きレールの取り付け方 敷きレールとは?01

カラーボックス用敷きレールとは、カラーボックスなど箱状のものに取り付けて、コンテナをスライドして引き出せるようにするためのレールのことです。

個別で販売されていて後付けすることができます。仕切りのないカラーボックスにレールを取り付けて、カラーコンテナを収納すれば、小物の整理にとても役立つチェストになります。作業は簡単で、誰にでもすぐにできてしまいます。

カラーボックス用敷きレールを取り付けるのに必要な物

敷きレールの取り付け方 必要な物01

  • カラーボックス
  • カラーコンテナ(LS2個ずつ)
  • カラーボックス用敷きレールワイド
  • 充電ドリルドライバー(もしくはコンパクトドライバー)
  • 作業用手袋
  • メジャー

カラーボックス用敷きレールを取り付ける前の準備

カラーボックスの内側に敷きレールを取り付けていきますが、そのための準備が必要です。順番に紹介します。

    位置決め

    敷きレールの取り付け方 取り付ける前の準備1-01

    敷きレールを取り付ける位置を決めます。カラーボックスの内側で、どの位置にカラーコンテナを設置するかを決めていきましょう。カラーコンテナの上部から45cm程度のところに、取り付けポイントをマーキングします。

    敷きレールの取り付け方 取り付ける前の準備1-02

    カラーボックスとコンテナの大きさをメジャーで正確に計測して、適正な隙間を設定しましょう。

    取り付け準備

    敷きレールの取り付け方 取り付ける前の準備2-01

    敷きレールの裏側にあるシールをはがすと、接地面が粘着テープになっています。その粘着面を、カラーボックス内側の壁面に貼り付けます。

    敷きレールの取り付け方 取り付ける前の準備2-02

    敷きレールの取り付け穴と、カラーボックスに開ける壁穴の位置を確認しながら取り付けましょう。

    カラーボックス用敷きレールの取り付け方

    次に、敷きレールをネジ留めしていきます。電動ドリルドライバーだと、力も入らず簡単かつスピーディにネジ留めができますが、一般的なコンパクトドライバーでも問題ありません。

    取り付け

    敷きレールの取り付け方 取り付け01

    敷きレールに付属しているネジを準備します。そのネジを、充電式ドリルドライバーなどで固定していきます。

    敷きレールの取り付け方 取り付け02

    1本の敷きレールに2ヵ所の穴があるので、もう一方の穴も同じようにネジで留めます。なお、敷きレールが耐えられる重さは商品にもよりますが、目安は約3kgです。

    敷きレールの取り付け方 取り付け03

    同じように、反対側にも敷きレールを取り付けます。1段目の取り付けが終わったら、高さを確認するために一度、カラーコンテナの試し入れをしましょう。

    敷きレールの取り付け方 取り付け04

    試し入れに問題がなければ、2段目以降も同様に取り付け、同じことを4段目まで繰り返したら完成です。

    カラーボックス用敷きレールの取り付け方について知っておきたいQ&A

    Q. カラーボックスの大きさにはどれくらいの種類がありますか?

    A. カラーボックスのサイズは、販売元メーカーによって差があります。用紙のサイズとして一般的なA4サイズですが、小さいカラーボックスではA4サイズが入らないものもあり、そのために「A4サイズ対応」などとわかりやすく表示している商品もあります。自分が何を入れたいのかあらかじめ決めてから購入しましょう。

    なお、カインズでは可動棚収納ボックス 3段(幅44cm×奥行29cm×高さ88cm)、可動棚収納ボックス 2段(幅44cm×奥行29cm×高さ59.3cm)などのサイズがあります。

    Q. カラーボックスを使用する際の注意点はありますか?

    A. 火事の原因になるので、ストーブなどの火器の近くに置いてはいけません。直射日光が当たる場所や高温多湿の場所等で使うと、カビの発生や変形、変色などの原因になります。また、水平な場所で使用しないと、転倒してケガをしてしまう恐れがあるので注意しましょう。

    まとめ

    このように、カラーボックスに敷きレールの取り付けは誰にでも簡単にできます。敷きレールの高さを変えることで、収納できるカラーボックスの種類を変更できる点も魅力です。どのような用途で使用するか事前に考えて、使い勝手のいいカラーボックスを作ってみましょう。

    カラーボックス用敷きレールの取り付け方を動画で見る

    loading

    関連するキーワード

    となりのカインズさんをフォローして最新情報をチェック!

    • Facebook
    • Twitter
    • LINE
    • このエントリーをはてなブックマークに追加

    RELATED関連する記事

    POPULAR人気の記事

    • Daily
    • Weekly

    NEWS LETTER ニュースレター

    Webライター・イラストレーター募集

    取材のご依頼や情報提供はこちらから