リンクをコピーしました

  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • もっと見る

トリマーの使い方【電動工具の基礎知識】

調べてみた

カインズ How to DIY編

カインズ How to DIY編

カインズ・スタッフ自らが実践した情報満載。動画で見る「カインズ How to」のDIY関連のコンテンツを文字起こししています。

トリマーとは

トリマーとは、木材を切削する電動工具のこと。ただ切ったり削ったりするのではなく、装飾(トリミング)加工することで、プロが仕上げたような工芸品が作れます。

木工品の加工といえば手作業で大変なイメージがありますが、トリマーを使えば女性でも負担がなく、クオリティの高い作品を加工できるように。DIYブームの今、トリマーを使って木材加工を楽しむ人たちが増えています。

トリマーの特徴

「ビット」と呼ばれる、刃を備えた先端工具を入れ替えることで、木材にさまざまな装飾を施します。木材に溝を掘る「溝掘り」、角を丸面などの形状に削る「面取り」、模様などを掘り込む「飾り彫り」などを駆使すれば、ネジいらずのオリジナルの棚を作ったり、掘り込みが美しい家具を作ったりすることも可能です。

トリマーの基本性能

トリマーの使い方 トリマーのスイッチ

本体上部にあるスイッチを押すとビットが回転。木材を削る工具なので、扱いには十分注意しましょう。

トリマーの使い方 トリマーのベース

「ベース」と呼ばれる透明なプレートを、材料に密着させるように当てて掘削。ベースの高さを変えることで、掘り込む深さを調整できます。

トリマーの使い方 トリマーで加工している

木材の掘削加工では、面取り、溝掘り、飾り彫り、ホゾ組(突起状の穴を作りはめ込む接合方法)などの作業ができます。これらをうまく使い分けながら、お好みの工芸品を作っていきます。

トリマーの使い方 トリマーのビット

ビットは本体下部に装着し、回転しながら、ベースから出ている部分で木材を削り取ります。ビットを交換するときは、まず電源プラグを抜いてから、ベースを外して本体を取り出し、それぞれのナットにレンチをかけて緩めます。

トリマーの使い方 ビットの種類

トリマーのビットは、穴や溝を掘るのに使用する穴掘り用ビットと、面取り(角面や丸面などの形状に削ること)をする面取り用ビットの2種類に大きく分けられます。

トリマーの使い方 トリマーで加工している

ビットを交換することで、さまざまな形状の飾り面取りや溝切りを行うことができます。同じタイプでも、形状が微妙に異なるものも多く、こだわりの工芸品を作るうえで欠かせないアイテムです。

トリマーについて知っておきたいQ&A

Q. トリマーを扱ううえで、どんな準備が必要ですか?

A. 正しく使う知識はもちろんですが、木片やビットが飛散して怪我をしないように、トリマーを使用する時は必ず安全ゴーグルを着用してください。マスクと手袋もあったほうがいいでしょう。

Q. 作業中、どんな事故が起こりえますか?

A. 一番多いのが「キックバック」で、ビットが木材に食い込んで動かなくなり、その反動で勢いよく作業者に跳ね返ってくること。刃を出しすぎず、材料をしっかり固定してキックバックを防止しましょう。

Q. 初心者はどんなトリマーを選べばいいですか?

A. 自分にとって使いやすいものを使うのが一番ですが、目的が決まっているのであれば「シンプルな機能のトリマー」、いろいろ試してみたい人は「多機能が搭載されたトリマー」を購入すると、表現の幅も広がって楽しめると思います。

まとめ

トリマーの魅力はプロのような仕上がりの制作物を作れることですが、誰でも簡単に扱えるわけではありません。まずは基礎知識と基本性能を知り、憧れのDIYライフを怪我なく送ってくださいね。

トリマーの使い方を動画で見る

loading

関連するキーワード

となりのカインズさんをフォローして最新情報をチェック!

  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

RELATED関連する記事

POPULAR人気の記事

  • Daily
  • Weekly

NEWS LETTER ニュースレター

Webライター・イラストレーター募集

取材のご依頼や情報提供はこちらから