リンクをコピーしました

  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • もっと見る

水性塗料(室内用)の塗り方とは?必要な道具と正しい手順について解説【カインズHOWTO】

調べてみた

カインズ How to DIY編

カインズ How to DIY編

カインズ・スタッフ自らが実践した情報満載。動画で見る「カインズ How to」のDIY関連のコンテンツを文字起こししています。

水性塗料(室内用)を塗るのに必要な道具

水性塗料の塗り方とは? 必要な道具

今回は、小さな木製の椅子を室内用の水性塗料で塗る手順をご紹介します。必要な道具は、以下の通りです。

  • 室内用の水性塗料(ホワイティカラーズ)
  • ホワイティ スターターキット
  • ペイントローラーセット
  • 万能刷毛
  • 紙ヤスリ
  • マスキングテープ

ホワイティカラーズは防臭水性タイプの水性塗料なので、室内でも安心して使えます。その他に、軍手・エプロン・不織布のつなぎなどがあると服が汚れません。

水性塗料(室内用)の塗り方STEP1:塗料を塗る準備をする

水性塗料の塗り方とは? step1_1

室内が汚れないよう養生(布やシートなどで保護)して、塗るものの表面に紙やすりをかけます。

水性塗料の塗り方とは? step1_2

塗料を塗る前に表面の汚れを落とし、表面をなめらかにして塗料のノリを良くするのがポイントです。塗る部分全体が滑らかになるようにしましょう。逆に、塗料をつけたくない部分にはマスキングテープを貼っておきます。

水性塗料(室内用)の塗り方STEP2:塗料を準備する

水性塗料の塗り方とは? step2_1

塗料缶のふたを開ける前に上下に数回振り、内部で塗料がよく混ざるようにします。

水性塗料の塗り方とは? step2_2

購入時には内部の顔料が沈んでいるので、しっかりかくはんします。

水性塗料の塗り方とは? step2_3

しっかりかくはんできたら、トレイに塗料を流します。使う分だけ流して、足りなくなったら注ぎ足すようにしましょう。濃いと感じる場合は、水で薄めて使います。

水性塗料の塗り方とは? step2_4

塗料をローラーによく染み込ませます。染み込みが足りないと、塗ったときにムラができてしまう可能性があります。塗料はたっぷりと染み込ませましょう。

水性塗料(室内用)の塗り方STEP3:塗料を塗る

水性塗料の塗り方とは? step3_1

面積の大きなところから、ローラーを使って表面から塗り始めます。

水性塗料の塗り方とは? step3_2

一番大きなところに塗って、色合いを調整しながら全体を塗り進めていくと良いでしょう。

水性塗料の塗り方とは? step3_3

全体を木目に沿って塗っていきます。このとき、ローラーの回転が速すぎると塗料が飛び散ることがあるので、ローラーはゆっくりと動かしましょう。

水性塗料の塗り方とは? step3_4

ローラーが届かないところは、刷毛を使ってムラなく塗ります。

水性塗料の塗り方とは? step3_5

刷毛は、毛先の2/3くらいまで塗料を含ませてから、トレイの端で軽くしごき、塗料が垂れないようにします。

水性塗料(室内用)の塗り方STEP4:完成に向けて

水性塗料の塗り方とは? step4_1

塗料を十分に乾かしたら、完成です。

水性塗料の塗り方とは? step4_2

刷毛は使い終わったら水洗いし、その後、よく乾かします。使いかけの塗料は、缶を密閉して暗所で保管します。塗料はトレイに残さず、使い切るようにしましょう。

水性塗料(室内用)について知っておきたいQ&A

Q.油性塗料の上に水性塗料を塗って大丈夫ですか?

A.油性塗料の上にそのまま水性塗料を塗ってしまうと、密着性が弱くなってしまいます。ですから、#240程度のサンドペーパーで塗る表面(油性塗膜の上)を荒らし、その上から水性塗料を塗装しましょう。 

Q.水性と油性では、どちらの塗料が丈夫ですか?

A.塗料の特性は、塗った後に塗膜となる合成樹脂の特性によって決まります。つまり、水性か油性かは単に使用されている樹脂の違いですから、どちらが丈夫かはいちがいに比較できません。

Q.ハケは種類が多く、迷ってしまいます。どのように選べばよいでしょうか?

A.用途や塗料の種類などで選びましょう。

油性バケ:油性塗料用。茶色や黒でコシが強く、塗料の含みが良い。

水性バケ:水性塗料用。茶色や白で柔らかく、塗料の含みが多い。

ニスバケ:ニス用。白く、柔らかな毛。

近年では、ハケ自体に用途表示がされているものが多いので、用途に合ったものを選びましょう。 

まとめ

塗料を使う場合には、塗る前の下準備や塗料の準備も重要です。塗りムラにならないよう、ローラーと刷毛をうまく使い分けましょう。ぜひ、家具やインテリアをあなた好みの色に染めてください。

水性塗料(室内用)の塗り方を動画で見る

loading

関連するキーワード

となりのカインズさんをフォローして最新情報をチェック!

  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

RELATED関連する記事

POPULAR人気の記事

  • Daily
  • Weekly

広告掲載について

NEWS LETTER ニュースレター

Webライター・イラストレーター募集

取材のご依頼や情報提供はこちらから