リンクをコピーしました

  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • もっと見る

本や漫画の黄ばみを取るのは意外と簡単! 表紙・製本傷みの修復方法をまとめて解説

ユーザー

齊藤祐生(ふらり堂 店主)

齊藤祐生(ふらり堂 店主)

18歳で古本屋でバイトをはじめて以来、古本の虜に。図書館や出版社で働きましたが、やはり古本が大好き! 34歳で独立後、神戸にてふらりと気軽に立ち寄れる古本・趣味の店「ふらり堂」をオープン。古本まみれの日々を送っておりマス。

本のクリーニングは自分でできる

長年、大切に保管してきたはずの本たちが、気がつくとホコリまみれになっていたり、汚れがついていたりしませんか? 「こんなはずじゃなかった」「捨てるにはもったいない」…と思っている方、あきらめちゃいけません! ある程度は、自分で本のクリーニングができるんです! 今回、ご紹介するクリーニング方法は、カインズで購入できるものを使った気軽にできるものばかり。どうかご参照くださいネ。

本の汚れ・傷みの種類は、主に3つ

私は普段、古本を取り扱う仕事をしていることから、いろいろなお宅に買取に行って、いろんな状態の本を見てきました。本の汚れや傷みには、主に次の3つがあります。

  • 表紙の汚れ
  • 小口の汚れ
  • 製本の傷み

これらのクリーニング方法について、詳しく解説していきます。

本のクリーニング:表紙汚れの落とし方編

表紙汚れは、大きく2種類に分けられます。泥やホコリ、食べ物の汁などが付着してできた「付着物による汚れ」と「油性マジックペンでの書き込み」です。一見すると取れにくそうですが、表紙に光沢があるものでしたらほぼ確実に取ることができます。

表紙の汚れ落としに使うもの

表紙の汚れ落としに使うもの

準備するものはこちら。全部揃えても、ワンコイン(500円)で足りるくらいです。

「付着物による汚れ」を落とすとき

「油性マジックペンでの書き込み」を落とすとき

「付着物による汚れ」の落とし方

付着物による汚れ

クリーニング前

表紙の色が変わってしまうほど汚れていますね。これを落とすときに使用するものは、雑巾に霧吹きスプレー、少量の中性洗剤。これだけあれば大丈夫。

霧吹きスプレーに8割ほど水を入れる

霧吹きスプレーに8割ほど水を入れます。そこに、中性洗剤を何滴か入れ、水で薄めた洗剤を作ります。

雑巾で表紙を拭く

水で薄めた洗剤を雑巾に吹き付けて、少しずつ表紙を拭いてみてください。

雑巾で表紙を拭く2

汚れが落ちた表紙

おっ、こんなにキレイになりましたね。 ここでワンポイント。最後に、水で固く絞った雑巾で、もう一度拭いておきます。というのも、少しでも中性洗剤の成分が残っていると、本の表紙が劣化することがあるからです。

付着物による汚れ_クリーニング後

クリーニング後

キレイに拭き取って、表紙はピッカピカ! どうです? 簡単でしょう。

「油性マジックペンでの書き込み」の落とし方

油性マジックペンでの書き込み

クリーニング前

つづいて、油性マジックペンでの書き込みを落とす方法です。油性のものを分解するには、マニュキュアを落とすときに使用する「エナメルリムーバー」がもってこい。ベンジンやライターのオイルでも代用できるのですが、揮発してすぐになくなってしまうんです。

マジックで線を引く様子

ちなみに、この記事のために、光沢のある本にマジックで線を引いてしまいました。よい子はマネしないように!

エナメルリムーバーを雑巾につける

少量のエナメルリムーバーを雑巾につけて、マジック部分を拭いてみてください。ここで注意するのは、エナメルリムーバーをつけすぎたり、雑巾で強く拭きすぎたりしないこと。エナメルリムーバーは成分が強いので、表紙のコーティングが剥げてしまうことがあるんです。

慎重に雑巾で拭く

慎重に拭いていき、マジック部分が取れたと思ったところで、すぐにやめておきましょう。

汚れが落ちていく様子

上手にできると、もう、ほぼ元通りに。うん、これだけキレイになると気分がいいですネ。

マジックペンの汚れ_クリーニング後

クリーニング後

loading

関連するキーワード

となりのカインズさんをフォローして最新情報をチェック!

  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Instagram
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

RELATED関連する記事

POPULAR人気の記事

  • Daily
  • Weekly

広告掲載について

NEWS LETTER ニュースレター

Webライター・イラストレーター募集

取材のご依頼や情報提供はこちらから