リンクをコピーしました

  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • もっと見る

タカナの育て方【カインズ野菜図鑑】

調べてみた

カインズ How to 園芸編

カインズ How to 園芸編

カインズ・スタッフ自らが実践した情報満載。動画で見る「カインズ How to」の園芸関連のコンテンツを文字起こししています。

タカナの栽培に必要なもの

  • タカナの種…間引きを行うため、育てたい量より多めに用意
  • 苦土石灰…1㎡あたり150g(コップ1杯半くらい)
  • たい肥…1㎡あたり3kg(バケツ3杯くらい)
  • 化成肥料…1㎡あたり100g(コップ1杯くらい)
  • 板…1枚(土を平らにならすため)
  • 追肥(化成肥料)…コップ1杯

タカナについて

タカナの育て方 タカナとは
タカナは、ベータカロテンやビタミンCが豊富な緑黄色野菜で、免疫力を高め、動脈硬化などの生活習慣病を予防してくれます。漬物や油炒めに利用され、柔らかい葉のピリリとした辛味が食欲をそそりますよね。

タカナの育て方 栽培例
例年7月下旬〜10月頃に種をまき、10月〜翌年4月頃までが収穫期です。畑でもプランターでも育てられますが、プランター栽培の場合は野菜用の培養土で育てるといいでしょう。

タカナの育て方

タカナの育て方 畑の肥料
畑の肥料は1㎡あたり、最初に苦土石灰150g(コップ1杯半くらい)、たい肥3kg(バケツ3杯くらい)、化成肥料100g(コップ1杯くらい)を土に入れ、よく耕しておきましょう。

タカナの育て方 土の表面を平らにする
気温が20~25℃くらいになったら種をまきます。土の表面を板などで平らにならして、60cm間隔で深さ1〜2cmくらいの溝を付けたら種をまき、その上から土を薄くかぶせます。乾燥すると生育に悪影響を及ぼすため、水やりはこまめにしましょう。

タカナの育て方 間引く
本葉(ふた葉の後に生える葉のこと)が2~3枚になったら間引きを行い、苗と苗の間が10cmになるようにします。

タカナの育て方 さらに間引く
本葉が5~6枚になる頃には、間隔が40cmになるように間引きましょう。

タカナの育て方 追肥する
本葉が7~8枚になり、葉が重なり始めたら、株と株の間にコップ1杯の化成肥料を与えます。ただし肥料を与えすぎると、アブラムシなどの病害虫が発生しやすいので注意してください。

タカナの育て方 収穫
株の高さが20cmくらいになったら、根元から引き抜いて収穫していきましょう。目安としては、種まきから7週間後くらいが収穫の時期です。

タカナの育て方 4月頃にも収穫できる
寒い地域でなければ、年を越して、株が大きくなる4月頃にも収穫できます。

タカナの育て方 漬物
漬物にする場合は、日光に当てて日干しにしてから漬けると、甘味が出てきます。

タカナ栽培のポイント

寒さにあまり強くないので、寒い地域では強い霜が降りる前に収穫しましょう。また、収穫後に冷蔵保存する場合は、湿らせた新聞紙などで包んでから、乾燥しないようにビニール袋に入れるといいでしょう。

タカナの育て方について知っておきたいQ&A

Q. 春に収穫しようとしたら、花芽のついている茎が伸びているのですが、これは何ですか?

A. それは「トウ」と呼ばれる花茎で、その花茎が伸びている状態のことを「トウ立ち」といいます。タカナのトウはおいしく食べられますので、株と一緒に収穫しましょう。

Q. アブラムシ対策はどうすればいいですか?

A. アブラムシは植物の汁を吸う食害を起こすだけではなく、ウイルス病を媒介する害虫でもあります。ウイルス病に感染すると治療する薬剤はないため、忌避剤を使用したり、寒冷紗などでアブラムシの被害を防いだりしましょう。

Q. 何度も栽培したいのですが、気をつけることはありますか?

A. タカナは連作障害(同じ科の野菜を同じ場所で繰り返し作り続け、生育不良となる障害)が出やすい野菜です。一度栽培したところでは、少なくとも1年は、アブラナ科の野菜の栽培は避けるようにしてください。

タカナの栽培手順を動画で見る

loading

関連するキーワード

となりのカインズさんをフォローして最新情報をチェック!

  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

RELATED関連する記事

POPULAR人気の記事

  • Daily
  • Weekly

広告掲載について

NEWS LETTER ニュースレター

Webライター・イラストレーター募集

取材のご依頼や情報提供はこちらから