リンクをコピーしました

  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • もっと見る

みかんの花 | 特徴や花言葉、種類までわかりやすく解説

調べてみた

株式会社カインズ グリーン・ガーデン部【公式】

株式会社カインズ グリーン・ガーデン部【公式】

ホームセンター・カインズのグリーン・ガーデン部が、お花・野菜・観葉植物・多肉植物・家庭菜園・庭造り・畑作りなどに関する専門知識や栽培方法、ノウハウなどを解説します。

みかんとは、スーパーや青果店で手軽に買え、一般家庭でよく食べられる果物です。農園にでもいかなければ花を見かけることがないので、気になっている人もいるでしょう。この記事では、みかんの花に興味を持っている人に向け、みかんの花の特徴や花言葉、種類について解説します。より一層みかんを楽しむために参考にしてください。

みかんの花の特徴

みかんと花

果物のみかんについては、多くの人が知っています。ただし、みかんの花を見たことがある人は、あまりいないかもしれません。

みかんは、5枚の花びらで包まれた真っ白な花を咲かせます。花の直径は3cmほどと小さめで、花の中心には黄色い大きめのめしべが立ち、その中心を細かなおしべがぐるりと取り囲みます。

果実に負けず劣らずの甘い香りは、みかんの花の特徴です。果実は柑橘系のさっぱりとした香りを放ちます。一方、みかんの花は、ジャスミンの香りに似ていると言われるほど濃厚な香りを放ちます。

みかんの花の開花時期

みかんは、初夏に花を咲かせます。見頃とされる時期は、5月初旬の約2~3週間です。ただし、花が咲いたとしても、若い木であればみかんが実るとは限りません。なぜなら、みかんが実をつけ始めるには植えつけから3~6年の時間が必要とされるためです。

なお、成長したみかんの木は、秋から冬にかけて実をつけます。

みかんの花言葉

みかんの花

みかんには「純潔」「清純」「親愛」「花嫁の喜び」などの花言葉があります。「純潔」「清純」は、初夏に咲くみかんの白い花からイメージされたものです。

「親愛」「花嫁の喜び」という花言葉には、オレンジが関係しています。かつてヨーロッパでオレンジは「花嫁の守り神」とされ、男性から女性にオレンジの花がプレゼントされたり、結婚式に花嫁がオレンジの花を髪に飾ったりという習わしがありました。

実際はオレンジとみかんは種類が異なりますが、花言葉が作られた際は、同じ柑橘系のくくりで捉えられたと考えられます。

みかんとは?

みかんの木

みかん(学名:Citrus L. 英名:Citrus unshiu)はミカン科・ミカン属で、原産地は中国です。温州みかんや有田みかんとも呼ばれ、収穫期は9〜2月です。花や葉、果皮には半透明の油点があります。また「フラベド」と呼ばれる外果皮により、果実はオレンジ色に見えます。

みかんの由来

みかんは漢字で「蜜柑」と書きます。みかんは室町時代に原産地の中国から渡来し、当時の柑橘系と比べ、強い甘みが話題になりました。つまり蜜柑という名前には、蜜のように甘い柑橘系という意味合いがあります。

また、学名の「Citrus」は、ラテン語でみかん科の常緑低木を表すCitrus(キトルス)に由来しています。

みかんとオレンジの違い

実は、みかんとオレンジは、同じ地方で生まれました。アジア方面で広まったものがみかん、ヨーロッパ方面で広がったものがオレンジとされています。いずれも柑橘系ではありますが、それぞれ皮や味の特徴は大きく異なります。

みかんは皮が比較的柔らかく、手で剥けるものもあるほどです。一方、オレンジの皮は硬く、ナイフや包丁などの道具を使わないと食べられません。味は、みかんはさっぱりとした甘みで、オレンジはしっかり濃厚な味わいが特徴です。

みかんの効能

みかんの実

みかんには、ビタミン類、葉酸、カリウムなどの栄養が豊富に含まれ、健康や美容に効果を発揮します。たとえばビタミン類は、肌荒れ対策に有効です。ほかにも高血圧や動脈硬化への対策としては、水溶性食物繊維のペクチンが期待できます。

なお、みかんの栄養は果皮に多く含まれます。果皮とは外側のオレンジ色の硬い部分や、白い筋のような部分を指します。栄養を十分に取るには、普段は捨てがちな筋の部分も食べましょう。

みかんの主な種類

流通量が多いみかんについて、品種の成り立ちや原産地、果実の特徴などを紹介します。

温州みかん

温州みかん

温州みかんは鹿児島県が原産で、日本でもっとも多く生産されるみかんです。もともと温州みかんは秋から冬にかけて収穫されていましたが、現代ではあらゆる時期に収穫されるようになりました。特に、初夏から夏にかけ出回る品種は「ハウスみかん」と呼ばれます。

いよかん

いよかん

いよかんは、みかん類とオレンジ類の自然交配によって、偶然誕生した品種であるといわれています。いよかんは愛媛県が原産です。果汁が多くしっかりした甘みが特徴で、1~2月頃に旬を迎えます。

はっさく

はっさく

はっさくは黄色く分厚い外皮が特徴で、独特の酸っぱさと苦みがあります。そのままでも果実を楽しめますが、マリネのような料理に使用するのもおすすめです。はっさく特有の風味が料理の味を深めます。

デコポン

デコポン

スーパーではデコポンという名前で並んでいますが、正式な名称は「不知火」です。糖度とクエン酸比率などの条件をクリアした一部の果実が、デコポンと呼ばれ流通します。なお、デコポンは熊本県原産で、春先に収穫されます。

みかんの選び方

おいしそうなみかん

おいしいみかんは、外観で見わけられます。まず、ヘタが小さく枯れていないものを選びましょう。また、外皮については、濃いオレンジ色で、触ったときにハリとなめらかさを感じるものがおすすめです。一方、皮がブヨブヨしてやわらかいものは、果肉が少ない傾向です。

最後に、みかんを持ちあげてみてください。ずっしりと重いものには、果肉や果汁がたっぷりつまっています。

みかんの楽しみ方

アロマオイル

みかんの楽しみ方を紹介します。みかんは果実を味わうだけでなく、花もあらゆる方法で活用できます。

蜂蜜

みかんの花から摂れた蜂蜜は、品種により風味や香り、色などが異なります。通常の蜂蜜と比べ、みかんの蜂蜜は透明度が高く、柑橘系らしい爽やかな甘みと酸味、すっきりとした後味が特徴です。

なお、みかんは国内の生産量が多く、ほかの蜂蜜とは異なり大部分が国産です。みかんの蜂蜜を購入したい人は、スーパーやネットショップで入手しましょう。みかんならではの、自然な甘みを堪能してみてください。

アロマオイル

みかんの花から抽出したエキスは「ネロリ」と呼ばれ、アロマオイルとして使われます。本来ネロリとは、みかんの一種である「橙(だいだい)」の花から得た精油を指すものでした。近年は、橙以外の柑橘類から抽出した精油もネロリと呼ぶ場合があるので、購入の際はよく確認するようにしてください。

ネロリは爽やかで上品な香りが特徴で、アロマテラピーやアロママッサージ、アロマバスなどに向いています。

花茶

花茶とは中国発祥のお茶で、香り豊かな花をお茶として味わうものです。ジャスミン茶やハーブティーなども花茶の一種で、果実や花がお湯のなかでゆらめく様子を楽しめるタイプもあります。

かつて、みかん科のオレンジの花茶は、月経時の気分を和らげる薬として用いられてきました。甘い香りを存分に堪能できるみかんの花茶は、リラックス効果にすぐれます。また神経やメンタルの不調が和らぎ、不眠症の改善が見込めるとも言われています。

シロップ

みかんの花を、グラニュー糖と水とともに煮込むとシロップの完成です。みかんの開花は短いため、時期を逃さず摘みましょう。シロップ1,000mLに対し、用意する花は25~50g程度です。

シロップは、紅茶やお菓子の香りをつける、ヨーグルトやデザートに加える、炭酸割りや水割りにして飲むなど幅広くアレンジできます。自宅でも作れるため、挑戦してみましょう。

まとめ

みかんは多くの家庭で親しまれている果物ですが、花にも注目してみましょう。初夏に咲く白い花は清楚で愛らしさが印象的です。また、香り高いみかんの花は、蜂蜜やアロマオイルなどの商品に活用されます。

カインズの公式通販・オンラインショップは、数あるホームセンターのショッピングサイトのなかで、売上No.1を誇ります。また、オリジナル商品の取扱いが豊富で、ガーデニングに必要な園芸用品・土・肥料・ホースなどがボタン1つでそろうのでぜひ利用してみてください。

みかんの取り扱いも豊富!ホームセンター通販のカインズの公式通販・オンラインショップはこちら

loading

関連するキーワード

となりのカインズさんをフォローして最新情報をチェック!

  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Instagram
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

RELATED関連する記事

POPULAR人気の記事

  • Daily
  • Weekly

広告掲載について

NEWS LETTER ニュースレター

Webライター・イラストレーター募集

取材のご依頼や情報提供はこちらから