リンクをコピーしました

  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • もっと見る

初心者にもできるパイナップルの育て方・栽培方法【解説動画付き】

ユーザー

カインズ How to 園芸編

カインズ How to 園芸編

カインズ・スタッフ自らが実践した情報満載。動画で見る「カインズ How to」の園芸関連のコンテンツを文字起こししています。

パイナップルについて

パイナップルの育て方 パイナップルについて

食用として知られているパイナップルですが、実は家庭でも簡単に育てることができます。ほのかに香りが漂い、南国気分を味わうことができるパイナップル。もともとはブラジルなどの熱帯地方で多く生産されていますが、日本では沖縄でもパイナップルの栽培が行われています。自宅の鉢植えでも花を咲かせるだけでなく、果実が収穫できるまで育てることが可能です。

この記事ではパイナップルの育て方を徹底解説します。

パイナップルの栄養素

カットしたパイナップル

パイナップルにはビタミンA、ビタミンCなどが豊富に含まれていますが、特に多く含む成分がビタミンB1です。新陳代謝の促進や疲労回復の効果が期待できます。クエン酸も共に豊富なので、食欲を刺激したり、消化を促進する働きも。

さらに肉のタンパク質の分解を助け、消化されやすくなるたんぱく質分解酵素であるブロメラインも注目されています。60℃以上に加熱すると活性が失われてしまうので、生で食べたり加熱時間を短くするなど工夫してみましょう。

パイナップルの育て方次第で栄養価たっぷりの果実が成るので、栽培上でのポイントを紹介していきます。

パイナップルの栽培に必要なもの

パイナップルの鉢植え

  • パイナップルの苗…育てたい分だけ用意
  • 植木鉢…育てたい苗の数と同数を用意
  • 花用の培養土…植木鉢のサイズに合わせて適量
  • 化成肥料(リン酸が多いもの)…植木鉢のサイズに合わせて適量
  • ガーデニング用のハサミ
  • 軍手

事前準備のポイント

パイナップルと青空

パイナップルは酸性土壌でよく育ちます。植木鉢、水はけのよい酸性土もしくは鹿沼土を用意し、リン酸を含んだ化成肥料は成長期に土の表面に置きながら管理します。実がなるまでに約3年の月日がかかりますが、花果実パイナップルの甘い香りを楽しむことができます。

パイナップルの栽培時期について

パイナップルの育て方 栽培カレンダー

パイナップルは植えてから約3年ほどで実をつけます。収穫は9月~11月頃で、実が柔らかくなり香りが強くなってきたタイミングで行います。暖かい地域では地植えも可能ですが、気温が低くなる地域で育てる場合は鉢で育て、室内に移動しやすいようにするのがいいでしょう。

パイナップルの食べ頃を見分ける方法

おいしそうなパイナップル

果物は桃やメロンなどのように少し置いておくとより甘くなっておいしくなるという印象がありますが、パイナップルは「追熟」ができません。そのため食べ頃を狙って収穫することが大切です。

スーパーでパイナップルを購入するときにも、まさに今食べ頃のものを見極めるようにするとよりおいしくいただけますよ。あまり収穫後放置してしまうと劣化してしまうので、早めに食べるようにしましょう。

  • 葉が濃い緑でピンとして枯れていないもの
  • やや下膨れでずっしり重いもの
  • 実の部分が黄みをおびているもの
  • 底の部分にカビが合えていないもの
  • 甘く良い香りがするもの

パイナップルの栽培方法・育て方

実がなったパイナップルの木

それでは、実際にパイナップルの育て方を解説していきます。

植え付けの時期と肥料について

パイナップルの植え付け

パイナップルの植え付け時期は5月~8月頃です。鉢植え用の苗木や種から育てる方法もありますが、市販のパイナップルのクラウン部分を植えると、実がなるまでの期間が短くなります。肥料は5月~9月頃の成長期に、リン酸がやや多めの化成肥料を土の表面に置くといいでしょう。

パイナップルを育てる場所

パイナップルの育て方 場所の選び方1

パイナップルは高温多湿の環境を好み、適温も2030と比較的高いことが特徴です。暑さや日差しに強いため、日当たりの良い場所で管理するようにしましょう。

パイナップルの育て方 場所の選び方2

暑さには強いパイナップルですが、真夏にコンクリートの床やベランダに鉢を直置きしておくと、温度が上がってパイナップルが弱ってしまいます。夏は高温に注意しながら、床と鉢の間に隙間を作って風通しを良くするなど、管理方法を工夫するようにしましょう。

パイナップルの育て方 場所の選び方3

パイナップルは寒さには強くありません。気温が低くなる秋以降は室内に置くようにし、10℃以下にならない場所で育てましょう。冬は成長が鈍くなりますが、極端に温度が下がらない限りは保温などを行う必要はないでしょう。

パイナップルの栽培方法・育て方のポイント

パイナップルの育て方 水やり1

パイナップルの成長期である春から秋にかけては、土の表面が乾いたらたっぷりと水を与えましょう。特に、果実がついている場合は水の量も増やし、乾かしすぎないように管理することが大切です。

パイナップルの育て方 水やり2

冬の間は、1013の気温が保たれれば、乾かしすぎないように水を与えましょう。また、過湿になると根腐れを起こすことがあるため、土の表面が乾いてから水をあげるといいでしょう。もし気温を保つのが難しく10℃以下になる場合は、水やりの回数を控えて乾かし気味にするのがポイントです。

パイナップルの株を増やす3つの方法

たくさんのパイナップル

パイナップルは一つの株から1個の実ができます。収穫後は成長が止まってしまうので、また新しい株から育てていくことになります。

この株の増やし方にはいくつか方法がありますが、代表的な3つの方法をご紹介します。

パイナップルの冠芽(かんが)から増やす方法

新しい芽の植え付け

まずは冠芽から株を増やす方法です。 冠芽はパイナップルの実の頭にはえている葉の部分です。収穫したパイナップルの冠芽を切り離して水耕栽培や土に植えて根を出して育てていきます。パイナップルの実が育つまでは2年から3年ほどかかるため、気軽に試せる方法ですがそれなりに時間がかかってしまう方法でもあります。

パイナップルの裔芽(えいが)から増やす方法

パイナップルの裔芽

裔芽とはパイナップルの実の根元に映えてくる新芽です。この裔芽がたくさん生えてくると実の成長を妨害してしまいます。10㎝くらいになったら親株からとって別の鉢などに植え付けましょう。早ければ1年ほどでパイナップルの実ができますよ。

パイナップルの吸芽(きゅうが)から増やす方法

パイナップルの吸芽

吸芽は親株の葉のわきから映える新芽です。吸芽が出てきたら親株からとって別の鉢に植え付けると1年から1年半ほどで実がつきます。親株から取らずに放置していてもその吸芽から新たなパイナップルの実ができますが、徐々に収穫できるパイなプルが小さくなってしまうので、数年で新たな場所に植え付けていく方が良いでしょう。

パイナップルの栽培方法・育て方の注意点Q&A

パイナップルの葉

Q.市販のパイナップルを使って栽培する方法を教えてください。

A.市販で販売されているパイナップルを使って育てる場合は、まずは葉っぱが付いたクラウン部分を2~3cmほど果肉を付けて切り取ります。次に、下葉を5~6枚ほど取り除き、3~4日ほど日陰で切り口を乾かします。切り口が乾いたら切り口の部分を土に植えるようにして鉢に植えましょう。

また、葉を45枚だけ残して芯だけの状態にし、同じく乾燥させて雑菌がつかないようにしてから土に植えるという方法もあります。この場合はしっかりと土にさして安定させるようにしましょう。

Q.パイナップルを植える土はどんなものがいいですか?

A.パイナップルはアルカリ性ではなく、水はけのよい酸性土や鹿沼土が適しています。アルカリ性の土で育てると微量要素欠乏症状で枯れてしまうため、地植えなどは注意が必要です。

Q.パイナップルをお手入れする際のポイントはありますか?

A.パイナップルは実がなるまでに時間がかかりますが、先のとがったユニークな形をした葉は観賞用としてもおすすめです。育てている間は枯れ葉などを定期的に取り除き、ペットや小さな子どもがいる家庭では先のとがった部分をハサミなどでカットするとケガ予防になるでしょう。また、葉は素手で触ると手を切ってしまうことがあるため、軍手を着用するのがいいでしょう。

パイナップルの栽培方法・育て方の解説動画

パイナップルは果実が実る部分に紫紅色の花を咲かせます。実がなるまでに約3年の期間がかかりますが、見た目が独特で葉だけでも鑑賞用として楽しむことができます。パイナップルの実がつくと、まるで南国のようなフルーティーな香りが漂います。気軽に育てることができるので、ぜひ一度育ててみてはいかがでしょうか。

loading

関連するキーワード

となりのカインズさんをフォローして最新情報をチェック!

  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Instagram
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

RELATED関連する記事

POPULAR人気の記事

  • Daily
  • Weekly

広告掲載について

NEWS LETTER ニュースレター

Webライター・イラストレーター募集

取材のご依頼や情報提供はこちらから