リンクをコピーしました

  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • もっと見る

紫の花の育て方や種類は?季節ごとに人気の花をピックアップして解説!

調べてみた

株式会社カインズ グリーン・ガーデン部【公式】

株式会社カインズ グリーン・ガーデン部【公式】

ホームセンター・カインズのグリーン・ガーデン部が、お花・野菜・観葉植物・多肉植物・家庭菜園・庭造り・畑作りなどに関する専門知識や栽培方法、ノウハウなどを解説します。

紫の花には、さまざまな種類が存在します。花の種類によって育て方のポイントは異なるため、それぞれの違いを理解したうえで育てましょう。この記事では、紫の花を育てたいと考えている人に向けて、紫の花の育て方や紫の花の種類を解説します。美しい紫の花を楽しむため、ぜひ参考にしてください。

紫の花に対するイメージ

紫の花

紫は赤と青が混ざってできた色です。古くから紫には高貴で上品なイメージがあり、優雅さを表す色として知られてきました。紫には非日常的でミステリアスな印象もありますが、その一方で人の心を癒す側面もあります。紫の花を育てれば、自然と穏やかな気持ちになれるでしょう。

紫の花の育て方:チューリップ

チューリップ

紫の花の中でも、チューリップは高い人気があります。ここでは、チューリップの育て方について解説します。

準備するもの

チューリップの球根

チューリップは種からでも育てられますが、球根になるまで数年かかります。そのため、球根を購入して育てるのが一般的です。球根はずっしりとした重みがあり、汚れや傷がなるべくついていないものを選びましょう。

また、球根3個を植える場合は、直径15cmの植木鉢が目安です。土は培養土を使用しましょう。

植え方

チューリップの球根の植え方

チューリップの球根は消毒液で消毒し、10~11月上旬頃に植えます。植木鉢に培養土を入れたら、球根3個分の深さを目安に穴を掘ります。球根の頭が上になるように穴の中に置き、上から培養土をかぶせて水やりをします。

育て方

チューリップの育て方

土の表面が乾いてきたら、植木鉢の底から水が流れ出るくらいしっかりと水やりをしてください。また、花が咲くまでの間は、固形の緩行性肥料を土に混ぜて与えます。花が咲き始めた後は、2週間に1回程度、水で薄めた液体肥料を与えましょう。これは、球根を回復させるためです。

紫の花の育て方:サフラン

サフラン

ここでは、紫の花として知られるサフランの育て方を解説します。

準備するもの

サフラン球根

サフランは球根から育てます。サフランを育てるには、栄養が豊富で水はけのよい土が最適です。ただし、ある程度の保水性が必要なため、腐葉土などを使用しましょう。

植え方

サフランの球根の植え方

サフランは、夏の終わりから秋の初めの時期に植えます。球根1個分の深さを目安にして穴を堀り、球根を土に植え付けましょう。ただし、地植えする場合に限っては、球根2個分の深さを目安にしてください。

複数の株を同じ鉢や花壇に植えるときは、10cm程度の間隔を空けて球根を植えるのがポイントです。

育て方

サフランの花

植えたばかりの頃は夏で暑いため、最初は特にたっぷりと水を与えましょう。ただし、その後はほとんど水やりをしなくても問題ありません。地植えした場合は、雨で補給される水分だけで問題なく成長します。

肥料を与えるのは、11月と2月頃の2回です。適量の化成肥料を株元にまきましょう。

紫の花の育て方:ヒヤシンス

ヒヤシンス

ここでは、紫の花としてイメージされやすいヒヤシンスの育て方を解説します。

準備するもの

ヒヤシンスの球根

ヒヤシンスは球根から育てるのが一般的であり、土での栽培ではなく水栽培も可能です。土で栽培するときは培養土、土入れ、スコップなどを用意しましょう。鉢植えにする場合は、鉢も用意してください。水栽培のときは、水やポットが必要です。

植え方

ここでは、ヒヤシンスを鉢植えで栽培する場合と、水栽培する場合についてそれぞれ植え方を解説します。

鉢植えでの栽培

ヒヤシンスの鉢植え

ヒヤシンスを鉢植えで栽培するためには、まず鉢に鉢底ネットと鉢底石を入れましょう。さらに、鉢の3分の2から4分の3程度まで培養土を入れます。土に球根1個分程度の穴を堀り、球根を植え付けます。その後は、水をたっぷりと与えましょう。

水栽培

ヒヤシンスの水栽培

ヒヤシンスを水栽培する場合は、最初にポットへ水を入れて球根をセットします。根が出てくるまでは、涼しくて暗い場所に保管しておきましょう。根に光を当てないことが重要であるため、ポットの下をアルミ箔で覆うと成長を促せます。

育て方

ヒヤシンスの育て方

ヒヤシンスへの水やりは、朝から午前中の間に行いましょう。球根を植えたばかりの時期や苗の定植の際に、元肥として緩効性肥料を与えます。緩効性肥料はゆっくり効くため、長く効果が持続します。なお、水栽培では週1回程度、水の入れ替えが必要です。

紫の花の種類1:春に咲く花

ここでは、春に咲く紫の花の種類を解説します。

チューリップ

チューリップ

チューリップは、丸みを帯びた花びらが特徴的な球根植物です。開花時期は3~5月で、春の花として人気があります。紫以外にもたくさんの色があります。チューリップの花言葉は「博愛」です。

クレマチス

クレマチス

クレマチスは、「つる性植物の女王」という別名もある優雅な雰囲気の花です。紫の花を咲かせるのは、イギリスで作られたプリンスチャールズや日本原産のテッセンという品種などです。5~10月頃に開花します。クレマチスの花言葉は、「精神の美」「旅人の喜び」「策略」などです。

アヤメ

アヤメ

アヤメは、外側に反り返った紫の花びらが特徴的な植物です。葉は剣のように鋭く尖っています。アヤメの開花時期は、4~6月頃です。花言葉は「よい便り」「メッセージ」「希望」などがあります。

スイートピー

スイートピー

スイートピーは、長く延びている茎に連なるように紫の花を咲かせます。香りがよく、春の訪れを感じさせてくれる花です。スイートピーが開花するのは4~6月頃で、花言葉は「永遠の喜び」です。

ヒヤシンス

ヒヤシンス

ヒヤシンスは、花茎に小さな花が連なるように咲くかわいらしい花です。すでに触れたとおり、水栽培もできるため、さまざまな楽しみ方ができます。開花時期は3~4月で、花言葉は「悲しみ」です。

アネモネ

アネモネ

アネモネは、地中海の暖かい地域から寒い地域にかけて自生している球根植物です。紫の花だけでなく、ピンクや白などさまざまな色の美しい花を咲かせます。アネモネが開花する時期は、2~5月頃です。また、花言葉は「あなたを信じて待つ」や「悲しみ」などがあります。

ムスカリ

ムスカリ

ムスカリは、小さな紫色の花を咲かせる可憐な植物です。ヒヤシンスの近縁に当たる、ユリ科の球根植物です。草丈は10~30cmに伸びますが、それほど大きくはなりません。開花するのは3~5月頃です。花言葉は「失望」「失意」などがあります。

ルピナス

ルピナス

ルピナスは、蝶の形をした小さな花を咲かせます。葉っぱが手のひらのような形をしているところも特徴的です。ルピナスは4~6月頃に開花します。30cm程度の品種だけでなく、なかには1m程度になる品種もあります。花言葉は「どん欲」「想像力」「空想」などです。

ラベンダー

ラベンダー

ラベンダーは、優雅な香りが人気のあるハーブです。木本性植物であり、茎が長く伸びていきます。開花時期は5~7月頃です。「沈黙」「私に答えてください」「期待」「不信感」「疑惑」など、さまざまな花言葉があります。

ペチュニア

ペチュニア

ペチュニアは、薄くて透けるような見た目が特徴的な花を咲かせます。開花時期は4~10月であり、花が咲いている期間が長めです。ペチュニアの花言葉としては「あなたと一緒なら心がやわらぐ」「心のやすらぎ」などがあります。

紫の花の種類2:夏に咲く花

ここでは、夏に咲く紫の花の種類を解説します。

アジサイ

アジサイ

アジサイは梅雨の風物詩ともいわれる、初夏の代表的な花です。生えている土の性質によって花の色が変化するのが特徴的で、土がアルカリ性であれば赤、酸性であれば青に近づきます。紫の花を咲かせるのはそのためです。アジサイの開花時期は6~9月頃となっています。花言葉は「 乙女の愛」「辛抱強い愛」「移り気」「浮気」などです。

ハナショウブ

ハナショウブ

ハナショウブは、アヤメやカキツバタに似ている花を咲かせる植物です。端午の節句の花としても知られています。花が咲く時期は6~7月頃です。花言葉は「 嬉しい知らせ」や「心意気」があります。

キキョウ

キキョウ

キキョウは、可憐で美しい花が咲く夏の花です。6~10月頃に花を咲かせます。花言葉としては、「永遠の愛」「変わらぬ愛」「気品」「誠実」などがあります。

グラジオラス

グラジオラス

グラジオラスは、華やかで存在感のある美しい花を咲かせます。南アフリカや欧州などで自生しています。グラジオラスの開花時期は6~10月頃です。花言葉は「情熱的な恋」です。

トケイソウ

トケイソウ

トケイソウは、時計の文字盤に似ている個性的な花を咲かせる植物です。その見た目から「トケイソウ」という名称がつけられました。トケイソウの花が咲くのは、5~10月頃です。「信仰」「聖なる愛」「宗教的熱情」などの花言葉があります。

紫の花の種類3:秋に咲く花

ここでは、秋に咲く紫の花の種類を解説します。

ダリア

ダリア

ダリアは、存在感のあるかわいらしい花です。花のサイズは種類によっても異なるため、さまざまな雰囲気を楽しめます。ダリアの球根は、玉ねぎのような形ではなく細長い楕円形です。開花時期は、6月中旬から7月と、9月中旬から11月の2回に分かれています。花言葉は「優雅」「気品」「栄華」などです。

ホトトギス

ホトトギス

ホトトギスは日本原産の山野草であり、太平洋側を中心に広く自生しています。ユリ科に分類される植物です。ホトトギスは、8~10月頃に開花時期を向かえます。花言葉は「永遠にあなたのもの」「秘めた意志」などです。

サフラン

サフラン

サフランは香りの強い花であり、パエリアやサフランライスを黄色にするための原料としても活用されています。サフランの開花時期は、10月中旬から12月上旬です。花言葉としては「歓喜」「過度をつつしめ」「濫用するな」などがあります。

リンドウ

リンドウ

リンドウは、秋に紫の花を咲かせる山野草です。晴れた日に空に向かって花が咲きます。開花時期は9月下旬から10月中旬頃です。「悲しんでいるあなたを愛する」や「正義」などの花言葉があります。

クジャクアスター

クジャクアスター

クジャクアスターは、キクに似ている小さな花を多く咲かせます。開花時期は、8~11月にかけての時期です。花言葉は、「思い出」「悲しみ」「一目惚れ」「飾り気のない人」などがあります。

紫の花の種類4:冬に咲く花

ここでは、冬に咲く紫の花の種類を解説します。

オキザリス

オキザリス

オキザリスは、小さくてかわいらしい花が咲く華麗な植物です。紫以外にもさまざまな色の花があります。開花時期は10月下旬から2月頃です。花言葉は「けっしてあなたを捨てません」や「輝く心」などがあります。

アネモネ

アネモネ

アネモネは、古くから人間と深い関わりをもつ植物であり、神話や伝説にも何度も登場してきました。アネモネの開花時期は、2~5月頃です。花言葉は「あなたを信じて待つ」や「悲しみ」です。

クリスマスローズ

クリスマスローズ

クリスマスローズは、冬の代表的な花のひとつです。まるで花がうつむいているように咲きます。開花時期は1~3月頃です。「慰め」「中傷」「私を忘れないで」「私の不安を和らげて」などの花言葉があります。

シクラメン

シクラメン

シクラメンは、鮮やかな花を咲かせて冬の景色にアクセントを与えてくれます。大きいものから小さいものまで品種が豊富です。シクラメンは、10~3月頃に開花します。花言葉は「はにかみ」や「内気な恋」などです。

クロッカス

クロッカス

クロッカスは、草丈の割に大きい花が咲く華やかな植物です。2~4月頃に開花しますが、なかには秋に咲く品種もあります。クロッカスには「青春の喜び」や「切望」などの花言葉があります。

パンジー

パンジー

パンジーは、もともとヨーロッパに自生していたスミレを交配して作られました。大きく華やかな花を目指して交配された園芸品種です。パンジーは10~5月頃に開花します。花言葉は「もの思い」「私を思って」などです。

まとめ

紫の花にはたくさんの種類があります。季節により楽しめる花の種類は異なるため、時期や好みに合わせて選びましょう。なお、美しい花を咲かせるためには、それぞれの花の特徴に合わせて育てることが大切です。

ホームセンター売上No.1のカインズでは、ガーデニングや園芸作業に必要なアイテムを多数取り扱っています。公式通販・オンラインショップを活用すれば、ボタン一つで欲しい物を購入できます。園芸用品・土・肥料・ホースなどを豊富に取り揃えております。美しい紫の花を育てるために、ぜひ必要なアイテムをそろえてみましょう。

ガーデニング用品の取り扱いも豊富!ホームセンター通販のカインズの公式通販・オンラインショップはこちら

loading

関連するキーワード

となりのカインズさんをフォローして最新情報をチェック!

  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Instagram
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

RELATED関連する記事

POPULAR人気の記事

  • Daily
  • Weekly

広告掲載について

NEWS LETTER ニュースレター

Webライター・イラストレーター募集

取材のご依頼や情報提供はこちらから