リンクをコピーしました

  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • もっと見る

あじさい(紫陽花)の育て方|基本的なお手入れと育て方のポイントなどわかりやすく解説

調べてみた

カインズ How to 園芸編

カインズ How to 園芸編

カインズ・スタッフ自らが実践した情報満載。動画で見る「カインズ How to」の園芸関連のコンテンツを文字起こししています。

美しい花を咲かせるあじさいは、自分で育てて楽しむことも可能です。さまざまな種類があるため、自分好みのあじさいを選べます。

この記事では、園芸の初心者に向けて、あじさいの育て方をわかりやすく解説します。

くわしい栽培方法とともに、季節ごとに押さえておきたい育て方のポイントも解説するため、ぜひ参考にしてください。

あじさいはどんな植物?

あじさいはどんな植物?

あじさい(学名・英名:Hydrangea)は、アジサイ科(ユキノシタ科)アジサイ属の植物です。原産は東アジアや南北アメリカであり、1~3mの高さになる落葉低木です。

6~7月になると、色鮮やかな花を咲かせます。

あじさいの種類

あじさいの種類

あじさいにはさまざまな種類があります。ここでは、それぞれの種類の特徴を解説します。

アジサイ|手まり咲き

手まりのように丸くてかわいらしい形の花を咲かせます。手まり咲きのあじさいは「ホンアジサイ」とよばれる場合もあります。

ガクアジサイ|額咲き

ガクアジサイは、小さな蕾のような花びらが中心にあり、大きな花びらのように見えるガクで囲まれています。

ヤマアジサイ

ヤマアジサイは、日本の関東よりも西の地域で見られます。枝が細くて繊細な見た目が特徴的です。「サワアジサイ」ともよばれます。

西洋アジサイ(ハイドランジア)

西洋アジサイ(ハイドランジア)は、海外で品種改良されて生まれたあじさいです。人気があり、日本国内にも逆輸入されています。

外国種アジサイ(北アメリカ原産)

北アメリカで誕生したアジサイもあります。「カシワバアジサイ」や「アナベル」などがあり、洋風な庭にもよく似合います。

あじさいを育てる前の準備

あじさいを育てる前の準備

あじさいを育てるときはさまざまな準備が必要です。ここでは、具体的な準備方法について解説します。

苗を選ぶ際のコツ

あじさいを育てる場合、すでに花がついている開花鉢を選んで育てるのが一般的です。品種のラベルがついていることを確認し、好みにあうものを選びましょう。

あらかじめ品種をチェックしておくと、管理もしやすいです。

用意するもの

苗木や鉢とともに、あじさいを育てるために必要なものを用意しましょう。具体的には、用土、剪定用のハサミ、スコップ、じょうろ、割り箸などを準備してください。

あじさいを育てる場所

あじさいを育てる場所

あじさいを育てるのは、風通しがいい場所がおすすめです。鉢植えで育てる場合は軒下に置くと、ほどよく日に当てながら育てられます。

地植えで育てる場合は、あまり寒すぎる場所は避けましょう。霜や風にも要注意です。

あじさいを育てる際の日当たり

あじさいを育てる際の日当たり

あじさいを成長させるためには日の光が必要であり、日向や半日陰などで管理するのがおすすめです。

ただし、強い日差しが当たると葉焼けの原因になるため、夏場の直射日光や西日には当たらないように気を付けましょう。

あじさいの育て方【1】用土

あじさいの育て方【1】用土

基本的に、あじさいは水はけと水もちの両方のバランスがいい土で育てる必要があります。

また、あじさいのなかには、土の性質によって花色が変化する品種もあります。希望する花色にするためには、土の酸性度(PH度)にも配慮しましょう。

具体的には、土が酸性だと青、アルカリ性だとピンクの花が咲きます。

あじさいの育て方【2】植え付け・植え替え

あじさいの育て方【2】植え付け・植え替え

あじさいの植え付けや植え替えは、5~6月頃が最適です。開花時期が過ぎたら、剪定して株を整理したうえで植え付けや植え替えをしましょう。

根を傷付けないよう、慎重に作業してください。具体的な方法は以下のとおりです。

地植えの植え付け方法

茎をカットして剪定したら、それまであじさいを植えていた鉢よりもひとまわり大きい穴を地面に掘ります。腐葉土を入れて周囲の土となじませましょう。

鉢から苗を取り出したらハサミを使って丁寧に整え、穴のなかに置きます。掘り出していた土を戻し、割り箸を使って隙間なく土が入るようにしてください。

その後、じょうろで水をたっぷりと与えます。

鉢植えの植え替え方法

鉢植えに植え替える場合も、あじさいをあらかじめ剪定しておきます。ひとまわり大きな鉢に鉢底ネットや鉢底石を敷き、用土を入れましょう。

植え替え前の鉢から苗を取り出し、ひとまわり小さくなるようにカットします。

苗を置いたら鉢との隙間がなくなるように用土を追加し、割り箸で突きながら土を入れていきます。鉢底からあふれるまで水を与えましょう。

あじさいの育て方【3】水やり

あじさいの育て方【3】水やり

あじさいはたくさんの水を必要とする植物であり、水切れしないように注意が必要です。水やりは週1回程度を目安とし、土の表面が乾いてきたらその都度水を与えましょう。

夏の暑い時期は、朝と夕方の2回に分けて水やりをしてください。冬は土が乾燥しないように気を付けつつ、水やりの回数を少なめにします。冬の水やりの時間帯は午前中がおすすめです。

あじさいの育て方【4】肥料

あじさいの育て方【4】肥料

花が咲き終わってから1か月が経過したら、発酵油かすの固形肥料や化成肥料を与えましょう。

休眠期に入った後は、あじさい用に市販されている肥料や発酵油かすの固形肥料などを根元に埋めるとしっかり栄養が行き渡ります。

鉢植えで育てている場合は、10日に1度の頻度で液体肥料を与えると効果的です。

あじさいの育て方【5】花がら摘み・剪定

あじさいの育て方【5】花がら摘み・剪定

花がら摘みは7月上旬から9月中旬、剪定は11月下旬に行いましょう。花がら摘みや剪定をするのは、あじさいを長く楽しむためです。

花が大きくなりすぎないようにし、栄養が次の花にもしっかり行き渡るようにする効果を期待できます。

また、あじさいは今年花が咲いた枝に翌年花が咲かない品種が多いです。

花がら摘みや剪定の時期が遅れると花が咲きにくくなる恐れもあるため、タイミングを意識して対応してください。

あじさいの育て方【6】種まき

あじさいの育て方【6】種まき

あじさいの種まきに適しているのは3月または11月です。種をまいてから花が咲くまでには、3~4年程度の期間がかかります。

種の採取方法

あじさいの種は、11月頃になると花から採取できます。種を採取する予定であれば、花がら摘みや剪定をせず11月頃まで残しておきましょう。

あじさいの種は小さいため、採取する際に落とさないよう小さな袋を用意しておくと安心です。

種まきの手順

トレーに種まき用の培養土を敷きます。種まき用の培養土は市販されていて簡単に手に入りますが、小粒の赤玉土でも代用可能です。

土に水をかけたらそのまま種をまきましょう。種をまいた後は土をかぶせる必要はありません。基本的に、土に水を染み込ませる底面給水で水やりしながら育てます。

本葉が4枚程度出てきたら、鉢に植え替えましょう。

あじさいの増やし方

あじさいの増やし方

あじさいは、増やして楽しむ方法もあります。あじさいの増やし方について、具体的に解説します。

挿し木

挿し木には、「緑枝挿し」と「休眠枝挿し」があります。緑枝挿しの適期は5~7月または9月です。花芽がついていない、今年伸びた枝を切り取り、挿し床に挿して育てます。

休眠枝挿しは2~3月の休眠期に行う方法であり、昨年伸びた花芽がついていない枝を使用します。切り取った枝を挿し床に挿し、たっぷり水を与えて育てましょう。

株分け

あじさいの株分けは、11月から翌年3月頃に実施します。苗を土から取り出し、傷んだ根は丁寧に取り除いておきましょう。

ハサミやナイフを使って苗を切り分けます。株が大きい場合はのこぎりを使っても構いません。分けた株はそれぞれ植え、たっぷり水やりをして土に定着させてください。

取り木

取り木とは、あじさいの枝を誘引し、枝から根を生やす方法です。6月に取り木をすると成功しやすくなります。

長く伸びている枝を折り曲げ、地面につくようにしましょう。芽がついている部分に土をかけ、そのままの状態を保てるようにします。

数か月が経過するとしっかり根が伸びるため、もとの株から切り離して植えてください。

あじさいの育て方のポイント

あじさいの育て方のポイント 

あじさいを育てるには、どのような点を意識したらいいのでしょうか。具体的なポイントを解説します。

夏場の栽培におけるポイント

夏場は日差しが特に強くなるため、あじさいを直射日光に当てないように気を付けましょう。また、水を与えても乾燥しやすく、水切れにも注意が必要です。

土の状態を確認し、十分な水を与えてください。

冬場の栽培におけるポイント

冬は寒くなりすぎないよう、風があまり当たらない場所にあじさいを配置します。水やりは回数を減らしますが、水を与える場合は午前中にしてください。

あじさいは冬になると枯れているように見えるものの、適切な環境を保てば春にまた花を咲かせます。

あじさいを育てる際に注意したい病害虫

あじさいを育てる際に注意したい病害虫

あじさいには、さまざまな病害虫がつくリスクがあります。注意したい病気や害虫について解説します。

病気

あじさいは、花が灰色になる「灰色かび病」にかかりやすいです。また、褐色の斑点が出る「炭そ病」や、白い粉がついているように見える「うどんこ病」になる場合もあります。

いずれも原因はかびであり、風通しが悪いせいで発生します。風通しのいい場所に置いたり、あらかじめ薬剤を散布したりして予防しましょう。

症状が出たときは、該当箇所を切り取って被害の拡大を防いでください。専用の薬剤をしっかり散布するのも重要です。

害虫

あじさいには、アブラムシ、ハダニ、コウモリガの幼虫などが発生する可能性があります。いずれもあじさいから栄養を吸い取ってしまうため、みつけたら早い段階で駆除しなければなりません。

アブラムシやハダニは、薬剤を散布すると駆除できます。ハダニは霧吹きの水でも取り除けます。コウモリガの幼虫が発生した場合は、枝を切り取って処分した方がいいです。

木くずに似た糞がつくため、みつけたらすぐに枝ごと取り除いてください。

あじさいの育て方|年間作業カレンダー

あじさいの育て方|年間作業カレンダー

あじさいの栽培のために必要な作業の適期をまとめると、以下のとおりです。

時期
種まき 3月、11月
植え付け・植え替え 5~6月
肥料 1月、7月、12月
開花 5~7月
花がら摘み 7月上旬~9月中旬
剪定 7月

 

まとめ

あじさいの花を楽しむためには、さまざまな作業が必要です。丁寧に育てれば、より美しい花を長く楽しめるようになります。好みにあうあじさいを選び、栽培してみましょう。

株式会社カインズの公式通販・オンラインショップでは、あじさいを育てるために必要なアイテムが多数そろっています。

オリジナル商品も豊富であり、土や肥料などもボタンひとつで手配可能です。あじさいを育てて楽しむために、ぜひ利用してください。

あじさいの取り扱いも豊富! ホームセンター通販のカインズの公式通販・オンラインショップはこちら

loading

関連するキーワード

となりのカインズさんをフォローして最新情報をチェック!

  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Instagram
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

RELATED関連する記事

POPULAR人気の記事

  • Daily
  • Weekly

広告掲載について

NEWS LETTER ニュースレター

Webライター・イラストレーター募集

取材のご依頼や情報提供はこちらから