リンクをコピーしました

  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • もっと見る

【ぬいぐるみの整理術】子どもが片付けたくなる「段ボール水族館」の作り方

作ってみた

田中いつき

田中いつき

東京農業大学卒業後、自然体験活動団体勤務を経て、2014年からフリーランスのライターとしてライフスタイル、エンタメ、レシピ作成、生き物記事などを執筆。こまごまとしたものを作るのが好き。カインズを遊園地だと思っている節がある。

ぬいぐるみは、なぜか増える

たくさんのぬいぐるみ
ぬいぐるみというのは、気がつくと増えている。なぜかはわかりません。

そんなこんなで、収納ができなくなってきて、始終、家の中に転がっている事態になってしまっている。これはよくないですよね……。

が、何か適当に収納用品をあてがっても、すぐに散らかってしまっています。戻す動機が薄いのが一因なのではないでしょうか。

すぐに散らかるぬいぐるみを、呆然と眺めていると、水族館にいる動物のぬいぐるみが多いことに気がつきました。では、水槽のような収納を作れば、水族館にいるような気分になって、戻したくなるはず…。

ということで、水槽を作ります。段ボールで!

「段ボール水族館」を作る道具を準備

段ボール水族館の材料
ぬいぐるみを入れるので、当然ながら、水は不要です。そして、軽い方がいい。

そうして白羽の矢が立ったのが段ボールです。 

段ボールといったら、通販の時の商品が入っているものか、スーパーで買い物の時にもらってくるもの、と認識していたのですが、売っているのです。カインズに。

そして、透明なビニールクロスと、接着剤も購入します。あとは、段ボールカッターもあれば便利です。ちなみにビニールクロスは作業の前に、平らな場所で伸ばして、クセを取っておくと、後の作業がやりやすいですよ。

段ボールに穴を開ける

段ボールを組み立てる

段ボールを箱状に組み立て、ガムテープで底面を留めます。

段ボールカッターで切る

段ボールに穴を開けていきます。まずは鉛筆等で下書きをします。サイズはお好みのサイズで良いのですが、段ボールの角から3cm程度は内側にするようにしましょう。強度が保てます。

穴が開いた段ボール
予想以上に段ボールカッターの切れ味が良くて、驚きました。角のカーブもきれいにできて、ご機嫌です。

テーブルクロスをつける

テーブルクロスを切り抜いた穴より一回り大きく切り取ります。これはハサミで簡単に切れますよ。

セメダインスーパークリアを塗る

テーブルクロスを段ボールに張っていきます。段ボールの内側、穴の縁にセメダイン スーパーXを塗ります。ヘラで均一な厚さになるようにしましょう。

テーブルクロスを貼った段ボール
全部の縁に塗れたら、テーブルクロスを張り付けます。張り付けてすぐはクロスが浮き上がってくることがあるので、押さえていると良いですよ。

窓ができた段ボール
一晩おくとしっかりくっついて、窓になりました。

loading

関連するキーワード

となりのカインズさんをフォローして最新情報をチェック!

  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Instagram
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

RELATED関連する記事

POPULAR人気の記事

  • Daily
  • Weekly

広告掲載について

NEWS LETTER ニュースレター

Webライター・イラストレーター募集

取材のご依頼や情報提供はこちらから