リンクをコピーしました

  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • もっと見る

アジアンタムの育て方とは?最適な栽培環境や水やりのコツ、肥料の与え方などについて解説【カインズ花図鑑】

調べてみた

カインズ How to 園芸編

カインズ How to 園芸編

カインズ・スタッフ自らが実践した情報満載。動画で見る「カインズ How to」の園芸関連のコンテンツを文字起こししています。

アジアンタムについて

アジアンタムの育て方とは? アジアンタムについて

優しい印象を持つアジアンタム。小さな葉が風にそよぐ様子がとても涼しげな植物です。「ホウライシダ」や「クジャクシダ」と呼ばれることもあります。花言葉は「繊細」「無垢」「天真爛漫」「無邪気」などです。

アジアンタムを育てる際に必要な物

  • アジアンタムの種…育てたい分だけ用意
  • 鉢…育てたい数と同数を用意
  • 用土…植木鉢のサイズに合わせて適量
  • 肥料…植木鉢のサイズに合わせて適量
  • ハサミ
  • 軍手
  • じょうろ
  • 霧吹き

アジアンタムの育て方

では、実際にアジアンタムの育て方について解説していきます。

アジアンタムのフラワーカレンダー

アジアンタムの育て方とは? アジアンタムのフラワーカレンダー

アジアンタムの植え替えは5月〜7月中旬までに行います。2年に1回くらいが目安です。

アジアンタムに最適な栽培環境

アジアンタムの育て方とは? アジアンタムに最適な栽培環境1

アジアンタムを育てるには、室内の明るい場所が最適です。強い日差しと乾燥に弱いので、直射日光やエアコンの風には当てないようにします。

アジアンタムの育て方とは? アジアンタムに最適な栽培環境2

寒さには弱いので、最低5℃以上の室温を保ちましょう。

アジアンタムの水やりのコツ

アジアンタムの育て方とは? アジアンタムの水やりのコツ1

アジアンタムは空気中の湿度が高い環境でよく育つので、水やり以外にもこまめに霧吹きで葉や茎に水をかけてあげましょう。

アジアンタムの育て方とは? アジアンタムの水やりのコツ2

土の表面が半乾きになってきたら、まだ湿っているうちにたっぷりと水を与えます。

アジアンタムの育て方とは? アジアンタムの水やりのコツ3

水切れすると枯れますが、水を頻繁にやりすぎると根腐れしてしまうので、ほどほどを心がけましょう。

アジアンタムへの肥料の与え方

アジアンタムの育て方とは? アジアンタムへの肥料の与え方

根を傷めてしまうので、濃い肥料は厳禁です。追肥として2か月に1回、ゆっくりと効く固形肥料を与えます。

アジアンタムの育て方について知っておきたいQ&A

Q.アジアンタムを育てる際に気を付けるべき害虫などはありますか?

A.アジアンタムは湿度の高い環境を好むため、ナメクジ、カタツムリなどが発生しやすいです。新芽が狙われやすいので、発見次第、割り箸などでつまんで捨てましょう。誘殺剤などを使って駆除する方法もあります。

また、葉の裏のブツブツは胞子の袋であり、勘違いされやすいのですが虫の卵ではありません。間違ってばっさり切り捨てないように注意してください。

Q.アジアンタムの増やし方は?

A.「株分け」で増やせます。株分けに最適な時期は5月〜8月頃で、寒い冬の時期までにしっかり根を張らせるためには、遅くとも9月までに行いましょう。大きく生育した株の場合は、植え替えと同時に株分けをするのがおすすめです。

ナイフなどを使って株元に切れ目を入れてから、手で2〜4株くらいに割きます。発芽するまでは乾燥しないように日陰で管理し、発芽したら通常通りの管理に戻しましょう。

Q.アジアンタムにはどのような土が適していますか?

A.水はけが良い土が最適です。市販で売られている培養土でもかまいませんし、その培養土に川砂を2割くらい混ぜたものでも良いでしょう。自分で作る場合は「赤玉土(小粒):腐葉土:川砂」を「5:3:2」の配合で作るのがおすすめです。

まとめ

鮮やかなグリーンが涼しげなアジアンタムは、室内でも十分育ちますのでインテリアにもおすすめです。ときどき霧吹きで水をあげながら、寒さに注意して育てましょう。

アジアンタムの育て方を動画で見る

loading

関連するキーワード

となりのカインズさんをフォローして最新情報をチェック!

  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

RELATED関連する記事

POPULAR人気の記事

  • Daily
  • Weekly

広告掲載について

NEWS LETTER ニュースレター

Webライター・イラストレーター募集

取材のご依頼や情報提供はこちらから