リンクをコピーしました

  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • もっと見る

防草シートの敷き方【動画アリ】

調べてみた

カインズ How to DIY編

カインズ How to DIY編

カインズ・スタッフ自らが実践した情報満載。動画で見る「カインズ How to」のDIY関連のコンテンツを文字起こししています。

防草シートを敷くために必要なもの

  • 防草シート…敷きたい場所に合ったサイズのものを用意
  • 手袋
  • 除草剤…設置場所の面積に合わせて適量
  • シャベル
  • スコップ
  • 固定用U字ピン…設置場所の面積に合わせて適量
  • とんかち
  • メジャー
  • 防草用粘着テープ
  • はさみ

事前準備のポイント

防草シートには様々な種類があり、お家周り全般に使えるものや、駐車場やお墓など、使う場所に特化したシートもあります。雑草が生えるのを防ぐため、太陽光をしっかり遮断する品質のものを選びながら、用途や場所に適した防草シートを選びましょう。

防草シートの敷き方

STEP.1 シートを敷く場所を整地する

除草シートの敷き方 シートを敷く場所を整地

まずは防草シートを敷く場所を決め、その場所を整地します。雑草や石などの異物があると裂ける原因になりますので、しっかりと取り除くこと。

防草シートの敷き方 雑草を取り除く

除草剤を用いて枯らしてから、鎌で雑草を取り除きます。除草剤は、根まで枯れるタイプのものを使いましょう。

防草シートの敷き方 地面の根本までしっかり刈る

シャベルを使い、地面の根本までしっかり刈ることが大切。雑草の尖った切り株があると、防草シートが裂ける原因になるので注意が必要です。

防草シートの敷き方 石や堅い異物を取り除く

次に、石や堅い異物を取り除いていきます。特に、角の尖った砕石や凹凸の激しいものは確実に取り除きましょう。

防草シートの敷き方 雑草・石すべてを取り除く

雑草、石、堅い異物などをすべて取り除きました。次に、地面を平にしていきます。

防草シートの敷き方 地面を平らにならして整える

シャベルを使い、地面を平らにならし、整えていきます。地面の凹凸が激しいと、シートにシワができて砂埃がたまりやすく、雑草が生える原因になるので気を付けましょう。

防草シートの敷き方 前処理をきちんと行う

防草シートを綺麗に敷くためには、前処理をきちんと行うことが非常に重要。丁寧に敷くことで、効果を最大限に発揮してくれるので、しっかり手を抜かず整地しましょう。

STEP.2 シートを広げて敷く

防草シートの敷き方 壁面にかぶせて敷く

次に防草シートを敷いていきます。シートの上に砂利を敷く場合、壁際の端は長めに幅を取り、壁面にかぶせます。シートを余分に残すことで防草効果が増し、砂利の場合は上から隠せるので見た目も悪くなりません。

防草シートの敷き方 壁際にシートの端を合わせる

一方で人工芝など、シートに砂利を敷かない場合は、壁際にシートの端をぴったり合わせましょう。

防草シートの敷き方 シートを広げる

シートを広げていきます。

STEP.3 シートをピンで固定する

防草シートの敷き方 固定ピンでシートを固定

固定ピンをとんかちで打ち込み、シートを固定します。U字ピンが最後まで深く挿さるように、しっかり打ち込みましょう。

防草シートの敷き方 1m間隔でピンを打ち込む

1m間隔で固定ピンを打ち込んでいきます。固定する間隔が広くなると風が入り込み、シートがめくれる原因になります。

防草シートの敷き方 10cm以上設けてシートを重ね合わせる

防草シートを複数枚使う場合、合わせ目を10cm以上設けて、シートを重ね合わせます。隙間があったり感覚が狭かったりすると雑草が出てくる原因になるので、きちんと重ねましょう。

防草シートの敷き方 反対側も1m間隔でピンを打ち込む

同様に反対側も、1m間隔でピンを打ち込んでいきます。

防草シートの敷き方 シートの合わせ目を粘着テープで貼る

シートの合わせ目を粘着テープで貼ります。

防草シートの敷き方 土やホコリを綺麗にしてから粘着テープを貼る

粘着テープは、シートの土やホコリを綺麗にしてから貼り、貼った面を上から押して馴染ませます。浮きがでないように、隙間なくしっかり貼りましょう。

防草シートの敷き方 シートの合わせ目にピンを打ち込む

シートの合わせ目にピンを打ち込んでいきます。

防草シートの敷き方 シートをカットする

施工場所に合わせて、はさみでシートをカットします。敷地ピッタリではなく、余裕を持たせて切るようにしましょう。

防草シートの敷き方 シートを内側に折り込む

シートを内側に折り込み、整えます。

防草シートの敷き方 シートの端にピンを打ち込む

シートの端にピンを打ち込み、仕上げていきます。しっかり固定するために、U字ピンが最後まで挿さるように打ち込みましょう。

防草シートの敷き方 1mで2箇所ピンを打ち込む

シートの幅1mで2箇所ピンを打ちます。今シートを敷いている敷地の幅は約1m80cmなので、シートの合わせ目にもピンを打っています。

防草シートの敷き方 障害物に合わせてシートを整える

障害物のある場所はシートをカットし、障害物に合わせてシートを整えます。

防草シートの敷き方 シートの設置完成

これでシートの設置の完成です。しっかり隙間なく貼ることができました。

防草シートの敷き方について知っておきたいQ&A

Q. 土が固くて、U字ピンが最後まで入りません。

A. 方向を変えて挿してあげると最後まで入る場合があります。また、無理に入れようとするとピンが曲がってしまうため、その場合は釘をニッパーなどで切って長さを調整しましょう。

Q. 打ち損じたピン穴は放置してもいいですか?

A. 雑草が入り込むので、ピンシールでしっかり対策しましょう。砂埃などをしっかり取り払ってから隙間なくシールを貼ります。

Q. 防草シートに寿命はありますか?

A. 防草シートの寿命は、長い物で10年ほどといわれています。商品によって耐用年数は変わりますので、できるだけ寿命が長い物を選び、丁寧に設置して長持ちさせましょう。

まとめ

難しいイメージのある防草シートの敷き方ですが、工程通りに作業すれば、初心者でも安全にしっかり敷くことができます。長持ちの秘訣は正しく丁寧に敷くことなので、整地から根気よくやっていきましょう。

防草シートの敷き方を動画で見る

loading

関連するキーワード

となりのカインズさんをフォローして最新情報をチェック!

  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

RELATED関連する記事

POPULAR人気の記事

  • Daily
  • Weekly

広告掲載について

NEWS LETTER ニュースレター

Webライター・イラストレーター募集

取材のご依頼や情報提供はこちらから