リンクをコピーしました

  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • もっと見る

すのこボックスの作り方【動画アリ】

ユーザー

カインズ How to DIY編

カインズ How to DIY編

カインズ・スタッフ自らが実践した情報満載。動画で見る「カインズ How to」のDIY関連のコンテンツを文字起こししています。

すのこボックスを作るときに必要なもの

すのこボックスの作り方 用意するもの

  • 押入れ桐すのこ
  • 55㎜スリムビス
  • 25㎜スリムビス
  • ノコギリ
  • インパクトドライバー
  • マスキングテープ
  • パントーンカラーズ
  • キリ
  • ボンド
  • 丁番
  • 取っ手

すのこボックスの作り方の手順

STEP.1:すのこをカットする

すのこボックスの作り方 すのこをカットする01

すのこ4枚を、画像のAの箇所でノコギリを使いカットします。すのこには上下があるので、でっぱりが狭いほうを上に揃えましょう。

すのこボックスの作り方 すのこをカットする02

脚の部分をギリギリのところでカットします。4枚とも同じ位置からカットしましょう。

すのこボックスの作り方 すのこをカットする03

Bの板とCの板を、それぞれ4枚ずつ作成してください。これでカットは完了です。

STEP.2:ボックスを作る

すのこボックスの作り方 ボックスを作る01

Bの板の端から1㎝程度の場所に下穴を開けます。

すのこボックスの作り方 ボックスを作る02

Bの板4枚を、ボンドで組み合わせます。

すのこボックスの作り方 ボックスを作る03

組み合わせると、上記のようなかごの形になります。

すのこボックスの作り方 ボックスを作る04

下穴をあけた箇所を55㎜のビスで固定します。外れないように、しっかりと固定しましょう。

すのこボックスの作り方 ボックスを作る05

すべての下穴にビス止めをしたら、ボックスの組み立ては完了です。

STEP.3:底板を作る

すのこボックスの作り方 底板を作る01

次は底板を作っていきます。まず、Cの板をバラバラにします。

すのこボックスの作り方 底板を作る02

バラすときはペンチを使って引っ張りましょう。中に釘が入っているので、それもペンチで取り除いていきます。

すのこボックスの作り方 底板を作る03

バラすことで8枚の板ができあがります。これらの板をDとします。

すのこボックスの作り方 底板を作る04

Dの板6枚を図のようにセットし、ビスを打つ場所に印をつけます。

すのこボックスの作り方 底板を作る05

印をつけた後は下穴を開けていきましょう。

すのこボックスの作り方 底板を作る06

すのこボックスの作り方 底板を作る07

隙間ができないように気をつけながら底板を敷きつめます。固定には25㎜のビスを使います。ボンドを先につけてからビスで固定することで、強度が上がります。

すのこボックスの作り方 底板を作る08

これで底板の取り付けが完了しました。

STEP.4:ふたを作る

すのこボックスの作り方 ふたを作る01

残った2枚のCの板をアレンジして、ふたを作っていきます。ノコギリを使って、点線の位置をカットしていきます。

すのこボックスの作り方 ふたを作る02

カットすると、板はこのようになります。

すのこボックスの作り方 ふたを作る03

すのこボックスの作り方 ふたを作る04

2つの板を、隙間を埋めるように配置してください。外れないように、ボンドで重なった部分を固定します。

すのこボックスの作り方 ふたを作る05

ふたができあがりました。1㎝程度のねじで補強することで、扉の強度がアップします。

すのこボックスの作り方 ふたを作る06

すのこボックスの作り方 ふたを作る07

STEP.1で作ったボックスに、丁番を使ってふたを取り付けます。

すのこボックスの作り方 ふたを作る08

自分好みの色を塗って取っ手を付けたら、すのこボックスの完成です。

すのこボックスの作り方について知っておきたいQ&A

Q. どのようなすのこがボックス作りに向いていますか?

A. ヒノキを使ったものがおすすめです。水気に強く、強度的にも粘りがあるため割れにくい木材として知られており、ボックス作成などのDIYに向いています。

Q. すのこボックスはどんな場所で使うのがおすすめですか?

A. 湿気の多い場所で使うのがおすすめです。すのこは通気性が良く、水気を吸い取り発散させるという特徴をいかして空気を循環させることから、湿気予防としても広く活用されてきました。そのため、押入れなどの湿気の多い場所で使うと重宝します。もちろん、湿気の少ない場所でも使用できます。

まとめ

すのこはホームセンターなどで安価で販売されており、湿気に強い場所でも使えるなど使い勝手も抜群です。用途に合わせて、自分なりのすのこボックスを作ってみましょう。

すのこボックスの作り方の手順を動画で見る

loading

関連するキーワード

となりのカインズさんをフォローして最新情報をチェック!

  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Instagram
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

RELATED関連する記事

POPULAR人気の記事

  • Daily
  • Weekly

広告掲載について

NEWS LETTER ニュースレター

Webライター・イラストレーター募集

取材のご依頼や情報提供はこちらから