リンクをコピーしました

  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • もっと見る

男性向けおすすめ弁当箱13選|人気の大容量一段やスリム二段も紹介

スタッフ

となりのカインズさん 編集部

となりのカインズさん 編集部

カインズにまつわる情報を本社に怒られない範囲でおもしろおかしく発信します。ライター、DIYクリエイター、イラストレーターなどご協力いただける仲間を募集中だよ!

理想の男性向け弁当箱に出会うには?

理想の男性向け弁当箱に出会うには?

お弁当といえば、健康的にも経済的にも良いですよね。毎日お弁当を持参しているお弁当男子も増えています。

最近では弁当箱の種類も豊富で、たっぷり大容量のものから持ち運びしやすいスリムなもの、保温・保冷機能など様々なタイプのものがあります。

そこで今回は、弁当箱の選び方おすすめの弁当箱をご紹介します。おすすめの弁当箱は容量別にご紹介していますので、食べる人の好みに合わせて参考にご覧くださいね。

男性向け弁当箱の選び方

男性向け弁当箱の選び方

ひとことで弁当箱といっても、大きさや素材、機能もさまざまでどれを選んだらいいか迷ってしまうかもしれません。

自分が使う弁当箱にしても、誰か他の人のための弁当箱にしても、食べる量や使う状況によってピッタリの弁当箱を見つけたいもの。

ここでは弁当箱の素材や機能性の違いについて、メリットやデメリットを含めて解説しますので、弁当箱選びの参考にしてみてください。

素材の違い

まずは素材の違いについてご説明します。

弁当箱の素材としてよく使われているのが「プラスチック」「ステンレス」「アルミ」「」の4つです。それぞれの素材の特徴について見ていきましょう。

プラスチック製

プラスチック製

弁当箱の中でももっとも多くみられるのが「プラスチック製」の弁当箱ではないでしょうか。

プラスチックの良さは、電子レンジや食洗器対応商品なども多く、他の弁当箱に比べてデザインやカラーバリエーションが豊富なところといえます。また、価格が比較的安価なのも特徴です。

一方で油汚れが落ちにくいことや、ニオイ移りや色移り、劣化しやすいという注意点も挙げられます。

  • 電子レンジや食洗器対応のものが多い
  • デザインやカラーバリエーションが豊富
  • お手頃価格のものが多い
  • 油落ちしにくい
  • ニオイ移りや色移りしやすい

ステンレス製

ステンレス製

次に食器類としても定番の「ステンレス製」の弁当箱です。

ステンレスの最大の特徴といえばサビにくいこと。さらに軽くて壊れにくく、ニオイ移りや色移りの心配も少ないことが挙げられます。

デメリットをあげるとすれば、電子レンジ不可であることとやデザイン性が少ないということでしょう。

  • サビにくい
  • 軽くて壊れにくい(耐久性がある)
  • ニオイ移りや色移りしにくく扱いやすい
  • 電子レンジ不可
  • デザイン性に欠ける

アルミ製

アルミ製

「アルミ製」の弁当箱は、シンプルなデザインも多いですが、昔から長く愛されていて懐かしさも感じます。

ステンレス同様に電子レンジが使えないことや、シンプルな形状のものが多いですが、とても軽くて丈夫で、さらに熱伝導が高いという特徴があります。

熱伝導性が高いということは、作りたてのお弁当を冷ましやすいということ。夏場などはおかずを温かいまま弁当箱に詰めると傷みやすくなってしまいますが、早く冷ますことができれば雑菌の繁殖もしにくくなります。

アルミ製の弁当箱はパッキンやシール豚が付属していないものも多いので、汁もれしやすい場合もあります。

  • とても軽くて耐久性がある
  • 油汚れや臭いもキレイに落ちやすい
  • 熱伝導性が高い(お弁当を冷ましやすい)
  • 電子レンジ不可
  • シンプルなデザインが多い
  • 汁もれしやすいものが多い

木製

木製

昔ながらの弁当箱といえば、アルミ製の他に「木製」の弁当箱も挙げられます。近年はSNS映えするとして再度注目されいる素材で、木製の弁当箱に詰めただけでおいしそうに見えるのが特徴といえます。

見た目の良さだけでなく、自然素材で出来ているので弁当箱自体に調湿効果があるのもポイント。余分な水分を吸収し、適度に保湿してくれるので、ご飯が傷みにくくて、おいしい状態が長時間続きます。

木製の弁当箱には漆やウレタンなどで塗装されたものと塗装されていないものがあります。塗装されていないものは通気性や保湿性がより優れていますが、シミやカビに注意が必要で手間がかかります。

また、木製の弁当箱には密封性が低い場合が多いので汁漏れには十分注意が必要です。

  • 見栄えが良い
  • 調湿効果があって傷みにくい
  • ふっくらご飯のおいしさが長時間続く
  • 無塗装のものはシミやカビに注意が必要
  • 汁漏れに注意

保温・保冷性の有無

保温・保冷性の有無

お弁当は冷めてもおいしいですが、やはり温かいご飯の方がふっくらおいしいですよね。弁当箱の種類によっては保温機能や保冷機能が付いたものも増えています。

魔法びんのように2重構造になったタイプや保温バッグが付属しているものなど種類はさまざまですが、保温・保冷効果もそれぞれの弁当箱によって異なります。詳しくはパッケージや取扱説明書などに記載されているので、どれくらいの温度で、どのくらいキープできるのかはよく確認しておくと良いでしょう。

また、夏場に保温機能のある弁当箱を使うと傷んでしまうのではないかと心配になってしまいそうですが、ご飯やスープなどは熱く、おかずはしっかり冷まして弁当箱に詰めることで菌が繁殖しにくくおいしくいただくことができます。

保温・保冷効果が無い弁当箱でも、電子レンジ対応のものなら温めて食べることができたり、保冷剤を使うことで冷たくキープするという使い方もできます。おいしさキープや衛生面を考えて、使い勝手の良いものを選ぶと良いでしょう。

形状の違い

形状の違い

弁当箱はさまざまな形状のものがあります。代表的なものでいえば、一段型のものや二段型のものです。一段型と二段型の違いや特徴は後ほど解説いたします。

他にもスリム型どんぶり型ドーム型などの形状があります。

スリム型

  • バッグインで持ち運びしやすい
  • 小容量だけでなく、大容量のものも増えている

どんぶり型

  • 深いどんぶり型の器の中で2層構造になっている
  • 食べる直前に中身を合わせれば、丼ものや麺類が楽しめる

ドーム型

  • 蓋がドーム型になっている
  • おにぎりや揚げ物など、高さが出るものもつぶれず盛り付けられる

電子レンジ対応か否か

電子レンジ対応か否か

お弁当を食べる場所にもよりますが、オフィスなどので電子レンジが使える場所であれば「電子レンジ対応」の弁当箱がおすすめです。

最近ではステンレス製やアルミ製の弁当箱でも電子レンジ対応のものも登場しています。さらにプラスチック製の弁当箱は電子レンジ対応のものが多くだけでなく、冷凍保存できるものもあります。冷凍可能なら早朝にお弁当を作らなくても作り置きもできて、食べたい時に電子レンジで温めればいつでも食べられて便利ですね。

密閉性の有無

密閉性の有無

バッグ内に入れていたお弁当から汁が漏れて、手帳や大事な書類が汚れてしまったとか、バッグにニオイやシミが付いてしまったという経験をした方も少なくないのではないでしょうか。

蓋にしっかりとロックがついていたりパッキンやシリコーンの内蓋付きの弁当箱のような密閉性が高いものを選ぶのがおすすめ。弁当箱の本体の蓋がしっかりと密閉できるようになっているかは確認しておきましょう。

また、スープやお味噌汁、麺類など汁気の多い料理を入れる場合には、スープジャーのような汁物専用の弁当箱を選ぶのがベストです。

洗いやすさ

洗いやすさ

弁当箱は毎日のように使う方が多いですよね。食べて持ち帰った弁当箱はきちんと洗って清潔にしておきたいもの。

自分の弁当箱にしても、家族の弁当箱にしても、洗いやすさは見逃せません。

近年の弁当箱には防菌加工が施されていたり、食洗器対応だったりと様々な工夫がされてます。他にも、シンプルな構造でパーツを減らして洗いやすさに重点を置いているものも。

汁漏れ防止のパッキンは汚れもたまりやすいので、パッキンが取って洗えるものなどを選ぶのもおすすめです。

持ち運びやすさ

持ち運びやすさ

お弁当は家から学校や職場などまで持ち運ぶ必要があるので、お使いのバッグとの相性や、ポーチに収納できるかといった、持ち運びやすさも大切なポイントです。

スリムでバッグインしやすいものや、持ち手付き、専用バッグ付きのものなど持ち運びやすい商品も多数あります。スリムなものはその分容量が減ってしまう可能性もありますので、さまざまな種類を見比べてみるようにしましょう。

一段と二段、どっち?

弁当箱の形はさまざまで、デザイン性だけでなく機能面でも特徴が変わってきます。その中でも特に一段の弁当箱にするか、二段の弁当箱にするかは悩みどころ。

ここではそれぞれの弁当箱の特徴やメリット・デメリットを合わせてご紹介します。

一段の弁当箱の特徴

一段の弁当箱の特徴

一段の弁当箱は、蓋を開けた時にすべての料理が見えて、気分が上がるといった視覚的な効果があります。さらに、間仕切りの位置を変えることでご飯とおかずの量を調整することができ、その日のメニューや気分に合わせてバランスを変えられるのがポイントです。ダイエットの時はご飯を少なめにしてみたり、のり弁のようにご飯メインのお弁当の時も使いやすいですね。

一方で、一段の弁当箱にはおかずの汁気がご飯に移ってしまいやすいという短所もあります。気になる方は、おかずカップを使ったり、一段でも元から区分けされていておかずやご飯が接することが無いものもあるのでおすすめです。

また、二段の弁当箱に比べると幅や奥行きがあるため、マチの幅が大き目なバッグに入れる必要があります。小さなバッグに入れて、斜めや縦になってしまうと汁漏れする恐れがありますので、注意しましょう。

  • ふたを開けるとお弁当全体が見えて見栄えが良い
  • 間仕切りでご飯とおかずのバランスを調整できる
  • おかずの汁気がご飯に移りやすい
  • 幅と奥行きがあるため持ち運びには注意が必要

二段の弁当箱の特徴

二段の弁当箱の特徴

二段の弁当箱は奥行きが細く、コンパクトなタイプが多いのが特徴。食べ終わったら一段に収納できるものもあって、持ち運びに便利です。また、ご飯とおかずを分けて入れることができるので、おかずの汁気がご飯に移るのを防ぐことができます。

逆に、のり弁やそぼろ弁当のような盛り付けのお弁当が作りにくい点や、一段の弁当箱に比べて洗い物が多くなる点が短所といえます。さらに、下段に蓋がないタイプの場合には、上段の底が下段の中身が付いて汚れてしまうかもしれません。汁漏れしやすい可能性もありますので、内蓋やパッキン付きのロックが付いたものを選ぶと安心です。

  • コンパクトで持ち運びしやすい
  • ご飯とおかずを分けて入れることができる(汁気が移りにくい)
  • 洗い物が多くなる
  • 内蓋が無いものは汁漏れに注意

容量別 カインズで買える男性向け弁当箱13選

ここからはホームセンターのカインズで買える、男性向けのおすすめ弁当箱をご紹介します。小食の方からガッツリ食べ盛りの方まで、選びやすいように容量別になっています。

持ち運びのしやすさや、お手入れのしやすさなど特徴もさまざまですので、ぜひお気に入りの弁当箱を探してみてくださいね。

500ml

HAJIKU どんぶりランチBOX

どんぶり型のかわいいランチボックス。HAJIKUシリーズは、水を油をはじいて汚れが付きにくく、乾きも早いので食器洗いがラクラクです。軽くて割れにくい樹脂製で、持ち運びにもぴったりですよ。

パッキン一体型ランチボックス 1段 520ml

パッキンと蓋が一体になっていて取り外し不要なので、お手入れが簡単♪ クリアな蓋で、中に入った食材もよく見えて見栄えも良い弁当箱です。

600ml

真空ランチボックス STLB1

真空二重構造になっていて優れた温度キープ力を持つ弁当箱です。中容器には汁漏れしにくいパッキンが付いていて、軽量で持ち運びもしやすく、ご飯と汁物のお弁当にもぴったりです。

ランタス FL2段ランチボックス 小容量 シルバー 640ml

パッキンレスでお手入れが簡単で、コンパクトな二段の弁当箱です。おかず容器にはシリコーンの蓋が付いていて汁漏れを防ぐことができます。専用のバッグとベルト付きです。

700ml

ルボアオムドームランチ ブルー

ドーム型の蓋で、高さのあるおかずやおにぎりなども潰さずに詰めることができます。特殊樹脂加工でご飯がくっつきにくく、のり弁なども食べやすく、お手入れもしやすいのが特徴です。

サーモスフレッシュランチボックス DSD704B

本体はステンレス製で、色移りやニオイ移りもしにくく丈夫! 食洗器にも対応しているので、お手入れも簡単です。箸と保冷力のある断熱構造のケースが付いています。

800ml

ランタスMC2段 ランチ 保冷剤付

800mlとたっぷり入りますが、通勤・通学バッグにもスッキリ収まる二段の弁当箱です。スマートロックで汁漏れを伏せぎ、自動エア弁が付いているので、蓋が明けやすいのもポイント。保冷・保温ランチバッグや保冷剤もセットになっています。

タテヨコ保温ランチ HLB-T820N ブラック

ステンレス真空断熱構造のご飯容器と、2つのおかず容器、箸とバッグの5点セットです。ご飯容器は保温ケースを外せば電子レンジで温めることもできます。専用バッグは縦横に使えて、持ち運びしやすくなっています。

アルミランチ 850ml シルバー

熱伝導に優れたアルミ製の弁当箱で、パッキンと留め具が付いているのでしっかり密封することができます。ドーム型の蓋で、押し潰れにくく盛り付けもふわっとキープします。

900ml

ふわっと盛り付けできるランチボックス 2段

上段440ml、下段470mlとたっぷり入る二段の弁当箱です。エアー弁が付いていてフタの吸い付を防ぎます。セットになっている箸も長くて持ちやすくなっています。

Nランタス1段ランチTLB‐950N ブラック(ランチバッグ付き)

ご飯約2.3杯分とたっぷり入る一段タイプの弁当箱です。ロックが4カ所についていて汁漏れしにくい構造です。ロックを外せばそのままレンジOK!

1000ml以上

ランチジャー SLGH18-BA

まほうびんで有名な象印のランチジャーです。ご飯容器やおかず容器、スープ容器は特殊加工容器で清潔でお手入れもしやすくなっています。保温容器はステンレス製でとっても丈夫。お茶碗3倍分の大盛サイズです。

保温弁当箱 DBQ-502 MTBK

サーモスの保温弁当箱はご飯を温かく、傷みやすいおかずは常温で持ち運べるようになっています。専用のポーチはバックルストラップ付で、カバンにかけて持ち運びができる、嬉しい工夫がされています。

理想の男性向け弁当箱でランチタイムをさらに楽しく!

理想の男性向け弁当箱でランチタイムをさらに楽しく!

ガッツリたっぷり食べたい方や、ビジネスバッグにすっぽりと収まるコンパクトな弁当箱をお探しの方など、好みや使い方も人それぞれです。

その人に合わせて使いやすい弁当箱は異なりますので、デザインや見た目だけでなく、弁当箱の形状や素材、特徴などをよく比べてみましょう。

毎日のように使う弁当箱ですから、お気に入りのものを見つけておいしく楽しい食事の時間にしてくださいね♪

loading

関連するキーワード

となりのカインズさんをフォローして最新情報をチェック!

  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Instagram
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

RELATED関連する記事

POPULAR人気の記事

  • Daily
  • Weekly

広告掲載について

NEWS LETTER ニュースレター

Webライター・イラストレーター募集

取材のご依頼や情報提供はこちらから