リンクをコピーしました

  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • もっと見る

紫陽花の剪定方法|剪定の目的や効果、切る枝についてわかりやすく解説

調べてみた

カインズ How to 園芸編

カインズ How to 園芸編

カインズ・スタッフ自らが実践した情報満載。動画で見る「カインズ How to」の園芸関連のコンテンツを文字起こししています。

紫陽花は剪定をしないと、どんどん大きくなってしまう可能性があると聞いたことがある人は多いでしょう。この記事では、紫陽花を育てたい人向けに、正しい剪定の方法、注意点などを解説します。紫陽花を育てる際にぜひお役立てください。

紫陽花はどんな植物?

紫陽花はどんな植物?

紫陽花は東アジア、南北アメリカ原産で樹高1~3mと比較的低めの落葉低木です。科名、属名は「アジサイ科(ユキノシタ科)アジサイ属」で学名は「Hydrangea」になります。

開花時期は6~7月頃、花の色は青、紫、赤、白、緑、ピンクと色とりどりで、その花色の豊富さから世界的にも人気の高い植物です。

紫陽花は花の咲き方が特徴的

紫陽花は花の咲き方が特徴的で、今年花が咲いた枝には翌年には花が咲かないという法則があります。では翌年はどこに話が咲くのかというと、花芽は昨年伸びた枝の付け根につきます。

今年伸びた枝の下に位置する部分に花が咲くため、紫陽花の花は2年越しで花が咲くということです。そのため、今年花が咲かなかった枝も次の年にはしっかりと花が咲きます。

紫陽花は必ず剪定が必要か

紫陽花は必ず剪定が必要か

紫陽花の剪定は必須というわけではありません。その理由は先述したとおり、今年花がつかなかった枝に花芽がついて翌年に花を咲かすからです。2年越しの枝に花が咲くという特徴から、毎年必ず剪定が必要というわけではないのです。

ただし、花を楽しむためにはマメに剪定を行うといいでしょう。なぜなら、剪定を行わないと花芽が枝の先端ばかりにつき、先端ばかりに花が咲くからです。次の見出しでは剪定の目的や得られる効果について詳しく解説します。

紫陽花を剪定する目的や効果

紫陽花を剪定する目的や効果

ここからは紫陽花を剪定する目的や効果について詳しく解説します。

花の鑑賞を行う上での剪定

紫陽花は茎の先端に花芽がつきます。紫陽花は放置しているとままだと生長が早いため、とても大きくなります。

剪定をしないと目線よりも高い位置に花が咲くため、観賞用の紫陽花を育てる場合は、定期的に剪定を行って鑑賞が楽しめるサイズになるように調整しましょう。

翌年以降の花のための剪定

紫陽花の花は、今年咲いた枝には翌年は花が咲きません。翌年以降にきれいな花を咲かせるためにも、花後に行う剪定は大切です。

花後に行う剪定は、翌年以降の株の生育を促すことが目的となります。鉢植えの場合でも同じで、次に咲く花に養分を回すために、花後の夏に剪定を行いましょう。

日当たりや風通しをよくするための剪定

紫陽花は花後もなかなか散らないという特徴があります。そのため、咲き終わった花を切って、日当たりや風通しをよくしましょう。剪定を行うことで、翌年の花に備えられる状態にしていきます。

また、休眠期に行う剪定は、混み合った枝や枯れた枝などを処理することで、見た目を整えるという目的もあります。

株のサイズを調整するための「強剪定」

強剪定とは、すべての株を株元近くで切る剪定です。強剪定は夏に行うもので、株を小さく仕立て直す役割があります。新しく生えてきた枝も関係なくすべての枝を深く切り戻してください。

強剪定を行うことで脇芽が展開しやすくなります。また、大きくなってきた株を鑑賞や手入れがしやすい適切なサイズに整えられます。

ただし、強剪定した枝は翌年以降、花を咲かせない可能性があるので注意してください。

紫陽花の剪定を行う時期

紫陽花の剪定を行う時期

紫陽花の剪定は基本的に夏と冬に行います。それぞれ時期の目的や方法について説明します。

夏の剪定

夏の剪定は翌年の花付きをよくすることが目的です。夏の剪定は花後、7月半ごろまでに行います。紫陽花の花は、夏の終わりから秋にかけて花芽が形成されます。

また、剪定はあまり遅くならないように気をつけてください。その理由は遅くなると花芽を誤って切り落としてしまうことがあるからです。

冬の剪定

紫陽花は株の健康を促すため冬にも剪定を行います。時期は基本的に休眠期とされる10~3月がよいでしょう。仮に夏の剪定が7月半ば頃なら、3月頃が冬の剪定の時期となります。花が咲かなかった枝は剪定をせずに残しておきましょう。

紫陽花の剪定で切るべき枝

紫陽花の剪定で切るべき枝

ここからは紫陽花の剪定で、どんな枝を切るべきなのかを紹介します。

夏に剪定したい枝

夏に剪定する枝は、その年に花が咲いた枝です。その理由は、紫陽花は新しい枝に花をつけずに、翌年以降に花をつけるからです。そのため、花が咲いていない枝を残して、花が咲いた枝のみを剪定します。剪定する枝は、花から2節下、葉の付け根の花根から2cmほど上を剪定してください。

冬に剪定する枝

冬の剪定は、株の健康を促すために不要になった枝を整理します。具体的には、花芽がついていない枝や混み合った交差枝などを切り落としていきます。冬剪定は夏剪定のように不可欠なものではないため、必要に応じて行ってください。

剪定の際のポイントは花の下2節目で剪定することです。もし判断に迷うものがあれば切らなくても構いません。

紫陽花の剪定方法

紫陽花の剪定方法

ここからは紫陽花の剪定方法について具体的に解説します。

花が咲いた枝

花が咲いた枝は、花の2~4枚下の枝を剪定していきます。ポイントは脇芽が出ている上で切ることです。そうすることで来年も紫陽花の花が開花します。逆に、花の下3分の1で枝を剪定すると、来年は開花しなくなります。今年よりもコンパクトに花を咲かせたい場合はこのやり方で剪定しましょう。

今年花が咲かなかった枝

今年紫陽花の花が咲かなかった枝は、翌年花が咲く可能性があるため剪定しなくて大丈夫です。紫陽花の花は、基本的に2年越しで花を咲かせます。そのため、花が咲かなかったからといって、その枝を剪定してしまうと、翌年以降に花が咲かなくなってしまいます。

ただし、花が咲かなかった枝でも、細い枝や横に張りすぎている枝は切っても構いません。

剪定後の紫陽花はどうする?

剪定後の紫陽花はどうする?

ここからは、剪定後の紫陽花はどうすればいいのか、について解説します。

1~2年に1回植え替えを行う

紫陽花は1~2年に1回、植え替えを行いましょう。時期は5月~7月、12月~3月ごろが最適です。イメージとしては花が咲き終わったあと、冬の休眠時に植え替えると考えるとよいでしょう。

鉢植えは限られた土で成長するため、土の分量に余裕を持たせることが大切です。紫陽花はよく育ちますが、放置したままだと生育が悪くなるので、植え替えは1~2年に1回マメに行ってください。

地植えする

剪定後から秋ごろまでは生長期のため、地植えする場合は落葉している冬に行います。紫陽花は特別寒さに弱いわけではありませんが、冷たい風がよくあたる場所が苦手で、半日陰を好むという特徴があります。

現在植えている場所であまり元気に育たない場合は、場所を移動することも考えなければなりません。ただし、紫陽花は複数回地植えする植物ではないため、今後植え替える必要がないように場所を選びましょう。また、落葉期も水やりは必要ですので忘れずに続けてください。

切り落とした枝で増やす

切り落とした枝を挿し木にして、株を増やしていくこともできます。挿し木の手順は以下のとおりです。

1.挿し穂の切り口を斜めに切る
2.一番上の葉2枚を残して他の葉を取り除く
3.切り口を1~2時間程度水につける
4.水あげ後、葉を半分に切る
5.土に植える

次の年の開花は難しいかもしれませんが、翌々年の開花が期待できます。

まとめ

紫陽花は、その花色の豊富さから世界的にも人気の高い植物です。特徴としては今年育った枝に、翌年花をつけるということです。日当たりや風通しをよくするためにも剪定は欠かせません。本記事で紹介した剪定の方法や目的を参考にして、紫陽花の生育に活かしてください。

株式会社カインズの公式通販・オンラインショップはガーデニング・園芸作業に必要なアイテムが、ボタンひとつで揃います。園芸用品・土・肥料・ホースなどが豊富に取りそろえていますので、紫陽花の剪定や生育にぜひお役立てください。

紫陽花の取り扱いも豊富!ホームセンター通販のカインズの公式通販・オンラインショップはこちら

loading

関連するキーワード

となりのカインズさんをフォローして最新情報をチェック!

  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Instagram
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

RELATED関連する記事

POPULAR人気の記事

  • Daily
  • Weekly

広告掲載について

NEWS LETTER ニュースレター

Webライター・イラストレーター募集

取材のご依頼や情報提供はこちらから