リンクをコピーしました

  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • もっと見る

ブルーベリーの育て方|年間に行う作業カレンダーや栽培の基本などくわしく解説

調べてみた

株式会社カインズ グリーン・ガーデン部【公式】

株式会社カインズ グリーン・ガーデン部【公式】

ホームセンター・カインズのグリーン・ガーデン部が、お花・野菜・観葉植物・多肉植物・家庭菜園・庭造り・畑作りなどに関する専門知識や栽培方法、ノウハウなどを解説します。

ブルーベリーは虫がつきにくく、家庭菜園でも人気のある果樹です。樹高もそんなに高くならないので育てやすいことが特徴です。本記事ではブルーベリーの栽培を考えている方向けに、特徴や栽培方法についてくわしく解説します。年間の栽培作業も紹介するので、ぜひ参考にしてください。

ブルーベリーは虫がつきにくく、家庭菜園でも人気のある果樹です。樹高もそんなに高くならないので育てやすいことが特徴です。本記事ではブルーベリーの栽培を考えている方向けに、特徴や栽培方法についてくわしく解説します。年間の栽培作業も紹介するので、ぜひ参考にしてください。

ブルーベリーはどんな植物か

ブルーベリーの栽培

ブルーベリーの原産地は北アメリカで、収穫時期は大体6~9月になります。樹高1.5m以下の落葉低木果樹で、200~300種類あります。果実以外に花もつくので、1年を通じて紅葉も楽しめる果樹です。

ブルーベリーの特徴

ブルーベリーの実

ブルーベリーは虫がつきにくいため、非常に育てやすいといえます。国内での栽培種は、ハイブッシュ系とラビットアイ系に分類されます。次はハイブッシュ系とラビットアイ系についてくわしく説明していきます。

ブルーベリーの種類

ブルーベリーの枝

日本に流通しているブルーベリーの品種は100種類以上です。おもにハイブッシュ系・ラビットアイ系、日本では生育が難しいローブッシュ系の3種に分類されます。

ハイブッシュ系

ハイブッシュ系のブルーベリーは甘みと酸味が絶妙の種類です。さらにノーザンハイブッシュとサザンハイブッシュに分類されます。以下ではノーザンハイブッシュとサザンハイブッシュについてくわしく説明します。

ノーザンハイブッシュ

ノーザンハイブッシュ系は北関東より北部の、涼しい地域で育つ系統のブリーベリーです。そのため、蒸し暑さには弱いという特徴があります。粒の大きい「チャンドラ」や風味のよい「ブレーレイ」といった品種があります。

サザンハイブッシュ

サザンハイブッシュ系は蒸し暑い気候でも育てられるブルーベリーです。乾燥や寒さには弱いですが、暑さには比較的強いという特徴があります。収穫量の安定している「ミスティー」や「サンシャインブルー」などの品種があります。

ラビットアイ系

ラビットアイとはウサギの目のように美しい果実から名付けられました。成長が速く樹勢も強いですが、耐寒性には弱いという特徴があります。そのため、東北のような寒冷の気候以外の栽培には不向きといえるでしょう。

ローブッシュ

ローブッシュは野生種のブルーベリーで、北アメリカからカナダが生産地です。日本の気候には向いていない品種で、暑さや湿気に弱く、育てる際に工夫も必要になります。

ブルーベリーの栽培環境

ブルーベリーを育てるにはどのような環境が適しているのでしょうか。ここからはブルーベリーの栽培環境について解説します。

温度

葉が落ちた冬のブルーベリー

ブルーベリーは落葉樹です。その中でも比較的、落葉の時期も遅いです。また暖地では防寒対策は不要で、寒冷地の場合は鉢を地面に埋め込んで冬を超します。

置き場所

日が当たる場所

ブルーベリーは基本的に屋外で育てます。日光を好むため、鉢植え・庭植えの場合ともに、日当たりのよい場所を選んで置くようにしましょう。

用土

ビートモス

ブルーベリー栽培の用土には、水はけのよい酸性の土壌が向いています。植えつけ時にはピートモスで根を包んでください。次の見出しでくわしく解説します。

ブルーベリーを育てる際の準備

ブルーベリーを育てる際は、鉢植え・庭植えそれぞれで必要な準備があります。以下でくわしく解説します。

プランター(鉢植え)で育てる場合

プランターのブルーベリー

まずは育てたい大きさに応じたプランターのサイズ選びからです。プランターの大きさは植物の生育を決めますので、大きく育てたいか、小さく育てたいか、用途に合わせて選びましょう。プランターの土づくりには市販の培養土を使用します。ブルーベリー用に調整されているのでそのまま使用できます。

庭植えで育てる場合

庭に植える

庭植えで育てる場合は、まず日当たりのよい場所を用意します。ブルーベリーは日光を好みます。植えつけ前にピートモスなどでpHの調整を行い、土を酸性にしてから植えるようにしてください。

ブルーベリーの育て方

ここからはいよいよ、ブルーベリーの育て方についてです。手順にしたがって、ブルーベリーの栽培を行いましょう。

植えつけ

苗の植え付け

まず、ブルーベリーを育てるには植えつけを行います。適期は11~3月、寒い地域では2~3月、暖かい地域では11~12月ごろです。

プランター(鉢植え)の場合

プランター植えつけを行う手順は以下のとおりです。

  1. 苗木の準備を行う
  2. 用土の準備を行う
  3. 用土を調整する
  4. 水やりを行う

しっかりと準備して植えつけを行い、水やりを欠かさないようにしましょう。

庭植えの場合

庭植えは、40~50cmの深さと直径の穴を掘り、苗木を軽くほぐして植えつけます。

具体的な手順は以下のとおりです。

  1. 穴を掘る
  2. 土の準備を行う
  3. 植えつけを行う
  4. 水やりを行う

プランター植えつけの場合と同様、植えつけを行ったあとはしっかり水やりを行いましょう。

剪定

ブルーベリーの剪定作業

ブルーベリーの剪定は冬に行います。具体的には花芽の位置を確認しながら、花芽を切り落とさないように注意しながら行います。その際に新梢はすべて切り落とさず、適度に残すことがポイントです。

摘心・摘花

ブルーベリーの新芽

摘心は収穫量を増加させるために、摘花は果実がよくつくようするため行います。時期は5月~6月ごろに行い、7月以降になると効果がなくなるので注意します。枝が株の外側に伸びていくように、切り落としていきます。

人工授粉

ブルーベリーの花

もしブルーベリーの実付きが悪ければ人工授粉を行いましょう。結実に必要な方法で人工的に雄しべに収穫する品種の花粉を付けて行います。相性の悪い品種同士もありますので、同じ品種を選ぶことがポイントです

収穫

ブルーベリーの収穫

ブルーベリーの収穫時期は品種によって異なります。ハイブリッシュ系で6月~7月、ラビットアイ系は7月~8月が適期です。全体的に果実が青紫色になると収穫の目安です。果実を掴み、まっすぐに引き抜いて収穫を行います。

ブルーベリーの増やし方

接ぎ木

ブルーベリーを増やすためにはどのような方法をとればよいのでしょうか。ここからはブルーベリーの増やし方について解説します。

挿し木

挿し木は暖かい地域で3~4月、寒い地域で4~5月が適期です。挿し木の方法はピートモスをよく給水して湿らせてから葉芽が目立たない5cm程度の感覚で挿します。

接ぎ木

接ぎ木の適期は3月ごろです。秋に行う場合は9~10月に行うとよいでしょう。目的として株全体に水をあげるための、いわばポンプのような役割があります。

ブルーベリー栽培|年間作業カレンダー

ブルーベリーを育てる際の作業適期を紹介します。分かりやすく年間カレンダーにまとめると、以下の表のとおりです。

年間作業カレンダー

時期によってそれぞれ必要な作業があるため、スケジュールにあわせて進められるようチェックしておきましょう。

ブルーベリーの育て方におけるポイント

ブルーベリーの育て方

ブルーベリーを上手に育てるにはいくつかのコツがあります。以下では、ブルーベリー栽培のポイントについて解説します。

別品種を一緒に植える

ブルーベリーは別品種を一緒に植えることで、果実を収穫しやすくなるというメリットがあります。

その際はハイブッシュ系の品種同士、ラビットアイ系の品種同士を組み合わせることがポイントです。注意点としてひとつの鉢に2本以上同時に植えると根つまりを起こす場合があるので気をつけてください。

水やり

水やりはプランター栽培、庭での栽培の両方とも植えつけのあとにたっぷりと行います。支柱を立てて水やりをすると効果的です。

肥料

プランター栽培、庭での栽培の両方とも元肥は2月中旬~3月中旬ごろ、初夏に追肥を行い9月にお礼肥を行います。用いる肥料のタイプは元肥には有機質肥料を、追肥やお礼肥に仮成肥料を使用します。

植え替

植え替えは2~3年に1回程度の割合で行います。適期は11月ごろ、あるいは暖かくなり始めた3月ごろが最適です。根鉢の周辺に用土を入れ、根気よく植えつけましょう。

ブルーベリーを育てるうえで気を付けたい病害虫対策

ネットで害虫予防

基本的にブルーベリーは栽培するうえで病害虫の少ない果樹です。しかし全く発生しないというわけではありません。そのため病害虫の発生の予防や、発生した場合には早めの対処が必要です。

ブルーベリーのおもな病害虫

ブルーベリーに発生するおもな病害虫を紹介します。

病気

ブルーベリーはまれに灰色かび病になるケースがあります。灰色かび病になってしまうと、発生した部分を切り取り対処しましょう。剪定して風通しや日当たりをよくすることも効果的です。

害虫

ブルーベリーにはアブラムシやカイガラムシ、ミノムシによる葉の食害があります。またコガネムシの幼虫による根の食害も起こる可能性もあるので、見つけ次第取り払ってください。

適切な管理で病害虫は防ぎやすい

ブルーベリーは無農薬でも栽培可能な果樹です。そのため雑草刈りや適度な剪定、など適切に管理することで病害虫による被害を最小限に抑えられ、健康的に育ちます。

鳥による被害にも気を付ける

ブルーベリーの果実が熟してくると野鳥による果実の食害が起こりやすいので気をつけましょう。対策としては、ネットなどで防除する方法があります。

まとめ

ブルーベリーは虫がつきにくく育てやすいため、家庭菜園でも人気のある果樹です。甘みと酸味があり美味しく食べられるため、楽しみ方の幅が広いのも特徴です。プランター栽培もしくは庭での栽培、どちらも栽培方法は大きく変わらないため、じっくりと育てていきましょう。

カインズの公式通販・オンラインショップではブルーベリー栽培のための園芸用品・土・肥料・ホースなどを豊富に取りそろえています。ガーデニング・園芸作業に必要なアイテムが、ボタンひとつで揃い、オリジナル商品の取り扱いも豊富です。ブルーベリー栽培の際はぜひご活用ください。

ブルーベリーの取り扱いも豊富!ホームセンター通販のカインズの公式通販・オンラインショップはこちら

loading

関連するキーワード

となりのカインズさんをフォローして最新情報をチェック!

  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Instagram
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

RELATED関連する記事

POPULAR人気の記事

  • Daily
  • Weekly

広告掲載について

NEWS LETTER ニュースレター

Webライター・イラストレーター募集

取材のご依頼や情報提供はこちらから