リンクをコピーしました

  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • もっと見る

うどんこ病の治療方法! バラやキュウリに効果、重曹で予防と対策

ユーザー

カインズ How to 園芸編

カインズ How to 園芸編

カインズ・スタッフ自らが実践した情報満載。動画で見る「カインズ How to」の園芸関連のコンテンツを文字起こししています。

うどんこ病とは? 発生条件はさまざま

うどんこ病とは? 発症条件はさまざま

うどんこ病は、葉全体がなんとなくうっすら白くなり、その白い斑点が徐々に葉の前面でうどん粉をまぶしたような状態になる植物の病気です。うどんこ病の原因は、土や落ち葉に潜む「糸状菌」と呼ばれるカビ。風に乗って他の植物に付着し、増殖するとうどんこ病を発症します。

発症すると、うどんこ病の胞子は風で運ばれ、草花、野菜、樹木などほとんどすべての植物の若い葉や枝、花首、つぼみに寄生します。4~11月(特に5~7月、9~10月)の広い期間に発症しやすいのが特徴です。

うどんこ病とは? 発生条件はさまざま

うどんこ病には多くの種類があり、中にはいろいろな植物に寄生する種類もいますが、主には種類ごとにそれぞれ違う植物に寄生します。例えば、バラのうどんこ病はバラにしか発生しません。家庭菜園で人気のキュウリやトマトもうどんこ病にかかりやすい品目です。

また、うどんこ病は生きている植物にしか寄生しません。しかも植物体表面でしか繁殖することができないので菌糸や胞子が繁殖するところが見え、発病の初期でも肉眼で見つけることができます。涼しく湿度が低いと繁殖しやすくなるので、夏期高温時を除く春から秋や、風通しの悪い場所では注意が必要です。逆に、雨が続くような時期は発生が少なくなります。

植物が弱っているときにも発生しやすく、日光不足、肥料の与えすぎ、肥料不足も発生の引き金に。地植えの場合は連作障害もうどんこ病の発生する原因になります。連作障害とは、毎年同じ場所に同じ野菜を栽培すると、病原菌が多くなるなどして野菜の生育が悪くなることをいいます。

うどんこ病がもたらす被害

うどんこ病がもたらす被害

うどんこ病は、初めは葉にうっすらと白いカビの斑点(はんてん)ができ、やがてそれが全面に広がります。うどんこ病に寄生された葉は、黄色く変色したり縮れたりして枯れる場合も。さらに、植物全体の生育が悪くなっていきます。

うどんこ病が進行すると、つぼみ、花、新芽、茎にも発病します。葉の表面が覆われると、光合成を妨げてしまうことが原因で、生育不良を起こしてしまいます。そこから、「花が咲かない」「野菜の味が落ちる」「果実が大きくならない」といった被害が起こります。ひどい場合は、そのまま枯れてしまいます。

キュウリのうどんこ病の特徴

キュウリのうどんこ病で代表的なのは「Sphaerotheca fuliginea(スファエロテカ フリギネア)」や「Oidiopsis sicula(オイディオプシス シクラ)」という病原菌です。時期や地域によっては別の種も発生します。

スファエロテカ フリギネアにかかると、葉の表面に淡い白色の斑点ができる典型的な症状が現れます。進行すると葉の裏面にも行き渡り、やがて黄色くなって枯れてしまいます。

オイディオプシス シクラの場合は、やや黄色がかった斑点がまばらに生じるのが特徴。ピーマンやナス、後述するトマトにもよく寄生します。

トマトのうどんこ病の特徴

トマトのうどんこ病で代表的なのは「Oidium(オイディウム)」や「Oidiopsis(オイディオプシス)」に属する菌です。多くは施設栽培で発生し、20~25℃になる春や秋によく見られる傾向があります。

オイディウムがもたらすうどんこ病は、白いかびが葉にびっしり広がる典型的な症状となって現れます。放っておくと葉柄(ようへい)や果柄(かへい)、またヘタなどにも広がるでしょう。

一方のオイディオプシスでは、葉の表面が黄色に、裏面は茶色っぽく変わるのが特徴です。目視できるカビが少なく被害は少ないように見えるかもしれませんが、葉の組織内には菌糸が伸びている状態です。

イチゴのうどんこ病の特徴

イチゴのうどんこ病の病原菌は「Sphaerotheca aphanis(スファエロテカ アファニス)」などがあり、20℃前後になると発生しやすくなります。35℃以上になる夏の高温下では発病しませんが、活動を一時停止しているだけで、菌糸は潜伏しているので要注意です。

症状は他のうどんこ病と同じく、白い粉をまぶしたような斑点が現れます。進行すると果実はうまく肥大せず、色付きや形が悪くなり味も落ちます。

バラのうどんこ病の特徴

バラといえば、葉に黒い点が現れる「黒点病」も厄介ですが、うどんこ病にもよくかかります。バラのうどんこ病の病原菌は「Oidium (オイディウム)」に属するものが見られ、昼夜の温度が激しい春や秋によく発生するのが特徴です。

発病すると、うどん粉をまいたような典型的な症状が現れます。葉やつぼみの形がいびつになったり、成長半ばで落ちたりすることもあり、ベントネック(花が首を垂れたような形になる)を引き起こす原因になります。

発症してしまったら……うどんこ病の治療・対処法

発症してしまったら……うどんこ病の治療・対処法

うどんこ病が発生しているのを見つけたら、まずは症状が出た葉だけを切って様子を見ましょう。切った葉は必ず育てている植物から離し、焼却するか捨てるようにしてください。また、チッ素過多により植物体が軟弱化している場合もうどんこ病は発生しやすくなるので、肥培管理を適切にしてバランスの良い肥料やりを心がけます。

それでもうどんこ病の症状が広がる場合は、次の治療法がおすすめです。

薬を使わずうどんこ病を治療する方法

まだ軽症であれば、自作のうどんこ病スプレーで対処可能でしょう。水で薄めた重曹(炭酸水素ナトリウム)や酢を1週間おきくらいに散布すると、症状が消えることがあります。詳しい散布方法は以下の通りです。

●重曹スプレーで対処

重曹と水を1:1000の割合で溶かして、スプレー容器で植物に吹きかけます。重曹はキッチンの掃除や料理にも使えるほど無害な物質なので、万が一食べる野菜や果物にかかったとしても問題ありません。ただし、水に溶かす濃度が高いと植物に負担をかける恐れがあるので注意しましょう。

●酢で対処

酢を約20倍希釈で溶かして、重曹と同じくスプレー容器で植物に吹きかけます。使用する酢は、ご家庭にある食酢を使っていただければ構いません。

薬を使ってうどんこ病を治療する方法

うどんこ病は葉の表面で繁殖するので、発生初期ならサプロール乳剤やカリグリーンの散布も有効です。ただし、葉の養分が吸収されるため、うどんこ病が進行している場合は表面の胞子を退治しても、その部分は灰色っぽく色が抜けたようになります。

うどんこ病の症状が進んでしまっている場合、殺菌剤をまくのも効果的です。さまざまな種類があるため、対象の植物を病気・害虫や使用条件が合っているのか、ラベルなどで必ず確認しましょう。

うどんこ病の他、アブラムシやケムシ対策にもなる、オルトランCスプレーも取り扱っています。

また、バラ専用など品目専用のうどんこ病の薬剤もあります。どれを選べばよいかわからない場合は、園芸コーナーの担当者に聞くとよいでしょう。

うどんこ病について知っておきたいQ&A

うどんこ病について知っておきたいQ&A

うどんこ病に関わることで寄せられた素朴な疑問にお答えします。園芸をする上ではありふれた病気ではありますが、意外と奥深いのがうどんこ病です。何かヒントになることがあれば、ぜひ役立ててください。

Q.うどんこ病は自然治癒できる可能性はありますか?

A.自然治癒することも考えられます。特に、ごく初期段階ならありえます。手放しで治癒……とはいかずとも、酢を水で薄めたものや重曹をスプレーするだけで繁殖を抑えられるでしょう。

Q.うどんこ病になりやすい植物は?

A.うどんこ病はさまざまな植物で発生し、植物によって病原菌が異なります。特にバラは被害が大きく、ほとんどの品種で発生します。他にも、ウリ科の野菜やトマトも発生しやすいので、日当たりや風通しに十分注意しましょう。

ちなみに、冬はうどんこ病が胞子を作らないので肉眼ではわかりませんが、バラなどの花木や樹木は枝に寄生しています。また、冬には枯れてしまう草花や、地上部のなくなる宿根草や野菜の場合、付近の雑草に寄生していることがあります。そうして越冬し、適温になってきたら現れる厄介な相手です。

Q.うどんこ病対策の薬が効いてない気がするのですが……

A.薬剤に対して耐性ができたと考えられます。これはうどんこ病に限らず、植物の病気には起こりえることです。対策としては、2種類以上の薬剤をローテーションや交互に使用するのがおすすめです(輪番散布)。系統の違う薬をまくことで、うどんこ病の中で耐性ができにくくなります。

うどんこ病の予防と対策

うどんこ病の予防と対策

うどんこ病はそもそも発生させないことが最も大切です。手の込んだことをしなくても予防は可能なので、下記の点に気をつけてしっかりと対策しましょう。7つの予防と対策を箇条書きでまとめます。

  • 1.できるだけ水はけを良くし、根が元気に育つようにすること
  • 2.感染が広まるため、狭い場所に同種の植物をたくさん植えすぎないようすること
  • 3.株や葉の間を適切に開け、風通しを良くすること
  • 4.水は適量を与え、乾燥しないよう注意すること
  • 5.作物・植物に特別な特性がなければ、日当たりの良い場所で育てること
  • 6.株元をビニールなどで覆い(マルチング)、水やりや雨の跳ね返りでうどんこ病の飛散を防ぐこと
  • 7.病気になった葉はすぐに取り除くこと

うどんこ病について動画でおさらい

以上、うどんこ病にはたくさんの種類があり、それぞれ違う植物に発生します。発病したまま放置しておくと、植物が枯れてしまう原因になるため要注意です。早めに見つけて対処できるよう、日頃からよく植物を観察してあげてください。

loading

関連するキーワード

となりのカインズさんをフォローして最新情報をチェック!

  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Instagram
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

RELATED関連する記事

POPULAR人気の記事

  • Daily
  • Weekly

広告掲載について

NEWS LETTER ニュースレター

Webライター・イラストレーター募集

取材のご依頼や情報提供はこちらから