リンクをコピーしました

  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • もっと見る

べと病とは?発生しやすい環境や病気の症状、対処法や予防策などについて解説【草花の病気】

調べてみた

カインズ How to 園芸編

カインズ How to 園芸編

カインズ・スタッフ自らが実践した情報満載。動画で見る「カインズ How to」の園芸関連のコンテンツを文字起こししています。

べと病とは?

べと病とは? べと病とは?

べと病は野菜・草花・果樹などに発生するカビが原因の病気です。主に葉に発生し、斑点ができた部分の裏に白色、明るい灰色、薄紫色などのカビが密生するという特徴を持っています。植物の種類によって症状はさまざまで、病原菌も異なります。

べと病の初期症状は?

べと病とは? べと病の初期症状は?1

初めは葉に、薄黄色をした境界のはっきりしない小さな斑点ができます。主に下の葉から症状が発生し、徐々に上の葉に広がっていきます。

べと病とは? べと病の初期症状は?2

発病した葉は乾燥が続くと乾いてパリパリになりますが、雨が続いて湿度が高いとベトベトになります。これがべと病の名前の由来です。

べと病が進行してしまった場合の症状は?

べと病とは? べと病が進行してしまった場合の症状は?1

症状が進むと、点在していた斑点が大きくなって薄茶色に変化し、葉の裏にすす状のカビが生えます。

べと病とは? べと病が進行してしまった場合の症状は?2

さらに放っておくと、斑点の中央部が黒く変化して、弱い株なら枯れてしまいます。

べと病とは? べと病が進行してしまった場合の症状は?3

斑点が多くなると、葉の一部または全部が黄色くなったり白くなったりし、ついには葉が枯れてしまいます。発病の程度がひどくなると、一部の野菜や果樹などでは、花・つぼみ・果実・根などにも発病することがあります。

べと病が発生しやすい環境や時期とは?

べと病とは? べと病が発生しやすい環境や時期とは?1

べと病は、わずかな水分でも菌が繁殖し、伝染します。

べと病とは? べと病が発生しやすい環境や時期とは?2

株元の葉が茂りすぎていて風通しが悪くなっていたり、水はけの悪い土壌などは特に発病の大きな要因となります。

べと病とは? べと病が発生しやすい環境や時期とは?3

春と秋に曇りや雨が続き、湿度が高くなることでも発生しやすくなります。

べと病とは? べと病が発生しやすい環境や時期とは?4

与えた肥料のバランスが良くないと、植物が軟弱になってべと病にかかりやすくなります。前年にべと病が発病した場所で栽培することも発生リスクを高めます。

べと病の予防と対策とは?

べと病とは? べと病の予防と対策とは?1

べと病はカビによる被害なので、まずは風通しを良く保ち、水はけの良い場所を選ぶことで、過湿にならないよう注意します。雨や水やりで泥と一緒に病原菌が跳ね上がるのを防ぐため、根元の周囲や土壌をビニールやわらなどで覆っておくと良いでしょう。肥料のやりすぎや不足にも十分注意が必要です。

べと病とは? べと病の予防と対策とは?2

落ち葉や花がらなどはこまめに取り除き、株元をキレイに保ちましょう。また、べと病が発生しやすい時期になる前に殺菌剤をまいておくと予防になります。病原菌は主に葉の裏表にある「気孔」という穴から侵入しますので、地面に近い部分に重点的に殺菌剤を散布したら、歯の裏表にも丁寧にまいておきましょう。

べと病を発病した際の対処法とは?

べと病とは? べと病を発病した際の対処法とは?1

発生が初期でまだ症状が軽いときは、症状が出た葉だけを摘み取って様子を見ます。

べと病とは? べと病を発病した際の対処法とは?2

病気の原因になるカビの胞子が広がるのを防ぐため、少しでも枯れ始めた葉があれば必ず取り除きましょう。

べと病とは? べと病を発病した際の対処法とは?3

症状が株全体に広がってしまったら、なるべく早めにべと病の市販薬剤を使うことを検討しましょう。薬剤を使うときは、対象の植物を病気や害虫から守り、取り除く方法と、その薬剤の使用条件が合っているか、ラベルなどで必ず確認してください。

べと病について知っておきたいQ&A

Q.株全体にべと病が広がった場合の処置法は?

A.べと病にかかった葉や植物は治療できません。そのため、株全体に広がってしまったら株ごと処分しましょう。その後、薬を散布し他の株や植物に広がらないようにします。

Q.べと病になりやすい植物は? 

A.多くの野菜で発生しますが、特にアブラナ科・ウリ科の野菜で多く見られます。キュウリ、タマネギ、ほうれん草、ブドウ、レタス、メロン、キャベツなどを育てている場合は、十分注意しましょう。

Q.薬剤以外でべと病の予防に効果のあるものはありますか?

A.酢を30~50倍、木酢酢を500くらいに薄めた液体に、トウガラシや鷹の爪を漬け込んだものを発生初期に散布すると、それ以上の進行を防ぐ効果が期待できます。

まとめ

べと病はカビが原因で起こる病気ですから、基本的には風通しがよくて、水はけのよい土地で育てることが予防にもつながります。植物が生き生きと育つよう、発病しにくい環境を整えましょう。

べと病の予防や対策について動画で見る

loading

関連するキーワード

となりのカインズさんをフォローして最新情報をチェック!

  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Instagram
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

RELATED関連する記事

POPULAR人気の記事

  • Daily
  • Weekly

広告掲載について

NEWS LETTER ニュースレター

Webライター・イラストレーター募集

取材のご依頼や情報提供はこちらから